中部LOVERS

ランチタイムが待ち遠しい!熱海で訪れたいお勧めランチスポット7選

2018年01月26日(金)/熱海

Pocket

熱海は首都圏からのアクセスも良く、列車の旅やドライブにもお勧めの場所。また伊豆半島の玄関口にもあたるので、周遊の起点としてもピッタリです。そんな旅に欠かせないのは、やはり食事。せっかくなら、熱海ならではのグルメに出会いたいもの。そこで観光客はもちろん、地元の人も通う人気のランチスポットを7ヶ所ご紹介します。和食に洋食、中華にハワイアン。魅力的なお店ばかりで、どれにしようか迷ってしまうかも?

PR

★海幸楽膳 釜つる

海幸楽膳 釜つる

熱海でも有名な老舗『釜鶴ひもの店』の直営食事処です。熱海銀座商店街沿いにある『釜鶴ひもの店』本店の裏手にあり、135号線沿いにある海岸支店もすぐ近くなので、食事とショッピングにとても便利な場所。

カウンター12席と小上がり10席と決して広いわけではありませんが、熱海に来たらまずココに立ち寄るというリピーターも多く、いつも混雑しています。その人気の秘密は、やはり干物!150年の歴史と伝統を受け継ぎ、現在5代目の主人が毎日市場へ足を運び素材を厳選。中でも定番の鰺や、伊豆ならではの金目鯛の干物はぜひ食べておきたい。

海幸楽膳 釜つる

出典:食べログ

ランチメニューも多彩で、その日の水揚げによって素材が変わる「釜つる丼」や新鮮な鰺がたっぷりと乗った「鰺たたき丼」などの丼物、干物と刺身が味わえるお得な「海幸膳」などの定食類も充実しています。ランチタイムは11:30~ラストオーダーの14:00まで。混雑を考えると早めの入店がベスト。ラストオーダー近くだと、1日限定5食のスペシャル丼などは食べられない可能性もあるのでご注意を。

運転の予定がなければ、静岡県限定醸造の静岡麦酒や地酒もご一緒にどうぞ。

★スコット旧館

スコット旧館

出典:サンゼロミニッツ

熱海というと、食事は海の物。そんなイメージはありませんか?実は、知る人ぞ知る洋食店があります。1946年に開店した『スコット』で、ぜひ由緒正しき日本の洋食を食べていきませんか?

近くには本店(新館)もありますが、できれば旧館へ。見るからに歴史を感じさせ、レトロな雰囲気漂う外観も味があります。かつては志賀直哉・谷崎潤一郎などをはじめとする文豪や、熱海に逗留していた多くの画家達も足繁く通った名店です。

スコット旧館

出典:食べログ

看板メニューは、ビーフシチューとタンシチュー。伝統の製法を守りながらも改良に改良を重ねたデミグラスソースは、仕込みに1週間も要するほど。1度食べれば虜になります。

他にもオニオングラタンスープやカニクリームコロッケ、カレーやハンバーグステーキなど日本人の好きな洋食が勢揃い。値段は少々高めですが、熱海滞在中にぜひ訪れたいお店です。旧館と本店ではランチタイムの時間が異なり、閉店1時間前がラストオーダー。また本店でしか扱っていないメニューもあるので、HP等でチェックしてからお出かけください。

★まぐろや

まぐろや

出典:食べログ

観光地での食事は、結構割高ですよね。だからと言って、何も食べないのは勿体ない。地元の味を、できるだけリーズナブルに食べられるとしたら?これは行くしかありませんよね!

JR熱海駅の前に建つ「第一ビルアタミックス」。駅改札口を出て、地下道から行くことが出来る便利な立地。そのビルの地下にあるのが『まぐろや』です。11:00のオープン前から行列が出来ていることも多く、30分くらい待つこともしばしば。カウンター15席程度と小さめの店ですが、回転が速い為日によってはすんなり入れることも。入り口脇の壁にはその日のオススメメニューを手書きで貼ってあるので、待っている間に食べたいものを決めておきましょう。

まぐろや

出典:ミイルまとめ

その日水揚げされた地の物を始め、新鮮な魚介が盛られた丼物などメニューも豊富。味噌汁や小鉢が付いて¥500の激安ワンコインランチは、食べられればラッキー!熱海でこの値段の食事がいただけるお店は、探してもなかなか見つかりませんよ。

★ボンネット

ボンネット

出典:伊豆ケロドットコム

かつては新婚旅行先として絶大な人気を誇っていた熱海。その後は宿泊者や宿泊施設も減少し、一時期の賑わいも失いました。しかし近年になり再び熱海が注目されはじめ、魅力的な宿やおいしい食事を目当てに多くの観光客が訪れています。そんな熱海の栄枯盛衰を見続けてきたのが『ボンネット』。

ボンネット

出典:まる子の日記

1952年創業の老舗純喫茶。外観はもちろん内装もクラシカルで、まるで映画のセットのよう。ここでのランチでぜひ味わっておきたいのは、少し小ぶりだが食べ応えのあるハンバーガー。マスターがサイフォンで丁寧に淹れるコーヒーと共に。バンズと、オーダーを受けてから焼くジューシーなパティ。お好みで、別添えの玉ねぎとレタスを挟んでいただきましょう。

他にもスパゲティナポリタンやピラフ・ハンバーグステーキなど、昔ながらの喫茶店定番メニューも揃っています。レトロな雰囲気漂う店内で、少しだけ時を忘れてのんびり食事を楽しみたくなります。

★大一樓

大一樓

出典:じゃらんnet

今日は中華が食べたいな、そんな時にオススメしたいのが『大一樓』。1933年創業という古い歴史を持ちますが、実は気軽に入れる街の中華料理屋さん。

大一樓

出典:食べログ

ランチタイムには回鍋肉や麻婆豆腐などメインが変わる日替わりランチや、ラーメンに春巻きや海鮮ちまきなどが付くセットメニューもあります。こちらのお店の名物と言えば揚げワンタン!熱海市内で生産または加工し、熱海らしい魅力を持つ地元商品にのみ与えられる「熱海ブランド」にも認定されています。ワンタンの皮には、ミネラルを豊富に含んだ富士山の雪解け水を使用。油で揚げて、サクサクでパリッとした食感が楽しい一品。秘伝の甘酸っぱいタレも付いて、お土産としても大人気です。

入荷状況にもよりますが、地元漁師から直接仕入れた新鮮な伊勢海老やアワビを使ったあんかけチャーハンは絶品。メニューにあればぜひ食べていきましょう!

★88tees CAFE(ヤヤカフェ)

88tees CAFE(ヤヤカフェ)

出典:食べログ

ハワイで大人気の88teesの直営店として、ハワイ以外に初めて作られたカフェ。2014年にオープンし、熱海サンビーチの目の前という好立地。熱海海上花火大会の開催時には、カフェの窓側席は花火がよく見える特等席になります。木目を基調とした明るく開放的な店内には、現地から直輸入したTシャツや雑貨など販売するスペースも。

濃厚なソースが絡んだプリプリの海老が堪らないガーリックシュリンプ、ボリュームたっぷりのハンバーグと新鮮な野菜を少し甘めに仕上げたグレイビーソース・半熟卵で味わうロコモコなど、本格的なハワイアンフードが楽しめます。他にも、アサイーボウルや淡路島産の玉ねぎをまるごと使ったカレーなども人気です。

また、岡山県の洋菓子店ローザンヌのはちみつロールケーキも味わえます。砂糖やバターを使わず、たっぷりの蜂蜜で柔らかな甘みが特徴。観光やショッピングの合間など、ランチ以外にもぜひ立ち寄りたいお店です。

★Vegetable Dining&Cafe Kinowa

Vegetable Dining&Cafe Kinowa

出典:いまチカ

最近はパワースポットとして、全国から多くの参拝者が訪れる来宮神社。そのすぐ近くにあるのが『Vegetable Dining&Cafe Kinowa』です。

木々に囲まれた一軒家のようなオシャレな外観で、店内も白と木目を基調とした明るい雰囲気。テーブル席の他にカウンターもあるので、一人でもフラッと立ち寄れます。

Vegetable Dining&Cafe Kinowa

出典:季の環

ランチタイムは11:30~15:00。近隣で作られた安全で新鮮な食材を厳選し、カレーやパスタ・サンドイッチなどにたっぷり使用。ランチメニューにはサラダやスープと、平日のみドリンクが付きます。

オープンテラスもあり、こちらはペット同伴もOK。しかも小さな足湯も備えていて、お店を利用した方は無料で楽しめます。

無農薬野菜の販売も行っていて、購入も可。最近ちょっと野菜が不足気味、そんな方にはぜひ訪れて欲しい居心地のいいカフェです。


グルメはもちろん、ショッピングに観光に街歩き。さらに温泉も楽しめちゃうから、何度も行きたくなるのが熱海の良さ。次の旅の計画に、ぜひ熱海はいかがですか?