中部LOVERS

浜松・浜名湖エリアの奥深さを知る旅へ出掛けよう  激ウマグルメに出会えるオススメ厳選スポット10

2018年02月14日(水)/静岡

Pocket

徳川家康が居城し、天下統一への足がかりとなったことから出世城と呼ばれた浜松城。四季折々の花々に彩られるはままつフラワーパーク。グルメの宝庫・浜名湖を眼下に眺め、日本で唯一湖上に架かる舘山寺ロープウェイ。大河ドラマ「おんな城主 直虎」ゆかりの寺・龍潭寺。

県内西部エリアには、観光スポットが数多くあります。たっぷりと観光を楽しんだら、地元が誇る激ウマグルメでお腹を満たしましょう。『浜松ならでは』『ココでしか味わえない』そんな極上のグルメをご紹介!これを読んだら、すぐに行きたくなるかも?

魚魚一(とといち)

魚魚一

出典:寿司ニュース

浜松・浜名湖エリアでのグルメと言えば、やっぱり鰻でしょうか?白焼きや蒲焼を、お重や丼で食べるのもいいですよね。

ところで、鰻を刺身で食べたことはありますか?「言われてみれば」「ありそうで無かった」「考えたこともない」そんな意見が聞こえてきそうですが、実は鰻の血液には神経毒があり刺身で食べるのは難しいと考えられていました。

唯一無二の存在!うなぎの刺身

魚魚一

出典:ぐるめぱど
しかし独自の血抜き技術と職人の熟練した技により、魚料理専門店の『魚魚一』では刺身として提供が可能に。脂がのり、適度に弾力があって独特の歯ごたえがあります。しかし泥臭さは一切無く、噛むたびに甘みを感じられるほど。自家製の熟成ポン酢でいただきます。

『うなぎの刺身』は商標登録されており、唯一無二の存在です。『魚魚一』は地産地消にこだわっていて、牡蠣やあさり・車海老・どうまん蟹など浜名湖の旬の恵みが勢揃い。おいしいものなら、ここに来れば間違いなくいただけますよ。

炭焼きレストラン さわやか

炭焼きレストラン さわやか

出典:mochimochi8.hatenablog.com

静岡県内のみで展開するハンバーグレストランで、浜松市に本社があります。ただし店舗は浜松エリアに限らず、西は新居町湖西から東の御殿場まで31(2018年2月現在)あります。県民は、無性にハンバーグが食べたくなったらまず『さわやか』へGO!それくらい身近な存在です。

しかし、たかがハンバーグと侮るなかれ。原料となるのはオーストラリアにある指定牧場で、こだわりの飼料で大切に育てられた健康な牛。袋井市に6000坪もの敷地をもつ自社工場で加工。もちろん牛肉100%で、一貫生産しています。子供から大人まで、安心して食べられるハンバーグなのです。

五感で味わう!げんこつハンバーグ

炭焼きレストラン さわやか

出典:ushigyu.net

『さわやか』の代名詞とも言えるのが「げんこつハンバーグ」。炭火で表面に焼き目を付けた、ゴロンと丸い俵型。スタッフの方がアツアツ鉄板の上で半分に割り、ギュッと押しつけて仕上げます。中から出た脂がジュワジュワと激しく音を立てるので、衣服に付かないよう飛び跳ね防止の紙製マットでしっかりガード。

ソースは淡路島産のタマネギを使った醤油ベースのオニオンソース、肉と野菜を煮込んだトマト風味のデミグラソースの2種。大半の方はオニオンソースを注文しますが、両方味わいたければ+¥50で可能。

少し赤身が残るくらいがジューシーで美味!気になる人は「よく焼き」と頼んでもOK。ハンバーグやソースなど持ち帰りの販売は一切していないので、お店に来ないと味わえません。

お菓子の森

ぬくもりの森

出典:icotto

浜松・浜名湖周辺のエリアで、間違いなくインスタ映えナンバーワンのスポットぬくもりの森。小さな森に囲まれたエリアには、可愛らしい建物が点在しています。絵本や映画の世界の中に入ったような、メルヘンチックなその雰囲気が女性に大人気。

独自の建築スタイルを追求する建築家の佐々木茂良氏が代表を務める「ぬくもり工房」が、建築と運営を行っています。こんな場所があったら、そう思い描いていた世界を創り上げました。

可愛らしいお庭で、ホッと一息

ぬくもりの森

出典:ぬくもりの森

その一角にある『お菓子の森』は、散策途中のほっこりタイムにピッタリの場所。2010年に行われた「第8回ガレット・デ・ロワ・コンテスト」で優勝した経験を持つ寺田シェフパティシエが作る極上スイーツを、素敵な空間が広がる中庭カフェや屋内のイートインスペースでいただきましょう。

こちらの人気ナンバーワンは和栗を使ったモンブラン。見た目もキュートな「森のキノコ」もオススメです。他にもチーズケーキやタルト・マカロン・フィナンシェなど、ケーキや焼き菓子など豊富に扱っています。土日や連休などは売り切れることが多いので、平日がオススメ。中世ヨーロッパにタイムスリップしたような、独特の世界観と一緒にお楽しみ下さい。

中尾商店の半僧坊あぶらげ

半僧坊あぶらげ

出典:tabelog.com

新東名高速道路から車で約10分。臨済宗方広寺派の大本山「奥山方広寺」は、県内有数の古刹です。どっしりとした重厚な総門をくぐり深い緑に囲まれた参道を歩いて行くと、左右には五百羅漢が見えてきます。緩やかな坂道を登り切ると、堂々とした風格を見せる本堂に到着。

道のりは決して楽ではありませんが、ここまで来ると清々しい気持ちになります。特に春の桜、秋の紅葉の時期は一見の価値があります。

油揚げ?いいえ、「あぶらげ」です!

半僧坊あぶらげ

出典:www.fujinokunibunkashigen.net

この奥山方広寺の参道には、訪れた人々が必ずと言っていいほどお土産に買っていくものがあります。それが中尾商店の『半僧坊あぶらげ』です。1881年に創業以来、「奥山方広寺」の精進料理にも使われる手作りの油揚げ。縦が約20cm幅約10cmと、かなりの大きさに驚くかも。スーパーなどで市販されているものに比べると、3~4倍ほど。

そのまま大根おろしやしょうが醤油と一緒に食べるもよし、トースターやフライパンで表面を焦げ目が付くくらいに焼いてもよし。特に焼いた時の香ばしさと、カリッとした食感は堪りません。その日に販売する分しか揚げないので、買えればラッキー!見つけたら、即買い必至ですよ。

浜名湖サービスエリア

浜名湖サービスエリアの三ヶ日みかん塩ぽん酢

出典:himiko.blog.jp

県内には東名・新東名の2本の高速道路が縦断しており、幅広く観光地に出掛ける際にはとても便利です。最近のサービスエリアやパーキングエリアなどは、イベントやグルメはもちろん遊戯施設などがかなり充実しています。

単なる休憩に立ち寄るだけではなく、もはやそこが目的地になっているなんてことも。そうなると、やはりお土産も気になりますよね。観光地で買い忘れたり、数が足りなかった場合にはとても助かります。

この爽やかさがクセになる!三ヶ日みかん塩ぽん酢

浜名湖サービスエリアの三ヶ日みかん塩ぽん酢

出典:ギノーみそスタッフブログ – Seesaa

そんな時にオススメしたいのが、東名高速道路・浜名湖サービスエリア限定品の『三ヶ日みかん塩ぽん酢』です。静岡県は、和歌山県・愛媛県とともにみかんの産地としても有名です。三ヶ日産の青島みかんをたっぷり使っていて、他のポン酢とは違いみかん独特の爽やかな香りと柔らかい酸味が特徴です。

あっさり目の鍋料理や、カルパッチョなどのアレンジにも活用できます。リピートしたい方や県外の方なら、NEXCO中日本のオンラインモールでも購入できるようなのでチェックしてみては?

中華ファミリーレストラン 五味八珍

中華ファミリーレストラン 五味八珍

出典:ぺこはら日記

旅先でも、「この土地のラーメンはどういうもの?」と気になるラーメン好きは多いでしょう。ガッツリと食べたい時はもちろん、お酒を飲んだ後やちょっと小腹が空いた時。気軽に入れるラーメン店や中華料理屋さんは何かと便利です。浜松市に本社を置く中華のファミレス『五味八珍』は、まさにそんなシチュエーションの救世主。

もともと1970年に手作り餃子専門の小さな屋台からスタートし、現在は県外の愛知県・山梨県を含む43の直営店があります。ファミレスと言うことで家族連れが多いお店ですが、女性一人でも気兼ねなく入れます。

浜松最強グルメは、やっぱり浜松餃子!

中華ファミリーレストラン 五味八珍

出典:icotto

こちらのイチオシは、もちろん浜松餃子。1日20万個も製造し、自家製の皮に国産の豚肉とキャベツ。特にキャベツは具の7割を占め、季節に応じてその時の一番いいものを国内の産地から選んでいます。その為あっさりしていて、いくつでも食べられそう。毎月8~14日は浜松餃子の日なので、通常よりもお得に食べられます。持ち帰りやお土産の冷凍もあるので、お店で食べて気に入ったらぜひお土産にどうぞ!

ラーメンやチャーハン、回鍋肉やエビチリ・麻婆豆腐・五目焼きそばなど、中華のメニューももちろんあります。一人でも、家族やグループでも、お腹が空いたら気軽に訪れてみて下さい。

治一郎(じいちろう)

治一郎

出典:ippin.gnavi.co.jp

一度『治一郎』のバウムクーヘンを食べると、他のバウムクーヘンには戻れない。そんなリピーターの方が増えています。今まで食べてきたバウムクーヘンを、「パサつく」とか「口の水分が持って行かれる」などと感じたことはありませんか?『治一郎』のバウムクーヘンは、そんな心配は無用です。

バウムクーヘンの革命!

治一郎

出典:TRAVEL STAR

卵黄とバターとたっぷりと使用し、濃厚でありながら重たい感じがありません。さらに、驚くほどしっとり。職人さんが片時も焼き場を離れずに、常に生地の状態や火加減をチェックしながら薄い層を24も重ねていきます。表面のカラメルが香ばしく、ちょっぴりほろ苦さのある焦がしバウムもあります。

『治一郎』ではバウムクーヘン以外にも、北海道産の原乳から作った生クリームをたっぷり使用したロールケーキやプリン、国産小麦で作るフランスパンや奄美産のサトウキビから出来た素焚糖を原料にしたラスクなども販売しています。

浜松市内にある本店ではカフェも併設しているので、まずは自分の目と舌でじっくりと吟味。気に入ったら、ぜひショップでお土産に買っていきましょう。

駅のうなぎ屋 やまよし

駅のうなぎ屋 やまよし

出典:www.hotpepper.jp

浜名湖のグルメで外せないのが、やはり鰻ですよね!浜名湖周辺や舘山寺温泉街、そして浜松市内にも鰻の専門店がたくさんあります。せっかくなら、ちょっと変わったところで食べてみませんか?掛川駅から湖西市の新所原駅まで39の駅で結ぶ天竜浜名湖鉄道(天浜線)。

鉄道ファンにはよく知られていますが、2010年に駅舎や待合所など全線で国の有形文化財に登録され、そのレトロな雰囲気とのんびりとした車窓からの風景が人気です。お目当ての場所は、愛知県との県境がすぐそばの新所原駅。

隠れた名店でうなぎを堪能!

駅のうなぎ屋 やまよし

出典:www.hotpepper.jp

実はこの駅舎に、鰻が食べられるお店『駅のうなぎ屋 やまよし』があります。店主はもともと養鰻業を営んでいて、もちろん国産の鰻を使用しているから味はお墨付き。蒸さずに焼き上げる関西風で、皮目がパリッとしていて蒲焼特有の香りが加われば食欲倍増。

店内で食べることも出来ますが、お持ち帰りも可能。列車内や、浜名湖が見える景色のいい場所で食べてみるのはいかがですか?

味どころ 民宿松一

出典:hamanakos.jp

鱧と言うと、京都の料亭などで食べられる高級なイメージですよね?実は浜名湖の最新グルメとして、この鱧が注目されています。

舞阪漁港に水揚げされた鱧は、主に関西や東京に出荷されます。その為、浜名湖周辺でも食べられる場所は限られます。

浜名湖最新グルメ!はもカバ丼とは?

味どころ 民宿松一

出典:livedoor Blog

旬は6月~8月頃で、冬の天然トラフグ・牡蠣と並び、鰻にも引けを取らない絶品グルメです。鱧は小骨が多いため、約3cmの間に25回ほど包丁で切れ目を入れる「骨切り」をしなくてはなりません。この技術は、江戸時代中頃に京都の職人によってあみ出されたそうです。湯引きしたものを梅肉でいただくのが主な食べ方ですが、お吸い物や天ぷらなどにしても美味。

舘山寺温泉の観光・飲食店関係者の有志によって発足した浜名湖丼研究会が、天然鱧を使った丼ものを開発。それが『はもカバ丼』です!浜松市内4店舗で提供されますが、はままつフラワーパーク正面にある『味どころ 民宿松一』なら観光と併せても便利な場所。鱧を蒲焼のタレで味付けし、お店によって炙ったり揚げたりとアレンジの仕方が異なりますので、食べ比べてみるのも面白いですよ。旬の味をぜひ浜名湖で!

うなぎパイファクトリー

うなぎパイファクトリー

出典:www.coco00.site

浜松土産の大定番と言えば、やはりうなぎパイ!これを買っておけば、まず間違いありません。しかし、その作り方を知っている人は少ないかも。1961年に浜松で誕生し、厳選した素材を使いベテランの職人さんが1つ1つ生地を手作りしています。

鰻のエキスを加えて専用釜で焼き上げたあと、最後に秘伝のタレを塗っています。このタレの詳細は、春華堂の社内でもごく一部の人しか知らないそうです。

気になる「夜のお菓子」!お土産テッパンのうなぎパイ

うなぎパイファクトリー

出典:miteco

スタンダードな「うなぎパイ」をはじめ、高級ブランデーのV.S.O.P.とマカダミアナッツの風味が抜群な「うなぎパイV.S.O.P.」や、アーモンドをたっぷり使用した「うなぎパイナッツ入り」などもあります。さらに「しらすパイ」「すっぽんパイ」なども。

県内の様々な場所で購入できますが、時間があればぜひ『うなぎパイファクトリー』へ行ってみましょう。予約不要で自由に見学できますが、コンシェルジュの説明を聞きながら工場見学をする予約制のファクトリーツアーなら更に詳しく「うなぎパイ」の知識を増やせます。

併設のカフェでは、「うなぎパイ」を使ったオリジナルスイーツがいただけます。工場直売店ももちろんあるので、見学して味も確かめられ、さらにショッピングも楽しめる一石三鳥のスポット。これは行かなきゃ損ですよ!


観光地で食べるものなんて、そこそこの味でしょ?そんな風に思っていませんか?人それぞれ味の好みや美味しいと感じる尺度は違います。でも、「どこで食べるか」「誰と食べるか」「そこからどんな景色が見えるか」などでも、感じ方は変わります。

それを確かめに、ぜひ浜松・浜名湖エリアに来てみて下さい。ただ味わうだけでなく、その奥深さもきっと感じるはずです。