関西LOVERS

和歌山の自然景勝地を厳選

2015年08月25日(火)/和歌山


紀伊の国と呼ばれる和歌山県は、古くは「木の国」と呼ばれ、文字通り山林資源が豊富。今回は和歌山の数多ある数ある自然景勝地の中から皆さんに特に行ってもらいたい和歌山の自然景勝地を厳選しました。

チェック那智の滝

那智の滝

出典:那智勝浦町観光協会

日本三大名瀑の一つに数えられる那智の滝は、「熊野那智大社」の別宮、飛瀧神社のご神体として古くから人々に崇められて来ました。
133メートルの高さから落ちる滝は、落差日本一を誇り、その迫力のある雄大な姿は、見る者を厳かな気持ちにさせます。
那智の滝の東には那智山原始林が広がり、山中には60余りもの滝が存在し、その内の修験道の行場に使われていた48の滝を“那智の四十八滝”と呼びます。
那智の滝は「一の滝」とも呼ばれています。
滝への散策は、熊野古道の「大門坂」から風情ある石段を上って、熊野那智大社、那智の滝へと続くコースが勧めです。

那智の滝
住所:東牟婁郡那智勝浦町那智山
那智勝浦町観光協会

チェック千畳敷

千畳敷

出典:白浜ホープヒルズ

瀬戸崎の先端に位置し、太平洋に向かって突き出した約4ヘクタールの大岩盤で、千枚の畳が敷けるほどの広さがあることが名前の由来だとか。
新第三紀層の砂岩でできている為、長年の荒波による浸食で、複雑な岩畳のような地形が造られ、階段状の層になっているので、先端の波打ち際まで歩いて行くことができます。
豪快に打ち寄せる波は迫力満点。
夕陽の絶景ポイントでもあります。
南紀白浜観光ガイド
所在地:西牟婁郡白浜町千畳

チェック三段壁

三段壁

出典:TIC WAKAYAMAゆたか旅案内所は

千畳敷から1キロほど南下した海岸にそそり立つ、高さ50メートルの大岩壁が約2キロも続く、断崖絶壁の名勝地です。
足がすくむほどの高さからの眺めは壮大で、岸壁にぶつかる黒潮の波が、ダイナミックに砕け散ります。
そしてここから眺める夕陽は雄大で、最高の絶景ポイントです。
また、地下には熊野水軍の船の隠し場所であったとされる「三段壁洞窟」があり、エレベーターで降りられるようになっていて、
大自然の力や神秘、歴史のロマンに浸れる空間となっています。
所在地:西牟婁郡白浜町三段

チェック円月島

円月島

出典:じゃらん

臨海浦に浮かぶ島で、正式名称は高嶋といいます。
白浜のシンボルとして親しまれ、国の名勝に指定されています。
高さ25メートル、南北に130メートル、東西に35メートルの小さな島ですが、最大の特徴は島の中央に波の浸食でできた円形の穴(海蝕洞)が開いていることで、これが円月島の呼称の由来になっています。
夕景の名所として知られ、円月島に夕陽が沈む様は、別格の美しさです。
海岸線を走る県道34号から眺めることができます。
南紀白浜観光ガイド

所在地:西牟婁郡白浜町臨海

チェック紀の松島

紀の松島

出典:那智勝浦町観光協会

勝浦港に散在する小島群で、日本三景の松島に匹敵する美しさとしてこの名で親しまれています。周囲17キロの間に、大自然が造り出した様々な造形の大小の島々が130余りも浮かび、その形によってラクダ岩、ゴリラ岩、ライオン島などと名前が付けられています。
洞門のある鶴島や、平家物語にも登場する平維盛の入水伝説がある山成島などを、紀の松島めぐりの遊覧船で間近に見に行くことができます。狭い島と島の間を通り抜けるなどスリル満点。紺碧の海と打ち寄せる白い波しぶきと、奇岩が織りなすコントラストが美しい。
遊覧船の情報など詳しくは紀の松島めぐりHPをご覧ください。
所在地:東牟婁郡那智勝浦町勝浦

チェック友ヶ島

友ヶ島

出典:TRIP’S(トリップス)

友ヶ島は紀淡海峡に浮かぶ神島、地の島、沖ノ島、虎島の四島の総称です。島は、明治時代から第二次世界大戦まで、軍事要塞として使用されていたので、現在も大戦中の軍事施設や砲台が残され、当時の面影が忍ばれます。
この要塞跡がアニメ「天空の城ラピュタ」の世界観に似ているとして近年人気で、わざわざコスプレをして写真を撮りに来るマニアも多いとか。
また、キャンプや磯遊びが楽しめ、地元の人にも釣り場として人気があります。
加太港から観光船が出ています。詳しくは下記HPをご覧ください。

友ヶ島
住所:和歌山市加太
電話:073-459-0314(友ヶ島案内センター)
和歌山市・加太観光協会

チェック高野山

高野山

出典:高野山-御朱印

高野山とは、和歌山県北部にある標高1000メートル前後の山々の総称。1200年前に弘法大師によって開かれた真言密教の修行道場であり、比叡山と並ぶ日本仏教における聖地です。
総本山金剛峯寺、大本山宝寿院の他、117にも及ぶ子院が存在し、「紀伊山地の霊場と参詣道」として、世界遺産に登録されています。
根本大塔、金堂など19の建造物が建ち並ぶ「檀上伽藍(だんじょうがらん)」や、樹齢700年の杉の木立と共に、皇族を始め、大名や文化人に至るあらゆる階層の人々の墓石や慰霊碑が、20万基以上も立ち並ぶ「奥之院参道」など、その荘厳な空気とスケールの大きさは、訪れる者を圧倒します。

高野山
住所:伊都郡高野町
アクセス:和歌山県観光連盟HP

和歌山県のお勧めの自然景勝地をまとめましたが皆さん行かれたことが既にありましたでしょうか?是非雄大な自然を見に和歌山の景勝地行ってみてくださいね。