中部LOVERS

欲しいのは『インスタ映え』よりも『自分映え♪』 自分が映える女子旅にピッタリの伊豆のホテル10選

2018年02月03日(土)/静岡

Pocket

InstagramやFacebook・Twitterなど、今や生活に欠かせなくなったSNS。コスメにグルメ、絶景などついつい写真が撮りたくなりますよね。欲しい情報を瞬時に探せると同時に、共通の趣味を持つ人と繋がれるとても便利なツールです。でも、たまには「いいね!」をより多く貰うことに縛られず、本当に自分の好きな場所、好きなことをしに旅に出てみませんか?伊豆にはそんな女性にピッタリのホテルがたくさんあります。特に女子旅に人気のホテルを厳選。『インスタ映え』よりも、自分が輝く『自分映え♪』を目指しませんか?

吉祥CAREN

吉祥CAREN

出典:吉祥CAREN

痒いところに手が届く、そんな絶妙なおもてなしが受けられるホテルです。自慢の温泉は、男女入れ替え制の6つの湯処で。2つの自家源泉を持ち、全ての浴槽はもちろんかけ流し。客室は全て和室ですが、スタンダードなタイプをはじめテラスや展望風呂・露天風呂などが付いたちょっと贅沢なタイプもあります。
食事はフレンチと鉄板焼き、個室料亭の3ヶ所から予約時に選択。アメニティが充実していることも、女性人気の高さが伺えます。オリジナルアロマポットと桜のアロマ・パジャマなどは部屋に用意されていて、加湿器やネイルケアのセットなどはレンタル可能。色浴衣や帯は選べますが、やはり寝る時にパジャマがあると助かりますよね。おもてなしはまだまだ続きます。湯上がりのビールや就寝前にフレーバーアイス、朝から夜まではカフェラテやハーブディーなどドリンクのサービス。伊豆の特産品でもあるところてんは、朝と夕方に。全て宿泊者は無料で利用できます。
エステの充実度なら、伊豆でもトップクラスと言ってもいいのが『吉祥スパ』。海藻・海泥・海水を使ったタラソテラピーや、伊豆大島の天然椿オイルを使い、丁寧にハンドトリートメントで行うスパはぜひ体験していきたい。もちろん宿泊して受けるのが理想的ですが、どうしても時間がとれなければフレンチのランチとの日帰りセットプランもあります。伊豆に来たら、1度は訪れたいホテルです。

HOTEL&SPA アンダリゾート伊豆高原

HOTEL&SPA アンダリゾート伊豆高原

出典:アンダリゾート伊豆高原

伊豆に居ながら、バリ島の雰囲気がホテル内外随所で味わえるアンダリゾート伊豆高原。なかなかまとまった休みが取れない、友人との休みが合わせづらい。そんな方に、1泊からバリ島旅行の気分が楽しめるこのホテルはピッタリ。客室はバリ島のインテリアでセンス良くまとめられ、テラス付のスタンダードタイプからグループにも対応できる広いスイート・セミスイートまであります。
もちろん伊豆ですから温泉も楽しめます。バリ島のウブドにある温泉風呂をイメージして造られた、滝を眺めながら入れる大展望風呂。さらに貸切出来る露天風呂と内風呂も。グルメも充実していて、ディナーには伊東近海で水揚げされた新鮮な魚貝が舟盛りで出されます。
また、基本的にはレストランでのドリンク類はアルコールを含めて無料。夜食&バータイムの食事・ドリンクも無料。アクティビティもレンタサイクル・カラオケルーム・パターゴルフなど、とにかく無料の物がいっぱい!ここに来れば、追加料金の心配は無用ですね。ただ、もう少し贅沢に過ごしたい方にはバリニーズスパの体験をオススメします。オリジナルブレンドのアロマオイル全5種の中から、体調や気分によって選択。オールハンドによる極上のリラックスタイムを提供してくれます。また、高い遠赤外線放射率と熱伝導率の「光窯石」を使用した岩盤浴もあり、サウナが苦手でもじっくり汗をかいてリフレッシュできます。自分磨きとグルメに温泉まで、ホテルから出なくても大満足できちゃいます。

東府や Resort&Spa-Izu

東府や Resort&Spa-Izu

出典:東府やResort&Spa-Izu

奈良時代の724年に僧・行基が、善名寺建立の際に発見したと伝えられる吉奈温泉。徳川家康の側室であったお万の方がこの吉奈の湯に入り、その後紀州徳川家・水戸徳川家の初代となる2人の男児を授かりました。そのことから、吉奈の湯は子宝の湯と呼ばれるようになりました。
熱海や修善寺など伊豆半島の他の温泉に比べると知名度は高くありませんが、実は誰もが泊まりたくなる極上の宿があります。それが『東府や Resort&Spa-Izu』です。創業400年以上の歴史があり、36000坪もの広い敷地内には清流・吉奈川が流れています。この川沿いにある男女入れ替えの露天風呂をはじめ貸切露天風呂や男女別の内風呂、テラスに併設された足湯で良質な天然温泉が楽しめます。客室もダブルベッドを備えたシングルから、和室や半露天風呂付の和洋室・ヴィラタイプのスイートなど、人数やシチュエーションによって選ぶのも楽しくなりそう。お風呂のないシングルを除き、客室のお風呂にももちろん温泉を引いています。
さらに完全予約制のスパも好評で、海外の高級ホテルでも人気のアーユルヴェーダやシロダーラなどの施術も受けられます。早めにチェックインをして、敷地内の散策やお風呂三昧など、のんびりと寛ぐ旅にピッタリのホテルです。

無雙庵 枇杷

無雙庵 枇杷

出典:www.izu-biwa.jp

スタイリッシュなホテルも素敵だけど、せっかくなら普段は味わう機会の少ない和の空間で贅沢な時間を過ごしてみたくはありませんか?西伊豆を代表する土肥温泉にある『無雙庵 枇杷』は、そんな旅にぜひ選びたい宿。6000坪の広大な敷地を持ちながら、客室はわずか8つ。平屋建てが5棟と、2階建てのメゾネットタイプが3棟で全て独立しています。
全客室には露天風呂が付き、遠くに駿河湾を眺められます。もちろん源泉かけ流し。客室ごとに浴槽や部屋の造りが異なり、何度も通いたくなります。部屋の指定には別途料金がかかりますが、どの部屋に宿泊できるか当日までのワクワク感も楽しいもの。夕食は月替わりの創作懐石を、囲炉裏のある8つの個室で。伊豆らしい新鮮な海の幸山の幸をいただけば、お腹も大満足!
さらにアロマエステや骨盤ストレッチ、タイ古式マッサージなどで心と体もほぐしましょう。旅先では珍しいかもしれませんが、『無雙庵 枇杷』では美容鍼やお灸なども体験できます。本当に心を許せる友人との女子旅に、ぜひとも利用したい素敵な宿です。

嵯峨沢館

嵯峨沢館

出典:rlx.jp

中伊豆は、深い山々の懐に抱かれたのんびり寛げる素敵な宿の宝庫。旅に出ると観光やショッピングに忙しくなりがちですが、本当にリフレッシュしたいなら温泉三昧できる旅館がオススメ。日々の疲れを取るために、何もしない旅へ出掛けましょう。
オススメしたい宿は『嵯峨沢館』。22の全客室は狩野川沿いにあり、露天風呂付和洋室、露天風呂・ベッド付和室、露天風呂付和室、内風呂付和室の4タイプがあります。部屋に到着したら、まずは窓の外に広がる中伊豆の大自然を眺めてみましょう。ここには、まるで時が止まったかのような静かな空気が流れています。
この宿自慢のお湯は、自家源泉を持ち客室の浴槽を含めて全て100%天然温泉をかけ流し。それを2つの露天風呂・4つの内風呂・5つの貸切風呂で、思う存分堪能しましょう。さらに貸切可能な岩盤浴も備えています。
日常の疲れを落としたら、お腹も満たさないといけませんよね。夕食には伊豆近海で水揚げされた魚や中伊豆名産のわさびなど、地の物を中心に見た目も美しい料理が並びます。朝食には旅館の和定食で、日本の朝ごはんと言った体が目覚める味。事前に希望すれば洋食もチョイスできます。
体にご褒美なら、世界50カ国以上で約5000のスパとサロンを展開する「YON-KA」のエステを。ボディとフェイシャルで、さらに自分に磨きをかけましょう。

清流荘

清流荘

出典:co-trip.jp

今から1300年前に、僧・行基によって発見されたという古い歴史のある蓮台寺温泉。たまには贅沢な旅をしたいなら、清流荘はいかがですか?
敷地全体で6000坪もあり、「北斗館」「本館」「東館」「西館」の4つの棟に全26の客室。さらに高さ30mを超えるヒマラヤスギがある杉庭、100坪の竹庭に人工の滝なども配され、四季折々の植物や自然の息吹を感じながら散策も楽しめます。この宿のポイントは、何と言っても湯量豊富で良質な天然温泉。3本ある源泉からは毎分506リットル湧出。ph8.2の弱アルカリ単純泉のお湯は、美肌効果が高く冷え性にもいいと言うことで女性にはピッタリ。客室の風呂はもちろん一年中利用できる25mプールにもこの温泉を使用するなど、いかに湯量が豊富であるかが分かります。古代ローマ式のサウナも備えているので、日頃の疲れを汗と一緒に流しましょう。
大きなお風呂で思いっきり手足を伸ばして入りたい方には、内風呂を備えた男女入れ替えの露天風呂へ行ってみましょう。有料ですが貸切出来る露天風呂もあります。湯上がり後は、無料で利用できる最新のマッサージチェアのあるリラクゼーションルームへ。伊豆の味覚が満載の夕食をいただいた後は、バーでカクテルを飲みながら語り合う時間もいいのでは? チェックインからチェックアウトまで最大21時間ステイが可能なので、何もしない贅沢な旅にオススメしたい宿です。

源泉湯守り 玉翠館

源泉湯守り 玉翠館

出典:オズモール

大正3年創業の古い歴史とその当時から続く建物を活かした、レトロでどこか落ち着く雰囲気が漂う『玉翠館』。今時の旅館・ホテルには珍しい湯守りがいて、温泉を徹底的に管理しています。宿には2本の源泉があり、100度近い高温の温泉が絶えず湧き出しています。丁寧に温度を管理することで、宿泊客に常に新鮮で豊富な温泉を提供してくれます。
その温泉を南国風の野天風呂や内風呂、貸切露天風呂などで楽しみましょう。さらに他の伊豆の宿ではちょっと体験できない砂風呂や、タイの10種のハーブを煎じてその蒸気を浴びるタイ風ハーブ蒸し風呂などもあります。単純に温泉に浸かるのではなく、体の芯から温め大量の汗をかくのでデトックス効果も絶大。普段汗をかきにくい方や、冷え性の方にはぜひ体験していただきたいですね。
女性に嬉しいのは、それだけではありません。種類豊富な色浴衣や帯、ちょっとしたお出かけに便利な巾着袋や下駄なども選べます。ブルガリア産ローズオイルを使用したアロマテラピーや、疲れた足にはフットリフレクソロジー、フェイシャルエステでホワイトニングやゴマージュなど、エステメニューも豊富です。心と体、さらには体の中の隅々まで新しい自分に生まれ変われる。そんな魅力的な宿です。

湯回廊 菊屋

湯回廊 菊屋

出典:共立リゾート

修善寺温泉の歴史は古く、1200年以上も前の802年のこと。修禅寺を開いた弘法大師が、病に苦しむ父とその子供のために、持っていた独鈷で川の中の岩を打ったところそこからお湯が湧き出したという故事が伝えられています。それが独鈷の湯で、修善寺温泉の起源となった場所です。(現在は移築されたもの)
そのため修善寺温泉には古くから温泉宿も造られ、長い間その歴史を見続けてきた老舗にはぜひ泊まっていきたいですよね。そこでオススメしたい宿が『湯回廊 菊屋』です。創業は380年以上、館内を歩けばクラシカルな雰囲気が漂っています。木の温もりが随所に見られ、初めて訪れてもなぜか懐かしく感じてホッとします。客室は本館の和室・特別室、新館の和室と離れがあります。新館和室なら一人から、大人数なら最大8名まで可能な本館和室で。宿自慢の温泉は広々とした開放的で明るい内風呂と、周りを木々に囲まれた露天風呂。さらに貸切の内風呂と、2ヶ所の貸切露天風呂で楽しめます。
宿名の通り、館内の湯処を巡るように回廊が造られています。窓際に置かれた椅子に座り、館内の散策途中に外の景色を眺めてみるのもいいですよ。自分磨きならフェイスとボディのトータルケア、疲れた足をリフレッシュするなら台湾式のリフレクソロジーで。エネルギーをしっかりチャージしたい、そんな旅に選びたい宿です。

季一遊

季一遊

出典:季一遊

弓なりに約1kmに渡って続く、美しい白砂のビーチ「弓ヶ浜」。日本の渚百選にも選ばれ夏は海水浴客で賑わいますが、室町時代に発見されたという古くからの温泉地でもあります。『季一遊』は、観光経済新聞社が独自に設けた認定基準を満たした宿に贈られる「5つ星の宿」でもあり、リピーターの多い宿。
ワンランク上の滞在を約束する「季の倶楽部」には、全室メゾネットタイプの露天風呂付客室と特別室。他にも畳にセミダブルベッドを配したエグゼクティブツイン、バルコニーが付いたスタンダードな一般客室などがあります。一部の客室を除き温泉を引いていますが、やはり広々としたお風呂も入っておきたい。『季一遊』には岩・檜・石造りの3種の露天風呂と、男女別の内風呂があります。他にも無料で利用できる3ヶ所の貸切露天風呂もあり、1泊で全部入るのは難しいかも。
海からの風や音を感じながら温泉を満喫したら、湯上がり処へ。季節ごとに変わるお茶やお菓子がサービス。朝ならお味噌汁も。滞在時に時間がとれれば、ぜひ体のメンテナンスも。アロマトリートメントサロンを併設していて、症状や気分に合わせたエッセンシャルオイルを使い体をほぐしてくれます。ハワイアンロミロミやホットストーンを使ったメニューもあるので、ぜひ体験していきましょう。食事にも定評があり、体の中からもキレイになれるホテルです。

せかいえ

せかいえ

出典:HIS旅プロ

楽しかった旅が終わり、家に戻ったら疲れが出てグッタリ。そんな経験はありませんか?せっかくのバカンスも、体を休めるどころか更に疲れが増してしまうのは勿体ないですよね。たまには自分の体と向き合って、ベストなコンディションに戻す旅に出掛けませんか?
2017年11月にオープンしたばかりの『せかいえ』は、そんな旅に最高の場所。他のホテルと何が違うのか?それは「ファイネストコンディショニング」。普段の何気ない姿勢や癖により、自分にはわかりにくい歪みが出来てしまいます。専門のトレーナーによって丁寧にカウンセリングを行い、一人一人に合ったリラクゼーションの方法や運動療法を指導してくれます。正しい姿勢を保つことで理想の歩き方を教わるウォーキングメソッドや、マクロビオティックの要素を取り入れ初めてでも安心のファスティングなど、いつかはやりたいと思っていたことがここなら叶います。朝の光を浴びながらヨガを行ったり、本格的なハイキングをしながらパワースポットを巡るアクティビティもあります。
もちろん熱海なので温泉もバッチリ!しかも全客室オーシャンビューで、源泉かけ流しの露天風呂付。体のメンテナンスだけでなく、リゾート感も充分味わえます。意識高い系女子なら、一度は訪れておきたい最新ホテルです。


旅館やホテル選びって、なかなか難しいですよね。温泉にも入りたいし、エステもしたい。食事にもこだわりたいし、街歩きに便利な立地がいい。欲を言えばキリがありませんが、そんな女性達も満足できる宿が伊豆にはたくさんあります。心身ともにリラックスできる女子旅なら、伊豆にお任せください!