北海道LOVERS

札幌雪まつりの魅力をご紹介

2015年01月07日(水)/札幌観光名所


札幌雪まつり

札幌雪祭り2

出典:http://www.hokkaidolikers.com/articles/1876

世界中から観光客が訪れる冬のイベントさっぽろ雪祭り

札幌雪祭り2014
北海道のビックイベントさっぽろ雪まつりが2月5日から11日の日程で開催されます。世界的なイベントとして、国内外から約200万人が訪れるさっぽろ雪まつりは必見の価値あり。

さっぽろ雪祭りの公式サイトはこちら!

そんな札幌雪祭りの会場は全部で3ヶ所あります

◎大通会場:地下鉄南北線、東西線、東豊線で大通駅下車すぐ

◎すすきの会場:地下鉄南北線すすきの駅下車すぐ

◎メインの大通、すすきの会場間は地下を歩いて約15分

さっぽろ雪まつりのメイン会場は、大通会場とすすきの会場。実はそんな移動に大変重宝するのが『地下歩行空間』地下鉄南北線大通駅からすすきの駅までの400mを南北に延びる「ポールタウン」と、地下鉄南北線大通駅からさっぽろテレビ塔までの312mを東西に延びる「オーロラタウン」をL字型に結んだ地下のショッピングタウンがあります。

寒い冬には、地上に出なくてもここで十分にショッピングを楽しむことが出来るほど、地下が充実しています。通路の両側には、ブティックや生活雑貨、レストラン、喫茶、観光土産などさまざまな店舗が並び、天候を気にせずショッピングできるのが大きな魅力です。

つどーむ会場:地下鉄東豊線栄町駅より徒歩8分。その他市内各所からシャトルバスを運行します。

大通り会場の見所

札幌雪祭り

場所:大通公園 西1丁目~西12丁目 開催時間:いつでもご覧いただけます(ライトアップは22:00まで)メインである大通り公園には数多くの雪像が展示され、夜22:00までライトアップが行われています。

真っ白い雪と透き通る氷だけによって創り出された芸術品は、制作者の思いをのせて観客の皆さんにきっと何かを伝えます。この大きさでこれだけ精巧に表現できるのが「さっぽろ雪まつり」最大の魅力です。大迫力の大雪像や一般参加で作られたユニークな雪像のほとんどを見ることが出来ます。

つどーむ会場の見所

札幌雪祭りつどーむ

場所:札幌市スポーツ交流施設  コミュニティドーム(愛称:つどーむ)札幌市東区栄町885番地1 開催時間:9:00~17:00
つどーむ会場には滑り台やスライダーなどがあるので、お子さん連れなら楽しめるでしょう。すべり台やスノーラフトなど、子供から大人までが北海道の自然の中で雪とふれあうことができるのがこの会場のコンセプト。ドーム内には、「DOSANKOグルメストリート」が設置され、札幌内外の北海道のグルメを堪能することもできます。

すすきの会場の見所

場所:南4条通りから南6条通りまでの西4丁目線(駅前通り)市道 開催時間:いつでもご覧いただけます(ライトアップは23:00(予定)まで。※最終日は22:00まで)「氷を見る」から「氷を楽しむ」をテーマに、大・中の氷彫刻や氷彫刻コンクール作品などの幻想的な氷像を展示します。夜にはネオンの中に氷像が浮かび上がり、まるでファンタジーの世界のような幻想的な光景を楽しめます。

札幌雪まつりの雪像は誰が作っているの?

雪祭りをするにあたってたくさんの方々が雪像の制作に携わっており、特に自衛隊の人の働きはすごいです。制作にあたってはまず年末の10、11月ごろに雪が積もってきたあたりに4tトラック何十台も動員して綺麗な雪がある山に雪を集めにいきます。

それを雪像制作個所に積み上げ札幌雪祭りの開催期間までの時間雪を削っていき雪像をつくります。もちろん昼間はとけてしまう恐れもあるので作業は連日夜の深夜にやるとのことで過酷な労働条件ではあるのは間違いなしです。

過去の札幌雪祭りの雪像、氷像の一部をご紹介

・ミッキーの雪像

札幌雪祭り2012年

・氷像

夜になるとライトアップされるので氷像はさらに綺麗に見えます。この後ろに見えるのが札幌のテレビ塔です。
札幌雪祭り2012年

雪像をバックにしてイベントも行われます。
札幌雪祭り2012年
芸能人がくることも度々あるそうです。

・大人気漫画ワンピースの像

札幌雪祭り2012年
とにかくでかい。そしてチョッパーがかわいい
この隣には同じくジャンプで有名なトリコの雪像もありました。

・お城の雪像

北海道雪祭り2012年
やはり札幌雪祭りの雪像の高さはいつも圧巻です。

札幌雪まつりに参加するにあたっての諸注意 防寒対策も忘れずに

さっぽろ雪祭り期間の最高気温は0℃以下、最低気温は-5℃前後服装は薄手のコートだと、まず寒いから保温性に優れたインナーやニットなど厚手のコートやダウン出来ればフードのついた物がおすすめです。

運動靴やブーツだけだと滑ります。できれば、靴の上から履く、スパイクがついた滑り止めのゴムを履きたいところ!この手の滑り止めは、北海道のJR駅売店(キオスク)とか地下鉄の売店でも売ってます
頭部であれば耳、体は首元や手、脚部は足が特に冷たくなりやすいため、服装の素材も保温性の高いもので機能性重視で選ぶと良いでしょう。札幌雪祭りツアー2015というものが開催されているので遠方から来る方はそれを利用するといいのかもしれません。では来年2015年(平成27年)は2月5日(水)~11日(火・祝)の7日間開催するみたいなので興味ある方はいらしてくださいね。

さっぽろ雪祭りの公式サイトはこちら!

PR