東北LOVERS

秋田県のお土産ならこれ!是非買いたいお菓子やご当地グルメ

2018年01月11日(木)/秋田


観光やビジネスで全国各地を訪れる機会は非常に多いですよね。そんな時、訪れたエリアの美味しいお菓子やご当地グルメをお土産として購入する事も多いかと思います。

東北の地、秋田県も角館や田沢湖といった全国的にも有名な観光地が豊富な事で人の往来も多くお土産を購入される方の姿を見かける事も多々あります。今回はそんな秋田県を訪れた方のために、人気のお土産ベスト10をご紹介します。

PR

スポンサードリンク

第10位なまはげにお形がユニークな「なまはげ饅頭」

なまはげにお形がユニークな「なまはげ饅頭」

出典:秋田経済新聞

秋田県では古くから神の使いとされている「なまはげ」が昔から宿っているという言い伝えがあります。そんななまはげの形をしたユニークなお菓子がなまはげ饅頭。

秋田県においては老舗とも言えるフジタ製菓で製造されているお土産として人気のお菓子で、ふっくらとしながらもしっとりとしたカステラ生地の中には厳選された小豆にて丁寧に炊きあげられた甘さスッキリの餡子がびっしり。

なまはげの形で楽しみ、食べても楽しめるここでしか味わえないお菓子です。また白あんベースもあり、隠し味には味噌が使用され、スッキリとした上品なコクも楽しめると幅広い世代に人気のお菓子となっています。

9位心も体もぽっかぽかの郷土料理「きりたんぽ鍋」

心も体もぽっかぽかの郷土料理「きりたんぽ鍋」

出典:きりたんぽ通販

全国的にも「秋田の郷土料理=きりたんぽ鍋」は多くの方が知っている程、有名な郷土料理ですよね。「きりたんぽ」はつぶしたご飯を木の棒に巻き付け、焼きあげた物です。このきりたんぽの発祥は、きこりがお弁当に持参した冷たくなったおにぎりを何とか暖かくして食べられないかと木の棒に巻き付け焚き火で焼き上げた事が始まりとされています。

そんなきりたんぽ鍋に欠かす事が出来ない食材と言えば秋田が誇る地鶏麩比内地鶏もあります。程良い弾力がありながらも柔らかく、ジューシーさが魅力的。

さらに比内地鶏は肉よりもガラがこのきりたんぽ鍋に欠かす事が出来ません。じっくりと炊きあげられたガラからは濃厚な旨味が凝縮されたスープが出来上がり、表面がギトギトになる程濃厚さながらスッキリとしているのが比内地鶏スープの特徴。そんな比内地鶏のスープとお肉、ゴボウやセリといった食材ときりたんぽをぐつぐつと煮込めば秋田の冬に欠かせないきりたんぽ鍋の完成です。

比内地鶏の旨味と野菜の美味しさがきりたんぽに染み渡り体の芯からぽっかぽかにさせてくれます。冬が近づくにつれ主要デパートや駅、空港ではきりたんぽやスープ、食材がセットになったきりたんぽ鍋セットがお土産として大人気。

8位メディアで取り上げられ大ブレーク中「バター餅」

メディアで取り上げられ大ブレーク中「バター餅」

出典:All About

北秋田方面でごくスタンダートなバター餅ですが、メディアに取り上げられると話題沸騰となり、予約しないと食べられない程大ブレークしたスイーツ。お餅に芳醇な香りが堪らないバターと濃厚で新鮮な卵黄をたっぷりと混ぜ合わせた今や秋田を代表するスイーツとも言えるバター餅。バターやランプが練り込まれている事で、口の中にほおばるととろけるような柔らかさ。バターの香りと卵黄のコクが口いっぱいに広がるスイーツです。

秋田県内のスーパーは勿論、駅や空港でもお土産として大人気のスイーツ。半生状態となっている事で早く食べないと美味しさが半減してしまうので、頂いたらすぐに味わって欲しいスイーツです。

7位若い方からも大絶賛「生もろこし」

若い方からも大絶賛「生もろこし」

出典:Goo ブログ

小豆粉と砂糖を混ぜて型に入れて乾燥させた昔懐かしい銘菓もろこし。でももろこしって口の中の水分が全部持っていかれたり、何より「古臭い」というイメージからご年配の世代からは人気となっていても若い世代からは懸念されるお菓子となります。

そんなもろこしを生状にして作られたのが「生もろこし」。定番の餡子味は勿論、栗入りまで種類の豊富さも魅力的。スッキリとしながらも餡子のコクが保たれ、まるで上品な和菓子を堪能しているかのような味わい。ホワイトチョコレートがコーティングされた生もろこしもあり、幅広い世代から親しまれている人気のお土産です。

6位海藻ながら意外にお土産として人気の「ぎばさ」

海藻ながら意外にお土産として人気の「ぎばさ」

出典:【楽天市場】 ショップ一覧

「ぎばさ」ってご存知でしょうか?ぎばさは秋田ではポピュラーな海藻です。しかもこのぎばさはお土産として大人気中。
ぎばさは海藻類の中でもネバネバ間が強いのが特徴的。

しかし、このネバネバこそ美を追求する女性には欠かせないのです。ぎばさを始め、海藻類のネバネバはフコイダンという成分によるものです。フコイダンには毛髪や肌に潤いを与える成分なのです。しかもこのフコダインはガン細胞を退治する効果にも優れた効果が期待出来ちゃうのです。

そんな素晴らしい効果が満載となったぎばさが女性を中心に人気となっています。ぎばさはお味噌汁の具材としては勿論、温かいご飯に乗せて醤油を掛けるだけで他に置かずが要らない絶品さ。女性であれば誰でも美しさを維持したいと考えているので、女性向けのお土産として人気急増中。

6位燻した香りがクセになる「いぶりがっこ」

11

出典:www.hotpepper.jp

秋田県の方便で「がっこ=漬物」となっており、秋田ではご飯時だけでなく知人や友人を招いた際のティータイムや農作業の一休憩でお茶と一緒にがっこを食べる習慣があります。。そんな秋田県の名物ともなっているのが「いぶりがっこ」。

簡単に説明すると大根を囲炉でを燻って作られたのがいぶりがっこは燻製の芳醇な香りとシャキッとした食感が堪りません。しかもこのいぶりがっこ、単に食べるだけでなくさまざまなアレンジによって秋田県内で販売されています。

中でも人気となっているのが有名スイーツ店で販売されている「いぶりチーズ」。ベイクドチーズケーキにいぶりがっこを使用した斬新なスイーツ。チーズのコクや塩味といぶりがっこの食感や香りが絶妙なマッチ。漬物とスイーツのコラボなんてなかなかありませんが、いぶりがっこはスイーツとの相性も抜群。いぶりがっこは一服タイムやごはんのおかずは勿論、お酒との相性も抜群で多くの方を魅了させる漬物として人気のお土産です。

5位秋田産のりんごがたっぷりと詰まった「りんごパイ」

秋田産のりんごがたっぷりと詰まった「りんごパイ」

出典:小町ごころ

秋田県の十文字エリアや鹿角エリアはりんごの栽培が盛んです。そんな秋田産のりんごをふんだんに使用したりんごパイはお土産として人気が高い一品。創業90年程にもなる秋田では老舗として有名な菓子業者で販売されているりんごパイは芳醇なバターがたっぷりと使用されたパイ生地に特製の蜜でじっくりと煮込まれたりんごフィリングがたっぷりと詰まっています。

外側はサクッとしながらバターの香りが漂い、中には甘さ控えめのりんごの旨味が凝縮したフィリングがたっぷり。県民からも人気が高いスイーツはお土産としても大人気となっています。

4位冬季にしか味わえない県民からも大絶賛「あつみのかりん唐」

冬季にしか味わえない県民からも大絶賛「あつみのかりん唐」

出典:ippin

かりん糖は全国各地で味わえるスイーツですが、この「あつみのかりん糖」を味わってしまえば他のかりん糖が食べられなくな程の美味しさ。秋田県仁賀保エリアのお菓子屋で作られているかりん糖は県民でさえも「無性に食べたくなる」程の人気ぶり。甘さ控えめでカラッとしており、ゴマの風味が次から次へと頬張ってしまう程です。

しかし夏場は気温の上昇によって糖分が溶けてしまうとの理由で販売時期は秋冬のみ。販売開始時期となると駅や空港でも販売されていますが、すぐに売り切れとなってしまいます。もしお土産として1袋でも購入できたら奇跡とも言えます。
予約注文やネット注文も行われていますが、常に待ち状態となる程秋田でなかなか入手出来ない銘菓。

3位日本三大うどんの一つともなっている「稲庭うどん」

日本三大うどんの一つともなっている「稲庭うどん」

出典:小町ごころ

日本三大うどんの一つでもある稲庭うどんは江戸時代より続く老舗「佐藤養助」にて一子相伝の技により、手延べで作られています。独特ののど越しとをコシ堪能出来ます。平打ち麺で汁が良く絡み、冷たくしても温かくしても美味しく食べれます。

贈答用として県民の間でも重宝されており、秋田を訪れたお土産にも最適ですね。

2位秋田の名産ハタハタが使用された「ハタハタ寿司」

秋田の名産ハタハタが使用された「ハタハタ寿司」

出典:www.omiyageakita.com

冬の時期にしか漁獲出来ない秋田名物ともなっているハタハタ。そんなハタハタを酢や麹、人参やカブと一緒に熟成されたハタハタ寿司は秋田の人気お土産品。ハタハタの味わいが酢漬けでより旨味が凝縮され、旨味と香りが口いっぱいに広がります。
そのままでもご飯のおかずやお茶請けに絶品なのですが、ほんの少し炙ると旨味がより凝縮されお酒の肴にピッタリ。
飲べえに喜ばれる事間違い無しのお土産です。

1位秋田銘菓で人気の金萬

秋田銘菓で人気の金萬

出典:食べログ

秋田のお土産の定番と言えばやはり金萬。50年以上に渡り秋田銘菓として不動の地位を築く程の人気ぶり。ふわっとしながらもしっとり感のあるカステラ生地。その中にはコクがありながらも甘さスッキリの白餡がたっぷり。
秋田県民も大切な方への贈答用として購入している程の美味しさ。

また県内では外国人による「ダメダメダメマス、リコ、美味しい」という金萬のテレビCMは誰でも知っている程の知名度。
一口サイズで食べやすさも金萬の魅力。これからも秋田土産と言えば「金萬」と言われる存在となっていくでしょう。