北海道LOVERS

10月に北海道を満喫するならお勧めの観光名所

2024年06月07日(金)/北海道

[ad#ad-1]

観光アドバイス

全国各地では四季折々に応じた魅了が満載。地元の方だけでなく多くの観光客が集う場所。特に季節の中でも秋となる10月の北海道は多くの観光名所の魅力が満載です。

今回は、そんな10月に北海道を満喫するならお勧めの観光名所をご紹介させていただきます。

10月のおすすめ観光名所① 層雲峡の大函

層雲峡 大函

出典:北海道観光タクシー

層雲峡は北海道の中でも紅葉スポットとして毎年多くの観光客が集う場所。10月初旬から中旬が見ごろとして10月の北海道に訪れたいエリア。そんな層雲峡には訪れた方が必ず足を運ぶ「大函」。

幻想的な滝とのマッチングが多くの方の心に残る景色。数々の切り立った岩に多くの木々が聳え立っており、霧が掛かると神秘的な風景が広がり観光客を魅了させてくれることでしょう。

10月のおすすめ観光名所②三国峠から見る雲海

三国峠

出典:ZEKKEI Japan

上士幌町にある三国峠は標高1139mに位置し、道内の国道の中で最も高い峠。時期に関わらず松見大橋は広大な光景が人気。特に周りを数々の木々に囲まれているため、10月の紅葉時期がおすすめ

観光アドバイス

色鮮やかな紅葉を見ながらのドライブコースを是非ご堪能してみてはいかがでしょうか。

さらに大きな魅力とも言えるのが雲海。広大な雲が色付いた木々に覆い被さる光景は自然が作り出す芸術ともなっており、言葉にならない程、魅力的。雲海は天候や気温等の条件が合って発生する現象。運よく観れた方にとっては忘れる事ができない思い出となることでしょう。

10月のおすすめ観光名所③ 夕張市のもみじ祭り

夕張市のもみじ祭り

出典:るるぶ

夕張市で開催されているもみじ祭りは新千歳空港から近くにあるという一面からも利便性が高く、多くの観光客が集まる観光名所。そんな、もみじ祭りはこれまで30年以上に渡り開催されていた伝統的なお祭り。

観光アドバイス

一時は、市の財政悪化によって開催されなくなったことも。もみじ祭りを衰退させてはいけないと多くの有志の方々のおかげで、今現在のように復活を成し遂げています!

北海道のご当地グルメが終結したりステージイベントやビンゴ大会等が開催されたりと、地元の方だけでなく観光客からも人気。10月に訪れたいスポットの一つと言えましょう。

10月のおすすめ観光名所④ 網走市能取湖のサンゴ草

網走市能取湖のサンゴ草

出典:花と風景 北海道

網走市に位置している能取湖はオホーツク海と繋がっている塩湖。多くの方が訪れるエリア。普段は何気ない塩湖が広がっていますが、10月頃の初秋にはなんと塩湖が真っ赤に。これは塩湖に生えている「サンゴ草」という草が真っ赤になるため。

サンゴ草は葉っぱが無い事が特徴。厚岸町で発見された事でアッケシソウとも呼ばれています。

観光アドバイス

これまで秋口になると能取湖は真っ赤な絨毯が敷かれた様な光景が広がる事で、観光客の足が絶えない観光地となっていましたが、平成23年の自然災害によって土砂が流れ込んでしまいサンゴ草は壊滅状態に。しかし地元住民の絶え間ない育成努力により、復活宣言が出され、再び観光名所として一段と高い人気を誇ってます。

10月のおすすめ観光名所⑤ 釧路市のまりも祭り

釧路市のまりも祭り

出典:北海道Style

北海道を代表する生物の一つでもある「まりも祭り」はまりもの生息地としても知られている道東阿寒湖にて10月初旬頃に開催されます。このお祭りは北海道の先住民でもあるアイヌの伝統儀式として古くから行われており、豊かな自然に対しての感謝の意を表すためのお祭り。
そんなまりも祭りですが、まりも踊りでの行進によって始まり、夜になるとまりもを迎える儀式が催されます。アイヌの人々にとってはまりもは豊かな自然を維持できている象徴ともなっており、アイヌ民族との深い関係を知れる貴重なお祭りです。

10月のおすすめ観光名所⑥ 函館市の香雪園

函館市の香雪園

函館の見晴公園は紅葉が美しい事で旅行や観光で訪れた方から人気スポット。香雪園は国の文化財にも指定されており、10月中旬頃からは夜になるとライトアップもされ、家族や友人は勿論、カップルで訪れたい場所。ライトアップ期間内は17時からミニライブが無料にて楽しめ、美しい紅葉と音楽の融合を堪能できるスポットとして函館を訪れた方からも人気。

10月のおすすめ観光名所⑦ 札幌市の定山狭

札幌市の定山狭

出典:美侍

札幌市内を流れる豊平川の上流に位置している定山狭は人気の紅葉スポットとして、10月中旬頃に訪れたい観光名所。元々、定山狭は「札幌の奥座敷」とも呼ばれており、札幌市内から車で1時間程で訪れる事も魅力の一つ。さらに、二見公園や豊平狭ダム、さらには温泉も展開されている事で、紅葉と温泉を一度に堪能できるスポットがあることは嬉しいですね。

10月のおすすめ観光名所⑧ 足寄群のオンネトー

足寄群のオンネトー

出典:写彩あやせ

阿寒国立公園内にあるオンネトーは10月上旬頃に紅葉が見頃に。オンネトーの湖は季節によって5色に変化する事から「秘境湖」としても多くの観光客が集まるエリア。紅葉とオンネトーの色合いが美しく広がる中で、聳え立つ阿寒富士とのマッチングは訪れた多くの方の心に深く残る景色と言えるでしょう。紅葉が見頃となる頃には阿寒岳が雪を被った状態となっている事で、秋と冬の二つの季節を味わえるスポット。

10月のおすすめ観光名所⑨ 美瑛町の青い池

美瑛町の青い池

出典:All About

美瑛町には神秘的ともいえる「青い池」があり、観光地として多くの方から人気。十勝岳から流れてくるアルミニウムを含んだ水と美瑛川の水が混ざる事によって起こる自然が作り出す色褪せない青い池は、美しいまでの透き通りとなり心が奪われそうになることでしょう
特に10月になると紅葉の赤色と行けの青色のマッチングが言い表せない程の色合いとなり、多くの方が浸かれた体と心をリフレッシュされに訪れてくるのです。

札幌近郊の観光名所10月のおすすめ観光名所⑩藻岩山

藻岩山

札幌市のほぼ中央に位置する標高531mの藻岩山(もいわやま)。アイヌ語では「インカルシベ(いつも上って見張りをするところ)」と言われ、かつてはアイヌの「聖地」。山頂からは札幌の街並みや日本海石狩湾、増毛暑寒別岳までの大パノラマを望めるため、藻岩山は札幌の夜景スポットとして人気!

そんな札幌もいわ山ロープウェイの紅葉は、10月中旬〜下旬が見頃。麓から中腹まではロープウェイか藻岩山観光自動車道を利用、中腹から山頂までは世界初の駆動方式を採用したミニケーブルカー「もーりすカー」の乗車が可能です。札幌市民には気軽に登れる山として人気が高く、軽装で登れる5つの登山道(最短コース2.4km、最長コース4.5km)があり、夏場の週末や、紅葉時期には登山客で賑わいを見せるのも特徴です。

観光アドバイス

藻岩山へのアクセスですが、もいわ山ロープウェイまで、市電を利用できます。市電に乗ってロープウェイ入口で降りた後は15分間隔で運行している、もいわ山麓駅までの無料シャトルバスで行きます。

観光アドバイス

ちなみに、札幌市電は貸切が可能です。 貸切料金 片道:15,740円(所要時間約1時間) 往復:31,480円 利用可能人数座席30名(最大90名)

市電の丸1台貸し切り予算が3万円ほどで貸切時間としては2時間位可能です。貸切電車のルートは「市電すすきの駅」を出発し「西4丁目駅」を一往復。オードブルやビールなど食べ物は自分たちで用意しなければいけませんが、市電に揺られながらビールを飲むとか最高です。

札幌近郊の観光名所10月のおすすめ観光名所⑩ワイン城のワイン祭り

十勝 観光名所 ワイン城

出典:www.asahi-net.or.jp

ワイン城はその名の通り、ワイン通の方はぜひ押さえてほしい観光名所。池田町は町営でワイン作りを行なっている町。ワイン城はそこで栽培、醸造等の作業を行なっているシンボル的な存在。

観光アドバイス

今でこそ北海道にはワイナリーが増えてきていますが、ワイン城ができた時代には、これまで寒冷地である北海道でワインをつくるというのは夢物語だったよう。

しかし寒冷地にも耐えうるように品種改良をした山葡萄でワイン造りを実現。ワイナリーが多い北海道といえど、山葡萄でワインを作っているところはここしかありません。野性味溢れる深い味わいをこの北海道の大地を噛み締めながら楽しんで欲しいところ。

観光アドバイス

そんなシンボルのようなワイン城も、近い将来、地域の人も楽しめるよう、そして、憩えるような施設へと変貌を遂げる予定なので、新たに生まれ変わったワイン城にも期待したいところですね!

ワイン城では毎年10月に「ワイン祭り」なるものを行なっており、入場券を買えばワインも牛肉も池田町の野菜も食べ放題。毎年多くの地元民や観光客で賑わいます。そんな人気のイベントなので、毎年入場券は大人気で売り切れるそう。入場券の入手はお早めに。

札幌近郊の観光名所10月のおすすめ観光名所11 登別の地獄谷

登別 観光名所 地獄谷

全国的にも珍しい9種類の泉質の登別温泉をゆったり楽しむことや観光スポットを効率的に周るには、夏から秋にかけての季節がおすすめ。ここ地獄谷は日和山の噴火活動によりできた爆裂火口跡で、直径が約450m、面積は約11haにも及ぶ広大なエリア

登別 観光名所 地獄谷

谷に沿って数多くの湧出口や噴気孔があり、まさにグツグツしている様子がご覧いただけるかと思われます。このような様子が「鬼の棲む地獄」のようであることから地獄谷と命名されたのだそう。草木のないむき出しの岩肌も目立ち、硫黄のにおいが充満しているのが特徴です。

この地帯を観光する際には陸橋を使い、地獄谷の噴火口に近づけます。湧出量は1日1万㌧、この大量の温泉の湧出量がここら地域一帯の登別温泉を支えていると考えるとすごいですね!冬の地獄谷では、雪と湯気のコントラストがあり、10月とはまた違った光景を見られるでしょう。

地獄谷
・住所: 北海道登別市登別温泉町無番地
・アクセス: 道央道 登別東ICから車で10分
・料金:無料

観光アドバイス

ついでによってほしいのがこの閻魔堂

登別 観光名所 登別地獄まつり

登別には鬼像がたくさんありますが、代表的なのは閻魔堂に鎮座する閻魔大王。それ以外にも親子鬼像、登別東インター前の歓迎鬼像、鬼祠 -念仏鬼像などがあります。そんな登別のメインストリートとなる極楽通りにある閻魔堂では、時刻が10、13、15、17、20、21時にはこの閻魔大王の地獄の審判(公演)が行われます。この公演では閻魔大王の顔の表情や腕が変化し、恐ろしい様子になり迫力!時間としても5分程なのでさっと立ち寄ってみれるのもいいですね。

閻魔堂
・住所:北海道登別市登別温泉町無番地車で10分
・営業時間:9:00~22:00
・定休日:無休 ・電話番号:0143-84-3311
・料金: 無料


このように、北海道はアイヌの素晴らしい文化が色濃く残る一面や、雄大な自然が広がる光景など、日本でありながらも、全く異なる一面を感じさせますが、北海道ならではの独創的な観光地は是非一度来てほしい素晴らしい名所ばかり。その傾向が、四季の中でも、秋の魅力が満載となった10月は一際際立っていることでしょう!そんな10月の北海道に皆さんも訪れてみてはいかがでしょうか。

北海道の各月おすすめ観光名所一覧