北海道LOVERS

北海道にて震災について考える

2015年03月10日(火)/北海道


北海道にて震災について考える
今日で東日本大震災発生から4年目の年を迎えます。この機会に震災について考えてみてはどうでしょうか?体験する。知る。備える。3つのテーマに絞って簡単にまとめてみました。(キュレーター A.F)

・体験する(北海道内の防災体験施設一覧)

地震以外の災害について体験したり防災講座や救急講座なども行っている場所もあります。実際に災害の疑似体験をし地震が発生した時の行動などを学ぶ事ができ、防災について考えるきっかけになるかと思います。

札幌市市民防災センター

 

北海道にて震災について考える

出典:http://www.city.sapporo.jp/shobo/tenji/

 

札幌市市民防災センター
住所:札幌市白石区南郷通6丁目北
開館時間:9時30分~16時30分※入館無料
休館日:年末年始(12月29日~翌年1月3日)

釧路市民防災センター
北海道にて震災について考える

釧路市民防災センター
住所:釧路市南浜町4番8号 釧路市消防本部庁舎1階に併設
開館時間:午前9時30分から午後4時※入館無料
休館日:日曜日、月曜日、国民の祝日、12月31日から1月5日

そなえーる(千歳市防災学習交流センター)

北海道にて震災について考える

出典:http://www.city.chitose.hokkaido.jp/

そなえーる(千歳市防災学習交流センター)
住所:千歳市北信濃631番地の11
開館時間 : 午前10時00分から午後9時00分(展示施設については午前10時00分から午後5時00分)
休館日:月曜日・毎月の最終火曜日・年末年始※入館料は無料です

・知る

地震大国である日本に住んでいる私達は日本中のどこにいても地震に遭遇します。北海道で起きた大きい地震についてまとめてみました。表をみていただくと分かるかと思いますが北海道は太平洋側で大きな地震が発生する傾向があるようです。過去に大きな地震が発生した地域を把握することで事前に危機意識を持つ事ができます。

過去に発生した道内各地域の主な地震被害

地域名 発生年月日 震央(旧測地系) 規模 最大震度
地震災害名 (M) (気象官署)
太平洋側 昭和27年3月4日
十勝沖地震
釧路沖 8.2 5 浦河  帯広、釧路
昭和43年5月6日
十勝沖地震
三陸はるか沖 7.9 5 浦河、苫小牧、広尾、函館
昭和48年6月17日
根室半島南東沖地震
根室半島南東沖 7.4 5 釧路、根室
昭和57年3月21日
浦河沖地震
浦河沖 7.1 6 浦河
4 帯広、苫小牧、札幌、小樽
平成5年1月15日
釧路沖地震
釧路沖 7.8 6 釧路
5 帯広、広尾、浦河
平成6年10月4日
北海道東方沖地震
北海道東方沖 8.1 6 釧路、厚岸、中標津
5 根室、広尾、浦河
平成15年9月26日
十勝沖地震
釧路沖 8 6弱 新冠、静内、浦河、鹿追、忠類、幕別、豊頃、釧路、厚岸
日本海側 天保5年2月9日
(石狩川河口付近)
石狩湾 6.4 6 石狩川河口付近(推定)
5 札幌市の一部(推定)
大正7年5月26日
留萌沖地震
北海道西方沖 6 5 鬼鹿、幌延
昭和15年8月2日
積丹半島沖地震
北海道西方沖 7.5 4 羽幌、留萌、幌延、岩内、乙部
天塩、羽幌
昭和58年5月26日
日本海中部地震
秋田県沖 7.7 4 森、江差
渡島、桧山
平成5年7月12日
北海道南西沖地震
北海道南西沖 7.8 5 小樽、寿都、江差、深浦
内陸 昭和34年1月31日
弟子屈地震
釧路支庁 6.3 5 阿寒湖畔、上御卒別
4 釧路
昭和62年1月14日
日高山脈北部地震
日高山脈北部 7 5 釧路
4 帯広、苫小牧、根室、浦河、広尾

(参照:北海道庁建設部建築指導課ウェブサイト※一部表記変更あり。http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kn/ksd/jisshinhigai.htm

・備える

災害が起こらないに越した事はないのですが“もしものとき”に備えておくのも大事です。何事も起こってからは遅いものですので事前の準備が大切です。

役に立つサイトをまとめておきました

——–災害の備えについて——–


災害はいつ起こるかわからないものなのでとても恐ろしいです。いざという時の為に今回の記事をきっかけに防災について少しでも意識を高めようと考えてもらえるきっかけになってもらえれば幸いです。