北海道LOVERS

北海道の結婚式はとにかく安い

2016年02月21日(日)/北海道


結婚式

最近は結婚しても結婚式を挙げない「なしなし」婚が増えているようです。金銭的な理由、授かり婚などいろいろな理由があるでしょうか、いずれにしろ、結婚式は挙げておいたほうが幸せになれます。
ところで、北海道はほかの都道府県に比べて結婚式の費用が圧倒的に安いのをご存知でしょうか。ある調査によると、挙式・披露宴、披露パーティーの合計が平均で約192万円とのこと。300万越えをする地域もある中で圧倒的な安さです。では、なぜ、こんなにリーズナブルに収まるのでしょうか。そこには北海道独特の結婚式文化が関係しているようです。

PR

【北海道の結婚式は会費制】

ご祝儀

最近でこそ、有名な話になってきましたが、北海道の結婚式は一般的に会費制です。ピンと来ない方は道外で言う結婚式の二次会を想像してみてください。発起人と呼ばれる友人代表がイベントを仕切り、入り口で現金を丸出しにして会費を払うというあのシステムが挙式・披露宴に導入されていると思ってください。
それならば立ち食いのビュッフェスタイルなのか?というとそうではありません。ちゃんと着席することができます。

おまけですが、席次表の後ろには領収書がついています。これは道外にはない習慣ですよね。

【北海道の結婚式は大人数?!】

結婚式
さて、結婚が決まりwebサイトを見て驚いたのが、参加人数の多さ。
首都圏では参列者80人で予算を組まれているところが多いのですが、北海道の場合、100人での予算が組まれていることが多いのです。実のところ、関東在住の筆者は北海道での結婚式に参加したことがほとんどありませんが、印象として挙式・披露宴を身内やごく親しい知人を集めた小規模なものとし、二次会では親戚を招かず盛大にというケースが多い関東の挙式に比べて、挙式・披露宴に招く人数が多いような気がします。
地元意識の強い北海道ならでは、なんでしょうかね。

【二次会の会費がめちゃくちゃ安い!】

結婚式の2次会が安い
大材の人に祝福されて会費制で結婚式を挙げる北海道。それでも二次会が存在するのです。その費用に筆者は驚きました。
なんと、平均、約3000円

飲み会1回分じゃないの!と酒飲みの筆者は思った次第です。
首都圏ですと10,000円15,000円が当たり前。本当にリーズナブルだと思ったのですが、これには北海道の結婚式ならではの事情が。

北海道の場合、挙式・披露宴に参加した方がそのまま二次会に参加することも多く、費用が抑えられているとのこと。納得です。
ビンゴ大会やカラオケなど、盛り上がるイベントがたくさんあって楽しめますね、

【道民が道外で挙式をしたならばこうなった】

結婚式
筆者は首都圏に友人が多かったので首都圏で挙式をしました。当然ご祝儀制。配偶者も道外の人ですので違和感がなかったのですが、問題は北海道から来る親戚や友人の対応についてでした。
ご祝儀制にすることも考えたのですが、相場がわからない、勝手がないとの理由を考慮し、北海道より少し高めの会費をあらかじめ招待状で伝えて受付で払ってもらう方法にしました。
幸いホテルに勤めている友人が受付をしてくれて機転を利かせてくれたのも大きかったです。
規模は60人。ちょっと少なめでしたが、アットホームな式を挙げられたと今でも満足しています。
ただ、すべてを会費制にしてしまうと確実に大きな赤字が出ますので要注意です。

【まとめ】

結婚式
北海道に友人知人が多い方は北海道で挙式をすることをおすすめします。費用も安く済みますし、お金が決まっているので予算を立てやすいこともメリットです。そして何より景色が良い式場が多いこと。自然に囲まれた異空間で教会にゲストハウスが併設されているところも多くなっています。
ただ一方で、会費制に慣れているばかりに筆者は道外での結婚事情に戸惑うことが多くありました。ご祝儀を渡すタイミング、包む値段など。そんな余計な心配をしなくていいのが北海道の結婚式。機会があったら是非参加してみてくださいね。

PR