関西LOVERS

和歌山の観光名所を厳選

2015年08月24日(月)/和歌山


和歌山って、梅干しとみかん作ってて、台風が上陸するところ!って思っていませんか?確かにその通りですが、それだけではありません。
今回は和歌山の観光名所を厳選してご紹介。来て、見て、知って欲しい和歌山の魅力がここにあります。

チェック<アドベンチャーワールド>

アドベンチャーワールド

出典:和歌山県観光連盟

人間(ひと)と動物と自然とのふれあい”をテーマに、海や陸の動物約1500頭が、自然に近い形で生きる姿を間近に見ることができるテーマパークです。
肉食動物や草食動物が暮らすエリアを専用の車や、一部ウォーキングなどで巡る「サファリワールド」、イルカやクジラのショー
が楽しめる「マリンライブ」、動物たちと直接ふれあえるアトラクションなどの他に、ジェットコースターや観覧車のある「プレイゾーン」など、お楽しみが目白押し。
ここには現在7頭のパンダが暮らしていて、そのパンダたちとは「PANDA LOVE(パンダラブ)」と「ブリーディングセンター」で会
うことができます。
動物たちの可愛いオリジナルグッズやお菓子、和歌山の特産品などが買えるショップや、新鮮な海鮮食材を使った和食レストランや洋食のレストランも充実。
子供だけでなく大人もワクワクできる、そんなテーマパークです。

アドベンチャーワールド
住所:西牟婁郡白浜町堅田2399番地
電話:0570-064481
営業時間とアクセスはHPをご覧ください。

チェック<熊野古道>

熊野古道

出典:WONDERFUL DRIVE

「熊野古道」は「熊野街道」とも呼ばれ、紀伊半島南部にあたる熊野と、伊勢や大阪、和歌山、高野及び吉野を結ぶ古い街道の総称です。
伊勢と熊野速玉大社(くまのはやたまたいしゃ)を結ぶ伊勢路、田辺から熊野本宮に向かう中辺路(なかへち)、田辺から海岸線沿いに那智・新宮へ向かう大辺路(おおへち)、高野山から熊野本宮へ向かう小辺路(こへち)が、「熊野参詣道」として世界遺産に登録されています。
豊かな自然と荘厳な静けさが魅力で、「花の窟(いわや)」や「飛雪の滝」、「丸山千枚田 」など、数多くの見どころが点在します。
散策コース、アクセスなど、詳しくは下記HPをご覧ください。

和歌山観光情報

チェック<熊野本宮大社>

熊野本宮大社

出典:じゃらん

熊野速玉大社、熊野那智大社と並ぶ、熊野三山のひとつで、全国に3000以上ある熊野神社の総本山。中世より人々の信仰を集め、参詣の為の行列が絶えないことから“蟻の熊野詣”といわれるほどでした。

熊野古道の中辺路は熊野三山への参詣道になっていて、三社を結んでいます。熊野本宮大社の主祭神である家都美御子大神(けつみみこのおおかみ)のお使いが、日本サッカー協会のエンブレムに使用されている八咫烏(やたがらす)です。JFAの方や、日本代表の選手たちが必勝祈願で参拝に来るそうです。

熊野本宮大社
住所:和歌山県田辺市本宮町本宮
電話:0735-42-0009
拝観時間:8:00~17:00

チェック<那智の滝>

那智の滝

出典:那智勝浦町観光協会

日本三大名瀑の一つに数えられる那智の滝は、「熊野那智大社」の別宮、飛瀧神社のご神体として古くから人々に崇められて来ました。
133メートルの高さから落ちる滝は、落差日本一を誇り、その迫力のある雄大な姿は、見る者を厳かな気持ちにさせます。
那智の滝の東には那智山原始林が広がり、山中には60余りもの滝が存在し、その内の修験道の行場に使われていた48の滝を“那智の四十八滝”と呼びます。
那智の滝は「一の滝」とも呼ばれています。
滝への散策は、熊野古道の「大門坂」から風情ある石段を上って、熊野那智大社、那智の滝へと続くコースが勧めです。

那智の滝
住所:東牟婁郡那智勝浦町那智山
那智勝浦町観光協会

チェック<和歌山マリーナシティ>

和歌山マリーナシティ

出典:じゃらん

風光明媚な和歌浦湾に浮かぶ人工島のリゾート。島内には様々な施設が用意されています。ヨーロッパの街並みを本格的に再現したテーマパーク「ポルトヨーロッパ」は、小さな子供でも楽しめるアトラクションやイベン トが盛りだくさん。

イタリアンレストランやカフェ、オリジナルグッズやヨーロッパの輸入雑貨のショップなどもあり、フラメンコや民族衣装のドレスで変身体験もできます。和歌山の海産物はもちろん、日本各地の新鮮な海の幸が集まる「黒潮市場」では旬の魚を購入したり、その場でお寿司やバーベキューで味わうことができます。マグロの解体ショーも連日開催。

塩化物泉で身体ポカポカ、お肌ツルツルの天然温泉施設「紀州黒潮温泉」、釣った魚をその場で食べられる「海洋釣り堀」や、初心者や子供でも安心の「釣り公園」などがあり、大人から子供まで終日楽しむことができます。
お泊りは、太平洋を一望できる「和歌山マリーナシティホテル」をどうぞ。

・ポルトヨーロッパ

6

出典:トラベルジェイピー

住所:和歌山市毛見1527 和歌山マリーナシティ内
電話:0570-064-358
営業時間:10:00~17:00 休園日 不定休
季節、曜日により異なるので、HPのカレンダーでお確かめください。

・黒潮市場

住所:和歌山県和歌山市毛見1527 和歌山マリーナシティ内
電話:073-448-0008
営業時間:10:00~18:00 休館日 不定休
季節、曜日により異なるので、HPのカレンダーでお確かめください。

・海釣り公園

住所:和歌山市毛見1535-3 和歌山マリーナシティ内
電話:073-448-0020
営業時間:11月~3月7:00~17:00
4月~10月6:00~18:00 定休日 不定休・和歌山マリーナシティホテル
住所:和歌山市毛見1517
電話:073-448-1111
和歌山マリーナシティへのアクセスは和歌山マリーナシティHP

チェック<和歌山城>

和歌山城

出典:和歌山市観光協会

和歌山市の中心部、虎伏山(とらふくやま)にある和歌山城は、和歌山市のシンボル。天正13年(1585)豊臣秀吉が弟の秀長に築城を命じました。

その後、元和5年(1619)には徳川家康の第10男・頼宣(よりのぶ)が入城。以来、明治維新までの250年間徳川御三家の一つ紀州家の居城として栄えました。現在の天守閣は、和歌山大空襲で焼失した後、昭和33年に再建されたもの。四方から和歌山の街を見下ろせ、殿様気分が味わえます。内部には徳川家ゆかりの品々が展示されています。

また、全国でも珍しいお城の敷地内にある入園無料の小さな動物園や、国の名勝に指定されている西の丸庭園など、見どころも多く、春は桜の名所としても知られています。

和歌山城
住所:和歌山市一番丁3番地
電話:073-422-8979
営業時間:9:00~17:30 (入場は17:00まで)
休業日 12月29日~12月31日

チェック<太地町立くじらの博物館>

1969年に開館したくじらの博物館は、鯨の博物館としては世界最大級の規模を誇ります。
太地町の捕鯨の歴史とその技術を後世に伝える為に、鯨の骨格標本を始め、鯨の生態や捕鯨に関する資料が展示されていて、日本の伝統文化である捕鯨について、理解を深めることができます。
イルカのプールではショーを楽しんだり、イルカにタッチすることもできます。
自然の入江を利用したプールにはイルカやクジラが飼育展示されていて、餌やり体験や、世界でも珍しいゴウドウクジラの迫力のあるショーも見ることができます。
「海洋水族館マリナリュウム」では、飼育が難しいとされるマダライルカとスジイルカを見ることができ、特にスジイルカは世界
でもここでしか見られません。
アルビノといって、先天的にメラニン色素が欠乏して、白い身体のバンドウイルカもいて、元気に仲間たちと泳いでいます。
オリジナルグッズや太地町の特産品、クジラ加工食品などが買える「ミュージアムショップ」もあります。

太地町立くじらの博物館
住所:東牟婁郡太地町太地2934-2
電話:0735-59-2400
営業時間:8:30~17:00 年中無休
※ショーやイベントは、天候・動物の体調などにより中止・変更となる場合があります。

チェック<とれとれ市場>

地元の漁業組合が運営する、西日本最大規模の鮮魚マーケットです。
和歌山は勿論、日本全国四季折々の魚介類を販売。
一度も凍らせていない近海もののマグロをその場で解体、切り売りするなど、新鮮で活きのいい魚介が手に入ります。
和歌山の特産品である梅干しや旬の果物、地酒や珍味、お土産やグッズなどを扱う店が並ぶ名店街は、見て回るだけでも楽しい。
ほとんどが試食可能なので安心して買い物ができます。
また、新鮮な魚介類を使った丼物やお造りなどが味わえるコーナーもあります。
周辺には温泉施設「とれとれの湯」があり、絶景が楽しめる露天風呂や、日本でここだけという、岩塩を敷き詰めた塩の部屋での岩盤浴などが楽しめます。
他にも「鮮魚寿司とれとれ市場」や海鮮バイキングの店「とれとれ亭」、いかだでの釣りが体験できる施設、丸いドーム型ハウス
がかわいい宿泊施設「とれとれビレッジ」などが揃っています。
とれとれ亭には温泉施設「カタタの湯」があり、入浴だけの利用も可能です。

とれとれ市場
住所:西牟婁郡白浜町堅田2521
電話:0739-42-1010/フリーダイヤル0120-811-378
営業時間:8:30~18:30 季節により延長する場合がります

チェック<白良浜>

白良浜

白浜観光協会

毎年夏には、60万人を超える海水浴客で賑わう近畿地方屈指の海水浴場。本州で一番早く5月には海開きが行われ、様々なイベントも開催されます。

しかし敢えてお勧めしたいのは、海水浴シーズンが終わってからの、静かになった白良浜です。弧を描きながら約600メートル続く真っ白な美しい砂浜と、青い海の対比の美しさを、海水浴客で混雑していては充分に堪能できないからです。

そしてここは、夕陽の絶景ポイントでもあります。夕方に砂浜を散歩して、太平洋に沈む太陽の雄大な風景を眺めてみてはいかがでしょう。

海水浴場内には、プールのように広い露天風呂の「しらすな」があります。水着着用で入る男女混浴の温泉施設で、秋から春にかけては無料の足湯が楽しめます。潮騒を聞きながら、のんびりと湯に浸かるのも贅沢なひと時です。

白良浜
住所:西牟婁郡白浜町白浜
電話:0739-43-5511(白浜観光協会)
南紀白浜観光ガイド