関西LOVERS

お勧めの京都の洋風建築を厳選

2015年04月05日(日)/京都


お勧めの京都の洋風建築を厳選

京都は不思議なところであり、大都会の中に緑で覆われた広大な公園もあれば、高層ビルの中に歴史ある建築物が残っていたりします。中でも今回は素敵なレトロな洋風建築に焦点を当てました。お勧めの京都の洋風建築を厳選いたしましたので、この機会にチェックしていただけますと幸いです。

チェック東華菜館(とうかさいかん)

東華菜館(とうかさいかん)

出典:http://matome.naver.jp

四条大橋の真横にあるので京都の人なら誰でも知っています鴨川にその姿を映す洋館は、W.M.ヴォーリズの設計で、大正15年に竣工しました。館内では日本最古のエレベーターが今も動いており、客席は一般席や個室、宴会場すべてがレトロで、かつ豪華なしつらえです。

現在では「東華菜館=中華料理」のイメージが浸透しているため、洋風建築も違和感がないのですが、もともとはフランス料理店向けに建てられたそうです。

▼東華菜館の口コミ

  • ○入って驚いたのが、エレベーター。なんと、手動式で、店員さんがエレベーターを操作してくれます。料理はさすが、おいしいですね。値段はそれなりにしますが、家族全員で訪れて楽しみたい、そんなお店のひとつです。
  • ○京都ど北京料理とは変ですが、あえて立地から選びました。まず驚くのは手動のエレベーターで上階に行きます。そこで京都の景観を眺めながら食べる北京料理は最高です。コース料理は5千円~一万円まで選べます。たまにはちょっとリッチに楽しむのは良いと思います

チェックフランソア喫茶室

フランソア喫茶室

出典:http://tripplanner.jp/

営業時間:10:00~23:00
ラストオーダー  :22:00
ドリンクorケーキ  :22:40
定休日:12月31日・元旦のみ休日 夏季休暇(2日)

昭和9年から続く喫茶。内装はイタリアバロック様式で、豪華客船のホールをイメージ。店名はフランスの画家、ジャン=フランソワ・ミレーにちなんでいます。

レトロな喫茶店、これにつきます!暖炉と赤いシックなソファ、壁には竹下夢二さんの絵。大正ロマン、という感じでした。

▼フランソア喫茶室口コミ

  • ○四条河原町を少し東に、高瀬川沿いにあります。 まず、国の登録有形文化財に指定された「洋館町屋」の建物が目を引きます。 店内にはクラシック音楽が流れ、落ち着いた雰囲気です。メニューのお値段は少し高めですが、 レトロな雰囲気を味わえることを考えれば、価値があると思います。
  • ○国の登録有形文化財に指定された建物で、とても趣がある外観です。 中に入るとバロック様式の館内でステンドグラスやドーム型の天井、クラシック音楽が流れておりタイムスリップしたように感じます。 四条河原町といった繁華街にありながら、独特のクラシックな雰囲気が流れているお店です

チェック駒井家住宅

駒井家住宅

出典:http://miyakomanabi.jp/

京都大学名誉教授・駒井卓博士(1886~1972)の私邸として、昭和2年、ヴォーリズ建築事務所の設計により建てられました。

小ぶりながら、いや小ぶりだからこそ、ヴォーリズらしさが凝縮した住宅建築の傑作。時期的にも彼の最盛期の作品です。

水晶のドアノブが有名です。というのも各部屋のドアには天然の水晶を用いたドアノブが取り付けられており、今となってはこれだけでも大変貴重です。

また家族のプライベートな場所の場合は透明のドアノブ、そして外やお客様も使う場所へ通じるものは紫色にし、色で判別がつくようにしているみたいです。ちなみにこのドアノブはヴォーリズの建築ではよく用いられているのだそう。

▼駒井家住宅口コミ

  • ○建築当時に流行していたという“アメリカン・スパニッシュ様式”を基調として建てられたそうですが、築後84年経った今でも十分に通用するモダンなデザインです。
  • ○「駒井家住宅」は北白川疏水沿いにあります。駐車場はありませんので、付近のコインパーキングに駐めて歩きます。この付近は桜並木なので、春にはきっと綺麗なのでしょう。その時期にまた来てみたいなあ.

チェックGOSPEL

GOSPEL

出典:http://naokun.cocolog-nifty.com

喫茶「GOSPEL」はヴォーリズ建築事務所によって1982年に個人宅として建てられたものです。昼下がり、自然光だけの室内。温暖な季節は窓が開け放たれ、すがすがしい風が通り抜けます。

「哲学の道」の脇を少し降りたところにある「GOSPEL」。三角屋根がかわいく、神戸の異人館のような雰囲気も漂っています。

▼GOSPEL口コミ

  • ○哲学の道から1本外れたところにある洋館カフェ。 1階がコーヒー専門店「迷子」で2階がカフェ「GOSPEL」 ランチメニューは、ハンバーグ、グラタン、カレーなどがありました。ケーキセットを食べているお客さんが多かったです。 店内には暖炉があり、またレコードがかかっていてタイムスリップした雰囲気です。お客さんのほとんどは、女性客でした。
  • ○その昔、「おてんばキキ」の名称で、京都の粋人や、多くの観光客を引き付けた老舗カフェ。コーヒーのおいしさはもちろんだが、各種ケーキがおいしい。特にロールケーキは絶品だ。歴史ある哲学の道に、西洋風の外観がまたマッチしている。

チェック長楽館

長楽館

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

八坂神社、丸山公園のすぐそばにあり、明治時代の実業家で「煙草王」と称された村井吉兵衛の京都別邸として建設されました。村井吉兵衛がどれほど名を馳せた人物だったのかというのは長楽館への著名な訪問客の名前を見ると容易に想像することができます。

例えば著名な訪問客ですと、英皇太子ウェールズ殿下、米副大統領フェアーバンクス、米財閥のロックフェラー、それに山県有明、大隈重信等が挙げられます。スゴイ有名人ですね。

外観はルネッサンス様式を基調にしていて、1階部分が石張り、2階及び3階部分がタイル貼りになっています。
室内の意匠は各部屋ごとに異なる様式になっていて、家具も当時のものがそのまま残されているそうです。

▼長楽館口コミ

  • ○アフタヌーンティーを頂きました。 ルネッサンス風の広間を中心に、ロココ、ネオクラシック、アールヌーボーといった建築スタイルが共存する長楽館のお好みのお部屋で アフタヌーンティーを楽しめ寛げます。
  • ○京都を代表する八坂神社と円山公園に隣接する高級感あふれるカフェ&レストラン・ホテルの長楽館・・・ 特に建物は明治の洋館で京都市有形文化財に指定されています。 さらに、店内は高級感あふれるだけに満足のいくとても美味しい食事ができます。

チェック大丸ヴィラ

大丸ヴィラ

出典:http://gipsymania.exblog.jp/4696046

上京区、地下鉄烏丸丸太町の北西出口を出たところにあるチューダー・スタイルの洋館。

大丸社主の下村正太郎邸として建設された傑作です。設計はヴォーリズ建築事務所。昭和59年6月に京都市登録有形文化財に登録されました。昔は一般公開されていた様ですが、現在は特別なことが無い限り中に入る事はできません。

大丸ヴィラはデザインの美しさ、素晴らしさといい、規模の壮大さから室谷邸ともどもチューダー様式の傑作といえます。

▼大丸ヴィラ口コミ

  • ○追っかけ皿そばとあつもりそばを同行者と一つずつオーダーしてシェアしました。それぞれ面白い味で満足でしたが、10割そば好きの私としては、たまには良いかな、旅行だし!との感想です。生卵ととろろ芋が絶妙でした。また行きたいです。

お勧めの京都の洋風建築を厳選いたしましたがいかがでしたでしょうか?是非京都の洋風建築を訪れて当時の風情を味わっていただけたら幸いです。