関西LOVERS

京都に行ったら絶対行きたいお勧め観光名所を厳選7選

2015年03月26日(木)/京都


今回は京都観光に際して有益な情報をお届けするために厳選7選にしました。京都観光のために今度に旅行するが、どこに行けば分からない、そんな方のためになれば幸いです。

チェック鹿苑寺(金閣寺)【京都市北区】

KINKAKU

足利3代将軍義満が建てた山荘・北山殿を、義満の死後、遺言により夢窓疎石を開山として禅寺に改めた臨済宗相国寺派のお寺。北山文化を代表する建物として有名。1994年にユネスコの世界遺産に登録されました。

鹿苑寺(金閣寺)
京都府京都市北区金閣寺町1

チェック慈照寺(銀閣寺)【京都市左京区】

GINKAKU

慈照寺(銀閣寺)は臨済宗相国寺派の寺院。

「銀箔を貼る予定だったが資金不足により断念した」などの通説がありますが、当時の禅宗やわびさびを基調にした文化などを鑑みて、貼る予定がなかった可能性が高いともいわれております。

慈照寺(銀閣寺)
京都府京都市左京区銀閣寺町2

チェック清水寺【京都市東山区】

関西Loversさん(@kansai_lovers)がシェアした投稿

日本でも有数の観音霊場であり、鹿苑寺、嵐山などと並ぶ京都市内でも有数の観光地。季節を問わず多くの参詣者が訪れる。古都京都の文化財としてユネスコ世界遺産に登録されています。

清水寺 住所:京都府京都市東山区清水1−294 清水寺

 

チェック天龍寺【京都市右京区】

ten2

京都五山の一位として栄えた名刹。 方丈裏の庭園(史跡・特別名勝)は往時の面影を今に伝えており、嵐山、亀山を背景とした池泉回遊式庭園で、貴族文化の伝統と禅好みの手法が溶け合い、四季折々の美しさを見せます。ちなみに、秋には紅葉がとても綺麗ですよ。 ten

天龍寺 住所:京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町 天龍寺

チェック伏見稲荷大社【京都市伏見区】

 

伏見の稲荷神社です。鳥居の数には圧倒されます。 #fushimi #伏見神社

関西Lovers

さん(@kansai_lovers)がシェアした投稿 –

京都市伏見区にある伏見稲荷大社は全国に約4万ある稲荷神社の総本宮。創建は711年で、お稲荷さんとして親しまれている。商売繁盛の神様として有名。有名な千本鳥居は、まるで異空間にいる様な気分にさせてくれます。

ちなみに入り口にもやはりキツネ

伏見稲荷大社
住所:京都府京都市伏見区深草藪之内町68

チェック桂離宮

桂離宮は京都市西京区桂にある皇室関連施設。江戸時代の17世紀に皇族の八条宮の別邸として創設された建築群と庭園からなり、。面積は約7万平方メートルで、うち庭園部分は約5万8千平方メートルとなります。かつては桂川の水を引き込んだ回遊式庭園で細部まで手の込んだ最高に美しい庭園です。
紅葉も美しく、宮内庁の方が二人付いた30人ほどのガイドツアーで本当に行って良かったと思える所です。

阪急桂駅から徒歩20分

チェック鞍馬寺(鞍馬山)【鞍馬】

京都屈指の強力パワースポットとして有名で、霊山としても知られます。密教による山岳修験の場として栄えました。標高584m。

鞍馬山の南斜面に位置する鞍馬寺は鞍馬弘教の総本山であり、源義経(牛若丸)が少年期を過ごした寺としても有名で、境内奥の貴船へと向かう参道には、牛若丸や天狗の伝説が数多く残っています。鞍馬に行くと 貴船の川床も見ることができます。「川床」は桃山時代に京都のほぼ真ん中を流れる鴨川に桟敷を設け、客をもてなしたのが始まりといわれています。都会の喧騒も忘れ、青々とした木々の中をそよぐ風、川のせせらぎを聞きながらいただく京料理は格別の一言。

さらには貴船神社と呼ばれる日本全国に約450社ある貴船神社の総本社もあります。地域名の貴船「きぶね」とは違い、水の神様であることから濁らず「きふね」という。縁結びの神としての信仰もある一方、縁切りの神や呪咀神としても信仰されており、丑の刻参りでも有名です。

・鞍馬寺

IMG_0853

鞍馬寺
住所:京都府京都市左京区鞍馬本町1074

・貴船の川床

住所:京都府京都市左京区鞍馬貴船町43

・貴船神社

ちなみに鞍馬までは電車を使います。

▼上述したものが京都観光での特にお勧めの場所です。しかし、京都観光で後述する観光スポット、グルメも余力があればおすすめ是非いってみてください。

チェック○おたべ本館【京都市南区】

京都市南区にあるおたべ本館は、京都の定番お菓子として親しまれている生八つ橋のおたべ。本社工場があるおたべ本館では、生八つ橋の手作り体験や製造工程の見学もできます。店舗ではここでしか取り扱っていない「しゅうあん」や「ほんどら」といったオリジナル商品も。

おたべ 本館
住所:京都府京都市南区西九条高畠町35-2

チェック○京都タワー【京都市下京区】

京都タワー

台座となっている京都タワービルを含めた高さは131mあり、京都市内では最も高い建造物。地上100mにある展望室からは京都の四季折々の景色を楽しめることはもちろん、夜景を眺めることもできます。

京都タワー
住所:京都府京都市下京区東塩小路町 京都タワー

チェック○天下一品本店

天下一品総本店

スープは、「こってり」と「あっさり」の2種類が基本となっており、「こってり」は鶏と11種類の野菜からつくられたスープで、ポタージュの様にドロリとしており、麺に絡みつくかのような粘着感を持っています。こってり並みが特にお勧めです。

天下一品本店所在地 京都市左京区一乗寺築田町94メゾン白川1F
電話番号 075-722-0955
営業時間 11:00~翌3:00
定休日 毎週木曜日

チェック○二条城【京都市中京区】

二条城

二条城とは徳川家康の将軍宣下に伴う賀儀と、徳川慶喜の大政奉還が行われ、江戸幕府の始まりと終焉の場所。城全体が国の史跡に指定されている他、二の丸御殿が国宝に、その他にも重要文化財や特別名勝に指定されています。

二条城
京都府京都市中京区二条城町 元離宮二条城

チェック○天橋立【宮津市】

天橋立【宮津市】

宮津湾と内海の阿蘇海を南北に隔てる全長3.6キロメートルあり、日本三景の一つ。股の間から天橋立を見る「股のぞき」が有名。逆さにのぞくその景色は、海と空が逆になり、まさに天に架かる浮き橋のように見えます。

天橋立
住所:京都府宮津市文珠 天橋立

チェック○哲学の道【京都市左京区】

哲学の道【京都市左京区】

日本の道100選にも選ばれている全長 1.6キロの散歩道。近代日本の代表的な哲学者・西田幾太郎や経済学者・河上肇などがこの道を散策しながら思索にふけったことからこの名がついたと言われています。春や紅葉の秋は多くの観光客でにぎわいます。

哲学の道
住所:京都府京都市左京区 哲学の道

チェック○南禅寺【京都市左京区】

南禅寺【京都市左京区】

臨済宗南禅寺派大本山の寺院。京都五山および鎌倉五山の上におかれる別格扱いの寺院で、日本の全ての禅寺のなかで最も高い格式をもちます。明治維新後に建設された、当寺の境内を通る琵琶湖疏水水路閣は今や京都の風景として定着。

南禅寺
住所:京都府京都市左京区南禅寺福地町86 南禅寺

チェック○鴨川【京都市中京区】

鴨川1

出典:guide.travel.co.jp

鴨川は、桟敷ケ岳付近を源とし桂川の合流点に至るまで京都市内の南北を流れる約33kmの河川。悠久の歴史の中で千年の都と京文化を育んできた川であり、今も大都市にあって清澄さを保ち、憩いの場として多くの人に親しまれています。

鴨川
住所:京都府京都市 四条通

チェック○花見小路通【京都市東山区】

祇園町の真ん中を南北に走る通り。四条通から南、建仁寺までの一帯には昔ながらのお茶屋や料亭が軒を連ね、花街情緒が漂う風情ある町並みは、まさに「京都」という風景が楽しめます。海外観光客にも大人気、平日でも多くの人で賑わっていますよ。

花見小路通
住所:京都府京都市東山区 花見小路通

チェック○八坂神社【京都市東山区】

b7e04abb85cdc4a97a1430df07173d9f_s

全国にある八坂神社や素戔嗚尊を祭神とする関連神社(約2,300社)の総本社。通称として祇園さんとも呼ばれ、正月三が日の初詣の参拝者数は近年では約100万人と京都府下では伏見稲荷大社に次ぐ2位。

八坂神社
住所:京都府京都市東山区祇園町北側625 八坂神社

チェック○竹林の道【京都市右京区】

竹林の道【京都市右京区】

嵯峨野の竹林の中で最も有名なのが、野宮神社から大河内山荘へと至る道。いつもよりゆっくりと歩く事で、風が運ぶ竹の香り、隙間から注ぐ日差しが感じられます。時間の感覚を忘れ、ただ目の前を歩く。それだけで自然に溶け込む心地よさが味わえるのは嬉しいです。

竹林の道
住所:京都府京都市右京区嵯峨小倉山田淵山町4

チェック○寺田屋【京都市伏見区】

寺田屋は伏見の船宿。寺田屋騒動や坂本龍馬襲撃事件の舞台。寺田屋は鳥羽伏見の戦(1868年)に罹災し、焼失した。
現在の建物はその後再建されました。宿の東に位置する寺田屋旧跡には、「薩摩九烈士遺跡碑」があります。

寺田屋
住所:京都府京都市伏見区南浜町263

チェック○平等院【宇治市】

平安時代後期・11世紀の建築、仏像、絵画、庭園などを今日に伝え、「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されています。鳳凰堂は日本人なら誰しもが知っている十円硬貨の表の絵柄として有名。

平等院
住所:京都府宇治市宇治蓮華蓮華116 平等院

いかがでしょうか?少しでも京都に対するイメージが鮮明にならば、さらにいえば京都観光の時に一助になれば幸いです。是非、素敵な京都の思い出をつくってくださいね!