北海道LOVERS

5月(GW)に北海道を満喫するならお勧めの観光名所

2024年05月01日(水)/北海道

もうすぐやってくるゴールデンウィーク。今年のGWはどこに出かけますか?北海道のGW時期は桜が咲き始め、空気も清々しくておすすめなので、わざわざ飛行機が高い時期に海外に行こうと考えている方は再検討してみてはいかがでしょうか。今回は5月(GW)に、北海道で楽しめるおすすめのスポットを厳選してご紹介!

まずは、5月の北海道の観光スポットを紹介する前に5月の北海道の気温や最適な服装を見て行きましょう!

5月の北海道の気温は?

北海道の雪解けは3月に入った頃でしょうか。なので4月は場所によってはまだ雪も残り、雪解け水で道路はぐちゃぐちゃ。実は1年で一番見栄えが良くない季節が初春かもしれません。まだ肌寒く桜が咲くのがちょうどGWといったところで、5月になってやっと一般的に春らしいと呼ばれる時期になってくるのかもしれませんね。平均気温は約12度、東京が18度ほどなので、東京よりも6度低いです。最低気温と最高気温はそれぞれ8度、17度ほど。4月と比較して約4〜5度上昇することになります。

日中だけで見ると、平均気温が16℃前後と比較的暖かく、日照時間も長い。陽気な日が多いのが5月の印象です。

桜が咲くのが一番遅い北海道では4月下旬〜5上旬にかけて桜が咲くため、5月に花見を催すことは、適切な温度と、気候ならではといえるでしょう!

5月の北海道の服装は?

日中はそこまで必要ないですが、夜は冷え込むことも。そのため、ジャンパーや薄手のコートはあっても良いでしょう。また、ショートパンツを履く女性はレギンスやストッキングは4月同様必須かと思います。

なお、5月には雪解けが進んでいることから雪に関しては留意する必要はないです。しかし、道東など緯度が高い場所や、山に行かれる場合は、まだ雪が残っているため、手袋などがあると良いかと思います。

PR

[ad#ad-1]

5月の北海道で遊園地を楽しむ

ルスツリゾート/ニセコ

3

スリル満点のアトラクションなど60種類もある大型遊園地。その他にもゴルフやラフティングなどの30種類もの体験ができる、スケールが大きい北海道のテーマパーク。GW中は20:00から1200発もの花火が舞い上がるので、必見です。

ルスツリゾート/ニセコ
住所:北海道虻田郡留寿都村字泉川13
定休日:なし
アクセス:JR倶知安駅からバスでルスツリゾート下車すぐ
道央自動車道虻田洞爺湖ICから車で約30分
電話番号:0136-46-3111

 北海道グリーンランド遊園地/岩見沢市

北海道グリーンランド遊園地

岩見沢市に位置する、道内最大級の観覧車を始め47種類のアトラクションが楽しめます。イベントが盛り沢山で、わんわんショーや仮面ライダーショー、妖怪ウォッチショープリキュアショーと子供が大好きなイベントが満載!是非お好きなイベントに出かけてみてはいかがでしょうか。

北海道グリーンランド遊園地
住所:北海道岩見沢市志文町1015 いわみざわ公園
営業時間:9:00~5:00
アクセス:札幌から道央自動車道岩見沢I.C.まで30分
札幌から中央バス高速いわみざわ号で一時間。
定休日:なし
電話番号:0126-22-2121

八雲・噴火湾パノラマパーク/八雲町

八雲・噴火湾パノラマパーク

道南の八雲市にある丘の公園は、高速道路パーキングに隣接。休憩がてら景色を見に子供を遊ばせたりと休憩にも大満足の場所。パークゴルフや室内に無料のキッズパークもあり、お年寄りから子供まで楽しめます。遊びの他にも、食にこだわっており、隣にはケンタッキーが運営しているハーベスター八雲があり、チキンやピザはパノラマパークで食べられるのも特徴の一つ。

八雲・噴火湾パノラマパーク/八雲町
住所:北海道二海群八雲町浜松368-8
営業時間10:00~18:00
定休日:月曜日
アクセス:道央道八雲PA隣接(車)
電話番号:0137-65-6030

5月の北海道で動物鑑賞を楽しむ

サッポロさとらんど/札幌市

サッポロさとらんど(札幌市東区)

札幌東区のモエレ沼公園を道路挟んでサッポロさとらんどがあります。体験型施設として、動物と触れ合ったり、農業体験、バーベキューやピクニックも可能。さらには、パークゴルフまである大型施設。隣接のサツラク工場の絞りたてのソフトクリームや牛乳は絶品なので、一緒にいかがでしょうか。

サッポロさとらんど
住所:北海道札幌市東区丘珠町584-2
営業時間:9:00~18:00
定休日:月曜日
アクセス:札樽自動車道伏古ICから車で約15分
電話番号:011-787-0223

ノースサファリサッポロ/札幌

ノースサファリサッポロ

北海道の動物園といえば、やはり旭山動物園のイメージではないでしょうか。もちろん旭山動物園の魅力は去ることながら、札幌市内にあるユニークな動物園「ノースサファリサッポロ」も魅力がたっぷり。実はとっても穴場な動物園で札幌から車で40分ほどの場所に位置することから利便性に優れており、手作り感のある雰囲気を全面的に感じられるおすすめスポット。

◇動物に触れ合える

色々な動物と触れ合える動物園。具体的には、ライオンやアメリカンビーバー、アザラシに餌をあげたり、触れ合い体験ができる施設。冬には犬ぞり体験ができるなど、動物と「触れ合える」アクティビティも豊富!開園期間がシーズンごとに決まっているので、ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。ちなみに、変わった動物たちと写真撮影も可能。

◇物珍しい動物に会える

デンジャラスの森にいる、ニシキヘビやピラニアなど滅多に見ることができない危険な生物を見れます。

◇変わり種のフードを食べられる

変わり種のフードといえば、サソリやクロコダイルのお肉など、チャレンジャーな人は盛り上がるかと思います。

ノースサファリ サッポロ
住所: 北海道札幌市南区豊滝469-1
アクセス:地下鉄南北線真駒内駅からじょうてつバス「定山渓温泉行」で25分、豊滝小学校前⇒無料シャトルバス⇒ノースサファリサッポロ

旭山動物園/旭川市

4

旭川といえば観光地として「旭山動物園」が有名ですが、現在は、国内外からの観光客、そして動物園関係者が視察に訪れるほど世界的にも注目される動物園へと成長しました。しかし、そんな順風満帆のように思える旭山動物園も、開園1967年7月から、幾度もの困難を乗り越えてきました。今でこそ有名になりましたが、動物の習性を生かした行動展示は動物の新たな発見ができるのでおすすめです。他にも、GWはペリカンやカピバラが野外の展示スペースに戻ってくる様子や、毛が夏に向けて生え変わるエゾシカやホッキョクギツネの可愛い様子は必見の価値があるでしょう。

住所:北海道旭川市東旭川長倉沼
営業時間:夏季9:30~17:15
定休日:未定
アクセス:旭川北ICから道道37号を旭川空港方面へ8キロ、道道295号を左折し2キロ
電話番号:0166-36-1104

5月の北海道で公園でのんびりする

モエレ沼公園/札幌市

モエレ沼公園(札幌市東区)

出典:http://4travel.jp

世界的彫刻家イサム・ノグチが公園のデザインを考え、23年の年月を経て2005年に完成しました。いわばアート公園として、札幌の新しい観光名所。そんな芸術センスあふれる公園ですが、面積は198haもあり公園の中だと非常に広い方かと思われます。お隣は農業をテーマとしているサッポロさとらんどがあるため、二大巨頭の公園。地元民もどちらの公園に行くか迷ってしまいますね。そんなモエレ沼公園はビーチがあり水浴びができる施設もあるので、夏場は特に大変賑わっています。

モエレ沼公園
住所:北海道札幌市東区モエレ沼公園1-1
電話番号:011-790-1231
アクセス:札幌中心地から車で30分
営業時間:7:00~22:00

ライラック祭り/札幌市

ライラック

出典:ようこそさっぽろ

春のメインイベントが「さっぽろライラックまつり」。札幌を象徴するライラックが咲き誇る大通公園が、5月の中旬から下旬にかけてお祭り会場へと早変わり。はじめは昭和34年から開催され、翌年の昭和35年にライラックは札幌の木に選ばれたこともあり、オープニングセレモニーではライラックの苗木が1,500本プレゼント。

◇さっぽろライラックまつりの見所①様々なブース

うららかな季節の中、音楽祭や手作りマーケット、野菜や苗の販売、道産食材を使用したインターナショナルフードコート、最近注目の北海道産ワインと北海道の食とのマリアージュが楽しめるショップなど、さまざまなブースが目白押し。

◇さっぽろライラックまつりの見所②ワインガーデン

ワインガーデンではテントの中で座って北海道ワインを飲むことも可能。野外で北海道ワインを楽しめばいつもとは違った味わい。他にも吹奏楽演奏や合唱を楽しめるライラック音楽祭やスタンプを集めれば記念品が貰えるスタンプラリーなど、イベントは盛りだくさんなので家族でもカップルでも楽しめるイベントでしょう。

国営滝野すずらん丘稜公園/札幌市

札幌市内にある滝野すずらん公園は、約400haの広大な敷地面積で札幌唯一の国営公園。春夏秋冬さまざまな花が咲き、さまざまな遊びが楽しめます。例えば、春夏秋は、キャンプに公園に釣りもでき、バーベキューも楽しめ、冬は一変ゲレンデに変わり、スキーやチューブ滑りなどが楽しめるでしょう。

国営滝野すずらん丘稜公園
住所:北海道札幌市南区滝野247
電話番号:011-592-3333
アクセス:地下鉄南北線「真駒内駅」から車で約30分
営業時間:9:00~17:00(季節によって変動)

北海道こどもの国/砂川市

北海道こどもの国(砂川市)

道央自動車道「砂川インター」に併設しており、面積232.5haの広大な公園。ここは約80科255種の樹木や野草があり、野生小動物もいるので、大自然を感じる事ができるでしょう。特に、子どもが大好きな楽しい遊具が11基あるヤッホーの森や、こどもの国の中で一番人気のあるふしぎの森の遊具などが盛況です。

北海道子どもの国
住所:北海道砂川市北光401番地の1
電話番号:0125-53-3319
営業時間:9:30~17:00(10~11月は10:00~16;00)

5月の北海道で花見やBBQを楽しむ

GW頃から賑わいを増してくるのが円山公園北海道神宮などの花見スポット。それ以外にもその他いろいろな公園で、花見とともにBBQも賑わいをみせてきます。北海道の人はBBQが大好き。一家に一台はBBQセットを持っており、田舎と違って家と家との間隔がそれほど離れていない都会の札幌でさえ、休日はみんな庭でBBQをするほど。そんな札幌にはBBQセットの貸し出しを行う公園も多くあり、観光客も公園やコテージの庭などでBBQできます。どこよりも遅い時期に楽しめる桜と美味しいBBQで札幌の春を楽しんでみましょう。

以下では、花見の名所をご紹介します。

二十間道路桜並木/新ひだか町 

sakura4

新ひだか町にある桜の名所で、全国的にも知名度が高い観光名所。桜が咲く時期に合わせて「しずない桜まつり」が開催され、訪問者は二十万人を超える一大イベントです。見所はなんと言っても、道路の両脇に桜並木が8kmにも及ぶ美し道路。日本一の桜並木といわれ、日本の道100選にも選出されています。3000本ほどの桜がお出迎えしてくれる様子は圧巻の一言!

場所:日高管内静内町
交通:静内市街地から道道71号平取静内線を約10分北上し、看板を左折2km

 松前公園の桜/松前町

sakura

松前城跡地の隣にある松前公園の桜は道内一のサクラの数。10,000本と群を抜いております。桜の名所100選にも選ばれており、道内一の桜の名所。その桜の素晴らしさから、日本さくらの会から「さくらの里」という称号が贈られています。桜の種類は、ソメイヨシノからエゾヤマザクラほか250種類の桜が1カ月間楽しめます。桜の開花と同時に、松前公園では梅や椿が咲くので、赤白ピンクの色鮮やかな花見。是非楽しんでみてはいかがでしょうか。

場所:北海道松前郡松前町
交通:JR海峡線木古内駅下車~バス松前行き松城下車(徒歩5分)
車の場合は国道226を約2時間

ひがしもこと芝桜公園/大空町

ひがしもこと芝桜公園

網走郡大空町東藻琴にある芝桜公園。東藻琴は平野や丘陵が広がる街であり、10万平方メートルの敷地に芝桜が咲いています。特徴としては、この公園はバリアフリーに対応していること、そして高台までの移動が園内を走る遊覧車で可能なため、お年寄りや体の不自由な方も安心なこと。ゴールデン期間中では、東藻琴芝桜公園が会場の「芝桜まつり」を実施しており、緩やかな斜面一面に広がる芝桜を見れます。820メートルのゴーカートや、287段の階段を登って辿り着く「山津見神社」もあるので、体力に自信のある方や若い人も楽しめるでしょう。思い切り楽しんだ後には、日帰り温泉や足湯もあるため、疲れた体を癒せます。お祭り開催時には、キャラクターショーをはじめ、試食・販売会、歌謡ステージなどがイベントスケジュールとして組み込まれ、小さいお子様からお年よりまでが一日を満喫ができるでしょう。

所在地: 北海道網走郡大空町東藻琴末広393
芝桜の見頃:5月上旬~6月上旬
電話番号:0152-66-3111


以上が北海道で5月に旅行するとしたらおすすめの観光名所でした。

北海道の各月おすすめ観光名所一覧