中国LOVERS

買うなら絶対にこれ!広島県の人気のお土産を厳選

2018年11月26日(月)/広島

Pocket

広島県でお勧めのお土産をご紹介していきます。広島には、魅力的なお土産がたくさんあります。定番と言われるお土産から、新しく人気となっているお土産まで盛りだくさん!今回は広島のお土産を厳選してご紹介してきます。広島へ観光で行かれる際は、ぜひ参考にされてください!

にしき堂 生もみじまんじゅう

にしき堂

出典:美味しい!は楽しい!!

にしき堂の「生もみじ」は、広島県のお土産の中でもダントツ人気の和菓子。通常よりも生地がしっとりとしたもみじまんじゅうで、その食感がヤミツキになると人気です。「生もみじ」の種類は、こしあん・つぶあん・抹茶の3種類で、お値段は6個入りが770円、8個入りが1030円です。生菓子なので、普通のもみじまんじゅうよりも賞味期限が少し短く、製造日より14日間が賞味期限となります。風味を損なわないためにも、お土産で買って帰る場合はなるべく早く渡されるのがベスト!「生もみじ」は、にしき堂と言うメーカーから販売されているお菓子で、にしき堂は1951年創業の老舗店です。もみじまんじゅうと言えば、にしき堂と言われるほど有名なお店、本店は広島駅より歩いて6分ほどの場所にあります。

住所:広島県広島市東区光町1丁目13-23

電話:082-262-3131

営業時間:8:00~20:00

定休日:無し

HP:にしき堂

亀屋 川通り餅

川通り餅

出典:www.kawadorimochi.com

亀屋の「川通り餅」は、昔からある広島の人気土産。広島県だけで販売されているので、県外の人へのお土産にされると大変喜ばれるお菓子です。「川通り餅」は、きなこがまぶされた求肥の中に、クルミが入ったシンプルな餅菓子。広島土産でも定番となっているお菓子で、お盆やお正月シーズンには大量買いして行く方も多いそうです。お値段は15個入りで680円、2段重ねになった30個入りは1360円。ひとつひとつ梱包されているので、大勢の人に配るお土産としてもおすすめ。「川通り餅」は、老舗和菓子店の亀屋から販売されています。亀屋本店は、広島駅より歩いて12分ほどの場所にあります。

住所:広島県広島市東区光町1丁目1-13

電話:082-261-4141

営業時間:8:3017:00

定休日:無し

HP:亀屋

長崎堂 バターケーキ

長崎堂バターケーキ

出典:Pinterest

長崎堂の「バターケーキ」は、昔からある銘菓で、広島の定番土産として知られています。飾り気のないシンプルな見た目のケーキですが、バターがたっぷりで味わい深い美味しさがあります。しっとりした生地で食感もやわらかく、子供さんや高齢の方にも人気!地元ではご贈答用に送られる方も多く、大切な方へのお土産にもぴったりのお菓子です。「バターケーキ」のお値段は、小サイズが1ホール960円。21cmの大きさの中は1200円です。長崎堂は広島市中区にあるお店で、1955年に創業されたケーキの老舗店。広島駅からは、車で8分ほどの場所にあります。バターケーキが売り切れるとお店も閉めてしまうので、午前中の早い時間に行かれるのがおすすめ。

住所:広島県広島市中区中町3-24

電話:082-247-0769

営業時間:9:00~15:30

定休日:日祝

HP:長崎堂

おやつとやまねこ 尾道プリン

おやつとやまねこプリン

出典:「旅」に関わる日々。

おやつとやまねこの「尾道プリン」は、尾道で大人気となっている洋菓子。牛乳瓶に入った手作りプリンで、見た目の可愛らしさからも人気急上昇中のお土産です。「尾道プリン」は、ひとつひとつ手作りで造られているプリンで、とろっととろける食感が人気。魚の容器に入ったレモンソースをかけると、プリンの味も一層美味しくなります。賞味起源は7日間と日持ちもするので、暑い季節で無ければお持ち帰りしてお土産にすることができます。お値段は1つ324円。プリンが入った可愛らしいボックスも人気で、つなげるとひとつの絵になるそうです。おやつとやまねこは尾道市の商店街の中にあり、尾道駅より歩いて3分ほどの場所にあります。

住所:広島県尾道市東御所町3-1

電話:0848-23-5082

営業時間:10:00~19:00

定休日:月曜日

HP:おやつとやまねこ

共楽堂 ひとつぶのマスカット

ひとつぶのマスカット

出典:Twitter

共楽堂の「ひとつぶのマスカット」は、広島の人気お土産のひとつ。求肥でマスカットを包んだお菓子で、さわやかな見た目と食べやすさが人気となっています。チゴ大福のぶどう版と言った感じですが、綺麗なグリーンの粒が宝石のようだと言われ、女子受け間違いなしの逸品!お値段は6個入りで1944円。10個入りが3240円です。じつは「ひとつぶのマスカット」は期間限定のお土産で、毎年5月~9月までしか販売されていません。10月以降に、違う品種のブドウを使ったお土産が登場しますので、秋冬はこちらをおすすめします。共楽堂は昭和8年に創業した老舗の和菓子店。本店は広島県の三原市にあり、三原駅より歩いて4分ほどの場所にあります。

住所:広島県三原市港町1-7-27

電話:0848-62-4097

営業時間:9:00~17:00

定休日:日曜日

HP:共楽堂

昴珈琲 海軍さんの珈琲

海軍さんの珈琲

出典:瀬戸内Finder

昴珈琲店の「海軍さんの珈琲」は、呉市で話題となっているお土産のひとつです。昴珈琲店から販売されているドリップコーヒーで、広島県でも新たな人気土産となっています。「海軍さんの珈琲」は、戦艦大和で飲まれていたと言われる、コーヒーの味を再現したもの。大地の香りがする、趣深い味を楽しむことができます。お値段はドリップのフレッシュパックが1袋108円。10個入りのボックスは1080円です。粉入りがお好みの方は、300gで2376円で販売しています。昴珈琲店は呉市にある老舗店の喫茶店で、1959年に創業されました。本店は呉市の中通にあり、呉駅より歩いて12分ほどの場所にあります。

住所:広島県呉市中通2丁目5-3

電話:0120-027-730

営業時間:9:00~17:00

定休日:火曜日

HP:昴珈琲店

やまだ屋 桐葉菓

桐葉菓

出典:おみやログ

やまだ屋の「桐葉菓(とうようか)」は、知る人ぞ知る広島の銘菓です。こしあんを餅粉生地で包んだ上品な雰囲気の和菓子で、もちもちした食感がクセになると評判になっています。「桐葉菓」は、お茶の家元と考案して作られたお菓子だそうで、試行錯誤の末平成8年ごろに出来上がりました。上田家の御家紋が入った四角い和菓子は、お茶請けにもぴったりのお菓子です。お値段は3個入り400円。6個入りは800円。夏は冷凍してそのまま食べるとアイスのような美味しさが楽しめます。冬はオーブントースターで少し焼くと、表面がカリッとして美味しさがアップします。やまだ屋は1932年に創業された老舗の和菓子店。宮島の中にあるお店で、宮島フェリーターミナルより歩いて8分ほどの場所にあります。

住所:広島県廿日市市宮島町835-1

電話:0120-440-010

営業時間:8:00~20:00

定休日:無し

HP:やまだ屋

桂馬蒲鉾 ふらっと尾道

桂馬

出典:C.J.Woman

桂馬蒲鉾商店の「ふらっと尾道」は、尾道の蒲鉾詰め合わせ商品です。将棋の駒の形をした桂馬蒲鉾をはじめ、柿や季節の花などがデザインされた蒲鉾は、彩りも良く近年人気のお土産となっています。「ふらっと尾道」のお値段は、1470円。蒲鉾はひとつから購入することが出来、桂馬蒲鉾は1つ210円です。ひとつひとつ選んで、自分で好きな詰め合わせを作るのもおすすめ。蒲鉾の賞味期限は5日あるので、県外の方でも気軽にお土産として購入することが出来ます。桂馬蒲鉾商店本店は、1913年に創業された老舗の蒲鉾屋さん。尾道の商店街にあるお店で、尾道駅より歩いて7分ほどの場所にあります。

住所:広島県尾道市土堂1丁目9-3

電話:0848-25-2490

営業時間:9:30~17:00

定休日:無し

HP:桂馬蒲鉾商店

はっさく屋

はっさく屋

出典:Twitter

はっさく屋の「はっさく大福」は、因島で現在人気急上昇中のお土産です。甘いお餅の中に、酸味の効いた八朔が入っており、ジューシーな味わいが好評の絶品スイーツ!原材料は因島で採れた八朔と、広島県産のもち米が使用されています。「はっさく大福」は、八朔の皮むきから餅の精製まで、すべて手作りでつくらた和菓子。可愛らしいキャラクターのパッケージで、ひとつひとつ梱包されているのも人気のヒミツです。はっさくキャラクターの名前はさくみちゃん。こちらもスタッフの方がデザインされたそうです!「はっさく大福」のお値段は1つ160円。6個入りから15個入りまで販売されています。はっさく屋は、因島大橋記念公園にあるお店で、因島北インターより車で10分ほどの場所にあります。

住所:広島県尾道市因島大浜町246-1

電話:0845-24-0715

営業時間:8:00~17:00

定休日:月・火曜日

HP:はっさく屋

因島観光協会 村上海賊和三盆

村上海賊 和三盆

出典:因島観光協会

因島観光協会の「村上海賊 和三盆」は、瀬戸内海に浮かぶ因島のお土産です。村上海賊をモチーフにしたお菓子で、因島の知る人ぞ知るお土産となっています。「村上海賊 和三盆」は、和三盆で作られ干菓子。中央に因島水軍のほたて兜のデザインが施されており、インパクトがあります!因島観光協会は、オリジナルのお土産を多数開発しており、因島観光協会の事務所か、因島水軍城で購入することができます。他では手に入らないものが多いので、マニアックなお土産が購入できるかもしれません。因島観光協会は、因島の観光情報を発信するスポット。土生港ビルの中にある施設で、土生港より歩いて1分ほどの場所にあります。

住所:広島県尾道市因島土生町1899-31土生港湾ビル

電話:0845-26-6111

営業時間:8:30~17:00

定休日:土・日曜日

HP:因島観光協会

いかがでしたでしょうか。今回は広島県のお土産を厳選してご紹介しました。広島県には人気のお土産がたくさんあります。昔からある定番のお土産から、人気急上昇中の新しいお土産まで様々。広島へ観光で訪れた際は、情報を参考にお土産選びを楽しんでください!

■中国地方のお土産特集