関西LOVERS

ラグビートップリーグに所属する関西チーム

2015年10月28日(水)/関西


ラグビーワールドカップ2015イングランド大会において、日本代表が強豪の南アフリカを倒したことで、一躍脚光を浴びたラグビーフットボール。

惜しくも一次リーグで敗退となりましたが、日本史上初のワールドカップ3勝を挙げ、日本代表の選手たちに日本のみならず、世界から称賛の声が上がりました。
日本国内でも五郎丸選手のルーティンをマネするなど、代表選手たちに注目が集まり、選手たちが所属する社会人チームの公式戦チケットが完売した球技場が出るなど、その人気は尚も続いています。
では、その日本代表選手たちが所属する社会人ラグビーの全国リーグである「ジャパンラグビートップリーグ」とそこに参加している関西のチームをご紹介しましょう。

PR

チェックラグビートップリーグとは?

ラグビートップリーグとは?

まず、トップリーグについて簡単にご説明しましょう。
「ジャパンラグビートップリーグ」は、社会人チーム16チームによるリーグ戦です。
2プール2ステージ制を取っており、1stステージでは前シーズンの順位などで8チームずつ2つのプールに分け、それぞれのプール内で1回戦総当たりのリーグ戦を行います。
1stステージの順位で2ndステージのグループ分けが決まり、8位までの上位チームのグループAと9位以下のグループBで、各グループ内1回戦総当たりのリーグ戦を行います。
この結果によりAグループの上位4チームがプレーオフに進み、年間優勝チームが決まります。
傘下には、東日本(関東)・関西・西日本(九州)の3つの地域リーグがあり、トップリーグへの昇格を目指します。

ラグビートップリーグ

出典:http://rugby.yamaha-motor.co.jp

尚、トップリーグ2015~2016シーズンは、ラグビーワールドカップ開催のため短縮日程となり、2プールに分けての総当たり戦を行った後、順位決定トーナメントが行われます。
ジャパンラグビートップリーグ

トップリーグに参加する関西のチーム。11月13日(金)に開幕を迎えるラグビートップリーグ。今シーズン参加する16チームの内、関西に本拠地を置くチームは3チーム。それぞれどのようなチームなのでしょうか。

チェック☆神戸製鋼コベルコスティーラーズ

神戸製鋼コベルコスティーラーズ

出典:http://rugby-rp.com/

神戸製鋼ラグビー部として1928年(昭和3年)に創部した歴史あるチームで、兵庫県神戸市に本拠地を置きます。真紅の“炎のジャージ”がトレードマークです。
ワールドカップ2015日本代表には、山下裕史(PR)、木津武士(HO)、伊藤鐘史(LO)、クレイグ・ウィング(CTB)の4選手が選出されました。
中でもウィング選手は昨年、ファンが選ぶ「トップリーグ ダンディプレーヤー」の1位に輝くなど、中々のイケメンです。
神戸製鋼は、“ミスターラグビー”の異名を取った平尾誠二(現神戸製鋼ラグビー部総監督兼任ゼネラルマネージャー)を中心に、1988年度から全国社会人大会と日本選手権で7連覇を達成。人気、実力ともに一時代を築きました。
2004年以降は優勝から遠ざかっていますが、今季から元南アフリカ代表のアシスタントコーチで、世界最高峰のリーグ「スーパーラグビー」のストーマーズでヘッドコーチ(HC)を務めたアリスター・クッツェーをHCに迎え、ワールドカップ開催による日程短縮に伴い新たな公式戦として行われたプレシーズンリーグで優勝するなど、古豪復活の兆しが見えています。
今季初戦は11月15日(日)13:00からのキャノンイーグルス戦で、神戸総合運動公園ユニバー記念球技場でキックオフされます。
神戸製鋼コベルコスティーラーズ

チェック☆NTTドコモレッドハリケーンズ

NTTドコモレッドハリケーンズ

出典:http://rugby-kansai.or.jp/8048

1994年創部。2008年まではNTTドコモ関西が母体でしたが、ドコモグループの統合により、NTTドコモのラグビー部となりました。
ホームグラウンドはドコモ大阪南港グラウンドです。
ワールドカップ2015ではエベン・エツベス(LO)、ハンドレ・ポラード(SO)の両選手が南アフリカ代表に、イズラエル・フォラウ選手(FB)がオーストラリア代表に選出されました。
チーム名の「レッドハリケーンズ」には、ラグビー界の台風の目として赤い旋風を巻き起こそうという、強い意志が込められているそうです。
しかし、2011年にトップリーグに昇格して以来、下位に低迷してしまっています。
5シーズン目となる今季は「誰よりも高く」「誰よりも早く」をスローガンに、一試合、一試合をがむしゃらに、しかも確実に勝利することを目指しているので、是非8位以上に食い込んで、順位決定トーナメントへ進んで欲しいものです。
今季初戦は11月14日(土)12:00からのコカ・コーラレッドスパークス戦で、東大阪花園ラグビー場でキックオフされます。
NTTドコモレッドハリケーンズ

チェック☆近鉄ライナーズ

近鉄ライナーズ

出典:http://blog2.kintetsu.co.jp/photo_gallery/

1929年(昭和4年)、近畿日本鉄道の前身である大阪電気軌道ラグビー部として創設された、老舗のチームです。
ホームグラウンドは“ラグビーの聖地”東大阪市花園ラグビー場です。
トンプソン・ルーク選手(LO)が、ワールドカップ2015日本代表に選出されました。
黄金期には全国社会人大会7回、日本選手権3回の優勝を誇りましたが、1974年の日本選手権優勝を最後に長らく優勝から遠ざかっています。
しかし今年はワールドカップ2015南アフリカ代表にも選ばれたピエール・スピース(No.8)、ダミアン・デアリエンディ(CTB)の2選手を獲得。
デアリエンディは神戸製鋼HCのクッツェーが率いていたストーマーズに所属していた選手で、今年のスーパーラグビーの南ア・カンファレンス優勝に貢献しました。
2選手とも日本でのプレーを楽しみにしており、チームの勝利に貢献することが期待されています。
今季初戦は11月14日(土)14:05からのHonda HEAT(ホンダヒート)戦で、東大阪花園ラグビー場でキックオフされます。
近鉄ライナーズ


社会人ラグビーだけでなく、既にシーズンが始まっている関西大学ラグビーリーグや、花園出場を目指して戦っている高校ラグビーの地方大会などがあり、今まさに関西はラグビーシーズン真っただ中です。どうぞ応援よろしくお願いします!

更に11月には、リオデジャネイロオリンピック出場を懸けた7人制ラグビーのアジア予選が始まります。
季節は寒い冬に向かいますが、ラグビー界はこれからも熱い戦いが繰り広げられます。

PR