関西LOVERS

是非買ってほしい兵庫のおみやげ特集

2015年09月07日(月)/兵庫


定番から珍しいものまで、兵庫らしいおみやげを集めてみました。観光はもちろん、お仕事で兵庫に来られた方も、何かおみやげをとお考えなら、是非是非買ってほしい兵庫のおみやげ特集をご覧頂きたいです。

チェック<神戸スイーツ>

兵庫といえば、神戸のスイーツを外せませんよね。どなたにも喜ばれると思います。

☆神戸ビュースポット

神戸ビュースポット

出典:全国の美味しいお土産ランキング

1923年、神戸に亡命してきた菓子職人のロシア人ゴンチャロフが店を構えたのが始まりで、それ以来90年余り、神戸でチョコレートを作り続けて来た老舗。
そのゴンチャロフがおみやげに考え出したのがこの「神戸ビュースポット」。神戸をイメージした可愛い箱を開けると、中にはひと口大のチョコレートが並び、チョコレートの包み紙に神戸の名所が描かれているので、おみやげにピッタリ。ゴンチャロフですので、もちろん味の方も間違いなしです。

ゴンチャロフ

☆デンマークチーズケーキ

デンマークチーズケーキ

出典:www.kannonya.co.jp

ふわふわのスポンジケーキの上を、デンマーク直輸入の生チーズをブレンドしたチーズが覆う、手作りのチーズケーキです。食べる前にオーブントースターで焼くと、熱々にチーズがとろけて、まるでケーキのチーズフォンデュのよう。他では味わえない一品です。

☆神戸プリン

神戸プリン

1993年、何か神戸の街にふさわしいおみやげをと考え出されたのが「神戸プリン」。今ではすっかり、神戸のおみやげの定番に数えられる存在となりました。コクがあるのに柑橘系の風味がほのかに広がって、爽やかな後味。シンプルで飽きの来ない味わいは、神戸っ子からも愛されています。そして主要な駅や空港、サービスエリアなどのおみやげ店に置いてありますので、買い求めやすさも魅力のひとつです。
神戸プリン

☆神戸六景ミニゴーフル

神戸六景ミニゴーフル

出典:じゃらん

いわずと知れた、神戸の銘菓ゴーフル。創業1897年。100年以上もの長きにわたり、風月堂は神戸のスイーツを支えて来ました。今やゴーフルにも様々な種類がありますが、いかにも神戸らしい商品なのが「神戸六景ミニゴーフル」です。ミニゴーフルが入った缶の蓋に、版画家 川西祐三郎氏が描いた神戸の風景があしらわれています。全部で6種類の風景があり、気に入ったものをひとつでも良いですし、6種類揃えても楽しいです。
それぞれバニラ、ストロベリー、チョコのゴーフルが入っています。神戸以外では、明石海峡大橋バージョンもあります。
神戸風月堂

チェック<兵庫の特産品>

ここからは兵庫を代表する特産品と、それを使った商品をご紹介します。

☆神戸牛しぐれ煮

神戸牛しぐれ煮

出典:辰屋

神戸牛を醤油、酒、砂糖などでじっくり煮込んで、しぐれ煮にしました。ごはんのお供に、またはお酒の肴にいかがでしょう。いろいろなお店からその店独自のしぐれ煮が発売されていますが、今回ご紹介するお店は、明治創業という老舗の神戸牛専門店「辰屋」。
保存料、化学調味料不使用で、昔ながらの味を守りながら、丁寧に手作りされています。

☆いかなごのくぎ煮

いかなごのくぎ煮

出典:大阪泉州観光ガイド

いかなごのくぎ煮は、淡路島から阪神間にかけて、水揚げされるいかなごの新子(稚魚)を醤油とざらめ、生姜で煮た家庭料理です。
毎年いかなご漁が解禁になる春先には、あちらこちらからいかなごを炊く香ばしい匂いが漂って来て、街に春の到来を告げます。
水気がなくなるまで煮込んであるので日持ちが良く、ごはんのお供に常備しておけます。
小売店の他、主要駅や空港、サービスエリアなどのおみやげ店、スーパーなどでも買うことができて便利です。

☆ほたるいかの沖漬け

ほたるいかの沖漬け

出典:晴れた海

ホタルイカといえば富山をイメージされるかもしれませんが、水揚げ量は兵庫もトップクラスで、中でも浜坂漁港はホタルイカの水揚げ日本一です。
山陰沖で獲れるホタルイカは小ぶりで食べやすい大きさ。
沖漬けは、丸ごと醤油ダレに漬け込むのでイカの旨味が凝縮され、程よい甘味とコクがイカ全体に浸み込んで深い味わいに。
ツルツルの食感で、ごはんは勿論、お酒のすすむ一品です。
浜坂以外でも香住などの地元の水産加工会社の多くが自家製で作っているので、それぞれに味の違いがあり、食べ比べてみるのも楽しいかも。
水産加工物を扱っている鮮魚店やおみやげ店で購入できます。

浜坂観光協会

☆丹波栗

丹波栗

出典:厳選食品 安心堂

粒が大きく甘さに優れた栗で、日本書紀にも登場するほど歴史は古く、幕府や朝廷に献上され、そのことから全国に名が知られるようになりました。この丹波栗を使った、お勧めの和菓子をご紹介します。

◇栗きんとん・栗おはぎ

栗きんとん・栗おはぎ

出典:食べログ

1855年(安政2年)創業の、丹波篠山にある老舗和菓子店「清明堂」で、秋の新栗が出る時期だけ販売される人気商品。「栗きんとん」はほっこりとしていて、栗そのものの味を大切にするためにほのかな甘さ。口に入れるとふわっと溶けます。
「栗おはぎ」は栗の餡で餅米100パーセントのおはぎを包んであります。
ほくほくとした栗ともっちりとしたおはぎの食感が絶妙。
栗が丸ごとひとつ入った栗形の可愛い「栗まんじゅう」も人気で、こちらは通年購入できます。

清明堂
住所:篠山市二階町59
電話:079-552-0159
営業時間:9:00~19:00 定休日 水曜日
アクセス:JR篠山口駅から神姫バス二階町バス停下車、徒歩すぐ。

◇栗蒸し羊羹

栗蒸し羊羹

出典:食べログ

ゴロゴロと栗の入った羊羹の、羊羹部分までもが栗という、正に栗まみれの贅沢な羊羹。
もちもちの弾力で上品な甘さ。一気に食べてしまいそうです。

鹿生堂
住所:篠山市乾新町59
電話:079-552-0314
営業時間:8:30~18:00 定休日 木曜日
アクセス:JR篠山口駅から神姫バス西町バス停下車すぐ

☆丹波黒豆ケーキ

丹波黒豆ケーキ

出典:丹波篠山いのうえ黒豆農園

しっとりとしたケーキの生地に、自然な甘さで、しっかりとした食感の大粒丹波黒が入っています。丹波黒とは兵庫県丹波地方発祥の、極大粒の高級黒大豆です。飽きの来ない、やさしい味わいで人気があります。冷やして食べると更にしっとりと美味しくなります。
丹波篠山いのうえ黒豆園

販売所特産館ささやま

☆塩味饅頭

塩味饅頭

出典:トラベルジェイピー

古くから塩の産地として知られる赤穂。この特産品の塩を使った和菓子が、赤穂名物「塩味饅頭」です。塩味饅頭を製造しているお店は赤穂には何軒もありますが、1764年創業の「元祖播磨屋」が、その名の通り元祖です。
赤穂藩の御用菓子司となり、塩味饅頭を献上していました。それ以来現在に至るまで作り続けてきた饅頭は、少し柔らかめの落雁のような生地でこし餡を包んでいます。こし餡の甘さを塩で抑え、すっきりとした上品なお味に仕上がっています。

元祖播磨屋