北海道LOVERS

北海道のお勧めの秘湯を厳選

2015年09月25日(金)/北海道


秘湯とは、人に知られていないあまり立ち入られない場所に存在する温泉の事を言います。自然だらけの北海道には秘湯が多数存在します。その中でも、温泉通のファンに人気でお勧めの北海道の秘湯をご紹介いたします!

岩尾別温泉(斜里町)

岩尾別温泉(斜里町)

出典:http://www.jalan.net/

最果ての秘湯と呼ばれ、あの世界自然遺産にも認定された知床に位置し、ホテル「地の涯」の近くにある無料の露天風呂。露天風呂が段々畑のように見える三段の湯と、一人で入る大きさの滝見の湯の二つの露天風呂があります。
三段の湯の一番下は上からのお湯が溜まっているのでぬるめで、上になるにつれ熱くなりますので、お好みの熱さで秘湯をお楽しみください。
なの、ここで石鹸シャンプーの使用は禁止で、脱衣所はなく、すのこがあるのみです。冬季は岩尾別温泉は閉鎖されますので、確認されてからお訪ねください。

秘湯名:岩尾別温泉
住所:北海道斜里郡斜里町岩尾別
電話番号:01552-4-2331(ホテル地の涯)
アクセス:JR知床斜里駅よりカムイワッカ湯の滝行き80分

カムイワッカ湯の滝(斜里町)

カムイワッカ湯の滝(斜里町)

出典:http://find-travel.jp/article/1826

カムイワッカとはアイヌ語で「神の水」という意味です。今では立ち入りが規制されている所もあり、一の滝までしか行けませんが、それでも中々過酷な滝登りをして行かなければなりません。
水で滑らないような靴やわらじ必須。滝から流れ出る源泉と水がちょうどよく交じり、滝壺で入浴になりますが、強酸性のため目にしみますのでご注意ください。観光客で溢れかえるほどの人気の秘湯ですが、朝一は空いてますので狙い目です。

秘湯名:カムイワッカ湯の滝
住所:北海道斜里郡斜里町岩尾別 知床国立公園内
冬季閉鎖:11月上旬~5月下旬

セセキ温泉(羅臼町)

セセキ温泉(羅臼町)

出典:http://www.jalan.net/

漁師の方が個人で掘り起こした温泉で、一般に開放してくれています。オホーツク海と一体となった露天風呂は二つあり、岩で囲ってある露天風呂は海と一体になっています。
入浴は干潮時から2時間後に入る事が出来ます。セセキ温泉は、北の国から~遺言~で純とトドが入った温泉として有名だそうです。個人の温泉ですので、入浴する際は断りを入れた方がよさそうですね。

秘湯名:セセキ温泉
住所:北海道目梨群羅臼町瀬石
営業期間:7月1日~9月15日 干潮時のみ入浴可能

川北温泉(標津町)

川北温泉(標津町)

出典:http://www.tripadvisor.jp/

以前は町営の保養所の施設でしたが、台風で壊れてしまい浴槽だけが残ったそうです。それを復活させた地元の方々のおかげで、標津町の人気の秘湯になっています。

2015年林道の崩壊で閉鎖状態が三年間続いてましたが、新たにまた6月にオープン致しました。まろやかで白く青みがかった硫黄泉が体を芯から温めてくれます。女性と男性は隣り合わせで、脱衣所も完備していて地元の方の風呂桶なども置いてあります。

秘湯名:川北温泉
住所:北海道標津郡標津町字川上北1-3
電話番号:0153-82-2131
アクセス:根北峠の国道244号から林道を約5キロ

鹿の湯(鹿追町)

鹿の湯(鹿追町)

出典:http://www.tripadvisor.jp/

然別峡野営場内のキャンプ場内に無料露天風呂はあり、すぐ横を流れるユウヤンベツ川沿いに温泉「鹿の湯」があります。
脱衣所はないので、気になる方は水着で入浴しているようで、青緑色の湯の色で、濃い新鮮なお湯を体験することができるでしょう。キャンプをしながら、贅沢な秘湯にも浸かれるなんて、北海道ならではのアウトドア体験ができますよ。

秘湯名:鹿の湯
住所:北海道河東郡鹿追町然別峡
電話番号:0156-66-4034
営業期間:7月1日~9月30日

以上が、一度は訪れて頂きたいお勧めの秘湯でした。極寒の北国では自然の温泉は冬は閉鎖しているので、夏から秋にかけて入りに来て、夏の疲れを取りにきて欲しいです。