北海道LOVERS

札幌で食べてほしいザンギの有名店を厳選

2015年06月02日(火)/札幌グルメ


そもそもザンギとは?

ザンギ

北海道名物のザンギとは、鶏のから揚げの事。味付は唐揚よりも濃い目の味付です。また、タコやイカなどの魚介類の唐揚げもザンギと呼ばれています。今回はそんな北海道発祥のザンギの有名店を中心にご紹介いたします。

と、その前に、ザンギとは何なのか?由来や唐揚げとの違いなどを深くご説明したいと思います。

ザンギの発祥の地域は?

ザンギの発祥の地域は?

出典:食べログ

釧路市にある焼き鳥屋である”鳥松”が発祥の地といわれております。ザンギという名前は、、中国語の炸鶏(ザージー)に幸運の運(ン)を入れて「ザーンーギー」→「ザンギ」と命名。ブロイラーを使い、鳥一羽をぶつ切りにして唐揚げにしたところ流行ったとのこと。なので、ザンギの正統派は骨付き鶏肉となります。

鳥松 (とりまつ)
お問い合わせ 0154-22-9761
住所 北海道釧路市栄町3-1
営業時間・ 定休日
営業時間 17:00~翌0:30
定休日 日曜日

興味深いことに、他の地域(四国地方や中国地方の一部や、東北地方の山形県)でも「鶏の唐揚げ」をザンギと呼ぶ地域があり、北海道から広がったのか、それとも他の地域から北海道に実は派生したのか、謎が深まるところ。

ザンギと唐揚げの違いは?

ザンギと唐揚げの違いは?

道外によく質問されるのは、「ザンギと唐揚げの違いは?」という質問。諸説ありますが、結論同じです。ただ、違うという方は以下の主張をされております。

 

味付け:ザンギの方が濃いと表記されることが多いです。

調理法:下味を付けてから揚げるのがザンギと表記されることが多いです。

 

ザンギは鶏肉の枠組みから脱却

ザンギは、イパン的に「醤油ベースのタレやスパイスなどで濃いめの味付けをした唐揚げ」といわれております。そのため、最近は鶏肉以外にも、唐揚げ全般を”ザンギ”と表記しています。例えば、タコザンギ、いかザンギ、ホタテザンギ、玉ねぎザンギなど、なんでもありです。他方、唐揚げも、たこの唐揚げ、イカの唐揚げなどありますよね。

中国料理 布袋

布袋のザンギ

出典:http://kuu-kai13.net/

ザンギと言えば布袋(ほてい)と言われるほどの有名な中華店です。ちなみに、店主は元グランドホテルのシェフをしていた経歴の方なので、ザンギ以外の他の料理も美味しいです。しかし、皆さんに是非食べてもらいたいのがやはりここのザンギです。というのもここのザンギは拳ほどの大きさで、食べ応えが十分あるからです。またテイクアウトもでき、こちらも人気。

近年には赤レンガテラスのフードコート内に二号店がオープンしましたので、観光の際にも気軽に立ち寄れますので是非行ってみてはいかがでしょうか。

中国料理 布袋
住所:札幌市中央区南1条西9-1
電話番号:011-272-4050
アクセス:地下鉄東西線「西11丁目駅」3番出口より徒歩5分
営業時間:月火木金 11:00~22:00水 11:00~14:00土祝 11:00~21:00
定休日:日曜・第3土曜

ひろちゃんの塩ザンギ

無題

出典:http://s-siozangi.com/menu.html

札幌市は南区澄川に位置するお持ち帰り専門の塩ザンギのお店。ザンギの仕込みは秘伝の仕込み方法で鶏肉の中まで塩味が入るようにされていて、外はカリカリ中はふっくらジューシーなザンギが人気です。

他にも、ザンギバーガーやザンタレ丼やお弁当など種類も豊富で通販もやっております。是非、北海道名物の塩ザンギをおすすめいたします。

ひろちゃんの塩ザンギ
住所:札幌市南区澄川5条3―1―20
電話番号:011-815-0326
アクセス:地下鉄南北線 澄川駅から254m
営業時間:11:30~22:30
定休日:水曜日

キッチン喫茶 亜珈里(あかり)

亜珈里(あかり)のザンギ

出典:https://www.travelbook.co.jp

札幌市は豊平区にあります、創業30年の知る人ぞ知る穴場の喫茶店。ここのザンギ定食はとにかく大きくてげんこつのようなザンギが5個、醤油ダレでしっかりと味がついており、表面にはカレーパウダーのような香辛料が振りかけられているのが特徴です。他のザンギ店とは一味違い、ご飯もよく進みます。
とにかく大きくてボリュームがあるので、出てきたらその大きさに笑ってしまうでしょう。是非ザンギ好きの皆さんに楽しんでいただきたい一品です。

キッチン喫茶 亜珈里
住所:札幌市豊平区平岸3条1丁目2-3
電話番号:011-821-9980
アクセス:豊平公園駅から334m
営業時間:8:00~21:00
定休日:日曜日

GARAKU

GARAKU(ガラク)のザンギ

出典:http://www.dopon.jp/item/37

札幌といえばスープカレーのGARAKU(ガラク)と言われるほどの超人気店のスープカレー屋さん。ここのザンギがとにかく美味しくて知る人ぞ知る人は単品で注文されます。スープカレーのトッピングでもあるけど単品で注文OK、単品扱いなので値段も安いです。

ガラクは朝から列をなすほどの人気店なので、是非スープカレーと一緒に美味しいザンギを召し上がってください。ちなみにですが、このザンギはりょうばあちゃんのザンギというメニュー名になっており、店主のお祖母様の名前を使っているそうです。

GARAKU
住所:札幌市中央区南3条西2丁目7 2F
電話番号:011-233-5568
アクセス:地下鉄東豊線 豊水すすきの駅から徒歩1分
営業時間:11:30~23:30
定休日:不定休

現地集合ごはんとおやつの家(現在閉店)

札幌のローカルテレビやローカル雑誌にも紹介されている名物のザンギ定食は単品唐揚げ5個で300円。昼時は大盛況で、皆さんザンギ定食を注文されているようです。

外はカリカリの中はジューシーで生姜風味が良いアクセントでご飯が進みます、ご飯はおかわり無料。大きさも子どもの拳ほどの大きさで食べ応え十分。ザンギはお持ち帰りもできますので、非北大近くをお立ち寄りの際は美味しいザンギを食べて頂きたいです。

現地集合ごはんとおやつの家
住所:札幌市北区北12条西2-2-3
電話番号:011-757-1050
アクセス:地下鉄南北線 北12条駅から236m
営業時間:11:30~15:00 17:00~20:00
定休日:日曜日・祝日

ここ数年の唐揚げブームの中でザンギも同様に注目を集めております。まだザンギを食べたことが無い方は普通の唐揚げと何が違うのか?北海道名物のザンギを是非有名店でお召し上がりくださいませ。