北海道LOVERS

北海道の年末年始を彩るご当地食材

2015年12月31日(木)/北海道


年末年始はご馳走三昧で、親族と楽しいひと時を過ごす事が出来ますよね。北海道の年末年始は本州とは違う食材が並びます。そんな道内の年末年始を彩る食材をご紹介いたします。

PR

飯寿司 いずし(道内全域)

飯寿司 いずし(道内全域)

出典:http://0429.jp/

飯寿司=いずしは、北海道の年末やお正月には欠かせない食材の一つ。道内で水揚げされる魚を、米麹と野菜(人参・大根・生姜)で漬けて発酵させたもので、酒のつまみに最適です。魚が米麹の発酵のおかげでまろやかになり、ほんのり甘く塩辛さもお漬物ほどないので、どんどん食が進むことでしょう。筆者が飯寿司の美味しさに気付いたのは、成人してからですので、子どもには少し大人の味かも。
そんな飯寿司の種類は沢山あり、代表的な魚で言うと、鮭・はたはた・ニシン・キンキ・カジカ・ほっけ・秋刀魚など家庭によって漬ける種類も異なり、飯寿司を扱うスーパーや市場も沢山の種類の飯寿司が用意されております。
こんなに美味しい飯寿司が本州にはないのがびっくりでしたので、是非お取り寄せで一度お試しいただきたい。お酒飲みの方は、はまる味ですよ~。

クジラ汁(道南地方)

クジラ汁(道南地方)

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

塩くじらを用いたお正月のおめでたい料理として、道南は函館市や松前町など漁師町で長年愛されてきた郷土料理。塩くじらや山菜は、保存食のきく体を温める食材でした。
正月にくじら料理を食べるようになった由来は、「正月から大きなものを食べる事が出来て縁起が良い」や「豊漁を祈る」などといった意味合いで、お正月に食べる様になったと言われています。
そんなくじら汁の具材は、大根やニンジンの根菜と、フキ・ワラビ・ゼンマイ・たけのこなどの山菜類。それを醤油味で塩クジラと一緒に煮ていくので地域や各家庭によって若干味付けなどは異なるという印象があります。そもそもこのクジラ汁、道央や道東の道民は聞いた事がない風習ではないでしょうか。函館市民も半数は知らないかもしれません。それほどこのくじら汁は今では大変貴重になった鯨料理の一つということです。
クジラベーコンはお正月料理には欠かせない珍味として出る事はあるのですが、このくじら汁も同様道南地方ではおめでたい食材として食べられています。

ニシン漬(道内全域)

ニシン漬(道内全域)

出典:http://plaza.rakuten.co.jp/

北海道民のソウルフードの一つにニシン漬があります。このニシン漬ですが、秋が深めく頃から、スーパーに陳列された身欠きにしんと大きな樽や漬物用の大根・キャベツを基に各家庭の物置で作られ、日数を経て12月から年末年始には欠かせないお漬物であるニシン漬となるわけです。ニシン漬は、市販品は添加物の味がするので、食べるならやはり手造りが一番美味しいですよね。
どこのご家庭のニシン漬も美味しく浸かっていますし、各家庭で、味付も、塩辛さも、酸っぱさも違うのが一興もの。代表的な具材は、身欠きにしんと大根、ニンジン、キャベツ、生姜を鷹の爪と麹と昆布などで漬けていきます。
道央の日本海側のご家庭は白菜で漬ける所もあり、キャベツよりも味がしっかり染み渡るのが特徴。過去に食べた際は、白菜も美味しく感じられました。魚臭さが苦手な方は、苦手かも知れませんが、酒の肴にはこれまた最適であります。ニシンが美味しいので、ニシンばかり食べて最終的には主役がいない漬物になることも、道民あるあるかと思われます。

はさみ漬(道内全域)

はさみ漬(道内全域)

出典:http://www.koumihonpo.com/

海産物と野菜を交互に挟んで漬けるお漬物は、北海道の郷土料理の一つ。代表は鮭を白菜と大根と昆布で挟んで漬けるのですが、他にも蟹や数の子などバリエーションも数種類増えているようです。海産の旨みをたっぷりと吸いこんだ野菜のしゃきっとした歯ごたえが、たまりませんよね。ニシン漬のようにバラではないので、野菜と魚が一緒に食べられるこのコラボレーションが、白飯やお酒がどんどん進みます。大量に作る事はなく、貴重なはさみ漬はお正月でもあっという間になくなる一品です。

粕イカ(道南地方)

粕イカ(道南地方)

出典:http://kyoudo-ryouri.com/food/2982.html

粕イカは新鮮なイカを粕漬けにした珍味で、イカ漁が盛んな函館市で愛されてきた郷土料理です。名前のとおり、イカの輪切りの中にゲソを詰め込み粕漬けにしており、酸味とイカのまろやかさとがマッチした、酒のあてに最適の一品。粕が濃厚なので、子どもは匂いでノックアウトですね。筆者も子どもの時は苦手でした、しかし大人になると貴重な珍味、そしてソウルフードとして懐かしんで食べます。

氷頭なます(道内全域)

氷頭なます(道内全域)

出典:http://www.maruiri.co.jp/

なますは、お正月にはかかせないおせち料理ですが、北海道では「氷頭なます」を用意する家庭もあり、北海道の郷土料理として愛されています。氷頭とは、鮭の頭の軟骨部分の事で、これを薄切りにし、大根やニンジンと一緒に酢の物にした料理です。スーパーでも置いている所があり、年末になると陳列されおり、氷頭のコリコリとした食感が癖になりますよ。