関西LOVERS

秋に訪れたいお勧めの奈良県の観光名所

2015年11月11日(水)/奈良


奈良県内の主要な観光スポットは、古墳や歴史的建造物が多く、昔ながらの日本の良さを体感できる地域です。そんな奈良県の秋の景色を堪能できる観光スポットを紹介したいと思います。

PR

チェック春日大社 神苑 萬葉植物園(奈良市)

春日大社 神苑 萬葉植物園

出典:photozou.jp

万葉集に詠われた植物を観賞できる万葉植物園あるいは万葉公園とよばれる施設が全国には主要なものだけでも30数カ所以上あります。そのような施設の中で全国に先駆けて設置されたのが、奈良の春日大社の中にある萬葉植物園です。

春日大社というと藤の花が有名ですが、植物園には万葉名で詠まれた植物の8割以上の標本があることから、昔から日本でみられる四季折々の草花を観察することができます。
万葉集に詠まれた植物は150から180種あるといわれています。

この中で一番多いのはハギ141首、二番目はウメ118首、以下、タチバナ、スゲ、ススキ、サクラなどが続きますが、古人は何よりもハギやススキなど秋の草花を愛でていたことがうかがえます。西洋由来の花にくらべると地味かもしれませんが、日本在来の花を観察していると気持ちが落ち着きます。

約3ヘクタールの広大な植物園の敷地の中を歩きながら、ハギやススキなど秋の七草を探してみるのはいかがでしょう。

【案内】
所在地:奈良市春日野町160
電話番号:0742-22-7788(春日大社)
開園時間:9時から16時30分まで(冬期:12月から2月の間は16時まで)
拝観料:大人500円

チェック曽爾(そに)高原(曽爾村)

曽爾高原

出典:www.soni-kogen.com

奈良県北東部にある曽爾(そに)高原はススキの名所として知られています。倶留尊(くろそ)山と亀山という2つの山を結ぶ標高約700メートルのエリアにある曽爾高原の面積はおよそ38ヘクタールほどの広さがあります。
ススキの見ごろは例年10月から11月にかけての間であり、特に夕焼けを受けて金色に輝きながら揺れるススキの群れはなんとも美しいです。

曽爾高原には売店や宿泊施設もありますが、国立青少年自然の家を出発点にしたハイキングコースも整備されています。山を歩きながらススキが風に揺れる景色を楽しむのもよさそうです。
このススキの景観を維持するため、毎年3月頃に山焼きが実施されます。地域の努力によって美しい景観が維持されているんですね。

アクセスは基本的にはマイカーです。公共交通では三重県側の近鉄「名張」駅から期間限定でバスが運行されています。4月から11月の間の土日休日と秋期の平日のみの対応です。詳しくは三重交通のHPなどの情報をご確認ください。
三重交通のHP

アクセスの途上の山麓にはさまざまな施設があります。米粉を使ったてづくりパンの店「お米の館」や、名水でつくった地ビールを味わえる「曽爾高原ファームガーデン」、露天風呂のある「曽爾高原温泉、お亀の湯」など。あわせて訪問したい施設ばかりです。

【案内】
所在地: 宇陀郡曽爾村太良路
電話番号:0745-94-2106(曽爾村観光協会)
曽爾村観光振興公社のHP

チェックワールドメープルパーク奈良カエデの郷「ひらら」(宇陀市)

ワールドメープルパーク奈良カエデの郷「ひらら」

出典:shindy.sblo.jp

奈良県の北東部にある宇陀市、ここに世界各地のカエデを集めた植物園があります。
個人の収集したカエデを公開したもので、園内には約1,200種類のカエデが約3,000本植えられています。様々な葉の形をしたモミジやカエデが秋になるとよりいっそう色づいて見事です。世界中から集めたものなので中には貴重な種類もあるそうです。
この植物園は小学校の跡地を利用して整備されたもので、グラウンド部分にカエデが植えられています。このカエデは写真家である矢野正善氏が寄贈したものです。
校舎の建物はカフェやショップとして利用されています。「カエデ」という店名のカフェでは昔ながらの小学校の椅子や机も利用していてレトロな雰囲気が漂っています。
月1回の日曜日限定の給食ランチなども懐かしいメニューを味わうこともできます。
この小学校はNHKの連続テレビ小説「あすか」のロケ地としても使われたこともあるそうで、風情が漂っています。
カエデの観賞だけでなく、古い校舎を探検するのもよいかもしれませんね。またカエデやモミジは秋も見ごろですが、芽吹きや新緑のみられる春先もまた違った魅力があり、趣がありますよ。

【案内】
所在地:奈良県宇陀市菟田野古市場135-2
電話番号:0745-84-2888(NPO法人「宇陀カエデの郷づくり」)
開園時間:10時から16時
入場料:無料


秋に訪れたいお勧めの奈良県の観光名所をご紹介させていただきました。
もし、いかれていないところがあれば是非この機会に訪れてみてはいかがでしょうか?

PR