北海道LOVERS

十勝の魅力・観光スポット・絶品グルメ!十勝をめぐる旅で身も心もキレイになろう

2018年05月15日(火)/十勝


十勝は北海道の魅力が全部盛り

十勝

出典:十勝川温泉第一ホテル

十勝といえば、北海道の中の北海道と言っても過言ではありません。広大な大地にたくさんの牛、そして小麦や小豆など北海道ブランドの農産品もほとんどここで生まれていると言っていいでしょう。その証拠に十勝あずきや十勝ワインなどの名前は聞いたことのある人もいるのではないでしょうか。そんな北海道ブランドを支えるこの地域ですが、その一方で観光地としての十勝はあまりピンとこない人も多いかもしれません。しかしながらワインにチーズ、パンにスイーツ、定番の豚丼から希少な池田牛、十勝ほど幅広いグルメが楽しめる場所はないでしょう。そしてグルメ以外に温泉も、日本に数少ないモール泉という泉質の温泉があるのがここ十勝の十勝川温泉です。モール泉は何を隠そう美肌の湯としてその効能が知られています。美味しいものを味わいハッピーな気分になり、そのあとは美肌の湯に浸かる、そんな旅がここ十勝ではきっとできるでしょう。十勝をめぐる旅で身も心もハッピーになってはいかがでしょうか。

酪農から農業まですべて揃えば絶対グルメ

十勝といえば酪農が盛んです。酪農といえばソフトクリーム、チーズ、ヨーグルトなどたくさんの美味しいものが思いつくでしょう。そんな十勝の乳製品はどこへ行っても一定水準以上の味の保証ができるほどの高レベル。そして夏のシーズンにはたくさんの人が訪れる人気のお店もたくさんありますが、今回はその中の2つを紹介したいと思います。

ハピネスデーリィ

ハッピネスデーリィ

出典:ハッピネスデーリィ

1つは池田町にある「ハッピネスデーリィ」。ハピネスデーリィは池田町にあり、池田町はあのDREAMS COME TRUEのボーカル吉田美和の出身地として、ドリカムファンの聖地にもなっている町です。そんな町にあるこのハピネスデーリィは、牧場のような素朴な外観で周りには子供が遊べる遊具もあります。ソフトクリームは自営牧場のミルクを使用した自慢の一品。そしてジェラートは、十勝の枝豆を使用したジェラートやルバーブのなど、季節の素材を生かした変わり種フレーバーも味わえるのが特徴。夏場は行列ができるほどの人気店です。

ハッピネスデーリィ

URL:http://happiness-dairy.com

住所:〒083-0002北海道中川郡池田町清見104-2

電話番号:015-572-2001  FAX:015-572-2012

カントリーホーム風景

カントリーホーム風景

出典:ファームステッド

そしてもう一つが鹿追町(しかおいちょう)にある「カントリーホーム風景」です。ここの「牧場のカフェ」はその名の通り自然と調和したとても可愛らしいカフェ。地元の食材と新鮮な牛乳を使った牧場ならではの美味しさを、それが作られている場所で味わうことができる、牧場直営のカフェになっています。食事ももちろんのこと、パフェや飲むヨーグルトはぜひ試して欲しい一品。ミルクの濃さとその味わいが楽しめる一方でしつこくなく、牛乳嫌いの人でさえも絶対好きになる味です。

カントリーホーム風景

URL:http://www.countryhomefukei.jp

住所:北海道河東郡鹿追町東瓜幕西18線28-26

電話番号:0156-67-2382  メール:info@countryhomefukei.jp

定番の豚丼から幻の池田牛まで

池田牛

出典:ドライブ北海道 – Driving Hokkaido!

十勝の中心の街となるのが帯広です。そして帯広といえば豚丼で知られています。そんな帯広の豚丼は、「ぱんちょう」や「いっぴん」など豚丼好きなら名前を聞いたことがあるお店から、隠れた名店まで、どこへ行こうか迷うほどあるでしょう。そんな時はこちらをご参照ください。

⇒帯広で行ってほしいおすすめの豚丼の名店ランキング

そんな豚丼とは対照的に希少な池田牛。池田牛は札幌にある肉料理専門店やホテルのレストランでも提供されるほどで、その味は保証つきです。そんな池田牛が十勝で楽しめるのは池田町の駅前にある「よねくら」です。よねくらではあまり地元に出回らない池田牛が地元で味わえる上、そのリーズナブルな価格は嬉しいところ。余談ですが、ここは道東民のソウルフード、スパカツも味わうことができます。そしてもう一つ、ここは池田名物「バナナまんじゅう」が考案され、売られているお店でもあります。池田牛はもちろんですが、スパカツやバナナまんじゅうもぜひ試して欲しいところですね。

よねくら

URL:http://restaurant-yonekura.com

住所:〒083-0090 北海道中川郡池田町大通1丁目27番地

電話番号:015-572-2032

十勝小麦を使ったパンやピザ

麦音

出典:満寿屋商店

十勝の小麦は品質が高いことで知られています。その小麦を使ったパンやピザはぜひとも味わってみたいですよね。十勝で愛され実績を作りいまや東京にも進出した「満寿屋商店」。そのフラッグショップの「麦音」の周りに広がるのは小麦畑、そして水車、風車、石臼です。自社で小麦を育てて、そしてそれを使った商品をつくるというのは当たり前のこと、自然エネルギーも活用して環境に優しい農業を体現しているという、こだわりが詰まったお店です。もちろんパンも十勝産100%とこだわりが満載。その上、ここの小麦畑では小麦を地元の学生と一緒に種撒きから収穫まで行い、地域の食育にも貢献しているといった地域へのこだわりが感じられます。また、パンを買う以外にも、パン作りやピザ作り体験もできるそうです。この場所でこの風景の中で、美味しいものをぜひみなさんで楽しみながら味わってみてはいかがでしょうか。

満寿屋商店(ますや)

URL:http://www.masuyapan.com

麦音の住所は〒080-0831帯広市稲田町南8線西16-43

店舗がいくつかあるのでそれぞれHPでお確かめください

進化する十勝のワイン

ワイン城

出典:www.asahi-net.or.jp

十勝ワインの名前は聞いたことがある人もいるのではないかと思いますが、十勝には「ワイン城」というお城があるのをご存知でしょうか。実は池田町は町営でワイン作りを行なっている町で、ワイン城はそこで栽培、醸造等の作業を行なっているシンボル的な場所です。今でこそ北海道にはワイナリーが増えてきていますが、ワイン城ができた時代には、これまで寒冷地である北海道でワインをつくるというのは夢物語だったようです。しかし寒冷地にも耐えうるように品種改良をした山葡萄でワイン造りを実現。ワイナリーが多い北海道といえど、山葡萄でワインを作っているところはここしかありません。野性味溢れる深い味わいをこの北海道の大地を噛み締めながら楽しんで欲しいところです。そんなシンボルのようなワイン城も、近い将来、地域の人も楽しめるようなそして憩えるような施設へと変貌を遂げる予定なので、新たに生まれ変わったワイン城にも期待したいところですね。ちなみにワイン城では毎年10月に「ワイン祭り」なるものを行なっており、入場券を買えばワインも牛肉も池田町の野菜も食べ放題。毎年多くの地元民や観光客で賑わいます。そんな人気のイベントなので毎年入場券は大人気で売り切れるそう。入場券の入手はお早めに。

帯広市民が愛するインデアンとは一体?

インデアン

出典:www.indian-curry.jp

インデアンと聞いて「あ、あれね。」と思いつく人はかなりの北海道ツウですちなみに「インディアン」ではなく「インデアン」。これは何かというと、帯広市民に愛されるカレー屋さんです。市民は鍋ごとお店に持ってきてそこにインデアンカレーを入れて帰って行くのです。テイクアウトのスケールも北海道らしい豪快なものですね。インデアンカレーはチェーン店なので市内にいくつか店舗があります。まさに帯広市民のソウルフードならぬお袋の味といっても過言ではありません。お母さんのカレーの味はインデアンカレーだったというオチもよく聞くところです。お値段も安くお財布にも優しいインデアンカレー、帯広に来た際はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

帯広のソウルフード インデアンカレーの魅力

日本でも珍しいモール温泉は美肌の湯

十勝川温泉

出典:www.daiichihotel.com

十勝には日本でも数少ないモール温泉の十勝川温泉があります。モール温泉は美人の湯として知られ北海道遺産にも選定された隠れた名湯です。モール温泉とはどんな温泉かと言いますと、簡単には植物性の有機物を含む泉質のことです。十勝川河畔は植物が自生していたため、これらの植物が長い時間をかけて堆積していたこの場所に湧き出た温泉がモール温泉ということなのです。少し茶色に濁ったお湯がなんとも植物性らしく、美肌に効きそうな感じがしますね。十勝川温泉は十勝川の河畔周辺に温泉旅館が立っており、ほとんどの旅館でリバービューが楽しめます。食事で選ぶもよし、温泉の好みで選ぶもよし、部屋で選ぶもよし、周辺環境で選ぶもよし、価格で選ぶもよし、過ごし方や料金まで各宿泊施設を検討して、ぜひ自分にピッタリの十勝川温泉滞在をしてみてください。

余談ですがガーデンも素敵

十勝千年の森

出典:十勝千年の森ガーデナーズ

ありのままの自然が豊かな十勝ですが、確固たる哲学のもと丁寧に人の手が加えられたガーデンも自慢の一つ。「十勝千年の森」はそんな素敵な場所です。十勝千年の森は、環境に配慮した活動をもとに、森、庭、農、アート、食と、さまざまな手段で人が自然と触れ合える機会を提供する場所というのがコンセプト。ガーデンは大地、森林、野の花、ファーム等、それぞれのコンセプトに分かれていて、ゆっくり時間をかけて楽しめます。ガーデン以外にカフェやアクティビティも充実しており、セグウェイ、乗馬体験、ナチュラルチーズ作り体験も楽しめる、そんなガーデンで十勝を目一杯楽しんでみませんか?

十勝

出典:帯広市農業技術センター

十勝をめぐる旅はいかがでしたでしょうか?グルメ以外に温泉、ガーデン、アクティビティ等、北海道を思う存分楽しめる場所、それが十勝です。緑の木々が綺麗で、花も咲き誇るこれからのシーズン、ぜひ十勝に出かけてみてください。