北海道LOVERS

8月に北海道を満喫するならお勧めの観光名所

2016年08月17日(水)/札幌観光名所


札幌の夏といえば、大通りのビアガーデンや、石狩で行われる国内最大級の邦楽野外ロックフェスティバル「RISING SUN ROCK FESTIVAL(RSR)」が皆さんの知るところではないでしょうか。しかし、今や大通り公園のビアガーデンやRSRが終わりを迎え、この夏のイベントの楽しみの最盛期は過ぎた、と感じて落胆している方も少なからずいるはず。

8月に北海道を満喫するならお勧めの観光名所を厳選

今回は、そんな日常に飽きてしまって刺激がほしい方のために、これから楽しめる8月に北海道を満喫するならお勧めの観光名所を厳選してご紹介したいと思います。

PR

福祉協賛さっぽろ大通ビアガーデン

sapporobeergarden 

出典:www.welcome.city.sapporo.jp

札幌ビアガーデンといえば?というと必ずや名前が挙ってくるのが、「福祉協賛さっぽろ大通りビアガーデン」。というのも、皆様御馴染みの「札幌大通り公園」全体で開催される大規模なビアガーデンだからです。総席数はなんと!約13,000席もあります。日本でも最大級の部類に入るそう。

そして、大きいビアガーデン、というのは裏を返せば、たくさんの見所があるということですね。ここ大通りビアガーデンでも、いくつかの会場に分かれており、それぞれに特徴があります。以下でそれぞれの会場の特徴について、ご紹介いたします。いくつかの会場を飲み歩きをすることで、この夏を存分に楽しんでくださいね。

福祉協賛さっぽろ大通ビアガーデン 
住所:北海道札幌市中央区大通西5丁目~11丁目
電話番号:011-281-6400
営業時間:12:00~21:00(世界のビール広場のみ開始が平日17時、休日16時から)
開催期間:7月20日(金) 〜 8月15日(水)
会場 大通公園5丁目~8丁目、10丁目、11丁目

RISING SUN ROCK FESTIVAL(RSR)

1

出典:ようこそさっぽろ

RISING SUN ROCK FESTIVALは国内最大級の野外オールナイトロック・フェスティバルイベントの1つ。場所は北海道小樽市の石狩湾新港樽川埠頭横にある野外特設ステージ。札幌からもアクセス良好です。ライジングサンと同様に人気の野外フェスはJOINALIVE(こちらは7月)もありますので、この機会にチェックしてください。

JOINALIVE

1

毎年夏に北海道岩見沢市のいわみざわ公園で開催されている野外音楽フェスティバルの1つ。略称は「JOIN」などと呼ばれています。

ひまわりの里(北竜町)

ひまわりの里(北竜町)

出典:ひまわり 北竜町

日本一を誇る北竜町のひまわり畑は、昭和54年の夏から北竜町民の熱い想いでここまで成長しました東向き斜面の丘に、東向きに150万本のひまわりが元気いっぱいに咲き誇り、北竜町の人口2000人が育てているひまわりの里は、感動と驚きと元気を必ずもらえる名スポット。

ひまわりの里(北竜町)
住所:北海道雨竜郡北竜町字板谷143番地の2
電話番号:0164-34-2111(北竜町産業課商工ひまわり観光係)
見ごろ時期:7月上旬から8月下旬

モエレ沼芸術花火

モエレ沼芸術花火2016

出典:mo-ken.com

今年は忙しくて結局まだ花火を見に行けてない、気になるあの人をデートに誘う口実が欲しいなどという人にオススメ!

開催は9/10(土)で場所はその名のとおりモエレ沼公園にて。観覧にはすべてチケットが必要で、それぞれのお値段は大人一人あたり、

  • プレミアム席 ¥7,000(税込¥7,560)
  • 中央芝席(赤・青・黄・緑)¥3,300(税込¥3,564)
  • 東側芝席(たまねぎ・とうきび・じゃがいも・ミルク)¥3,300(税込¥3,564)

となっています。

すでにプレミアム席はすべて完売しており、中央芝席と東側芝席の一部が売り切れているようです。有料だからいい花火だとは思うけど、ご覧の皆さんの中には、「え~、有料だけで無料はないの?」「3500円って高くない?」そう思った方もいるでしょう。

確かに、無料で見れるのが当たり前の花火。しかし、モエレ沼芸術花火2018はチケット代を払っても観る価値のある素晴らしい花火大会だと思います。そう思った背景をおすすめのポイントを交えながら以下でご紹介したいと思います。

1.札幌でもなかなか見られない特大サイズの花火!

御存知の通り、花火大会で打ち上げられる花火にはそれぞれサイズが存在します。今回モエレ沼芸術花火では札幌で通常使われているものの他に、最高到達点と大きさが通常の約2倍の花火も打ち上げられます。そのため、札幌ではなかなか見られない特大サイズの花火の迫力が味わえるのです。

2.日本屈指の花火師とプログラミング花火の融合!?

プログラミング花火とは、花火の打ち上げのタイミングをコンピュータ制御することにより、流れる音楽と花火を組み合わせた打ち上げができるというものです。このような精密な打ち上げのタイミングと日本で屈指の花火師の手により生み出された花火が融合することにより非常に感動的な瞬間が創り出されます。

※上記は、モエレ沼芸術花火大会のプロモーションビデオです。うまく概要が伝わると思うので参考としてみていただければ嬉しいです。

北海道マラソン

2016北海道マラソン第30回記念大会

出典:triprun.exblog.jp

今年は夏のオリンピック開催ということで、リオ五輪でたくさんの日本人選手が活躍する様子を観ていた方も多いのではないでしょうか。残念ながら女子マラソンでは日本人選手のメダルはお預けになってしまいましたが、トップアスリートの生の走りというのは迫力がありますよね。そんな迫力あるレースを札幌で観られるチャンスが北海道マラソンです。

開催日時は8月下旬で、札幌の夏の最後を彩るのにふさわしい20,000人規模の大きなマラソン大会となっています!残念ながら今年のエントリーはすでに終了していますが、種目はフルマラソンとファンラン(11.5 km)があり、今年は32回目の記念となる大会で、なんと過去には「2017年世界陸上ロンドン大会女子代表選考」も兼ねていたこともある非常に重要度が高い大会となっています。

そんな魅力がいっぱいの今年の北海道マラソンですが気になるコースはどのようになっているのか、チェックしていきましょう!

フルマラソンとファンランでコースは多少違いますが、スタート地点はどちらも大通り4丁目となります。フルマラソンでは札幌市街地を抜け、郊外へと一度離れ最終的に札幌の中心街へと戻ってくるというコースです。一方、ファンランでは大通公園→すすきの→北海道庁赤レンガといった札幌でも有名な観光スポットを通るコースとなっています。

八月最後の日曜日に札幌の有名観光スポットを巡るこの北海道マラソン、選手たちが走る様子を沿道で応援してみてはいかがでしょうか!

旭山動物園

4

旭川といえば観光地として「旭山動物園」が有名です。国内外からの観光客、そして動物園関係者が視察に訪れるほど世界的にも注目される動物園へと成長しました。旭山動物園が開園したのは、1967年7月。それまでに幾度もの困難を乗り越えてきました。

冬の旭山動物園では、ペンギンの散歩や、アザラシの流氷広場など夏とは異なる楽しみ方があります。全国の動物園の中でも珍しい試みですね。

1

特にペンギンの散歩は、大人気!これを見たくて、足を運ぶ、という方も多いのではないでしょうか

ペンギン館 

2

それ以外にも、旭山動物園では、ほっきょくぐま館やアザラシ館等が注目を集めております。

ほっきょくぐま館

hokkyoku

出典:ぱんこの撮影日記

フラミンゴ舎

3

エゾシカの森

shika

シロフクロウ舎

shirofukurou

他にも、このように、様々な動物を見ることができます。旭山動物園は旭川に来たら是非御立ち寄りいただきたいおすすめ観光名所です。

北海道旭川市東旭川町倉沼
電話番号:0166-36-1104
・夏期開園
<平成27年4月29日(水・祝)~平成27年10月15日(木)>
午前9時30分~午後5時15分(入園は午後4時00分まで)
<平成27年10月16日(金)~平成27年11月3日(火・祝)>
午前9時30分~午後4時30分(入園は午後4時00分まで)
・夜の動物園
<平成27年8月9日(日)~平成27年8月15日(土) >
午前9時30分~午後9時00分(入園は午後8時00分まで)


夏の札幌のジャンルの違った3つのオススメポイントをあげましたが、興味のあるものはありましたでしょうか?これから気温が少しずつ下がっていきますが、花火大会、お化け屋敷やマラソン大会など夏だからこそ楽しめるものはまだまだたくさん残っています!この夏まだ全然楽しめていないという方、気になったらぜひ足を運んでみてくださいね。

北海道の各月おすすめ観光名所一覧