中部LOVERS

山梨県でフルーツ狩り&収穫体験!秋から冬に行きたいオススメ農園5選

2018年09月29日(土)/山梨

Pocket

山梨県と言えばフルーツ王国。一年を通して、さまざまな味覚に出会えます。そこで秋に体験したい山梨県のフルーツ狩りと、野菜の収穫体験をご紹介します。

子供でも楽しめるので、家族揃って行楽シーズンのお出かけにぜひどうぞ!

中込農園

フルーツ栽培の盛んな山梨県内には、たくさんの農園があります。もぎ取りの出来る観光農園も多く、中でも人気なのが中込農園。

中込農園

出典:食と遊びと、時々写真 – FC2

通常は栽培するフルーツが1つまたは2つなどが多い中、6月から12月頃まで約半年間でサクランボや桃・プラム・ネクタリン・梨・ぶどう・プルーン・りんご・柿と9種類も栽培。旬の時期にそれぞれのフルーツ狩りができ、栽培面積や栽培品目数など県内トップレベルの規模を誇ります。

9月30日~11月30日頃まではりんご狩りのシーズン。期間中は、基本的に毎日開園しています。時間・個数無制限で食べ放題の『りんご狩りコース』が、3歳以上¥1000でりんご3個のお土産付き。

農園で用意したカゴに自分でもぎ取ったりんごを詰め、1kg¥500で買い取る試食付きプランもあります。10月20日から11月20日頃なら、柿狩りもできます。こちらは1時間の食べ放題で、小学生以上は¥1000。

ぶどうとりんご、旬の重なる時期が狙い目!

中込農園

出典:Sora Life

ぶどうとのセットコースもあるので、時期の重なる10月~11月中旬なら1回で2種類のフルーツが楽しめます。干し柿を作る体験もあり、通常11月~12月に開催されます。干し柿の試食も付いています。

またBBQもでき、食材や用具など飲み物以外は全て用意してくれます。午前中にフルーツ狩りを楽しんで、お昼にBBQなんてことも可能。農園には大型の雨よけテントがあり、天候に左右されずにフルーツ狩りができるのも魅力です。

いずれもHPから予約し、フルーツの生育状況などをご確認ください。

中込農園
住所:南アルプス市飯野2281-1
電話番号:055-283-0505
URL:http://nakagominouen.com/

塚原山フルーツ農場ふかさわ

塚原山フルーツ農場ふかさわ

出典:るるぶ&more.

甲府盆地を一望できる高台にあり、眺めのいい場所。ここの農園は減農薬に気を配り、子供から大人まで安心・安全に口に出来るフルーツを栽培しています。

6月~11月まで、サクランボ・すもも・ぶどう・りんご・柿などのフルーツ狩りが出来ます。特に「李王」というすももは、甘みが強くジューシー。さらに香りもいいと人気です。

塚原山フルーツ農場ふかさわ

出典:livedoor Blog

7月が旬なので、ぜひこのシーズンに山梨県へお出かけの際には味わってみてください。しかも、この品種は1990年に登録された、この農場のオリジナル品種。他では味わえません。

気軽にフラッと立ち寄ってみよう!

入園自体は無料で、その旬のフルーツを少しだけ試食することも出来ます。もぎ取り体験をしなくても、美味しいフルーツをお土産に購入していくことも可能。

サクランボのみ食べ放題で、それ以外はもぎ取り体験となります。もぎ取った物は、1kg¥600(さくらんぼ・巨峰・黄金桃・すももなどを除く)で買い取りとなります。

塚原山フルーツ農場ふかさわ

出典:livedoor Blog

精算後はその場で食べることができ、もちろん持ち帰ってお土産にすることも出来ます。2018年シーズンは11月26日まで。秋はぶどうや梨・柿などのもぎ取りが可能。

雨の日でも開園していますが、遮る屋根がないのでレインコートなど雨具の持参が必要です。HPから予約すると、農場特製のりんごジャムがいただけます。お出かけの際には、HPを必ずチェックしてください。

塚原山フルーツ農場ふかさわ
住所:南アルプス市落合2298
電話番号:055-282-7884
URL:http://www.aozora-web.com/tukaharayama/

見晴し園

「見晴し園」の名前の通り、高台から甲府盆地が眺められる見晴しのいい場所にあります。こちらの農園では12月下旬~5月中旬のいちごから、6月下旬~8月中旬の桃、8月上旬~11月下旬のぶどう、10月下旬~11月下旬のりんごと、ほぼ1年を通してもぎ取り体験が可能。

見晴し園

出典:まっぷる

秋から冬に楽しめる代表的なフルーツはぶどうとりんご。10月~11月ならベリーA・甲州ぶどうが旬を迎え、40分のもぎ取り食べ放題が¥850で体験できます。

ひと味違う、リッチな味わい!

見晴し園

出典:Goo ブログ

ちょっと高級な巨峰・甲斐路は10月中旬頃までで、こちらも40分もぎ取り食べ放題の設定ですが料金は¥1350。りんごはふじや千秋・姫りんごなどを栽培していて、時期によってはぶどうとのセットもあります。

そして12月になると、いよいよいちご狩りがスタート。年をまたいでゴールデンウィーク頃までが旬になります。章姫・紅ほっぺ・かおり野・やよい姫・おいCベリーの5種類の中から、いずれかの品種で体験可能。

見晴し園

出典:miharashien.blogspot.com

30分間のもぎ取り食べ放題で、時期により大人¥1250~¥1750の変動制。高設栽培により、小さな子供や高齢者・車椅子の方でも楽しめるようになっています。

食事処も併設し、定食類やそば・うどんなどの麺類、甲州とりもつなど地元B級グルメも味わえます。また直売所では旬のフルーツのほか、漬け物やワイン・信玄餅などの甲州土産も購入できます。

見晴し園
住所:笛吹市一宮町土塚240
電話番号:0553-47-2111
URL:https://miharashien.com/

御坂農園グレープハウス

御坂農園グレープハウス

出典:食べログ

桃とぶどうを中心に栽培を行う観光農園で、夏から秋にかけて毎年多くの観光客が訪れます。6月~8月には桃狩り、8月~11月中旬までぶどう狩りが楽しめます。

特にぶどうは、時期により巨峰・スチューベン・ベリーA・甲斐路・甲州ぶどうとさまざまな品種の栽培を行っています。人気なのは9月~10月中旬までの甲斐路で、深みのある独特の甘さがあり皮のまま食べられる品種。

御坂農園グレープハウス

出典:かんぽの宿 – 日本郵政

食べ応えのある巨峰も人気です。いくつかコースがありますが、園内でもぎ取り食べ放題なら大人¥900とお値打ちです。もちろん時間無制限なので、好きなだけ食べられます。

オリジナルのワイン造りの体験も!

更にこちらではオリジナルのワイン造りの体験も可能。原料となるぶどうを収穫し、体験用の桶に入って足踏み。搾りたての果汁の試飲や、ボトルに貼るラベルも手描きできます。

御坂農園グレープハウス

出典:日帰りバス旅行会社

1ヶ月ほどでワインが完成するので、10月末までに体験をすればクリスマスまでには届けられます。子供でも楽しく参加でき、ワインではなくぶどうジュースにしてくれるのでぜひ家族で体験してみては?

ぶどう棚の下でBBQをしたり、軽食なら特に予約無しでもOK。お土産も充実していて、巨峰あん入り水まんじゅう「巨峰のしずく」や信玄餅などの甲州土産も購入できます。

御坂農園グレープハウス
住所:笛吹市御坂町夏目原656-1
電話番号:055-263-3111
URL:http://misakanoen.co.jp/

南八ヶ岳花の森公園

道の駅南きよさとに隣接した季節の花に出会える自然いっぱいの公園で、入園は無料です。併設と言っても高低差100mもあり、道の駅南きよさと側にある「まごい駅」から花の森公園側にある「ひごい駅」までをリフトカー(往復¥350)で移動します。

南八ヶ岳花の森公園

出典:さわやかな風景を求めて

全長180mあり、斜度30度以上と急な角度に驚きつつも3分半で到着。マイカーの場合は、道の駅南きよさとへ駐車します。広い敷地内には四季折々の花が植えられ、収穫体験用の野菜や果樹なども栽培されています。

10月上旬~11月上旬には甘みの強い紅あずまのさつまいも掘り、10月上旬~11月下旬にはふじを中心とした品種のりんご狩りが出来ます。いずれも所要30分ほどで¥1000。

他では出来ない?!キウイフルーツ狩り!

珍しいのはキウイフルーツ狩りが出来ることで、体験は11月上旬頃。こちらも¥1000で、8~10個ほどを収穫できます。

南八ヶ岳花の森公園

出典:じゃらん

ほかにも押し花でキーホルダーやコースターを作る押し花体験や、ピザ生地をのばす工程から始める石窯手作りピザ、かぼちゃに彫刻をしてハロウィンのかぼちゃを作るカービング教室などもあります。

南八ヶ岳花の森公園

出典:www.yukichi-run.jp

子供も楽しめる物ばかりなので、家族でのお出かけにオススメです。体験後には道の駅南きよさとで、信玄ソフトをぜひ食べてみて!濃厚なバニラソフトに黒蜜ときな粉、さらに信玄餅がトッピングされた山梨県らしいソフトクリームです。

南八ヶ岳花の森公園
住所:北杜市高根町長沢760
電話番号:0551-20-7222
URL:http://hananomori-park.com/

今やスーパーには一年中たくさんのフルーツが販売されています。海外から輸入されている物も多く、値段も手頃なためいつでも食べることが出来ます。

そのため「旬」というものを忘れがちですが、夏から秋にかけてはぶどうが一番美味しい時期を迎えます。「旬」のみずみずしいフルーツを探しに、この秋は山梨県へ出かけてみませんか?
※畑や農園などに入るため、歩きやすい靴・多少汚れてもいい服装で出かけることをオススメします。
※フルーツや野菜の生育状況、予約の有無により体験できない場合があります。
※営業時間や定休日・料金は、お出かけ前にご確認ください。