東海LOVERS

いつか泊まりたかった宿が、お気に入りの宿に。 贅沢な休日を過ごしたい伊豆10室以下の極上宿。

2018年03月29日(木)/静岡

Pocket

今までの旅行を振り返ると、「楽しかったけど、何だか忙しかったなぁ」と思うことありませんか?観光にグルメにショッピング。体を休める時間がないくらい、旅行中は慌ただしいことも。でも、たまには「何にもしない」を目的に旅に出てみませんか?

伊豆には、客室数の少ない極上宿がたくさんあります。時計も気にせず、ただゆっくりと。クオリティの高い宿なら、むしろそんな楽しみ方が似合います。伊豆で人気の宿を10ヶ所ご紹介しますので、次の旅の参考にしてみては?

【伊東】オーベルジュ花季(はなごよみ)

出典:Relux

伊東の温泉街の中心を流れる松川沿いに、1日2組限定の宿『オーベルジュ花季』があります。建物の2階と3階に1部屋ずつ、部屋の中は至ってシンプルな和室。心地よい畳を足の裏に感じ、思わずゴロンと寝転びたくなるほどリラックスできます。部屋からは伊豆の山々と、春には松川沿いに咲く桜の花を眺めることが出来ます。

桜の木が目の前に!

オーベルジュ花季

出典:オーベルジュ花季

客室のお風呂は樹齢百年を超える古代檜の浴槽。伊東の天然温泉を、全身で楽しみましょう。オーベルジュとは宿泊施設を備えたレストランの意味で、フランスが発祥と言われます。となれば、食事も楽しみになりますね。琉球畳の和室に椅子席、水屋箪笥などのアンティークを配した川縁の洋間の2室が食事処。

オーベルジュ花季

出典:JTB

創業当時から変わらぬ味を守り、宿の名物になっている「おばあちゃんの胡麻どうふ」。胡麻と吉野葛だけを使っていて、なめらかな口触りが特徴。女性シェフによる新感覚の懐石料理の夕食は、味はもちろん見た目の美しさも楽しめます。器にもこだわり、旬の食材を引き立ててくれます。朝食は夕食並みのボリュームがあり、朝からお腹も大満足に。宿選びは食事を重視する方には、ぜひオススメします!

【下田】野の花亭こむらさき

野の花亭こむらさき

出典:井伊部長の温泉グルメ探訪

黒船の遊覧船で港内めぐり、史跡を廻って開国の歴史を知る。下田公園のあじさいや、了仙寺のアメリカジャスミンなど花を楽しむ。下田での旅の起点になる伊豆急下田駅から、徒歩2分にある『野の花亭こむらさき』。観光客で賑わう駅前からほんの少し離れただけで、別世界が広がります。全5室のみで、それゆえ手厚いおもてなしを受けることが出来ます。

まるで森林浴気分!

野の花亭こむらさき

出典:下田温泉 – 伊豆下田100景

今ではよくある「全室露天風呂付の宿」。しかし『野の花亭こむらさき』が1993年に創業した当時は、非常に珍しいことでした。いわば「全室露天風呂付の宿」の先駆者。

入り口から続く、緑に包まれた石畳の小径を歩き玄関へ。到着するとアンケートを記入します。食事の時間や部屋に置くお花、色浴衣や帯の色に夕食時に使うぐい飲みまで。全て客の好みに合わせて用意されます。5室とも造りは同じで、余計なものはなくスッキリとした印象。寒い時期には掘りごたつで寛ぐことも。

野の花亭こむらさき

出典:JTB

庭に面した露天風呂は、源泉100%かけ流し。湯船のそばにある「真湯」「温泉」「水」の3つの蛇口で、自分で自由に温度を調節可能。露天風呂だけでなく、檜の内湯も付いています。

食事は、夕・朝食ともお部屋で。旬の素材を活かした懐石料理で、名物はこむらさきグラタン。紅いもを使用して、鮮やかな紫色となめらかな口当たりが好評です。館内には回廊に器のギャラリーもあるので、お風呂上がりに眺めてみるのもいいですね。記念日に大切な人と時間を過ごしたい方に、ぜひオススメしたい宿。

【伊東】eここ地宿 風曜日

eここ地宿 風曜日

出典:フォートラベル

女子旅やカップルでの旅行にピッタリな宿をご紹介!伊豆にありながら、スペインの雰囲気を感じる『eここ地宿 風曜日』。オーナー自らデザインしたというカラフルな外観も目を引きます。全客室に露天風呂を配しています。

好きな時に好きなだけ、温泉三昧!

eここ地宿 風曜日

出典:トクー!

スペインの田舎をイメージし、岩の露天風呂がある洋室の「1号室スペイン」、宿一番の広さの客室で檜の露天風呂がある和洋室の「3号室アジアン」、天井からかかる星の照明が印象的な洋室の「5号室スペインガウディ」、落ち着いた色合いでまとめられ、信楽焼で作られた露天風呂のある和洋室「7号室和モダン」の全4室。

部屋の造りやインテリアは全て異なるので、何度も足を運んでみたくなります。貸切出来る露天風呂もあり、空いている時間にいつでも好きな時に利用可能。

eここ地宿 風曜日

出典:iiyado.tv-tokyo.co.jp

食事にもスペイン料理を取り入れていて、伊勢海老を使ったパエリアが人気。イカやアサリなどの新鮮な魚貝もたっぷり使用し、それぞれの旨みがお米にギュッと染み込んでいます。牛フィレやイベリコ豚のステーキには、特製のオリジナルソースを使用。地元農家から仕入れる朝採れ野新鮮野菜はスティックで、素材本来の味が楽しめます。夕食の時間は18:00スタートなので、チェックイン時間には余裕を持ってお出かけを。

夕食の前やチェックアウトまでのひとときは、伊豆高原の緑を眺められるテラス席で。ゆっくりと流れる時間とともに、普段の忙しい自分をちょっと忘れる。たまにはそんな過ごし方をしたくなる、素敵な小さな宿です。

【月ヶ瀬】雲風々(うふふ)

雲風々

出典:ameblo.jp

観光客で賑わう修善寺温泉から車で15分。自然あふれる中伊豆方面へ進むと、月ヶ瀬温泉に2012年にオープンした『雲風々』があります。大浴場はなく、温泉は客室に設けられた広々とした露天風呂で。狩野川のせせらぎを聞きながらのんびりと湯に体を預けましょう。『雲風々』では自家源泉を3本持ち、毎分あたり195リットル湧き出すお湯をたっぷりと露天風呂に掛け流しています。

最高すぎる景色と温泉でほっこり。

雲風々

出典:www.booking.com

「流清」「鶯鳴」「蛍火」「栬風」の4部屋は和洋室、「笹音」「月響」「茜香」はツインタイプ。離れの全7室は部屋ごとに異なるテーマで造られ、インテリアや浴槽などもそれぞれ違う造りになっています。客室にはバスローブやパジャマ・作務衣などがあるので、好きなものを纏って寛ぐことが出来ます。

基本的にパブリックスペースがほとんど無い宿なので、部屋での滞在を重視したい方にオススメです。客室や館内至る所で目にするものが、派手さはなくモダンでオシャレ。1つ1つのセンスが光ります。

雲風々

出典:旅色

見た目も美しい食事には、駿河湾や相模湾で水揚げされた魚介に伊豆牛。産みたての卵や、自家菜園で大切に育てられた野菜などをふんだんに使用。また、季節により天然うなぎや鮎・アマゴ・モクズガニなど狩野川の恵みが並ぶことも。

実はこの宿、東京ラスクの創業者がプロデュースしていることもあり、お茶菓子なども東京ラスクのもの。車で2~3分で東京ラスク伊豆ファクトリーがあるので、時間があれば足を運んでみては?

【伊東】源泉と離れのお宿 月

源泉と離れのお宿 月

出典:楽天トラベル – 楽天市場

こちらの客室は、全て独立した9棟でテラスに源泉かけ流しの露天風呂付き。広さの同じ「海の平屋棟」「森の平屋棟」が各3棟、メゾネットタイプの「二階棟」3棟があります。それぞれシンプルで落ち着いた和モダンの空間が広がり、居心地のいい客室。アメニティも充実し、作務衣やバスローブも用意されています。

圧倒的な開放感!

源泉と離れのお宿 月

出典:宿らん

「海の平屋棟」は、露天風呂から相模湾を一望。「森の平屋棟」の露天風呂は、緑の木々を眺めながら森林浴気分でのんびりと。「二階棟」の1階にはシモンズ社製のキングベッド2台を配し、らせん階段で上がった2階に露天風呂があります。こちらからも海が眺められます。

自慢の温泉は、宿の敷地内に自家源泉を持ち客室以外に大浴場でも源泉かけ流し。伊豆では珍しい硫黄の香りがする新鮮かつ良質な天然温泉を、全身で目いっぱい楽しみましょう。別途有料ですが、ゲルマニウム岩盤浴もあります。

源泉と離れのお宿 月

出典:ameblo.jp

宿の楽しみの1つと言えば、やっぱり食事!夕食には伊東港で水揚げされた新鮮な魚貝に伊豆牛、旬の野菜などこだわりの食材が創作会席のフルコースで提供されます。たくさんの小鉢や地元名産の干物など、これぞ日本の朝ごはん!と言った体が目覚める朝食も人気です。

夕・朝食とも個室の食事処ですが、公式サイト限定で部屋食プランもあります。部屋をできるだけ出たくない方には、こちらをオススメします。公式サイトには他にもレイトチェックアウト付きや伊勢海老・金目鯛などの厳選素材の食事が付くプランもあるので、要チェックです。

【網代】時間を旅する宿 海のはな

時間を旅する宿 海のはな

出典:オズモール

人気の温泉地・熱海から少し離れた、網代の高台に位置する宿。全7室に露天風呂付が付き、それぞれ異なった造りになっています。一般客室の「風の間」「虹の間」「大地の間」は2014年にリニューアルされ、和室8.5畳のタイプ。露天風呂からは緑の山の木々の奥に海が見え、夜には夜景も楽しめます。

上層階には「海の間」「月の間」「太陽の間」「月光の間」があり、客室は広め。伊豆石や信楽焼などで造られた露天風呂はもちろん、客室内からも海が眺められます。

大きめサイズの貸切露天風呂で極楽気分!

時間を旅する宿 海のはな

出典:宿らん

「海音の森」「夕月」の2ヶ所の貸切風呂もあります。特に「海音の森」は、5~6人入っても充分なほどのゆったりサイズ。岩風呂と寝湯があり、脱衣所にはトイレも完備。さらにマッサージチェアまで用意されています。利用は1回45分なので短く感じますが、ぜひ入っておきたいですね。予約は、部屋に用意されているタブレットから簡単に操作できます。

時間を旅する宿 海のはな

出典:らくだ倶楽部

お待ちかねの食事はお部屋で。相模湾の海の幸を中心に、全国から食材を厳選。見た目も鮮やかな創作懐石料理でいただきます。せっかくなら、静岡の地酒とともに。素材ならではの味を、五感をフル活用して楽しみましょう。

実はこの宿、花火大会の時の特等席でもあるんです!毎年8月16日に開催される網代温泉海上花火大会は宿からほぼ正面に、多賀湾海上花火大会や熱海海上花火大会も少し離れていますが見ることができます。ぜひ開催日に合わせてお出かけしてみてはいかがでしょうか?

【伊東】かえで庵

かえで庵

出典:フォートラベル

客室数の少ない宿というと、高級で一人では宿泊できないイメージがありませんか?せっかくのお休みなのに、友達と休みが合わずに旅行に行けない!そんな時には、思い切って一人旅に出てみるのはいかがですか?特に女性の一人旅、自分磨きの旅にピッタリなのが『かえで庵』。名前からすると和風旅館のように感じますが、実はイギリスのコッツウォルズ地方のマナーハウスをモチーフにした、英国風のホテル。

客室もキュート!

かえで庵

出典:伊豆高原温泉 | かえで庵 全室露天風呂付英国調ホテル

客室は全8室で、露天風呂付き。客室を始めフロントやダイニングなど、随所に見られる英国調インテリア。木の温もりと歴史を感じます。ダブル・ツインタイプがあり、8室の内201・301は海側。部屋により天蓋付きのベッドやドレッサー、ソファなどインテリアが異なります。

食事も楽しみな宿。夕食は、プランによって「スタンダードディナー」「牛ほほ肉赤ワイン煮ディナー」「特選ディナー」の3タイプ。オススメは「牛ほほ肉赤ワイン煮ディナー」。8~10時間も掛けて作られていて、ホロホロと口の中でほどけていく感じが堪りません!別注で単品としてもオーダーできるので、予約時に確認してみましょう。

かえで庵

出典:HIS旅プロ

朝食は焼きたてパンを使ったホットサンドイッチやスクランブルエッグ、サラダにスープなどをバスケットに詰めたものが部屋へ届けられます。ちょっと贅沢な気分に浸れますね。温泉はもちろん、異国の雰囲気も楽しめるこの宿でとびきりの休日を過ごしてみる一人旅もいいのでは?

【土肥】頬杖の刻

頬杖の刻

出典:貸切温泉どっとこむ

旅行の時でも、食事や体調管理なども怠りたくない。そんな女性にぜひオススメしたいのが、西伊豆でも有数の夕日スポット旅人岬のそばにある『頬杖の刻』。2階と3階にツイン・ダブルそれぞれのタイプの客室があり、全10室には全て露天風呂が付いています。

客室には黒畳の間があり、全体的に落ち着いたモダンな印象。2階の客室は陶器、3階は檜の露天風呂になっていて、どちらからも旅人岬と同じく美しい夕日が楽しめます。

オススメはサンセットタイム!

頬杖の刻

出典:www.kashikiri-onsen.com

規模は大きくありませんが大理石の「華駿河」と、岩風呂の「濱夕美」2ヶ所の貸切露天風呂もあり無料で利用できます。アメニティも充実していて、スキンケア用には沖縄のコスメブランドRyuspaを採用。滞在中は、色浴衣やダウン・タオル類は何枚でも気兼ねなく使用できます。

宿は美と健康をテーマにしていて、専属の栄養士とシェフによって考案された食事も楽しみの1つ。オーシャンフロントのダイニングで、水平線に沈む夕日を眺めながら。そんなシチュエーションも『頬杖の刻』ならではです。

頬杖の刻

出典:tabelog.com

さらに、ボディやフェイシャルエステにタイ古式マッサージ。美容鍼に指圧・ストレッチなど、あらゆるボディメンテナンスも可能です。ぜひ予約が決まったら、まずは夕日の時間を確認し早めにチェックイン。

露天風呂から夕日を眺めたら、疲れのたまった体をじっくりほぐしましょう。そして美味しい食事を楽しんだらまた温泉へ。せっかくの伊豆の旅なら、急がず慌てず。たまにはのんびりと、ですよ!

【伊東】花の雲

花の雲

出典:森針堂

伊豆高原の深い森の中。3000坪の広大な敷地にひっそりと佇む、たった7室の宿。それが『花の雲』です。全室に露天風呂を設け、プライベートを重視した造りになっています。

「麹塵(きくじん)」「木蘭(もくらん)」「藍錆(あいさび)」「紅紫(こうし)」「蘇芳(すおう)」と名付けられた本館5室と、「スウィートヴィラ閑(かん)」「スウィートヴィラ悠(ゆう)」の別荘2棟の離れで構成。

贅の極みをたっぷりと。

花の雲

出典:フォートラベル

本館は12歳未満の子供が利用できない、大人のみに許された空間。部屋により伊豆石や檜の浴槽など露天風呂の造りも異なりますが、どれも目の前に森が広がり温泉に入りながら森林浴が楽しめます。広めの貸切風呂もあり、予約制ではなく空いていればいつでも無料で利用可能。

離れの別荘の「スウィートヴィラ閑」は群馬県の、「スウィートヴィラ悠」は長野県のそれぞれの築100年の古民家をリノベーション。100㎡の贅沢な造りで、露天風呂・展望風呂の2つの浴槽で温泉を楽しめます。インテリアにも北欧のアンティーク家具を使い、しっとりと落ち着いた雰囲気。

離れの別荘はなかなかのお値段ですが、実は夕食付きのデイユースプランがあります。しかも14:30から23:00まで利用できるので、宿泊は難しいけど体験してみたい方にはオススメ!

花の雲

出典:Relux

食事もその季節で一番美味しいものを厳選し、伊豆を中心に全国から取り寄せ。個室の食事処で、まずは目で楽しみそしてじっくりと味わいましょう。朝食には、おかずがたくさんの小鉢で用意されるので、いろいろなものを少しずつ食べたい女性にも好評です。

【伊東】お宿うち山

お宿うち山

出典:らくだ倶楽部

伊豆高原のシンボル大室山。その麓に、約1000坪の敷地にわずか6室のみの『お宿うち山』があります。観光客で賑わう周辺とは違い、まるでそこだけ切り取られたような静寂に包まれています。風情ある和の佇まいは、高級感がありながらも居心地の良さを感じます。大正ロマンをモチーフとした木造のメゾネットタイプで、独立した6棟全てに、露天風呂と内風呂を完備。

チェックインからアウトまで、極力他の宿泊者と会わないよう配慮され、完全なプライベート空間が保てるようになっています。スタッフの対応も同じく、必要最小限。それでいて客側の希望が手に取るようにわかっていて、最上級のおもてなしが受けられます。

この景色、全部独り占め!

お宿うち山

出典:bs.benefit-one.co.jp

客室は「花タイプ」「月タイプ」「雪タイプ」で各2室ずつ。どのタイプも2階に寝室と露天風呂があります。「花タイプ」は、宿で一番広く1階には和室のほか囲炉裏の間もあります。そら豆形とHPで表している内風呂は、どこか柔らかいハート型に見えてほっこりします。

「月タイプ」の1階にはテラス付きの内風呂があり、湯上がり後にのんびり寛げます。「雪タイプ」は、内風呂も2階。また1名から宿泊可能なので、贅沢な一人旅をしたい時にピッタリ。

お宿うち山

出典:一休

夕食は、美しく盛り付けられ目にも鮮やかな懐石料理。その時期で一番美味しいものを、素材の味を活かして調理しています。朝食には、食事のスタート時間に合わせて土鍋炊きのご飯も用意。炊きたてのご飯には、宿自慢の鮑のあんかけを掛けて。

温泉に、客室、食事、おもてなし。この宿を選んで良かったと思えること間違いなしです。


いつか泊まりたいと思っていた憧れの宿。お値段的に、決して安くはないかもしれません。大切な人と、記念日に、自分磨きの一人旅。思い切って出掛けてみませんか?

些細なきっかけで訪れた宿が、一生心に残る感動を与えてくれるかも。最高のおもてなしで旅人を迎えてくれる極上宿へ、いつかではなくすぐにでも出掛けましょう。客室数が少ないので、予約はくれぐれもお早めに!