北海道LOVERS

[道外向け]北海道の魅力とは

2015年02月09日(月)/北海道


北海道の魅力とは

北海道の魅力とは

北海道の大自然に恵まれた肥沃な大地は、周囲を太平洋・日本海・オホーツク海に囲まれ、大雪山連邦をはじめとする雄大な山々、素晴らしい景観の天然湖や広大な湿原など、見るものを飽きさせない四季折々の景観を楽しむことが出来ます。今回は国民的に人気のある北海道の魅力とは何なのかに迫ります。

▼北海道は日本人の行きたいランキングで上位

北海道は日本人の行きたいランキングで上位
JTBが実施したアンケート結果によると冬にいきたい場所ランキング1位は北海道だったそうです。約半数が「冬の良さを楽しめているところ」として北海道を選び、雪まつり、流氷など北海道でしかできない体験が上位の理由にあがりました。この「冬に行きたい旅先」調査は、11月1日~8日にかけて、WEBサイト「JTB旅のアンケート」上で実施したアンケートで、男性1,431人、女性2,334人、その他63人、合計3,828人より回答を得ています。

▼その結果がこれ

北海道と回答した理由

  • 1位 さっぽろ雪祭り 104
  • 2位 流氷 97
  • 3位 ウインタースポーツ 86
  • 4位 温泉、露天風呂 69
  • 5位 食べ物 50
  • 6位 景色 25
  • 7位 雪 20
  • 8位 イルミネーション 14
  • 9位 寒さ 11
  • 10位 夜景 5

以下で6位までの北海道の魅力となっている事柄に対して調べてみました。

1位 さっぽろ雪祭り 104票

【保存版】2018年のさっぽろ雪まつりの見所まとめ

世界的なイベントとして、国内外から約200万人が訪れるさっぽろ雪まつりは必見の価値あり。

さっぽろ雪祭り

真っ白い雪と透き通る氷だけによって創り出された芸術品は、制作者の思いをのせて観客の皆さんにきっと何かを伝えます。

 

さっぽろ雪祭り

この大きさでこれだけ精巧に表現できるのが「さっぽろ雪まつり」最大の魅力といえるのではないでしょうか。

さっぽろ雪祭り

ちなみに北海道のビックイベントさっぽろ雪まつりは2月上旬の日程で開催されています。。夜の雪祭りのプロジェクションマッピングには感動の一言です。

2位 流氷 97票

北海道には流氷が!砕氷船、流氷ウォークとは

1月後半からは、北海道・オホーツク沿岸に流氷がやってくるシーズンです。オホーツク海といえば流氷、北海道の冬といえば雪祭りに並んで有名な流氷。
流氷ウォーク

日本では唯一ですねもちろん。そして北半球で流氷が見れる海としては最南端です。流氷の国際的拠点でもありますね。砕氷船にのったり流氷の上を歩く流氷をウォークは一生のうちに一度はやってみたい。

3位 ウインタースポーツ 86

道外でしか味わえないゲレンデの魅力

札幌近郊のスキー場まとめ

本州のスキーヤーが北海道を体験すると、雪質の良さから上手くなったような気になるとか。北海道には約130カ所のスキー場がありますが、標高1000メートル以下でもパウダースノーが楽しめるし、もう少し標高が高くて気温が低いと雪質はアスピリンスノーに。 アスピリンスノーはパウダーよりもっとサラサラな雪のこと。テイネ、キロロ、ルスツなどにはスキー以外のアクティビティもあるし、ニセコも温泉やレストランがあってスキーをやらない人でも楽しいです。犬ぞり、スノーシュー、ネイチャーツアーなどアクティビティがいっぱいです。

4位 温泉、露天風呂 69票

豊平峡温泉

北海道には200を超える温泉があり、温泉の数、泉質の良さで、日本一。自然の恵みに満ちた野趣満点の露天風呂は、北海道の到るところに点在しています。

豊平峡

ちょっと思い出しただけでも上富良野の吹上温泉、露天風呂では道内最大級を誇る豊平峡温泉、北湯沢やカムイワッカの湯など、数え上げたらキリがありません。他にもこんな温泉も。

▼冬限定も!世界でも珍しい温泉、モール温泉

[道外向け]北海道の魅力とは

帯広市内には世界でも珍しいモール温泉がわいています。植物が溶けたような温泉で、実際植物の残骸のようなものがとろけてました。植物性でまろやかな湯は、美人の湯として女性に人気。

モール泉はこの色も特徴。日本の十勝川流域、ドイツ南西部が世界的に有名です。冬の間だけ出現する「然別湖コタンの氷上露天風呂」は、今まで入った温泉の中でも最高に気持ちいい。開放感あふれる景色にポカポカあったまる温泉…しかも無料! 冬の間のみ、凍結した然別湖(しかりべつこ)の上にコタン(アイヌ語で村)を建設。その一角に露天風呂はあります。

▼石灰華ドーム”の奇観で全国的に有名な秘湯、二股らじうむ温泉旅館

[道外向け]北海道の魅力とは

なんと脱衣所もすべて氷と雪です。石灰華ドームの奇観で全国的に有名な秘湯は、世界でただ2つしかない。他にはない貴重な泉質から、がん患者も訪れる。 泉質はもちろん景色が素晴らしく、これを見れば本当に何でも治るんじゃないかと思える…なんて声もありました。

5位 食べ物 50票

蟹が有名
北海道函館観光地
タラバガニは冬が旬。現在ではロシアからの輸入量が多く、北海道での漁獲量は少ないので、希少。網走のアブラガニ・紋別のズワイガニ・枝幸・雄武で毛ガニは有名です。中でもオホーツクの流氷が育てるアブラガニは最高です。流氷が去ったあとの春が一番美味しい時期といわれています。
残念なことに、今では札幌中央卸売り市場で行われるセリのカニは、ほとんどがロシア産。国内産は、もはや貴重品なのです。

魚が美味しい
北海道で「きんき」と呼ばれるきちじ。旬の冬は脂の乗りが非常に良くとても美味な高級魚。焼魚、鍋、煮魚、から揚げ何でも合います。きんきのほかに、北海道では「めんめ」とも。金目鯛とは似てるけど違います。

鹿肉も有名
立花瞳冬の北海道に行ったら、食べ損ねないように!欧米では「ジビエ」とよばれ珍重されるシカ肉。北海道に生息するエゾシカは欧米のシカに勝るとも劣らない品質で、現在日本のフランス料理店で提供されるシカ肉の多くは、北海道産。秋から冬にかけてがシカ肉の旬。北海道では増え続けるエゾシカを積極的に食用利用しています。

6位 景色 25票

冬しかできないお楽しみと言えばの特別列車で大自然を満喫冬の特別列車「流氷ノロッコ号」がおすすめです。海に向かって設置された窓からは、オホーツク海を覆う流氷、雪化粧した知床連山が見える。その大パノラマは忘れられない。。 知床斜里から網走間を走ります。

[道外向け]北海道の魅力とは

流氷ノロッコ号。本州では見られないスケール!「SL冬の湿原号」は格別。車窓右側から見える釧路湿原の眺めは素晴らしく「もうちょっと乗っていたい、誰かを誘ってもう一度来たい」と思えますね。

[道外向け]北海道の魅力とは

雪原に映えまくるSL冬の湿原号。網走行きの特急は、同じ路線を冬だけ「流氷特急オホーツクの風」が走行。この車両にはラウンジがあり、客室乗務員の観光地ガイド、映画上映などサービスが盛りだくさん。
これでいつもの特急と同料金なのがすごいです。通常の特急に乗るかオホーツクの風に乗るかで、旅の印象が全然違うため、是非この機会に押さえておきたい情報といえます。