北海道LOVERS

いまこそ道民熱愛、鮭の魅力を語ろう

2016年01月30日(土)/北海道


北海道民にとって鮭は切っても切れない食べ物です。海産物の宝庫、北海道ですが、鮭はスーパーでは多くの面積を占めます。バブルのころに新巻鮭が家庭を飛び交い、我が家にも一冬で数本送られたこともありました。それくらい鮭は切っても切れない魚なのです。ところが、道外で鮭というと回転ずしの人気ネタかムニエルかといったところが定番で、アレンジが難しいのが現状。そこで、鮭の魅力を語りつつ道外でも役立つ料理活用法をお教えします。

PR

札幌では鮭について学ぶ授業がある

鮭

札幌出身の筆者が小学校3,4年生のころ、札幌の歴史や文化を学ぶ授業がありました。副読本はその名もずばり「わたしたちの札幌」。 札幌が開拓された当時のことを学ぶだけではなく、かつて鮭の遡上が途絶えていた歴史と再び遡上させるための取り組みなど、鮭についての様々なことを学んできました。 また、音楽の時間には「約束」という歌を歌い、卵から孵化した鮭が苦労して生まれた川に戻り、子孫を残すという一生を学ぶのです。(気になる方は「約束 鮭」で検索してみてくださいね。)

一匹もらっても食べきれるのが

調理

先ほど、筆者は新巻鮭を一冬で数本もらったことがあると書きました。いったいどうするんだ!?あんな大きな魚を、と思ったかもしれません。しかし、これを器用に料理してしまうのが道民です。まるで、アジの三枚おろしをするがごとく豪快にさばき、調理するのです。
ただ、新巻鮭はそのままではしょっぱいので塩水、あるいは真水で塩抜きをしてから食べることが多いです。鮭の料理はさまざま。頭は正月料理の氷頭(ひず)なますに、半身はチャンチャン焼きに、あとの半身は細かく切って塩焼きしたり、クリームシチューや石狩鍋の材料に。はたまた凍らせて半解凍させたらルイベ。卵はご存知、いくらの醤油漬けにと本当にいかようにも活用します。鮭の文化は母から子へ、子から孫へと受け継がれていくんですね。

PR

切り身でもおいしくできる鮭料理

ちゃんちゃん焼き

 

さて、筆者のように道外に住んでいると、鮭といえば、塩鮭の切り身か脂ののった海外産のサーモンを思い浮かべます。 道内の市場などですと半身でごろん、一匹まるごとでごろんということがありますが、まずそんなことはありません。スーパーの片隅にぽつんと北海道産が置いてあるという感じ。それでもつい鮭を手にしてしまうのです。そんな事情を反映してか巷では切り身でも作れるフライパンやホットプレートで作るちゃんちゃん焼きがレシピサイトや、ぎょれん、サッポロビールさんのサイトなど様々にアップされています。 それでも量が多いというあなたには筆者流1人前からコンビニの食材で作れるちゃんちゃん焼きをご紹介します。

材料

  • 鮭の切り身 1切れ
  • 焼きそば用具材セット(コンビニやスーパーでカットとして売っているもの) 1パック
  • <みそだれ> だし入り合わせみそ
    ※コンビニの小分け味噌汁のみそでも可あれば、みりんや酒(なければ水)

方法

  1. 少々お好みで一味唐辛子アルミホイルとオーブントースター作り方みそだれの材料を合わせて練る。硬さはマヨネーズぐらい。しゃばしゃばにならない程度のやわらかさに。
  2. アルミホイルの上に野菜、鮭、みそだれの順に乗せて包む。
  3. オーブントースターで15分ほど焼く。グリルがあればそれを使うのがベスト。
  4. 火が通ったら鮭をほぐして野菜とよく混ぜ合わせる いかがでしょうか。いつもの塩焼きが一味違うものになります。ごはんにもよく合いますよ。

【まとめ】

北海道民と鮭のつながりは深いものです。秋サケだけではなく、鮭児、時知らずなど季節を問わず食べる魚です。いくらの醤油漬けは北海道の家庭ではごくあたりまえにつくられているものであり、ご飯の上にトッピング感覚で乗せて朝ごはんから食べてしまうこともしばしば、そのため、すしネタで軍艦の半分がキュウリなどになっているとがっかりしてしまうのです。あなたも鮭の魅力を堪能してみませんか?

PR