北海道LOVERS

札幌近郊の観光名所を厳選

2015年05月05日(火)/札幌観光名所


今回は札幌近郊の観光名所のご紹介。札幌は美味しいグルメという印象が先行します、観光名所も是非行ってほしい場所が何箇所かあります。まだ行かれたことがない方は是非この機会に行ってみてくださいね。

PR

札幌近郊の観光名所羊が丘展望台

羊が丘展望台
さっぽろ羊ヶ丘展望台は、北海道札幌市豊平区羊ケ丘にある北海道内でも屈指の観光名所であります。特に北海道大学の前身である北海道農業学校創設者であるクラーク博士の銅像がある場所として有名です。

北海道の発展はクラーク博士の影響が大きいのです。彼の名言は日本語で言うならば「青年よ、大志をいだけ!」です。人生を貪欲にコツコツ新しいことに挑戦していってもらいたいというクラーク博士の願いです。

羊が丘展望台へのアクセスは車はともかく公共交通機関としては地下鉄福住駅からバス乗ると到着します。

羊ヶ丘展望
住所:北海道札幌市豊平区羊ヶ丘1番地
アクセス:JR札幌駅→羊ヶ丘展望台 車で約30分
地下鉄東豊線福住駅からバスで約10分
営業時間
5月,6月 8:30-18:00/7月,9月 8:30-19:00/10月,4月 9:00-17:00
定休日:展望台は無休}電話番号:(011)851-3080

札幌近郊の観光名所藻岩山

藻岩山

出典:yakei.jp

札幌市のほぼ中央に位置する標高531mの藻岩山(もいわやま)。アイヌ語では「インカルシベ(いつも上って見張りをするところ)」と言われ、かつてはアイヌの「聖地」でもありました。山頂からは札幌の街並みや日本海石狩湾、増毛暑寒別岳までの大パノラマを望めます。
筆者の認識では藻岩山は札幌の夜景スポットであります。

麓から中腹まではロープウェイか藻岩山観光自動車道を利用、中腹から山頂までは世界初の駆動方式を採用したミニケーブルカー「もーりすカー」に乗車することができます。

札幌市民には気軽に登れる山として人気が高く、軽装で登れる5つの登山道(最短コース2.4km、最長コース4.5km)があり、夏場の週末には登山客で賑わいを見せるのが特徴です。

ちなみに藻岩山へのアクセスですが、もいわ山ロープウェイまで市電が利用します。
市電に乗ってロープウェイ入口で降りた後は15分間隔で運行しているもいわ山麓駅までの無料シャトルバスで行きます。

ちなみにですが札幌在住の皆さんは札幌市電を貸切が可能なのはご存知しょうか?

札幌市電は貸切が可能です。

 

貸切料金
片道:15,740円(所要時間約1時間)
往復:31,480円 利用可能人数座席30名(最大90名)

市電の丸1台貸し切り予算が3万円ほどで貸切時間としては2時間位可能です。貸切電車のルートは「市電すすきの駅」を出発し「西4丁目駅」を一往復。オードブルやビールなど食べ物は自分たちで用意しなければいけないですが、市電に揺られながらビールを飲むとか最高ですよね。

札幌近郊の観光名所豊平峡温泉

豊平峡温泉

出典:www.hoheikyo.co.jp

源泉掛け流しの温泉で、濃い緑がかった色の濁り湯が特徴です。2013年には「行ってよかった温泉」ランキングで第1位を獲得しているところで、日帰り温泉にはもっともおすすめのスポットです。筆者は最初にこの豊平峡温泉を訪れたときにはあまりの露天風呂の立派さに感動いたしました。

その頃は紅葉の季節であったので、なおさら露天風呂が幻想的に思えたのかもしれません。

またこの豊平峡温泉を訪れるときに気をつけてもらいたいのが、シャワーの蛇口をひねっても俗にいう”綺麗なお湯”は出ないということ。

つまり、温泉水が出てくるということです。女性の方でそういうのがNGな方は気をつけてくださいね。施設内の食堂で本格インドカレーを食べることができるので、お湯から上がったら是非トライしてみてくださいね!

豊平峡温泉
住所: 北海道札幌市南区定山渓608-2
最寄り駅:JR札幌駅のバスターミナルから「定鉄(じょうてつ)バス」の「豊平峡温泉行」に乗車、80分で終点「豊平峡温泉」で下車。
営業時間: 平日10:00~24:00、日曜・祝日9:00~24:00
定休日: なし 料金: 大人1,000円、子ども500円
電話番号:011-598-2410

cheki3ノースサファリサッポロ

ノースサファリサッポロ

北海道発のサファリパークで札幌から車で30分の南区にあります。動物たちに触り放題で、餌やりや変わった動物たちと写真撮影もできますなんとライオンやフクロウに餌をやることもでき、キツネを抱っこすることも。
また、デンジャラスゾーンではワニやピラニアやニシキヘビやオオトカゲの上を歩くことができます。

住所:札幌市南区豊滝469-1
電話番号:011-596-5300
アクセス:車の場合 230号線を定山渓方面約30分
バスの場合 じょうてつバス「定山渓温泉行き」25分豊滝小学校前から無料シャトルバス
*シャトルバスは第3駐車場→ノースサファリ→アドベンチャー→豊滝小学校前 を巡回しています。(冬季は運休)
営業時間:9時~17時(夏季・冬季で前後します)
定休日:12月1日から1月8日

cheki3中央卸売市場 場外市場

中央卸売市場 場外市場

出典:kokunai-tyo.mwt.co.jp

毎朝、北海道各地から採れたての野菜・果物、そして水揚げされたばかりの魚介が届く札幌市中央卸売市場。朝の5時に行くとセリなどの見物ができます。

筆者も朝5時に行きセリの様子を見物していったのですが、セリ用語が多く理解ができませんでした。そのため、もし行かれる場合はセリ用語をチェックしてから行くのもよいかもしれません。

アクセスですが、地下鉄二十四軒駅から歩いて5分程度で到着します。ゆで上がったばかりの真っ赤なカニをはじめ、北海道ならではの色々な食材を試食することが可能なので是非行ってみてくださいね。

中央卸売市場 場外市場
住所 札幌市中央区北11条西21丁目
営業時間 6時~17時(飲食店街は7時~)
定休日 無休 駐車場 無料
電話 011-621-7044(場外市場中心街商業組合/9時~15時)


いかがだったでしょうか。どこも札幌近郊ですぐいけるので休日などを利用して行ってみてくださいね。