北海道LOVERS

旭川へのアクセス方法まとめ

2019年07月27日(土)/旭川


旭川といえば、旭山動物園、旭川ラーメン、はたまた富良野・美瑛の中継地点など、思いうかべる方も多いでしょうか。そもそも旭川は、北海道のほぼ中央に位置していることもあり、道内各都市を結ぶ道路網の要に位置している場所。結果、年間約500万人の観光客が訪れる北海道でも人気のスポットです。それでは、今回は旭川へのアクセス手段を中心にご紹介いたします。

旭川へ自動車で向かう

旭川へ自動車で向かう

北海道は自動車が主流なので、これが一番ピンと来る方が多いでしょう。

札幌から旭川に向かう場合

旭川は札幌からみて北東に位置します。一般道の場合、約3時間140km、高速の場合、約2時間の所要時間。高速道路の下りる地点は、旭川鷹栖ICか旭川北ICとなります。

スクリーンショット 2019-07-22 1.36.40

もし下道で行きたいところがない場合は高速道路を使って一気に行きましょう。

札幌以外から旭川に向かう場合

1

出典:旭川市

 

概要として下記のようになります。

  • 釧路:6時間(300km)
  • 帯広:4時間(190km)
  • 網走:1時間半(70km)
  • 稚内:5時間(250km)
  • 函館:8時間(390km)

バスで旭川へ向かう

バスでいうと、やはり札幌、旭川の便数が多く、1日37往復。旭川から札幌までは北海道中央バスや道北バス、JR北海道バスが運行している『高速あさひかわ号(時刻表)片道:2060円 往復:3860円』に乗ることになります。

【お問い合わせ】
・中央バス旭川:0166−25−3000
・中央バス札幌:011−231−0500

所要時間は約2時間15分なので、気軽に使えるでしょう。それ以外の北見、釧路、紋別などは1日の便数が4往復以下と少ないため、事前予約など注意が必要です。

バス発着便
行き先 所要時間 1日の便数
札幌 2時間15分 37往復
帯広 3時間40分 4往復
釧路 6時間20分 2往復
北見 3時間25分 4往復
遠軽 2時間25分 5往復
紋別 3時間5分 4往復
枝幸 3時間35分 2往復
鬼志別 4時間28分 1往復

富良野から旭川へバスで向かう(ラベンダー号)

富良野から旭川へバスで向かう(ラベンダー号)

富良野からバスで旭川に向かいたい方のために、ラベンダー号をご紹介いたします。ラベンダー号とは?「新富良野プリンスホテル」を出発し、終点「旭川駅」に向かうバスのこと。具体的なスケジュールは時刻表をご確認ください。そして料金は以下の通り

新富良野プリンスホテル NewFuranoPrinceHotel ~旭川空港 AsahikawaAirport
930円(YEN)
~旭川駅前 AsahikawaStation
1,050円(YEN)
富良野プリンスホテル FuranoPrinceHotel
ホテルナトゥールヴァルト HotelNaturwald
基線 kisen
~旭川空港 AsahikawaAirport
820円(YEN)
~旭川駅前 AsahikawaStation
930円(YEN)
富良野駅前 FuranoStation ~旭川空港 AsahikawaAirport
770円(YEN)
~旭川駅前 AsahikawaStation
880円(YEN)
中富良野 Nakafurano
上富良野 Kamifurano
~旭川空港 AsahikawaAirport
680円(YEN)
~旭川駅前 AsahikawaStation
780円(YEN)
深山峠 MiyamaPass ~旭川空港 AsahikawaAirport
640円(YEN)
~旭川駅前 AsahikawaStation
740円(YEN)
美瑛駅 BieiStation
美瑛 Biei
~旭川空港 AsahikawaAirport
370円(YEN)
~旭川駅前 AsahikawaStation
620円(YEN)
旭川空港 AsahikawaAirport ~旭川駅前 AsahikawaStation
620円(YEN)

電車で旭川に向かう

札幌・旭川間は所要時間は1時間30分で、ほぼ30分間隔で運行。新千歳空港・旭川間は所要時間2時間でほぼ1時間間隔で運行しています。特急ライラック、特急スーパーカムイ、特急オホーツク、特急スーパー宗谷など特急が主な手段です。

特に特急スーパーカムイは1日23本も走っているため、電車の場合主な手段となります。

旭川空港から向かう

旭川空港は旭川市ではなく旭川の隣町「東神楽町」に位置しております。旭川空港から旭川駅はタクシーで約30分、定期バスで約35分。旭川空港発着便は以下のとおりです。

国内線
路線 所要時間 1日の便数 運行会社
東京 約1時間40分 7往復 JAL・AIRDO・ANA
名古屋 約1時間50分 1往復 ANA
大阪(関空) 約2時間00分 1往復 ANA
大阪(伊丹) 約2時間00分 1往復 JAL

とはいえ、観光で来られた際は、旭川以外にも札幌・小樽や富良野・美瑛にも足を運んでほしいところ。新千歳発着の方が飛行機の値段が安いことも多いため、札幌経由の方がおすすめです。

レンタカーを借りるのが便利

そして、もし旭川発着で来られる際は、旭川空港前にレンタカーがあるので、そちらを利用しましょう。具体的には、トヨタレンタカー、タイムズカー、ニッポンレンタカー、ホンダレンタカー、オリックスレンタカ、日産レンタカーなど。

ぜひ旭川へ足を運んで見てはいかがでしょうか。