東海LOVERS

飛行機に乗らなくても行きたい!セントレア&周辺の見どころ+グルメを厳選

2018年05月03日(木)/愛知

Pocket

中部地方の空の玄関口となる中部国際空港。ここから国内各地や海外へ、そして海外から日本を訪れるために利用する外国人観光客。飛行機を利用する場合は当然ですが、実は空港そのものが遊べてグルメも楽しめる場所として人気です。

つまり、飛行機に乗らなくても行きたくなる!そこでセントレアに遊びに行くなら「見たい」「食べたい」ものをご紹介します。

まずはセントレアについて知ろう!

セントレアとは?

セントレア

出典:中部国際空港 セントレア

常滑市の沖合1.5kmの沖合に人口島を造成し、愛知万博開催に合わせて2005年開港されました。中部国際空港の愛称「セントレア」とは、中部のセントラルと空港のエアポートを組み合わせた造語です。国内線・国際線を合わせて、年間1000万人もの人が利用しています。

セントレア

出典:トーエネック

海外からの観光客や、LCCの台頭など様々な要因で利用客を増やしています。旅行や仕事でセントレアから各地に、各地からセントレアに。それだけではなく、グルメにお風呂まで楽しめることから、レジャーを楽しむ場所としても人気です。

日本にある24時間運航可能な6つの空港のうちの1つですが、ターミナルは4:40~23:30(タイ国際航空深夜便が運航される日は25:00まで)が開館時間。ただし、1階のウェルカムガーデンと2階到着ロビー・アクセスプラザは24時間開放しています。

セントレアまでのアクセスは?

セントレア

出典:鉄道の調べ

人工島にある空港ですが、アクセスも非常に便利です。例えば電車であれば、JR名古屋駅から名鉄電車に乗り換えて特急で28分。バスなら、名古屋・知多半田・豊田市・岡崎など主要駅から1時間程度。マイカーなら、空港駐車場ももちろん完備。確実に車を停めるなら、HPから予約ができます。

さらに周辺にも時間貸しの民間駐車場がいくつかあるので、安く利用したい場合にはこちらが便利。さらに三重県・津市からは船でもアクセスできます。

どんな方法でも行きやすく、さらにわかりやすいのもセントレアを利用したくなる魅力の1つです。

セントレアの楽しみ方とは?

飛行機を見る&知る

【スカイデッキ】

セントレア

出典:ニッポン旅マガジン

飛行機の離発着の様子を間近に見られる場所がいくつかありますが、なかでもスカイデッキは別格!滑走路に向かって突き出たセンターピアの屋上に設けられ、その長さは実に300m。

総ウッド張りの屋外デッキで、デッキ先端から滑走路まではわずか50m。これほどまでに飛行機を間近に見られる展望スペースは、他の空港にはありません。

セントレア

出典:トラベルブック

7:00~22:30まで開放されているので、眩しい朝日の中や空一面を茜色に染める夕暮れ、そして日が落ちてから灯る航空灯と飛行機。どの時間帯で見るかによって、様々な印象を与えてくれます。

どの国の飛行機で、これからどこへ行くのか。どれほどの長旅を終えて戻ってきたのか。そんなことを考えながら、行き交う飛行機を観察してみてはいかがでしょうか。

【セントレアまるわかりツアーに参加する】

セントレア

出典:nagoyantour.com

初めてセントレアを訪れた際や、子供と一緒に見学したい場合などはツアーに参加するのがオススメ。「ターミナルコース」「滑走路見学コース」の2つがあります。

「ターミナルコース」は、ターミナル内をツアーガイドと一緒にアート作品や見どころを徒歩で巡ります。1日4回開催し、所要は約50分です。事前に予約が必要ですが、空きがあれば当日でも参加可能。大人¥500・小学生¥100なので、時間があったら是非参加してみましょう。

出典:トラベルコ

「滑走路見学コース」は、愛知バス主催のバスツアーに申し込みをする形になります。関係者以外立ち入り禁止エリアに入ったり、滑走路のそばでバスを降りて見学したりと貴重な体験ができます。

ただし、参加者が30名に満たない場合はツアーが催行されませんので注意が必要です。詳細は愛知バスのHPで確認してください。

セグウェイを使ったガイドツアーもあり、乗車の講習も付いているので初心者でも安心です。こちらも事前に予約が必要で、空きがあれば当日参加も可能です。

【レストラン】

セントレア

出典:ぐるなび

飛行機が見えるのはスカイデッキだけではありません。4階スカイタウンにあるちょうちん横丁の「まるは食堂」「M‘S DINING」、レンガ通りの「ステーキテラス」「海上楼」、センターピアガーデンの「クイーン・アリス」なら、飛行機を見ながら食事が楽しめます。

セントレアでグルメを楽しもう!

セントレア

出典:まりひぇん日記 – Marichen’s Tagebuch

24時間営業するコンビニエンスストアや、早朝から営業するコーヒーショップにファストフード。さらに和食や中華・焼肉など、ありとあらゆるグルメが揃っています。おなかの空き具合と相談して、ぜひ食事も楽しんでいきましょう。

もちろん名古屋自慢の地元グルメも満喫できますよ!名古屋めしを頂けるお店を中心に、オススメ店をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

中部国際空港セントレアホテル コスモス

セントレア

出典:中部国際空港 セントレアホテル

朝・昼食ともバイキングで、時間は6:00~10:00と11:00~14:00。四季折々の愛知県の食材を取り入れ、和洋折衷の豊富なメニューが揃っています。

目の前で調理を行うライブキッチンや、スイーツも充実し大人も子供も満足できます。現在は工事を行っていますが、2018年6月3日にリニューアルオープンします。

矢場とん

セントレア

出典:BOND

名古屋のソウルフード・みそかつの名店「矢場とん」が、セントレア内にもあります。1947年創業で、セントレアには2008年に出店しています。味の決め手となる味噌ダレは、門外不出のオリジナルレシピで作られます。

人気メニューは「鉄板とんかつ」。焼いた鉄板の上に、まずキャベツ。そしてその上に揚げたてのとんかつを乗せ、秘伝の味噌ダレを掛ける。ジュウジュウと音を立て、香ばしい香りでご飯がドンドン進みます。

「矢場とん」ならではのみそかつをぜひ味わってみてください。

味仙

セントレア

出典:カズニュース

1960年創業の、元祖台湾ラーメンのお店。麺の上には炒めたひき肉とニラがたっぷりと乗り、鶏ガラで取ったスープの赤さがすでに辛さを感じます。

名古屋市内には台湾ラーメンを出す店が200店以上あると言われ、辛さもお店によって異なります。味仙の台湾ラーメンはただ辛いだけではなく、スープと麺そして具材が絶妙にマッチし秀逸。汗をかきながら、この辛さにチャレンジしてほしい!

四代目鍵三郎 宮きしめん

セントレア

出典:Twitter

1923年創業と古い歴史を持つこちらのお店では、「宮きしめん」がいただけます。名古屋めしの代表格であるきしめんがメインで、お店はカウンタースタイルなのでサクッと気軽に味わえます。

温・冷に天ぷらやかき揚げをトッピングさせたものや、みそ煮込み・みそカツが付いた定食スタイルに、ビールや日本酒と一緒でも。しっかりと食事をしたい方にオススメのお店です。

魚屋のどんぶり 魚錠

セントレア

出典:ニュースウォーカー – ウォーカープラス

せっかくなら新鮮な魚介が食べたい!そんな方には、4階フードコートにある「魚屋のどんぶり 魚錠」がオススメ。愛知県に本社がある老舗の魚問屋が運営しているので、味や鮮度はお墨付き。

愛知・豊浜漁港から直送される地魚や、各地から仕入れる旬の魚介を使ったメニューが並びます。お店のイチオシは海鮮丼。丼からはみ出すほどネタが盛り込まれ、目にも楽しませてくれます。「海外旅行でしばらく生ものは食べられない」なんて場合にもピッタリですよね。

セントレアでリラックスタイムを!

長旅で疲れたあとや、搭乗前に汗を流したい。そんな方は、ぜひ4階にある「風(フー)の湯」へ。飛行機を眺めながらのんびりとお風呂に入っていきましょう。

セントレア

出典:H.I.S.

大きな窓の向こうには。滑走路と飛行機。伊勢湾に沈んでいく夕陽などを見ていると、空港にいることを忘れてしまうほどゆったりとした空気が流れます。湯上りセットを購入すれば、入浴に中ジョッキビールと枝豆が付いてお得!

毎週水曜日なら、女性にヒアルロン酸フェイスマスクをプレゼント。搭乗前にメイクを落として、肌にたっぷり栄養補給ができますよ。搭乗予定の方は、くれぐれも時間に余裕をもってお楽しみください。

セントレアでショッピング三昧!

旅に必要なもの

セントレア

出典:のレン | NOREN | Discover Wonderland, Japan!

全て万全に用意をしてきたつもりが、忘れ物があった!など、これから出発を控えているという方に。パスポートはさすがに無理ですが、無印良品やユニクロなどでは雑貨や衣類、ビックカメラで海外対応の電化製品、他にも医薬品や化粧品に雑誌などもいざとなれば手に入ります。

特に忘れ物がない方も、お店を覗くと海外で使えそうなものやあると意外と便利なものまで見つかるかも?ぜひ時間があれば、立ち寄ってみてください。

おみやげ

セントレア

出典:ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 – Livedoor.biz

愛知県らしいお土産ももちろん手に入ります。愛知県で実際に食べたあの味が忘れられない。家族や友人へのお土産として、セントレアを訪れた記念に自分へのお土産に。

セントレア

出典:中部国際空港 セントレア

青柳ういろうや味噌カツのタレ、えびせんべいに宮きしめん。台湾ラーメンに名古屋プリンまでなんでもあります。ドライブ途中に食べるおやつなら、東海キヨスクとセントレアおみやげ館だけの限定品のおにぎりせんべいやチップスターなどのお菓子まで。

買う予定がなくても、ついつい立ち寄りたくなるお土産店。飛行機に乗らなくても、こうしたショッピングも楽しめるのがセントレアのいいところ!

セントレア周辺で宿泊するなら?

セントレア

出典:ガクトク for student

翌日の早朝便に備えて、もしくは夜遅い便で到着して交通手段がないなど宿泊が必要な場合。やはりセントレアに近い場所が便利ですよね。できるだけ費用も抑えたいなら、圧倒的に「TUBE Sq」がオススメ。

セントレア

出典:旬刊旅行新聞 編集部 – はてなブログ

2017年4月に誕生した新しい宿泊施設ですが、実はカプセルホテル。ターミナルビル内に位置し、24時間いつでもチェックイン・チェックアウトが可能。基本プランは3時間単位で、仮眠もOK。カプセルホテルというと男性のみという場所も多いのですが、ここは女性ももちろん利用できます。

セントレア

出典:トラベル Watch

男性・女性それぞれエリアが分かれ、トイレやシャワー・ロッカーも完備。フランスベッドと共同開発したというオリジナルマットレスを導入し、カプセルとは言え寝心地にもこだわっています。適度な空間を保ち、圧迫感を感じさせず居心地もいい。たまにはこんな場所で過ごしてみるのもいいかも?

他にもセントレアに隣接するホテルは、「中部国際空港セントレアホテル」「コンフォートホテル中部国際空港」「東横イン中部国際空港」などがあり連絡通路などを利用し徒歩で移動できます。

セントレア

出典:ジャパンナビ・知多半島ナビ・食半島

セントレア駅の一つ手前のりんくう常滑駅にも「J HOTEL RINKU」があります。HPからの予約なら、最大8日間駐車料金が無料になるプランもあります。様々なタイプがあるので、自分に合ったホテルやプランで滞在を楽しんでください。

セントレアから周辺の観光へ出かけよう!

セントレア

出典:www.city.tokoname.aichi.jp

セントレアを起点に、観光を楽しむこともできます。セントレアから出かけやすい常滑市・半田市の観光スポットをご紹介します。

常滑エリア

セントレア

出典:常滑市

常滑と言えば焼き物の町。名鉄常滑駅から徒歩5分ほどのところに、陶磁器の展示即売を行う「陶磁器会館」があります。さらに常滑やきもの散歩道を進みながら、廻船問屋を営んでいた旧家や煙突のある風景など常滑ならではの景色を楽しみながら散策ができます。

セントレア

出典:livedoor Blog

さらに足を延ばせば、国の重要有形民俗文化財に指定されている「常滑の陶器の生産用具及び製品」約300点を展示している「とこなめ陶の森資料館」や、装飾タイル約1000点を展示する「世界のタイル博物館」を有する「INAXライブミュージアム」もあります。

セントレア

出典:のびとく

また、名鉄常滑駅から町の中心部とは反対の伊勢湾方向に5分ほど進むと、明太子の老舗・かねふくが運営する「めんたいパークとこなめ」があります。無料の工場見学や、できたて明太子の試食や直売などを行っています。フードコートでは、自慢の明太子を使ったグルメが手軽に楽しめます。

半田エリア

セントレア

出典:Gooブログ

半田市は古くから醸造業が盛んで、半田運河を利用し江戸や大阪へと荷物を運んでいました。そのため運河沿いには蔵が並び「蔵の街」としてその面影を残しています。見どころも多く、ぜひ見学していきたいのが大手メーカー・ミツカンが運営する「MIZKAN MUSEUM」。

セントレア

出典:LIVERARY

館内は5つのゾーンに分かれ、江戸時代と現代のお酢の作り方の違いや寿司や鍋料理などをテーマに、食についての魅力を体験し学ぶことができます。(※2018年5月7日~7月22日までリニューアル工事により休館)

セントレア

出典:Gooブログ

また資料や和紙人形を使ったジオラマ・古くから酒造りで使われてきた道具類などを展示し、日本酒について学べる「国盛 酒の文化館」もあります。

その2つの建物の間には、国の有形文化財に登録されている小栗家住宅や海運業・醸造業で栄えた豪商中埜半六の邸宅などもあります。運河と蔵の街そして古い建物が並び、散策にはもってこいの場所です。


空港は飛行機に乗るためだけではなく、1日遊べる場所としてもとってもオススメ!特にセントレアは、名古屋めしをはじめとするグルメや飛行機を眺めながら入る展望風呂など、充実できる要素もたくさんあります。

今度の休日は、ぜひセントレアを目的地として遊びに出かけてみてください!