関西LOVERS

京都でステーキを食べるなら押さえておきたい名店

2015年10月30日(金)/京都グルメ


近年、京都にも美味しいステーキを提供するお店が急増中!
赤身肉から霜降り肉、そして熟成肉。
あなたはどの肉が好きですか?
今回は、ステーキにスポットを当ててご紹介します。

PR

チェック京都の美味しいステーキ屋ステーキハウス 听(ポンド)本店

ステーキハウス 听(ポンド)本店

出典:r.gnavi.co.jp

京都初の熟成肉専門店。
ここで提供される肉は鹿児島県にある平松牧場指定の熟成黒毛和牛。
餌の牧草からこだわり、1頭1頭に健康管理に気を配って飼育する牛を、環境管理を徹底した熟成庫で熟成しています。
豪快かつ丁寧に、強火で一気に焼き上げるという提供法は、オーナー自ら本場アメリカで学んだとか。
特注の熟成肉セラーより部位を選び、ポンド数で注文。
香り・旨味がぎっしり詰まった熟成肉を最大限まで味わえます。
オーナー厳選のワインやシャンパンは常時50本以上。
築100年の町屋の雰囲気の残る落ち着いた店内で、熟成肉とワインのマリアージュを堪能。

ステーキハウス 听(ポンド)本店
住所:京都市中京区夷川通烏丸西入ル巴町85
電話:075-708-6110
交通手段:京都市営地下鉄丸太町駅より徒歩2分 丸太町駅から167m
営業時間:11:30~14:30 17:00~23:00
定休日:月曜日(月曜が祝日の場合は翌火曜日)

チェック京都の美味しいステーキ屋ガストロメソン CHULETA(チュレタ)

ガストロメソン CHULETA(チュレタ)

出典:www.hotpepper.jp

オススメの料理は、店名にもなっている「CHULETA~骨付き肉~」。
肉の旨味をしっかり引き出すために、高温でじっくり焼き上げる専用の溶岩石グリルを使用。
溶岩の遠赤外線で表面をカリッと焼き、旨味をしっかり閉じこめる。
グリル焼きという至ってシンプル&古典的な調理法ですが、肉の美味しさがストレートに伝わります。
名物メニューの骨付きリブロースステーキは、なんと重さ1㎏ほど!
豪快に焼き上げるステーキは食べ応えアリ。

ガストロメソン CHULETA(チュレタ)
住所:京都市東山区四条通大和大路西入中之町200鴨川ビル1F
電話:075-525-7050
交通手段:京阪祇園四条駅より徒歩1分 阪急河原町駅より徒歩5分 祇園四条駅から102m
営業時間:15:00~翌1:00
定休日:月曜日

チェック京都の美味しいステーキ屋鉄板焼 燔(ひもろぎ)

京都 鉄板焼 燔

出典:brightonhotels.gdd.jp

京都ブライトンホテルにある鉄板焼専門店。
厚さ20mmの鉄板で躍動感のあるシェフの技を披露。
鉄板の上で披露されるシェフの卓越した技術を間近に見られるのはもちろん、料理や調理法などの話を聞くことができるのも魅力的です。
国内の一級品にこだわった肉、旬の鮮魚や野菜などの食材、シェフの華麗なパフォーマンス、ホスピタリティ溢れるサービスも一流揃い。
そのため、記念日に利用する人も多いのだとか。
ホテルならではのサービスとおもてなし、洗練された雰囲気の中、極上のステーキを堪能してみてはいかがでしょうか。

鉄板焼 燔(ひもろぎ)
住所:京都市上京区新町通中立売 京都ブライトンホテル1F
電話:075-441-4411(代)
交通手段:京都市営地下鉄今出川駅より徒歩8分 今出川駅から683m
営業時間:11:30~14:30(LO/14:30)17:30~21:00(LO/ 21:00)
定休日:年中無休

チェックLE BOUCHON(ブション)

LE BOUCHON(ブション)

出典:tabelog.com

もっとカジュアルにステーキが食べたい!
寺町二条にあるビストロ「LE BOUCHON(ブション)」では、フランスの人たちが日常的に食べているフランスの郷土料理を気軽に食べることができます。
しかも、手頃な値段で日常使いにオススメ。
フランスの食堂の雰囲気をそのままに再現した店内はまるでフランスにいるような空間で、日本人だけでなく外国人も多いようです。
こちらのランチにはステーキが選べるセットメニューがあります。
主菜、サラダ、パンがセットになったランチメニュー1,240円で、主菜は「牛肩ロースステーキ、メートルドテルバター、ポテトフライ添え」をチョイス!
フランスを身近に感じながら、ステーキを・・・とても贅沢ですね。

LE BOUCHON(ブション)
住所:京都市中京区二条通り寺町榎木町71
電話:075-211-5220
交通手段:
営業時間:11:30~14:30 17:30~21:30
定休日:木曜日 8/31~9/4

チェック京都の美味しいステーキ屋碇高原ステーキハウス

碇高原ステーキハウス

出典:tabelog.com

丹後半島の碇(いかり)高原にあるステーキハウス。
牧場に囲まれた店内からは四季折々の風景が望め、春夏は緑の山々、冬は雪景色など、食事をするには絶好のロケーション。
高原の谷間からは日本海を見ることができます。
オススメは特選コースの特選ヒレ・ステーキ(160g)5,000円。
ポン酢とステーキソースの2種類、自家製ドレッシングをかけたサラダ、ライス、スープがセットになっています。
また、特選サーロインステーキ(180g)4,700円も人気メニューのひとつ。
ドライブの際に立ち寄ってほしい名店です。

碇高原ステーキハウス
住所:京都府京丹後市丹後町碇1碇高原内
電話:0772-76-1061
交通手段:道の駅「てんきてんき丹後」より車で約20分
営業時間:10:00~18:00(時期により変動)
定休日:火曜日、水曜日


京都人は意外と肉食?!

和食のイメージが強い京都ですが、実はステーキの名店が数多く存在します。
今宵はガッツリお肉を頬張りましょう!

PR