北海道LOVERS

北海道の読み方が難解な地名を厳選

2015年04月13日(月)/北海道


北海道の読み方が難解な地名を厳選

北海道なんて読める地名の方が珍しいです。なぜなのか?それはほとんどの地名がアイヌ語由来だからです。アイヌ語を勉強していたら分かるかもしれませんが普通の人は厳しいと思います。

今回は北海道の読み方が難解な地名を厳選いたしました。難解・最難解に分けましたので、是非北海道の難解な地名が読めるかどうか挑戦してみてくださいね。
アイヌ語由来ということでほとんどが最難解に属されると思うので知っている方は本当にすごいと思います。

PR

読むのが難解な北海道の地名

読むのが難解な北海道の地名

米飯(ペーパン)

米の産地として有名です。”は”じゃなくて”ぱ”なので注意。

和寒(わっさむ)

わっさむ町の由来. 和寒は昔「輪寒」あるいは「和参」とも書かれ、アイヌ語の「ワットサム」から転訛したもので「ニレの木の傍ら」の意味です。 昔、ニレの木が繁茂していたところから名づけられたものです。

発寒(はっさむ)

ムクドリの群生地であったので、アイヌ語の「ハチャム」(ムクドリ)が由来
地下鉄の駅名にもなっているので読める方も多いのでは?

足寄(あしょろ)

足寄は、北海道にある日本一広い面積を持つ町名です。北海道三大秘湖の一つでも有名な「オンネトー(五色沼)」があり、季節や天候で色が変わる湖の美しい景色が人々を魅了しています。

長万部(おしゃまんべ)

北海道渡島支庁北部にある地名です。ホタテの養殖業などが行われています。

増毛(ましけ)

アイヌ語の「マシュキニ」又は「マシュケ」(カモメが多い所)が由来。
道北地方で最も歴史のある港町である増毛町は、かつてはニシン漁で栄えていました。 現在はニシン漁は衰退し、人口も徐々に減っていますが、漁業自体は現在も盛んで、特に日本有数の漁獲量を誇るボタンエビ漁が有名であります。

鰔川(うぐいかわ)

檜山管内江差町にある地名で、由来はそのままウグイがたくさんいる川だからと言われています。「鰔」の字が曲者で、普通この字は「カレイ」としか読めないんです。一方ウグイと読む漢字は「鯎」 …誤字がそのまま定着しちゃったんじゃないでしょうか?

音更(おとふけ)

十勝管内にある町名で、由来はアイヌ語の「オトプケ(毛髪が生えるところ)」と言われているけど詳しくはわかっていないみたい。十勝川温泉と帯広のベットタウンとして有名な町だよ

読むのがものすご~く難解な北海道の地名

読むのがものすご~く難解な北海道の地名

意養苗(いやしなえ)

檜山管内厚沢部町にある地名だよ。「意養」「癒内」とも書いて、由来はアイヌ語の「イヤシナイ(それを掬う川)」と言われています。「それ」とは鮭のことだろうね。あと温泉が湧いてるそうです。だから「癒内」なのかも。

濃昼(ごきびる)

北海道石狩市にある地名。ごきぶり・・ではなく、アイヌ語の「ゴキンビリ」(岩と岩の間つまり山の陰もしくは滝つぼにしぶきが舞う)」が語源。

愛冠(あいかっぷ)

北海道厚岸郡厚岸町にある地名です。
アイヌ語のアイカップ・ピラが名前の原音です。「矢の届かぬ崖」という意味です。愛冠駅の入場券がカップルに人気でした。

忍路(おしょろ)

北海道小樽市にある地名。国指定史跡の忍路環状列石を見る事ができます。

倶知安(くっちゃん)

北海道虻田郡にある町の名前です。アイヌ語の「クッシャニ」が語源で、クッシャニは「クッ・シャン・イ」で「くだの(ようなところ)を・流れ出る・ところ」という意味です。

神居古潭(かむいこたん)

北海道旭川市にある地名。石狩川が上川盆地から石狩平野に流れ出る境に位置する峡谷です。アイヌの聖地と言われています。

敏音知(びんねしり)

アイヌ語で”ビンネ”というのは”男の”という意味。つまり”男のシリ”。”男の尻”。ウホッ。
これは冗談でアイヌ語でシリは”島、峰、土地、天候、様子、図体”という意味を表します。
なのでびんねしりは男の土地というわけですね。

飜木禽(ぽんききん)

かなり難易度の高い地名の一つ。ぽちょむきんじゃないよ。

厚軽臼内(あっかるうすない)

空知管内月形町にある地名で、由来はアイヌ語の「アッカルシナイ(楡の皮を取るところの川)」と言われています。

雄武(おうむ)

町名の由来はアイヌ語の「オムイ」から。これは河口がふさがるという意味です。

風烈布(ふうれっぷ)

その昔、中国大陸から樺太を通じ、北海道へ渡ったという一人の烈士の伝説の残る集落。この地名もその烈士の名に関連があるとかないとか。いや、無いと思いますが。
この地の流れる「フーレップ川」の水が鉄分が多いので赤いことから来ています。

班渓(ぱんけ)

じつはアイヌ語で”下”という意味。下があれば上もあるという事で、上の事は”ぺんけ”という。つまり”ぺんけ”と”ぱんけ”はセットなのです。

占冠(しむかっぷ)

占冠(しむかっぷ)の名前の由来は、アイヌ語の「シモカプ(shimokap)」からで、『とても静かで平和な上流の場所』のことを意味しています。その名の通り今も変わらず、静かで平和な村です。

嶮暮帰(けんぼっき/けんぼっけ)

釧路管内浜中町にある島の名前で、由来はアイヌ語の「ケネポク(赤ツゲの下)」と言われています。無人島だけど、昔ムツゴロウさんがここで暮らしたことがあます。