中部LOVERS

高岡市の魅力を「まちあるき」で探そう!オススメのスポットを厳選

2018年08月26日(日)/富山

Pocket

富山県では、富山市に次ぐ第2の都市である高岡市。加賀藩2代藩主前田利長公ゆかりの地として、歴史好きの方にはよく知られた町かも知れません。

しかし、詳しく知らなくても訪れればきっと好きになる。そんな高岡市の魅力を、ポイントを絞ってご紹介します。「まちあるき」をしながら、その魅力に触れてみてください。

高岡の町を知るには、まずはこの2ヶ所を押さえるべし!

高岡大仏

高岡大仏

出典:じゃらん

高岡の町を静かに見守る大仏様。鳳徳山大仏寺にあり、高さは約16mあります。奈良・鎌倉と共に日本三大仏にも数えられる阿弥陀如来坐像。

現在のものは3代目で青銅製。初代と2代目は木製で、それぞれ高岡の町で起きた大火によって焼失しています。

高岡大仏

出典:湯煙おやじの旅日記

大仏の台座の部分は回廊になっていて、内部には阿弥陀三尊や焼失を免れた2代目大仏様のご尊顔とされる仏頭も安置されています。また、回路の壁面には仏画13作があります。

高岡のご神木と崇められていた杉の巨木が老朽化と道路拡張工事のため伐採することになり、その杉をキャンバスにして描いたものです。

高岡大仏

出典:フォートラベル

仁王像がある境内の入り口に立つと、まっすぐに伸びた参道の先に大仏様が見えます。手前には龍をあしらった手水があり、その表情には凄みがあります。

境内には御朱印をいただいたりお守りが購入できる寺務所や、朝6:00と夕6:00に時を知らせる寺鐘などもあります。

高岡大仏

出典:阿吽倶流の彷徨い日記,四国と九州の編 – Jugem

毎月第1日曜日は『大仏ごりやくの日』という縁日が開かれ、落語や漫才・マジックショーなどのイベントや境内に露店が並び賑やかになります。

毎年9月23日は『高岡大仏まつり』が開催され、1年に1度大仏様を拭き上げる御身拭いが執り行われます。

高岡大仏

出典:takaoka.or.jp

御身拭いが終わった後は、一般の方も台座正面に特設された階段から上がり大仏様の近くまでいくことが出来ます。高岡に来たら、やはり大仏様へのご挨拶も兼ねてぜひお参りを!

高岡大仏
住所:高岡市大手町11-29
電話番号:0766-23-9156

瑞龍寺

瑞龍寺

出典:富山の遊び場

加賀藩2代藩主であった前田利長公の菩提を弔うため、3代藩主利常公によって建立されました。造営には1643年から約20年にわたって行われ、利長公の50回忌に合わせて完成したと伝えられています。

瑞龍寺

出典:フォートラベル

こちらのお寺の特徴は、思わず息を呑むほどの美しさにあります。総門・山門・仏殿・法堂の主要伽藍が一直線上に並び、禅堂と大庫裏を左右対称に配しています。また、各堂は長い回廊によって結ばれています。

瑞龍寺

出典:趣味時間

美しさがよくわかるのは、総門から山門へと続くまっすぐに伸びた参道。両脇にある白い玉砂利は、太陽に当たっている部分が眩しく反射しその白さを際立たせています。

そして山門をくぐると周囲は青々とした芝生が広がり、白い玉砂利とは対照的な姿を見せてくれます。

瑞龍寺

出典:D-KAGA

境内にある山門・仏殿・法堂は国宝に、総門・禅堂・高廊下・回廊・大茶堂は国の重要文化財に指定されています。特に国宝は、富山県内で指定されているのはこちらだけです。

瑞龍寺

出典:豊かですよ!

参拝の際には、ぜひ御朱印をいただきましょう。こちらの御朱印には、東司(トイレ)の神様である「烏蒭沙魔明王(うすさまみょうおう)」がデザインされていて、その迫力ある表情が印象的です。

拝観料を納める場所と同じところで受け付けています。毎年2月・4月・8月にはライトアップも行われ、闇夜に幻想的に浮かび上がる伽藍が幻想的な姿を見せてくれます。

※山門は現在改修工事中で、2021年頃終了予定です。

瑞龍寺
住所:高岡市関本町35
電話番号:0766-22-0179

ここも見ておけば、高岡ツウに!

高岡古城公園

高岡古城公園

出典:日本1000公園

キリシタン大名であり築城の名手として知られた高山右近が設計し、1609年に築城。その年に前田利長公が入城しましたが、わずか5年で死去。そして、高岡城は1615年の一国一城令により廃城となりました。

高岡古城公園

出典:ameblo.jp

城跡は、1875年から公園として一般に開放しています。園内には、高岡市立博物館や古城公園動物園・射水神社などがあります。

広大な敷地は、東京ドームの4.5倍もの広さに当たる21万平方メートル。築城当時のままの姿を残す3つの水濠に囲まれ、面積の3分の1を占めています。

高岡古城公園

出典:walking-map.com

春と秋にはお濠めぐりの遊覧船が出て、船の上から桜や紅葉を楽しむことが出来ます。2018年度の秋の運航は11月3日(土・祝)~25日(日)までなので、ぜひ日程を合わせてお出かけください。

高岡古城公園
住所:高岡市古城1-1
電話番号:0766-20-1563

前田利長公墓所

前田利長公墓所

出典:アジアバックパッカートラベル

瑞龍寺から、八丁道と呼ばれる石灯籠が続く道をゆっくり歩いて15分ほどの場所にあります。前田利長公の33回忌に当たる1646年に造営されました。

前田利長公墓所

出典:フォートラベル

墓域の前には鳥居が、その手前の右手には高さ6.8mもの大きな石灯籠があります。一辺15.5mの御廟は、外堀・内堀と石柵で囲まれています。

墓の基壇は加賀で産出される戸室石で二重に築かれ、基壇の上に11・9mの墓標が立っています。

前田利長公墓所

出典:わたし、ステキ女子になる。

普段は、墓標の前の門は閉じています。利長公が高岡に入城したと言われる9月13日に『前田利長公顕彰祭』が行われ、この日だけ門が開かれて一般公開されます。

2009年に、石川県金沢市にある前田家墓所と共に加賀藩主前田家墓所として国の史跡に指定されています。高岡の町を散策するなら、ぜひとも訪れておきたい場所です。

前田利長公墓所
住所:高岡市関72-1-1外
電話番号:0766-20-1547(高岡市観光協会)
高岡市観光ポータルサイト たかおか道しるべ

山町筋(やまちょうすじ)

山町筋

出典:www.kakae.sakura.ne.jp

旧北陸道沿いの御馬出町・守山町・木舟町・小馬出町にかけて、市街地に600mほど続く通り。ここには土蔵造りや真壁造りの町家や、洋風建築の建物が建ち並んでいます。

山町筋

出典:JAPAN WEB MAGAZINE

前田利長公が高岡の町を発展させようと、近隣の城下町から町人を招いて住まわせたと言われています。

重厚で細部には繊細な意匠を持つ土蔵造りの町家など歴史を感じる家並みが続き、国の重要伝統的建造物群保存地区にも選定されています。

山町筋

出典:フォートラベル

1900年の大火後の明治~昭和初期にかけて建造されているものが多く、大火の際に町の6割が焼失したため防火を意識した町造りが行われました。

山町筋

出典:www.shinjinji.com

このエリア内には、菅野家住宅・塩崎家住宅・筏井家住宅・井波屋仏壇店・富山銀行本店・高岡市土蔵づくりの町資料館と見応えのある建物が並んでいます。ぜひ散策を楽しみながら、建物をじっくりと観察してみましょう。

菅野家住宅

山町筋

出典:Twitter

5代伝右衛門が北海道との通商などで家業を広げ、巨万の富を築いた高岡でも有数の商家。主屋は1900年の大火後の1902年に再建されたもの。

黒漆喰で仕上げた重厚な外観や、正面の庇には天井飾りなど細部にわたり華やかな装飾が施されています。現在でも住居として使用されていますが、一部を一般公開しています。

塩崎家住宅

山町筋

出典:Twitter

元々は銅器の卸売業を、現在は計量機器類の卸売業を営んでいます。正面の右手には明治期の土蔵造り、左側が昭和初期の洋風建築と珍しい造りをしています。

これは、1935年の昭和通り拡幅工事によって間口を2間分切り取られてしまったためだとか。

筏井家住宅

山町筋

出典:ほっとホット高岡

代々綿糸などの卸商を営んでいた商家で、建物は1903年の建造。2階の窓に付けられた観音開きの土扉は、全て開けられた時に隣り合った扉と一体化して収まるように設計されているそうなので、通りから眺めてみるのも面白いかも。

こちらは富山県の有形文化財に指定されています。

井波屋仏壇店

山町筋

出典:フォートラベル

1905年に建てられ、元々はお茶の卸商の店舗だったものを当主が買い求めて仏壇店に。2階にはテラスがあり、中央部が吹き抜けになっています。

正面入り口の部分には、大きなアーチ窓が2つ並んでいます。鋳物製の唐草模様を施してあり、和洋入り交じる独特な造りになっています。国の有形文化財に登録されています。

富山銀行本店

山町筋

出典:Tahito

県内唯一の大正時代の本格的な洋風建築で、外壁の赤レンガが印象的です。1914年に高岡共立銀行本店として建てられたもので、現在は富山銀行本店として使用されています。

しかし2019年春には駅前に移転が予定されているため、建物は高岡市に無償譲渡されるそう。まちづくりに活用されるとのことで、新しい見どころになることが期待されます。

土蔵造りのまち資料館

山町筋

出典:富山の遊び場

明治初年にこの地に移り住み1945年まで繊維問屋を営んでいた旧室崎家の住宅を改装し、2002年から資料館として一般公開しています。高岡市の文化財に指定されています。

館内では町の形成から土蔵造りの成り立ちなど、古文書や古図を使い紹介しています。また、山町筋周辺を舞台に行われる高岡御車山(みくるまやま)祭についても解説しています。

高岡御車山(みくるまやま)会館

山町筋

出典:『越ノ国』より – ココログ

高岡御車山祭は、毎年5月1日に行われる高岡関野神社の春季例祭です。「高岡御車山祭の御車山行事」として、全国でも5つしかない国の重要有形・無形民俗文化財2つに指定されています。

山町筋

出典:北陸・信越観光ナビ

2016年には山鉾・屋台行事33件のうちの1件としてユネスコ無形文化遺産に、また文化庁が認定する日本遺産にも選ばれています。その祭りの雰囲気をいつでも味わえる場所として、2015年にオープンしたのが『高岡御車山会館』です。

山町筋

出典:livedoor Blog

高岡御車山は豊臣秀吉が後陽成天皇を聚楽第に迎え奉る際に使用した御所車を、前田利家公が1588年に拝領。その後利長公が1609年の高岡城築城に当たり、町民に与えられたのが始まりと言われます。

御所車に鉾を立て、美しい装飾を施した華やかな御車山が町を通る様は見事です。館内では御車山を通年展示しています。

高岡御車山会館
住所:高岡市守山町47-1
電話番号:0766-30-2497

山町筋でランチ&休憩ならここがオススメ!

COMMA, COFFE STAND

山町筋

出典:ふりむけばスカタン

築100年以上の土蔵造りの建物をリノベーションしたカフェ。山町筋の角にあり、散策途中の休憩やランチの場所にオススメです。

1杯ずつ丁寧に入れられるシングルオリジンコーヒーと、素材にもこだわって作られるシュークリームが特に人気。

山町筋

出典:コロカル

オーダーを受けてからクリームを詰めてくれるので、シュー生地のサクサク感が楽しめます。

ランチは日替わりで3~4種ほどあり、パスタやリゾット・パヌッツオなどが提供されます。パヌッツオとは、ピザ生地で作るオープンサンドのようなもの。

山町筋

出典:高岡市 – まいぷれ

外観も素敵ですが、店内もオシャレで居心地のいい空間が広がっています。

COMMA, COFFE STAND
住所:高岡市小馬出町48-1
電話番号:070-5465-0993

高岡市の主な見どころは、ゆっくり歩いて回れるほどギュッと詰まっています。伝統工芸品を見たりランチを挟んで、1日じっくりと楽しんでみてください。
※営業時間や定休日・料金などは、お出かけ前に各施設へご確認ください。