北海道LOVERS

十勝・帯広のおすすめ観光スポットを厳選

2015年08月01日(土)/帯広・十勝


北海道のお菓子の街と呼ばれるほど銘菓揃いの十勝・帯広。もちろん、お菓子の街以外にもたくさんの観光スポットが存在します。大自然に囲まれた空気も食べ物も美味しい雄大な十勝・帯広を堪能できる十勝・帯広のおすすめ観光スポットを厳選してご紹介したいと思います。

十勝・帯広のおすすめ観光スポットを厳選

 

ナイタイ高原牧場(上士幌町)

十勝・帯広 観光名所 ナイタイ高原牧場(上士幌町)

出典:http://kandonotoki.jp/

雄大な十勝平野を一望する事が出来る日本一広い牧場。北海道民でも、こんなに雄大な景色をいつでも見られるわけではないので大変貴重な観光スポットです。この景色を目の前にすると、筆者の脳内では松山千春の曲が流れてきますね。
「果てしない 大空と 広い大地の その中で~♪」
是非是非、感動的なナイタイ高原牧場に足を運んでいただきたいと思います!

ナイタイ高原牧場(上士幌町)
住所:河東郡上士幌町上音更字85-2
電話番号:01564-2-3355
営業時間:10:00~17:00
営業日:4月下旬~10月末

ワイン城(池田町)

十勝・帯広 観光名所 ワイン城(池田町)

出典:https://picasaweb.google.com/

池田町は、DREAMS COME TRUEのボーカル吉田美和さんの出身地で、ワイン城の敷地内にはドリカム記念館も併設されています。
ここワイン城は中世ヨーロッパのような外観で、正式名称は「池田町ブドウ・ブドウ酒研究所」と言い、国際的にも評価されている十勝ワインが製造・研究されています。そのため、スパークリングワインやブランデーなど20品目を生産しています。
ワインの他にも池田町の特産品が置いているショッピングエリアやレストランや展望台もあり、お子様連れでも楽しめる場所になっています。2015年10月の今年は、秋のワイン祭りにドリカムが出演しミニコンサートが開かれるそうですよ。

ワイン城(池田町)
住所:中川郡池田町清見83
電話番号:015-572-2467
営業時間:9:00~17:00
定休日:年末年始
アクセス:JR池田駅から徒歩で

十勝川温泉(音更町)

十勝・帯広 観光名所 十勝川温泉(音更町)

出典:http://www.tabirai.net

平成16年度にモール温泉「十勝川温泉」が北海道遺産に選定されました。モールとは英語で湿原の意味で、泥炭に由来する腐植物(フミン質)を含むアルカリ性の温泉がモール温泉と呼ばれているそうです。別名「美人の湯」として人気がある温泉地です。
十勝川温泉には古来アイヌの人々に「薬の湯」と言い伝えられていて、天然保湿成分が多いのでお肌がつるつるになります。是非、美人の湯で名高いモール温泉に浸かってみませんか?

十勝川温泉(音更町)
住所:河東郡音更町
アクセス:帯広市中心部から車で約20分

ベアマウンテン(新得町)

十勝・帯広 観光名所 ベアマウンテン(新得町)

bear-mt.jp

北海道は札幌の山でも普通に熊が生存していて、毎年熊が出現とニュースになるほど身近な動物です。身近ですが、本当に遭遇した事は道民でもそうはいないと思いますが…
そんな熊の専門の動物園は北海道には三か所あり、登別くま牧場・昭和新山くま牧場・そして新得町のベアマウンテンです。森の中に放し飼いにした、野生に近いひぐまを観察することができるので人気です。移動バスに乗って間近でひぐまを見る事ができ、至近距離なので迫力満点!
広大な敷地なのでゆっくりとたくさんの熊を見る事が出来るのでおすすめです。

ベアマウンテン(新得町)
住所:上川郡新得町狩勝高原
電話番号:0156-64-7007
営業時間:9:00~16:00
定休日:冬期間休業
アクセス:JR新得駅から車で約15分

タウシュベツ橋梁(上士幌町)

上士幌町にあるタウシュベツ川橋梁

別名「幻の橋」とも呼ばれるタウシュベツ橋梁は、鉄道橋の役目を終え、今は開拓の時代を伝える遺産として人気のある観光スポット。
幻の橋は「めがねの橋」とも呼ばれ、水面に反射する橋梁がめがねのように見えるからですね。色々な気候でさまざまな美しい姿を見せてくれるタウシュベツ橋梁、是非一度幻想的な幻の橋と呼ばれる橋梁を見に来てくださいね。

タウシュベツ橋梁(上士幌町)
住所:上士幌町字ぬかびら源泉郷
電話番号:01564-4-2224(上士幌町観光協会)

ばんえい十勝 帯広競馬場

ばんえい十勝 帯広競馬

出典:http://www.jalan.net/

大迫力の、世界で唯一のばんえい競馬場は馬が間近で見ることができ、スピードも通常の競馬よりもゆっくりなので子どもも大人も皆が応援して楽しめる場所です。
最近では映画化にもなった人気漫画「銀の匙」でも登場していて、更に多くの方が訪れる人気スポットになりました。ナイターレースもやっており、通年開催しているので全国からファンが足を運ぶばんえい競馬場。そりを一生懸命頑張って引くばんばや、時折休憩するばんばなど、ここでしか味わえない競馬は初心者や競馬に興味がない方もきっと楽しんで頂けると思います。

ばんえい十勝 帯広競馬場
住所:帯広市西13条南9丁目
電話番号:0155-34-0825
入場料金:100円
営業時間:HPをご確認ください。
アクセス:帯広駅南口から約2キロ、所要時間約7分

帯広動物園

十勝・帯広 観光名所 帯広動物園

出典:http://www.walkerplus.com/

北海道民で本物の象を見た人は何人いるでしょうか。今では北海道唯一象がいるのはここの帯広動物園だけになりました。象のナナも高齢で54歳、貴重な北海道の象なので全道からナナに会いに帯広動物園に足を運びに来る人気の動物園です。他にもキリンやかば、ほっきょくぐまなど沢山の動物を間近で見る事が出来ます。
敷地内では遊園地も完備しているので、動物を見て楽しんだ後は遊園地で遊ぶのも子どもに人気です。

帯広動物園
住所:帯広市緑が丘2
電話番号:0155-24-2437
入場料金:大人420円 65歳以上・高校生210円 中学生以下無料
営業時間:夏季開園4月29日~9月30日9:00~16:30 10月1日~11月3日9:00~16:00(平成27年度)
冬季開園12月5日~2月28日の間の土日祝
アクセス:帯広空港から25km 車で236号経由約30分

北の屋台

十勝・帯広 観光名所 北の屋台

出典:http://blog.livedoor.jp

帯広を活性化するため約20軒のお店が集まっている観光名所。やきとり・和食・イタリアン・韓国料理などバラエティに富んだお店が集結し、通年営業で四季を楽しむ事もできる屋台になっています。是非、お気に入りのお店を見つけに北の屋台に足を運んでみてはいかがですか?

北の屋台
住所:帯広市西1条南10丁目7番地
電話番号:0155-23-8194(北の企業広場協同組合)
アクセス:JR帯広駅から徒歩5分

愛国駅・幸福駅

十勝・帯広 観光名所 愛国駅・幸福

出典:http://www.city.obihiro.hokkaido.jp/

昭和4年に当時の国鉄広尾線が開通し、現在は廃線となっている愛国駅と幸福駅。1973年のNHKのテレビ番組で「新日本紀行 ~幸福への旅~」が放映され、[愛の国から幸福へ]のキャッチフレーズが一大ブームとなり、愛国駅行き幸福駅の切符が反響を呼びました。
今では恋人の聖地とも言われ、更に魅力ある駅になっています。「愛国から幸福ゆき」切符はどちらの駅でも販売していますので、是非ご家族や恋人と訪れてみてはいかがでしょうか?

愛国駅・幸福駅の見どころ

・幸福駅駅舎

幸福駅のシンボルと言っても過言ではないです。以前は待合室として利用されており、今は来訪記念として名刺を貼付することが通例となっています。これにより幸運が訪れるのだとか。

・幸福の鐘

駅舎からプラットホームへ抜ける途中に設置されている鐘。名前からしてみても縁起が良さそうですね。ぜひ優しい音色を響かせてください。

・幸福駅プラットホーム

旧国鉄広尾線の面影を残す施設で、当時のままがほぼ現存しています。プラットホームの眼前には、幸福駅ガーデンの風景が広がり、撮影スポットの一つとなってます。

・愛国駅駅舎

愛国駅の駅舎は改築され現在交通記念館として開館されており、館内には旧国鉄の懐かしい品々が当時のまま展示されているため懐かしい方も多いでしょう。

・愛国駅プラットホーム

旧国鉄当時のまま保存された愛国駅のプラットホーム。

・蒸気機関車19671号

黒く光る蒸気機関車19671号が記念展。 写真スポットとして人気。※冬期は錆防止のためブルーシートで覆っています。

住所:幸福駅・帯広市幸福町東1線 愛国駅・帯広市愛国町基線39-40
開館時間:9:00~17:00 12月~2月は日曜日のみ開業
アクセス:
【自家用車・レンタカーの場合】
幸福駅:国道236号線を南に向かって20分
愛国駅:国道236号線を南に向かって30分
【バスの場合】
幸福駅: 十勝バス「広尾」行きに乗車し「幸福」バス停で下車。徒歩すぐ
愛国駅:十勝バス「広尾」行きに乗車し「愛国」バス停で下車。徒歩すぐ
愛国駅と幸福駅の詳細HP

以上が厳選したおすすめの十勝観光スポットでした。日本とは思えないほどの景色を見る事が出来るので是非十勝旅行をおすすめします。