中国LOVERS

ユニークで話題性抜群!?鳥取県のお土産をご紹介

2018年09月30日(日)/鳥取

Pocket

鳥取砂丘や水木しげるロード、大山など、たくさんの観光スポットがある鳥取県ですが、みなさんは鳥取県のお土産と言えば何を想像されるでしょうか?名産品である二十世紀梨やらっきょうが有名なので、そのあたりを思い浮かべる人が多いかと思います。また境港が近いこともあり、松葉ガニなども有名ですね。でも鳥取県にはその他にも沢山のユニークなお土産物があります。今回は、鳥取に観光に来た際にぜひチェックして欲しいお土産をたっぷりご紹介したいと思います。鳥取旅行に行く前にぜひチェックして、お土産選びの参考にしてくださいね。

①石谷精華堂「打吹公園だんご」

石谷精華堂「打吹公園だんご」

www.kouendango.com

「石谷精華堂」は、明治13年創業の老舗和菓子店です。商品は「打吹公園だんご」と「おしどりの契り」の2つしかありませんが、この「打吹公園だんご」は、倉吉の名物として知られています。いわゆる3色団子で地元産のもち米に蜜を入れて、およそ8時間かけて練り・蒸すを繰り返して出来たお餅を使用しています。味は白あん・小豆あん・抹茶あんの3種類で、添加物は使われていません。派手な味ではありませんが、食べても飽きが来ない味でこだわりを感じます。価格は260円(2本入り)~1850円(20本入り)程度です。倉吉市にある石谷精華堂をはじめ、土産物屋、百貨店やスーパーの土産物コーナーでも販売されています。また駅によっては、駅構内で販売していることもあります。ちなみに、もう1つの商品である「おしどりの契り」は、「渡る世間は鬼ばかり」で有名な脚本家・橋田寿賀子先生のプロデュースする商品です

②寿製菓「因幡の白うさぎ」

寿製菓「因幡の白うさぎ」

寿製菓

「因幡の白うさぎ」は、出雲神話に登場する白ウサギにちなんだ山陰銘菓です。鳥取県の定番のお土産の1つで、カワイイうさぎ形をした焼き饅頭となっています。うさぎの生地には地元の大山バターを使用し、なめらかでしっとりした生地、黄身餡の程よい甘味が、上品で飽きのこない味を生み出しています。発売から50年以上のロングセラー商品で、お子様からご年配の方まで、世代を超えて愛され続けています。最近では、可愛らしいうさぎの形がインスタ映えすると女子に人気の商品にもなっています。

③山本おたふく堂「ふろしきまんじゅう」

山本おたふく堂「ふろしきまんじゅう」

ふるさとチョイス

山本おたふく堂は、鳥取県東伯郡にある明治元年創業の老舗和菓子店です。この「ふろしきまんじゅう」という名前は、出来上がったばかりの饅頭が、風呂敷の四隅を折った形をしていたことから名づけられたそうです。最上級の阿波和三盆糖と沖縄産の黒糖など、こだわりの素材を使用し、保存料・着色料・香料などは一切使用せず、守られてきた伝統の製法で作られています。そのため賞味期限は短いですが、ふっくらした食感で、黒糖のほんのりとした甘さが後味良く、お茶やコーヒーに良く合います。数々の賞を受賞しており、温泉客にも人気であったり、県外からも多くの人が買いにやってくる定番のお土産です。「山本堂」店舗だけでなく、駅構内や空港のお土産物コーナーでも購入できます。また、本店ではできたての温かいふろしき饅頭が頂けるそうです。

④ちむら「とうふちくわ」

ちむら「とうふちくわ」

とりネット

とうふちくわは、江戸時代から鳥取県中東部で食されてきた郷土料理の1つで、豆腐と魚のすり身を7:3の割合で練り、蒸し上げたちくわです。ヘルシーで高タンパクなことが特徴です。その中でも有名なのが、鳥取市河原町にある「とうふちくわの里 ちむら」のとうふちくわです。「ちむら」は、1865年創業の老舗店で、創業以来変わらぬ製法でとうふちくわを作り続けています。「ちむら」のとうふちくわは、島根県産大豆を使用した自家製の木綿豆腐を使用し、風味豊かに仕上げた逸品です。近年では普通のとうふちくわだけでなく、カレーやレモン味など、バリエーションが増えてきています。食べるとふんわり豆腐の香りが広がります。生姜醤油やわさび醤油で食べるのが定番だそうです。

⑤サンパック「鳥取牛骨ラーメン」

サンパック「鳥取牛骨ラーメン」

鳥取県観光連盟

鳥取県中部のグルメの1つ、牛骨ラーメン。牛骨ラーメンは、豚骨や鶏ガラではなく、牛の骨からダシを取ったスープを使った珍しいラーメンで、昭和30年ごろから親しまれてきたラーメンです。とんこつラーメンのようにこってりしていなく、あっさりしていて風味が良いのが特徴です。そんな牛骨ラーメンですが、お土産用のセットが売られています。お土産用のラーメンは、3日間煮込んだ牛骨スープに半生ちぢれ麺が入ったセット。お店そのままの美味しさを再現するためにこだわったスープはそのまま温めるだけでOKなストレートタイプで、手間がかかりません。自分用やラーメン好きの友人用に是非1ついかがでしょうか?

⑥中浦食品「どじょう掬いまんじゅう」

中浦食品「どじょう掬いまんじゅう」

米子空港オンラインショップ

どじょう掬い踊りという、安来節に合わせて踊る伝統の踊りに使われるひょっとこをモチーフとしたまんじゅうです。ひょっとこの顔をしたおまんじゅうに、水玉模様の手ぬぐい風包装紙がかぶせてあり、なんとも可愛らしいデザインとなっています。中は白餡がたっぷり入っていて、皮はミルク風味です。素朴ながらも昔懐かしい味がします。当初は白餡のみでしたが、今や様々な味のバリエーションがあり、チョコや抹茶、いちご、栗などが展開されています。また、「どじょう掬いまんじゅう」の女性版のような感じで、「どじょう掬いこまち」というものもあるそうです。こちらは中に栗の粒入り餡でピンクのかわいい包装になってます。「受験生を救う(すくう)どじょう掬いまんじゅう」ということで、受験シーズンに買う人も多いそうです。

⑦大山牛乳もち

大山牛乳もち

OMIYA!

鳥取といえば梨、らっきょう、松葉ガニといったイメージが強いですが、大山を中心に豊かな自然が広がり、その周辺では牧場があり、酪農も盛んです。そうした大山地方の牛乳を使って作られた人気の高いスイーツが「大山牛乳もち」です。もちもちと柔らかく、牛乳の優しい甘さで食べやすいため、お土産にすれば老若男女問わず喜ばれると思います。賞味期限は常温で40日と日持ちがしますので、購入しやすいのも嬉しい点です。手頃なお値段でリピーターも多く、そのまま食べたり冷やしたりと、自分好みに楽しめる一品です。大山の牛乳を使ったお土産はほかにもたくさんあるので、是非いろいろとチェックしてみてはいかがでしょうか?

⑧寿製菓「二十世紀梨ゼリー」

寿製菓「二十世紀梨ゼリー」

岡山ルートサービス
「因幡の白うさぎ」で有名な寿製菓は、鳥取県の名産品である二十世紀梨を使ったこの「二十世紀梨ゼリー」も販売しています。二十世紀梨自体、すっきりとした味わいでシャキシャキとした歯応えが特徴の品種です。その二十世紀梨の果汁をたっぷり使った「二十世紀梨ゼリー」ですから、甘すぎず爽やかな味わいです。そして中には果肉感が感じられる梨のシロップ漬けも入っていて、梨の味がしっかりしているのも特徴で、香料だけのゼリーとは全く違います。期間限定品で、夏場だけの販売になっています。梨そのものをお土産として渡すのはちょっと…という方や、友だち用なので少し値段を抑えたいという方にもおススメできます。

⑨寿製菓「白ウサギフィナンシェ」

日本47のいいもの

前述の山陰銘菓「因幡の白うさぎ」の誕生40周年を記念し生まれたお菓子がこの「白うさぎフィナンシェ」です。ウサギの形なのは同じですが、こちらはフランス風の焼き菓子に仕上げてあります。バターは大山の名産バターを使用し、アーモンドの香ばしい香りが何ともいえません。パッケージもオシャレなので渡しやすいお土産です。モンドセレクションで4年連続で最高金賞を受賞しています。ショコラ味もあるそうです。

⑩彩雲堂「妖菓 目玉おやじ」

彩雲堂「妖菓 目玉おやじ」

食べログ

鳥取県の境港市は「水木しげるロード」で知られており、毎年多くの観光客が訪れます。そこで売られているのが山陰の老舗和菓子店・彩雲堂が細部までこだわって作る、目玉おやじ型の上生菓子「妖菓 目玉おやじ」です。ゲゲゲの鬼太郎に出てくる「目玉おやじ」をモチーフにしたまんじゅうで、栗入りのこし餡を練り切りで包み、目玉の赤と黒の部分は羊羹になっています。鳥取県堺港市の「水木しげるロード」にある妖怪食品研究所でしか手に入らない限定商品です。見た目は非常にインパクトがありますが、味は完成されており、こだわりの感じられるお土産と言えるでしょう。

【鳥取県のお土産まとめ】

鳥取県には名産品を生かしたグルメや、その土地の文化を生かした名産品、鳥取県限定の商品など、沢山のお土産物があります。今回紹介したものだけでなく、まだまだ載せきれていない沢山のお土産があります。駅周辺や空港、高速のパーキングなど、色々な場所でお土産が売られているので、是非自分で見つつ、気に入ったものを探してみてください。