北海道LOVERS

北海道のお菓子の手作り体験型施設を厳選

2015年10月04日(日)/北海道


北海道のお菓子の手作り体験型施設を厳選

最近では、体験型の観光施設が密かな人気を呼んでいるようです。その中でも、スイーツ制作の体験は、大人も子供も楽しめてお土産にもなるという、観光に打ってつけのものばかりです。今回は、そんなスイーツ制作体験ができる北海道のお菓子の手作り体験型施設を厳選してご紹介します。

石屋製菓 白い恋人パーク

石屋製菓 白い恋人パーク

出典:blog.kotoba.littlestar.jp

北海道民なら恐らく誰でも頭に残っているであろう、「白い恋人~♪」のあのメロディー。
北海道が誇るあの銘菓を手作り体験できるのです。
直径14cmという大きなハート形のクッキーに、製品と同じホワイトチョコレートを挟んで作るので、味は製品と同じく出来上がります。おまけに表面にオリジナルメッセージを書き込むことができるので、大切な人へのお土産にもピッタリ。
白い恋人の制作体験は一年中利用でき、期間限定で季節のイベントに合わせたシュガークラフトやクッキー作りも可能。今の季節なら、ハロウィンにちなんだお菓子作りの体験メニューが用意されていますよ。
予約必須のものもあるので、詳しくは、公式サイトのお菓子作り体験のページをご覧下さいね。

白い恋人パーク
電話番号:011-666-1481
住所:北海道札幌市西区宮の沢2-2-11-36
交通手段:地下鉄宮の沢駅から徒歩10分
営業時間:白い恋人パークの営業時間は9:00~18:00
お菓子作り体験は、体験メニューによって開始時間に相違あり
定休日:年中無休

壺屋ティーズキッチン アリオ札幌店

壺屋ティーズキッチン アリオ札幌店

出典:http://hitosara.com/tlog_1037214/

香ばしいアーモンドとホワイトチョコレートのお菓子、「き花」で有名な壺屋総本店が運営するショップ、ティーズキッチン内にある体験工房。
ここでは、デコレーションケーキやお絵かきシュークリームの体験の他、北海道民のソウル和菓子「中花まんじゅう」の制作体験もできるのです。あんこは完成品を使いますが、生地を自分で焼いて焼いて挟むところまでを体験させてくれます。
まだ温かい中花饅頭は、ふんわりやわらかくてとっても美味しく、それが、自分で作ったものとなると、味わいも倍増ですね。
また、母の日、父の日などのイベントに合わせた体験メニューもその時々で用意されているので、公式サイトでご確認下さい。こちらの体験工房は、要予約なのでご注意を。

壺屋ティーズキッチン アリオ札幌店
電話番号:011-731-5550
住所:北海道札幌市東区北7条東9丁目2-20 1階
交通手段:JR苗穂駅から徒歩10分
営業時間:10:00~21:00
体験メニューは要予約
詳細は公式サイトをご覧下さい
定休日:アリオ札幌に準ずる

柳月 スイートピア・ガーデン

柳月 スイートピア・ガーデン

出典:http://sweets.nifty.com/

「三方六」などでおなじみの、北海道を代表するお菓子メーカー・柳月にも、お菓子の体験工房が設置されています。場所は音更のスイートピア・ガーデン、お城のような佇まいと素敵な庭が見どころのお店です。
こちらで体験できるメニューは、クッキーの仕上げから、生地を作るところから始める本格的なお菓子作りまで、実に様々。所要時間15分という簡単なものから、数時間かかる大作にだってチャレンジできるのです。通年体験できるメニューのほか、夏休みやクリスマスなど、季節に合わせたお菓子作りもあります。
原則として予約制ですが、メニューによっては当日申し込み可能な場合もあります。こちらは、エプロンと三角巾の持参が必要なので、事前に用意しておいて下さいね。忘れた場合は、店内で販売もされています。

柳月 スイートピア・ガーデン
電話番号:0155-32-5577(菓子工房専用ダイヤル)
住所:北海道河東郡音更町下音更北9線西18-2
交通手段:帯広駅から車で15分
営業時間:夏期 9:00~18:00
冬期 9:30~17:30
お菓子作り体験は、体験メニューによって開始時間に相違あり
定休日:年中無休

ふらのジャム園

富良野ジャム園

出典:www.recruit-hokkaido-jalan.jp

富良野の森の奥、ドラマ「北の国から」に登場した、「五郎の石の家」の近くにあるジャム工房。アンパンマンの作者、やなせたかし先生と縁が深い施設で、公式キャラクターも、ジャムおじさんならぬ「ジャムおばさん」。敷地内にアンパンマンショップも併設されています。
こちらは、数多くのジャムを取り扱っている他、手作りジャムを作ることもできるのです。
通年はいちごジャムですが、夏期はキウイジャムもメニューに加わります。フレッシュなフルーツから作ったジャムは、市販のものとは違って酸味や香りが良く、そのままでも美味しく食べられます。
火を使う作業のため、子供だけの参加は中学生以上からと決められています。もし、それ以下なら、保護者が同伴で参加可能となるそうです。予約は希望日の前日までに行う必要があります。

ふらのジャム園
電話番号:0167-29-2233
住所:北海道富良野市東麓郷の3
交通手段:JR富良野駅から車で24分
営業時間:9:00~17:30
ジャム作り体験は10:00、14:00スタート
定休日:年中無休

いかがでしたでしょうか。北海道内にある、スイーツ系の体験が楽しめる施設をご紹介しました。どの体験施設も、有名なお菓子メーカーだったり、品質にこだわったお店が開催しているので、美味しくできること間違いなしです。お近くに行く予定があるなら、お菓子を手作り体験してお土産にしてみてはいかがですか。そして、「自分で作った」と、渡した人に自慢してしまいましょう。