北海道LOVERS

北海道でおすすめのクラフトビールを厳選

2016年01月12日(火)/北海道


喉越しが良く、苦味の中にコクや甘さが際立つビールは、大人の嗜好品ですよね。ビール職人が丹精込めて作る高品質のビールの事をクラフトビールと呼び、人気を集めています。クラフトビールと聞くと一見硬い響きがありますが、いわゆる“地ビール”の事のことを指します。

北海道には沢山クラフトビールがありますが、その中でも人気のクラフトビールを今回ご紹介させていただきます。

PR

江別小麦ビール(江別市)

江別小麦ビール(江別市)

出典:http://plaza.rakuten.co.jp/

江別市は道内で有数の小麦産地であり、その中でも幻の小麦と言われている「ハルユタカ」を使い、カナダで修業された二人の職人が作っています。美味しいビールを飲んでもらいたいと言う一心で、ほとんどが手作業で行われ、保存料・着色料などは一切使用していない品質の高いクラフトビールとなっているのが特徴です。また、小麦が使用されているので、ビールの苦みが抑えられ飲みやすくなっています。さらに、味もフルーティで後味も爽やかなので、カクテル寄りの方にも美味しく飲んで頂けると思います。そのため、女性に好評とのこと。

ビアバーノースアイランド

住所:北海道札幌市中央区南2条東1丁目1-6 M’s二条横丁 2F
電話番号:011-303-7558
営業時間:18:00~24:00
定休日:月曜日
HP: http://2002cb.co.jp/bar-acc.html

 

小樽ビール(小樽市)

小樽ビール(小樽市)

出典:http://www.souchi21.jp/

麦芽とホップと水以外の添加物や保存料の使用を禁止した、「ビール純粋令」に基づくドイツスタイルのビールを作っています。ドイツのビール醸造の国家資格を持つブラウンエンジニアの一人、ヨハネス・ブラウンが製造指導者であることもあり本物のドイツビールに近い味を作りだせるのがこの小樽ビールの強み。とは言っても、小樽ビールが他の地ビールとどう違うのかピンと来ない方も多いのではないでしょうか?
そんな悩みを持った方、もしくはもっと小樽ビールを知りたい方のために小樽ビール醸造所の中にある小樽樽倉庫No.1に行けば所要時間20分で醸造過程を垣間見ることができます。もちろん無料です。具体的にはビール醸造に使用される麦芽の試食や仕込釜を見ることができるそうです。
また、発酵する前の麦汁を試飲することができることができるので、もし発酵後の小樽ビールを飲まれたことがある方はどのように醸造前後で味が変化するのかわかるかもしれません。

小樽倉庫No.1

住所:北海道小樽市港町5-4
電話番号:0134-21-2323
営業時間:11:00~23:00
定休日:年中無休
HP: http://otarubeer.com/jp/

これだけでは満足しない!もっと小樽ビールの醸造課程を知りたい!そんな方にお勧めなのが小樽ビール銭函醸造所での見学ツアーです。というのもこの見学の所要時間は食事無しで1時間半、食事ありで2時間半となっており、先ほど紹介した小樽倉庫No.1よりも内容が濃いからです。それと双方とも見学の他に小樽ビールの試飲もついてくるので嬉しいですね。
気になる料金も個人で食事なしの場合は800円/人なので、小樽ビールの試飲代金を含めるとリーズナブルと言えるのではないでしょうか。この見学会に参加する際は予約が必要となりますので受付時間(平日9:00-17:00)の時間帯内で小樽ビール銭函醸造所(0134-61-2280)に電話してください。

小樽ビール銭函醸造所

小樽市銭函3丁目263-19
Tel: 0134-61-2280
Email: tours@otarubeer.com
受付時間 9:00-17:00
アクセス: JR函館本線 銭函駅からタクシーで5分

大沼ビール(七飯町)

大沼ビール(七飯町)

出典:http://blog.gutabi.jp/

北海道国定秀峰津山麓の自然の天然アルカリイオン水を使用し、ドイツの伝統製法に基づいた上面発酵ビールが大沼ビールになります。ホップの香りが高く、フルーティで洋食にぴったりなのがこの大沼ビールの特徴です。天然アルカリイオン水使用の貴重なビールで、原料にもこだわっているのでお土産にも喜ばれます。酵母100%の大沼ビールを是非ご賞味ください。

取扱店:ブロイハウス大沼

住所:北海道亀田郡七飯町大沼町208
電話番号:0138-67-1611
営業時間:9:00~16:00
定休日:年末年始
HP: http://www.onumabeer.co.jp/

 

ニセコビール(ニセコ町)

ニセコビール(ニセコ町)

出典:http://www.nipponselect.com/

美味しい湧水がある所には美味しいビールあり。ニセコ町は国内有数の湧水が美味しい場所でありますが、クラフトビールは、実は2014年に発売になったばかりなのです。それぞれ特徴的な5種類のクラフトビールで、ニセコ山系の湧水を使用し、ブドウを使用したフルーツビールや、かぼちゃを使用した野菜ビール、地元の鮭節や昆布を使ったビールなどバラエティ豊かであります。主にニセコの道の駅で購入する事ができるので、もしお立ち寄りの際はニセコビールを是非堪能してみてはいかがでしょうか。

クラフトビアレストラン2階

住所:北海道虻田郡ニセコ町字本通4-11
電話番号:0136-55-5664
営業時間:18:00~22:30
定休日:水曜日:
HP: http://www.nisekobeer.co.jp/

 

大雪地ビール(旭川市)

大雪地ビール(旭川市)

出典:http://worldbeers.blog71.fc2.com/

大雪地ビールは、毎年様々な賞を受賞している旭川市で作られているビールで、大雪山の水や地元の食材を積極的に使用し研究され、一つ一つのビールの個性が光っているのが特徴です。
また、富良野産大麦・旭川産米・麦芽を使った富良野大麦や、独自製麦して作られた萌芽など、ここでしか味わえないビールがなんとも贅沢です。その中でも人気なのが黒岳で、限定醸造の貴重な黒ビールになります。黒麦芽を通常より多く使用し、深い味わいがビール愛好家には堪らない一杯。是非、ビール愛好家にも好まれている大雪地ビールをお試しください!

大雪地ビール館

住所:北海道旭川市宮下通り11丁目1604番地の1
電話番号:0166-25-0400
営業時間:11:30~22:00
HP: http://www.ji-beer.com/know.html


以上が、北海道のおすすめのクラフトビールでした。ビールは癒しの空間を作ってくれる大切な飲み物ですよね、是非大切な人と美味しいひと時を味わってください。