北海道LOVERS

【必見】北海道の知られざる温泉特集

2018年04月04日(水)/北海道


温泉天国の日本だけあって良い温泉、有名な温泉は全国各地にありますが、北海道の温泉というとどこを思い浮かべるでしょうか。北海道は温泉の宝庫です。有名どころの登別温泉、洞爺湖温泉、定山渓温泉、湯の川温泉から最近注目の十勝 川温泉、川湯温泉、ニセコ温泉郷など一般的に知られているところも多く、行ったことのある人も多いのではないかと思います。

【必見】北海道の知られざる温泉特集

しかし、今回はあまり知られて はいませんが有名どころに勝るとも劣らない、ポテンシャルの高い温泉と、その温泉がある地域を3ヶ所ばかり巡ってみたいと思います。 何を隠そうこの3つの温泉地は、どこも温泉だけでなく、まだまだ知られていない観光の楽しみもある場所なのです。そしてなんといっても温泉は旅行情報誌 のランキングにもあまり載らない穴場ばかりです。それはどういうことかというと、近年増え続けている外国人ツアー客や団体客がほとんどいない、落ち着いた場所だということです。穴場というだけあって少し行きにくい場所もありますが、頑張っても行く価値は大いにありますので、ぜひ足を運んでみてください。

豊富(とよとみ)温泉

豊富(とよとみ)温泉

出典:Archive.is

まず1つめは北の最果て、日本最北端にある温泉地、豊富(とよとみ)温泉です。 早速かなりハードルが高い場所になってしまいましたが、この温泉はアトピー持ちの人にとっては聖地のような湯治場として知る人ぞ知る温泉なのです。というのも温泉成分には油分が含まれており、これが抗炎症作用を発揮するからなのだそう。この泉質を持つ温泉は日本で唯一ここだけなのではないでしょうか。
また、豊富温泉にはこれまた珍しい「温泉コンシェルジュ」なるものがいて、湯治の相談だけでなく宿泊情報や交通情報の提供なども行っており、コンシェルジュデスクはみんなの交流の場にもなっているようです。コンシェルジュデスクがある町営の入浴施設(宿泊はできません)から湯治を目的とした保養所、そして老舗旅館、観光ホテルまで、すごいのはどれも源泉かけ流しというところです。
そして湯治を中心とした観光は町をあげて行われており、この規模の町としては意外に町役場の HP、観光協会の HP が充実していますので、宿泊情報のほか 温泉ついでの観光情報や観光モデルプランも参考になるのではないでしょうか。

豊富(とよとみ)温泉

出典:ニュー温泉閣ホテル

アトピーに悩む人たち、 湯治を目的とした人たちが絶えず訪れるのは、このような特別な泉質や町をあげた湯治場としての環境づくりのおかげかも知れません。

豊富町

そんな豊富温泉のある豊富町は、北海道最北端の稚内市のすぐ下にある人口 4000 人に満たない(住民基本台帳 2018 年 3 月末現在)小さな町です。行き方は豊富町観光協会の HP に詳しく書いていますが、札幌から高速バスで行くにしても稚内空港を経由して行くにしてもとにかく遠いです。ただその苦労の分、行った甲斐は 200%増しになることでしょう。

111

出典:ferme

そして実はこの町、酪農が盛んで牛乳の品質が素晴らしいことで知られており、 北海道のご当地コンビニ、セイコーマートが自社で作る乳製品の原料として、豊富町の牛乳が使用されています。そうとなれば入浴後は腰に手をあてて牛 乳を一気に飲むしかないでしょう。そして豊富牛乳のソフトクリームも忘れずに楽しんでくださいね。
また日本最北の稚内も近いので、豊富温泉ついでに宗谷岬から遠く見えるサハリンの島影を眺めるのも一生の思い出になるのではないでしょうか。
そして小樽から稚内にかけて海岸線を走る道「オロロンライン」は、約7時間ものドライ ブコースで、景色も漁村から原野、牧草地などさまざまと移り変わり、風力発電 の大きな風車が立ち並んでいるまっすぐな海岸線の道路は、どこか外国に来たような雰囲気もあり、爽快で夏は本当にオススメです。 そんなところからアトピーに悩んでいる人もそうでない人も、豊富温泉+αは 満足すること間違いなしです。

天人峡(てんにんきょう)温泉

天人峡(てんにんきょう)温泉

出典:Yahoo!ブログ

次にご紹介するのは天人峡(てんにんきょう)温泉です。天人峡温泉はその名前からしてどこか神秘的な感じがしますが、行ってみればわかるように切り立った崖の中にひっそりとたたずむ自然豊かな温泉郷。

天人峡(てんにんきょう)温泉

出典:フォートラベル

今にも仙人がでてきそうな 荘厳な雰囲気の秘湯です。そして、浴用の効能だけでなく保健所の許可を得た施設での飲用の効能もあり、糖尿病や痛風、便秘といった現代人を悩ませる病気などにも効くそうですよ。
しかしなんといってもここは大雪山国立公園の中にあり、切り立った崖に木が 立ち生える雄大な景色を見ながら温泉に浸かれるという、何ともいえない醍醐味が最大の魅力です。
そして毎年紅葉シーズンには壮大な景色をカメラにおさ めようとする写真家たちで賑わいます。また、富良野や美瑛、旭川からも比較的近いため、その辺りから足を伸ばしてくる家族連れや外国人も増えています。ただ、天人峡温泉は富良野の十勝岳温泉や美瑛の白金温泉などと違い少し行きにくく、ここ数年続いている夏の大雨では通行止めとなり孤立したことも何度かあるくらい、天候にも左右されるところです。また天人峡温泉への公共交通機関 がないため、ホテルの送迎もしくはレンタカー、タクシーを利用するしかありません。

天人峡(てんにんきょう)温泉

出典:Yahoo!ブログ

そんな天人峡温泉、宿泊施設はなんと 2 択です。どちらもいい感じの温泉旅館ですが、ご予算や雰囲気に合わせてお宿を選ぶと良いでしょう。まあ、そんなところもこれぞ秘湯というところでしょうか。

大雪山国立公園

大雪山国立公園

そして、旭岳、十勝岳、黒岳などそうそうたる山々を擁する大雪山国立公園は、 登山者のメッカであり、近年設置された「天女の足湯」なるものが登山者の疲れ た足を癒しているようです。アウトドアが好きな人は登山の帰りに足湯の利用も良いでしょう。
ところでこの天人峡温泉、東川町というまちにあり、この東川町が最近注目を集 めているのです。それはこの人口減少と地方の衰退という日本の現状に逆らうかのように人口が増加している町だからです。というのも写真の町としての取り組みが全国から注目されたこと、旭川から車で 20 分という好立地、大雪山の雪解け水を利用し水道料金タダという豊かな自然環境、そんな自然環境とライ フスタイルを体現したカフェやショップを営む移住者の増加 etc…様々な理由 があるようですね。
あとは数年前に日本で唯一、町営の日本語学校がここ東川町 にできたことで、町に外国人の若者が普通にいる環境というのも、町が活気づく 理由のひとつかもしれません。
そんなわけで意外と恵まれた立地にある秘湯天人峡温泉。旭山動物園、富良野の ラベンダー、美瑛の青い池など有名スポットに東川町のカフェめぐりや天人峡 温泉も加えて見てはいかがでしょうか。

虎杖浜(こじょうはま)温泉

1

出典:とまチョップ 温泉

最後にご紹介するのはこれまた読み方が難しい虎杖浜(こじょうはま)温泉です。虎杖浜というと「たらこ」が有名なのですが、この虎杖浜温泉は日本有数の 知名度を誇る登別温泉のすぐ近くの温泉地です。泉質は多くがナトリウム−塩化物泉で、主に神経痛や関節痛などに効くようです。

虎杖浜(こじょうはま)温泉

出典:北海道じゃらん

ここは何と言っても、海岸沿いの温泉地のため窓からはオーシャンビューの絶景が楽しめ(一部の旅館やホテルには該当しないところもありますが悪しから ず)、漁港ばかりの北海道には珍しい砂浜のある海岸沿いの温泉地なのです。温泉旅館から歩いて砂浜に行けるというのは北海道ではとても貴重です。また登別に近く地獄谷などの温泉地の雰囲気を楽しめながらも、団体客が少なく落ち着いた雰囲気が味わえるところも魅力でしょう。

アイヌ民族博物館

そして虎杖浜温泉のある白老町はアイヌ民族博物館(2018 年3月 31 日改装の ため閉館し 2020 年 4 月リニューアルオープン予定)があり、アイヌの歴史に触 れることもできる価値ある地域でもあります。閉館したアイヌ民族博物館は、東京オリンピックの年である 2020 年に「民族共生の象徴空間」として国立博物館 に生まれ変わることがニュースでも度々報じられていたため、世間の注目も集 めています。ただし宿泊施設は結構鄙びた感じ…もとい趣のある古民家のよう な!?ところが多く、海沿いの素晴らしいリゾート旅館やその他いくつかの宿泊施設を除いては、改装に期待したいところです。
しかしながら 2020 年に 向けての劇的な変化は、宿泊施設やその他にも影響が出てくること必至なので、 気の長い話ですが数年後生まれ変わるであろう虎杖浜温泉の宿泊施設を楽しみ にしましょう。

倶多楽湖(くったらこ)

倶多楽湖(くったらこ)

出典:北海道観光情報 ツアーネット

白老町の観光という点では、アイヌ民族博物館が閉館してしまった現在、支笏洞爺国立公園の中にある倶多楽湖(くったらこ)は数少ない観光スポットのひとつ でしょう。倶多楽湖は透明度が摩周湖に続き第2位を誇るそうなので、わざわざ足を伸ばしてみる価値はあります。
そして登別まですぐなので誰もが知るクマ牧場や地獄谷、登別伊達時代村、登別マリンパークニクスなど、有名どころを周るのもいいかもしれません。しかしアイヌに興味がある方は、これはなかなか知 る人ぞ知るスポットですが「知里幸恵(ちりゆきえ)銀のしずく記念館」に足を運んでみるのはいかがでしょうか。

知里幸恵(ちりゆきえ)銀のしずく記念館

知里幸恵(ちりゆきえ)銀のしずく記念館

出典:ステンドグラス屋さんのブログ

知里幸恵は登別生まれのアイヌで、初めてア イヌの物語を文字化し、わずか 19 歳という短い生涯を駆け抜けた人でもあります。彼女の民族意識やアイヌ語を伝えるという使命感に満ちた功績をしみじみ感じてみるのもいいでしょう。そして札幌からわざわざ食べに来る人もいると いう、ファンの多いブランド牛「白老牛」も忘れずにぜひ味わってみてください。 旅行情報誌に載らない知る人ぞ知る温泉+αのスポット巡りはいかがでしたで しょうか?団体ツアー客の喧騒に巻き込まれずゆっくりと温泉+αを楽しんで みてくださいね。

北海道の温泉特集

【王道】絶対一度は行きたい北海道の温泉地を厳選

ニセコに行くなら押さえておきたいお勧め温泉特集

北海道の風変わりな温泉厳選まとめ