東北LOVERS

一度は訪れたい!お勧めできる秋田県の絶品ラーメン屋

2018年01月16日(火)/秋田


ラーメンは中国より伝えられたグルメでありながら、もはや日本を代表する国民食として愛されています。そんなラーメンは全国各地でさまざまな形で作り上げられ、無限の美味しさを味わう事が出来るはず。

東北地方に位置している秋田県も県内全土でラーメン屋が多く立ち並び、競合店で溢れているのです。そんな秋田県で味わいたい絶品ラーメンをご紹介していきます。

PR

スポンサードリンク

チャイナタウン

「地元出身芸能人も帰省時には必ず立ち寄るいつまでも熱々なチャンポン」

チャイナタウン

秋田県の中心地でもある秋田市はラーメン激戦区とも言えるエリア。そんな秋田市茨島において週末や連休ともなれば長打の列が出来上がるお店があります。それは「チャイナタウン」。

開店してから30年程経った今でも人気は途切れる処が増えるばかり。そんなチャイナタウンを訪れた多くの方が注文するのがこのお店NO1とも言えるのが「チャンポン」。

秋田出身の美人芸能人佐々木希さんも秋田に帰省したら立ち寄るという程の美味しさ。さらに各種メディアでも紹介され、チャイナタウンの人気度は常に右肩上がり。そんなチャンポンは醤油、塩、味噌と3種類のベースがありますが、最も人気なのが味噌ベースの「味噌チャンポン」。キャベツやキクラゲ、たけのこ、エビや豚肉といった11種類の具材がたっぷりと使用されており、ボリューム満点です。

チャイナタウン

出典:食べログ

そしてスープは濃厚ながらあっさりテイスト。モチッとしながらものど越しの良い麺がスープを纏わせ、このチャンポンにピッタリ。

このチャンポン最大の特徴はいつまで経っても熱々状態なこと。スープにトロみがある事でいつまでも冷める事無く熱々を味わえます。冬ともなれば氷点下になる事も稀な秋田においてこの熱々さは、体も心も温めてくれる逸品です。

夏場でもこの熱々は維持されていますが、そんなのお構いなし。冬だろうと夏だろうと長打の列を作り、皆汗を掻きながらチャンポンに食らいつく程絶品なラーメンです。

チャイナタウン
問い合わせ 018-824-5925
住所 秋田県秋田市卸町2-2-1 チャイナタウン
営業時間
【平日】(昼)11:00~15:00(夜)17:00~22:00(LO21:45)
【土・日】11:00~22:00(LO21:45)
定休日 月曜定休(祝日の場合は翌火曜休み)

東池袋大勝軒秋田店

「つけ麺の神様と呼ばれた男の遺伝子を受け継ぐ懇親の一杯」

東池袋大勝軒秋田店

出典:食べログ

つけ麺の神様として多くの弟子を輩出した東池袋大勝軒の山岸一雄氏。2015年に亡くなられた事で、あのつけ麺を味わえないと思った方も多いハズ。しかしそんな山岸氏の懇親の一杯を受け継いだ人物が秋田で立ち上がったのです。それこそが秋田市山王エリアに位置している「東池袋大勝軒秋田店」。

麺は温かい「あつもり」か冷たい「ひやもり」からチョイス出来ます。しかも大盛りでも400g~500g程あり、ボリュームは十分。そしてつけ麺の要とも言えるのがスープ。豚骨や鶏ガラの動物系スープと煮干しやサバ節から作られた魚系スープを合わせたWスープがこのお店の人気の秘訣。濃厚なスープが麺との相性抜群。

コクと深みがありながらもしつこさが全く感じられず女性でもペロッといける美味しさ。隠し味に酢が使用されている事で、最後まで飽きを感じる事なく味わえます。そしてスープの中にはメンマやナルト、ネギの他ゴロッとしたチャーシューがたっぷり。
肉厚ながら箸でもほぐれる柔らかさでジューシも魅力的。そしてより煮干し感を堪能したい方向けに置かれている節粉を入れると、また一味違う美味しさを堪能出来ます。

山岸氏の遺伝子を受け継ぎながらも、独自の進化によって提供されている懇親の一杯を味わうべく、週末は勿論平日でも早い時間帯からお客宇さんが立ち並んでいるのです。

東池袋大勝軒 秋田店
住所 秋田県秋田市八橋本町1-1-43 東池袋大勝軒 秋田店
営業時間 11:00~15:00
定休日 木曜日、第1・3・5水曜日

末廣ラーメン

「秋田のラーメンと言えば「末廣ラーメン」と称される程、全国的にも人気のラーメン屋」

末廣ラーメン

出典:食べログ

数多くのメディアでも紹介され、某番組においては「秋田を代表するラーメン屋」として紹介される程県民のみならず、ラーメンを求めて多くの方が県外からも訪れてくるのが末廣ラーメン。店舗は秋田駅前の本店と秋田市の市役所や県庁も立ち並ぶ飲み屋街も多い山王エリア分店の2店舗。しかも嬉しいのが本店は24時間営業で山王店は深夜2時までの営業となっている事。その為、飲んだ後の〆の一杯としても人気があります。

そんな秋田を代表すると言われる末廣ラーメンの大きな特徴は黒々としたスープ。まるで富山ブラックにような色合いな事で「しょっぱそう」なんてイメージも持たれてしまうことでしょう。しかし、一口スープを啜ると誰しもが「見た目以上にさっぱりしている」なんて口を揃えるのです。

タレは屋台から始まった当時と変わらぬ濃い口醤油ベース。そしてスープは鶏や豚、野菜をじっくりと煮込んでいる事でコクがありながらもあっさりとした味わい。そんなタレとスープの相性は抜群で見た目よりもしつこさを感じない仕上がりなのです。麺は戦前から変わる事がない中太ストレート麺。トッピングにはじっくりと煮込まれた特製チャーシューがたっぷり。そんな変わらぬ一杯が今も尚、秋田のラーメンの王者として君臨しています。青森や宮城、さらには高田馬場でも分店が展開されており、秋田と変わらぬ味を多くの場所で味わう事が出来るのです。

末廣ラーメン本舗 秋田駅前分店
問い合わせ 018-825-1118
住所 秋田県秋田市中通4-15-1 末廣ラーメン本舗 秋田駅前分店
営業時間 24時間営業
定休日 月曜日が休日の場合はその後の最初の平日

「ゑびすや」の生姜ラーメン

「前オーナーの味が忘れられなくてファンだった客が継いだ生姜ラーメン」

「ゑびすや」の生姜ラーメン

出典:食べログ

秋田県由利本荘市矢島エリアは広大な自然に囲まれ、聳え立つ鳥海山の雄大な景色が多くの方を魅了させるのです。そんな矢島地区で味わう事が出来る「ゑびすや」の生姜ラーメン。実はこのラーメン屋には感動ストーリーがあるのです。このお店の全オーナーが他界された事で惜しくも閉店。

しかし生姜ラーメンは常連客からも人気の一杯で忘れる事が出来ないファンが多くいらっしゃいました。そんな生姜ラーメンのファンであった常連客がなんと再建に向けて動き出したのです。前オーナーの奥さんも元でスープ作りを教わり、なんとお客さんでだった方が再びゑびすやを動かし始めたのです。そんなゑびすやは前オーナーと変わらぬ味で今も大盛況。

このお店のスープは生姜がたっぷりと使用されている事であっさりテイスト。でもしっかりと旨味とコクが凝縮されており、美味しさ抜群。そしてトッピングにはチャーシューではなく鶏肉やキャベツ、もやし、そしてスライスレモン。このレモンこそ生姜との相性がピッタリでスープをよりさっぱりとさせてくれるので、女性でもスープを飲み干せます。

またこのゑびすやではなんと変わったトッピングもあるのです。それが「エビ天」。うどんやそばではなくラーメンにエビ天?と誰もが驚いてしまいますが、ここのスープとエビ天はなんとも不思議にマッチング。鳥海山や大自然を求めた際に絶対に立ち寄りたいまるでドラマのようなストーリーがあるラーメン店です。

ゑびすや
問い合わせ 0184-55-3555
住所 秋田県由利本荘市矢島町城内築舘146-1
営業時間 11:00~14:00 土・日・祝7:00~9:00
定休日 第一・第三水曜日

竹本商店

「贅沢な逸品 竹本商店の伊勢海老ラーメン」

竹本商店

出典:食べログ

日本は海に囲まれた国となっている事もあり、海産物が豊富です。中でもうにやアワビといった高級食材がありますが、忘れてはならないのが伊勢海老。そんな高級食材でもある伊勢海老をふんだんに使用したラーメンが味わえるのが秋田市で人気の高いラーメン店「竹本商店」。つけ麺タイプで伊勢海老の芳醇な香と旨味、そして濃厚な豚骨を丁寧にじっくりと煮込んだ特製スープはとろみが出る程の濃さ。

そんな特製スープは石器の器に入れて提供される事でグツグツと冷める事なく温かいまま最後まで味わう事が出来ます。麺は太麺でスープがしっかり絡み、伊勢海老と豚骨の旨味をしっかりと纏っているのです。この伊勢海老ラーメンは1日300杯限定となっており、県外からも多くの方が訪れ600人もの方が競い合うように訪れてくるのです。

それ程までに高い人気となっている伊勢海老ラーメンはなんと開店からたったの2年で25万人もの方が食した程の盛況ぶり。高級と言われる伊勢海老の旨味が凝縮された濃厚スープはこのお店でしか味わえない1杯です。でも食べたいけれど遠すぎていくことが出来ないなんて方にも嬉しいのがなんとスープや麺、トッピングがセットでネットでも購入出来る事です。
これなら話題となっている伊勢海老ラーメンを自宅でも堪能する事が出来ますね。

竹本商店☆つけ麺開拓舎
問い合わせ 018-845-7510
住所 秋田県秋田市土崎港西2-4-36 竹本商店☆つけ麺開拓舎
営業時間 11:00~15:00, 17:00~22:00
定休日 年中夢休

三角そばや

三角そばや

出典:食べログ

シンプルスタイルが無性に食べたくなってしまう中華そば秋田県のラーメンの定番と言えば鳥ガラベースが一般的ですが、昔ながら中華のそばを通しているお店があります。それが秋田県横手市で人気のラーメン店「三角そばや」。

三角そばやは煮干しをたっぷりと使用した昔ながらの中華そばスタイルで、煮干しをじっくりと煮込んだスープは旨味が凝縮されていながらもあっさりとした味わい。麺は縮れ麺であっさりテイストのスープとの相性は抜群そしてメンマ、ネギ、ナルトといったシンプルなトッピングも魅力的です。

さらに近年ではチャーシューと言えば豚バラがスタンダートとなっていますが、三角そばのチャーシューは昔ながらのもも肉。
モフモフとした食感が昭和らしいラーメンで何度食べても飽きを感じる事が無く、無性に食べたくなってしまう美味しさです。

名代 三角そばや 横手店
問い合わせ 0182-35-5001
住所 秋田県横手市安田字向田204 名代 三角そばや 横手店


秋田県で是非とも訪れてほしいラーメン屋を厳選いたしましたがいかだったでしょうか。是非美味しいラーメンを食べて元気になってくださいね!

関連記事一覧

山形県でお勧めの絶品のラーメン店を厳選

南陽市のお勧めのラーメン店を厳選

仙台で絶対お勧めのラーメン屋を厳選

喜多方ラーメン厳選特集

青森の絶対行ってほしいおすすめのラーメン屋を厳選