中国LOVERS

津和野の観光スポットを厳選〜山陰の小京都を巡る〜

2018年09月05日(水)/島根

Pocket

島根県にある津和野は、山陰の小京都と呼ばれる人気の観光スポット。歴史的建造物が建ち並ぶ城下町や、自然豊かな場所にある城跡など見どころがたくさんあります。季節によって様々な顔を見せる津和野の風景。のどかな雰囲気の落ち着いた津和野は、散策にももってこい!今回は津和野の観光スポットについてご紹介していきます。島根県へ観光に行かれる方は、ぜひ参考にされてください。

津和野城

津和野城

出典:日本百名城スタンプラリー – ココログ

まず最初にご紹介する津和野の観光スポットは、「津和野城」。鎌倉時代に築城された山城で、別名三本松城と呼ばれています。現在は石垣だけが残された状態ですが、頂上からの眺めは絶景で、人気の観光スポットとなっています。「津和野城」へは、登山道で登るか津和野城跡観光リフトを利用します。自然豊かな登山道は、歩くと片道40分ほどの距離。熊の生息地でもあるそうで、自然の中にしっくり溶け込んだ城跡は見ごたえがあります。時間と体力に余裕がない方はリフトがおすすめ!スキー場にある様なリフトで、山の景色を眺めながらちょっとスリリングな登頂を楽しむことができます。

住所:島根県鹿足郡津和野町後田477-20

電話:0856-72-0376

営業時間:9:00~16:30

定休日:12月1日~2月末日

アクセス:津和野駅より車で5分

HP:津和野城

津和野殿町通り

殿町通り

出典:Travelzaurus.com(トラベルザウルスドットコム)

続いてご紹介する津和野の観光スポットは、「津和野殿町通り」。古くからある津和野の城下町で、津和野の歴史的な建設物が立ち並ぶ大人気の観光スポットです。「津和野殿町通り」の見所は、用水路で泳ぐ500匹の鯉たち!5月には菖蒲の花が咲き、風情のある町並みを楽しむことができます。豪雪地帯として知られる津和野では、雪景色に包まれた城下町の風景も堪能できます。静かで落ち着いた雰囲気の城下町は、のんびり散策するのにおすすめのスポット。風情のある城下町で、鯉の泳ぐ非日常を楽しんでください!

住所:島根県鹿足郡津和野町後田

電話:0856-72-1771

営業時間:24時間

定休日:無し

アクセス:津和野駅より徒歩10分

HP:津和野殿町通り

太皷谷稲成神社

太皷谷稲成神社

出典:ローカル観光ネタのBuraNeta(ぶらネタ)

続いてご紹介する津和野の観光スポットは、「太皷谷稲成神社」。1773年に創建された神社で、日本五大稲荷のひとつでもあります。高台にある美しい神社では、1000本の鳥居が並ぶ壮大な景色を見ることができます。御祭神は、宇迦之御魂神と伊弉諾尊の2柱。商売繁盛のご利益がある神様です。また、失せ物発見の神様としても知られているので、何かお探し物がある方はお参りされてみてはいかがでしょうか。「太皷谷稲成神社」では、油揚げをお供えする習わしがあります。売店で買ったお揚げとローソクを、4箇所の社にお供えするのだそうです。

住所:島根県鹿足郡津和野町後田409

電話:0856-72-0219

参拝時間:24時間

定休日:無し

アクセス:津和野駅から車で5分

HP:太皷谷稲成神社

堀庭園

堀庭園

出典:bocciのひとりごと – FC2

続いてご紹介する津和野の観光スポットは、「堀庭園」。江戸時代、津和野の豪族堀氏によって造られた庭園です。紅葉が美しいスポットして知られており、かえでやもみじの三段染めと呼ばれる、珍しい紅葉を見ることができます。「堀庭園」の見どころは、客殿楽山荘の2階から見える庭園の景色。紅葉の美しさと静寂が織り成す風景は、一度は見て欲しい絶景です!毎年秋頃には紅葉イベントが開催され、「堀庭園」も美しくライトアップされます!入園料は大人1人500円で、中高生は400円、小学生は300円。津和野駅からは車で25分ほどの場所にあります。

住所:島根県鹿足郡津和野町邑輝795

電話:0856-72-0010

営業時間:9:00~16:00

定休日:月曜日

アクセス:堀庭園前バス停すぐ

HP:堀庭園

古橋酒造

古橋酒造

出典:PlayLife

続いてご紹介する津和野の観光スポットは、「古橋酒造」。130年の歴史ある酒蔵で、観光スポットとしても開放されています。少し暗めの店内は、夏でもひんやりと涼しく快適。お酒の販売をされているスペースの奥には、見学可能な酒蔵があります。「古橋酒造」は津和野の銘酒が揃う酒蔵で、日本酒の試飲もできます。柚酒など珍しいお酒もありますが、とくに「初陣」という名の純米酒がおすすめ!お酒の他にもアイスクリームが販売されており、子供やお酒の飲めない方に人気。お店からお土産の発送もしてくれるので、重い荷物を持たずに観光ができます。

住所:島根県鹿足郡津和野町後田ロ196

電話:0120-660-048

営業時間:8:30~17:00

定休日:無し

アクセス:津和野駅より歩いて8分

HP:古橋酒造

安野光雅美術館

安野光雅美術館

出典:尾道ゆったり歩き記 – はてなブログ

続いてご紹介する津和野の観光スポットは、「安野光雅美術館」。津和野出身の画家、安野光雅のコレクションを収蔵する美術館で、津和野駅のすぐ近くにあります。展示棟と学習棟にわかれており、美術品の展示の他にも見どころがたくさんあります。「安野光雅美術館」には、50席座れる小さなプラネタリウムが併設されています。津和野の夜空を再現した美しい星空は、気分をゆったりとさせてくれます。入館料は大人1人800円で、中高生は400円、小学生は250円。

住所:島根県鹿足郡津和野町後田イ60-1

電話:0856-72-4155

営業時間:9:00~16:45

定休日:年末年始・第2木曜日

アクセス:津和野駅より徒歩1分

HP:安野光雅美術館

日本遺産センター

津和野百景

出典:文化遺産の世界

続いてご紹介する津和野の観光スポットは、「日本遺産センター」。津和野の歴史や風景を展示した資料館で、津和野本町通りにあります。入館料は無料なので、気軽に立ち寄れるスポット!「日本遺産センター」には、津和野百景図の複製が展示されています。津和野百景は、藩主側近の栗本里治によって描かれた文書。津和野の文化や名所が、100枚に渡り詳しく描かれています。館内ではコンシェルジュが常駐しており、丁寧に説明してくれます。「日本遺産センター」へは、津和野を観光される前に行かれるのがおすすめ!百景図に描かれたスポットを巡ると楽しさも倍増します!

住所:島根県鹿足郡津和野町後田

電話:0856-72-1901

営業時間:9:00~17:00

定休日:月曜日

アクセス:津和野駅より徒歩7分

HP:日本遺産センター

道の駅津和野温泉なごみの里

なごみの里

出典:フォートラベル

続いてご紹介する津和野の観光スポットは、「道の駅津和野温泉なごみの里」です。鷲原にある道の駅で、津和野の名産品やお土産を購入するのに便利なスポット。日帰り温泉施設もあるので、ゆったりお湯につかって休憩することもできます。「道の駅津和野温泉なごみの里」の見どころは、石見神楽!午前と午後の部があり、伝統ある石見神楽を間近で見学することができます。堀庭園からも近く、観光の合間に気軽に立ち寄れる道の駅。温泉の料金は大人600円で、家族風呂も併設されています。

住所:島根県鹿足郡津和野町鷲原イ256

電話:0856-72-4122

営業時間:9:00~21:00

定休日:無し

アクセス:津和野駅より車で10分

HP:津和野温泉なごみの里

日原天文台

日原天文台

出典:しまねまちナビ

続いてご紹介する津和野の観光スポットは、「日原(にちはら)天文台」です。望遠鏡による見学と、天体観測ができる天文台。昼の時間は太陽を観測、夜は光り輝く星たちを観測することができます。天体に関する展示室も設置されているので、大人も子供も1日中楽しめる観光スポット!「日原天文台」には精度の高い望遠鏡が設置されており、木星の縞模様までクッキリと見えます!スタッフの方がしっかり丁寧に案内してくれるので、理解しながら楽しく見学ができると評判です。料金は大人1人500円で、高校生以下は200円。車でお起しの方は、カーナビでは無く案内看板に沿って行かれると分かりやすいそうです。

住所:島根県鹿足郡津和野町枕瀬806-1

電話:0856-74-1646

営業時間:13:30~22:00

定休日:火・水曜日

アクセス:日原駅より車で5分

HP:日原天文台

いかがでしたでしょうか。今回は島根県にある、津和野の観光スポットについてご紹介しました。津和野には、風情のある観光スポットがたくさんあります。城下町の散策を楽しんだり、自然の景色を眺めてみたり、のんびりできるおすすめの観光スポットです。島根県へお出かけの際は、ぜひ津和野観光を楽しんでください!