四国LOVERS

愛媛で絶対行きたい観光名所を厳選

2017年09月11日(月)/愛媛

Pocket

四国最大の都市・松山市がある愛媛県!近年は、松山市を中心に、宇和島市、今治市など個性豊かな街がそろっていることから全国各地から観光客が訪れる四国でも旅行にスポットが当たる県になりつつあります。そんな愛媛県には旅行した時に訪れるべき観光スポットが意外といっぱいあります。そこで今回は愛媛県のおススメの観光スポットをご紹介します。ぜひ、こちらをご覧になってあなたの愛媛県旅行に役立つように努めたいと思いますので、楽しく拝見してくださいね。みかんで有名ですが、みかんだけでない愛媛県の魅力をいっぱい記載しますので、参考にしてくださいませ!

①松山城

松山城

出典:じゃらんnet

愛媛県の県庁所在地である松山市にあるお城で、日本三大平山城の1つで、40棟あった建物も火災などにより現在は19棟を残すのみですが、あの姫路城と同じ作りをしていて見応えがあります。市の中心部にあり、標高が130mを超えるということもあり、見晴らしはよく松山市を一望できることから人気があります。山頂までの道は散歩コースとして楽しめる他に、ロープウェイも西部されているので、登頂しやすい環境が整っています。また、春には場内にある桜が満開になってお城と一緒に写真に収める人が多くいらっしゃいます。最近ではインスタに乗せる人もいるなど幅広い年代から支持を受けているお城でもあります。

②今治城

今治城

出典:海賊つうしん。

松山城が平山城として有名ならばこちらの今治城は海城として有名で日本三大水城に任命されています。水濠から見るお城は凄くキレイで貫禄があります。港町として栄えたことが如実にわかる作りになっています。また、城の最上階からは瀬戸内海を眺望することができるので、しまなみ海道を見ることができて、人気の高いスポットとなっています。そして、なによりもココの楽しみは、日没後の30分後から23時までの間にお城がライトアップされるので、凄く趣高いお城の姿を見ることができます。お城の周辺は散歩コースになっているので、ゆったりとした水の流れを見ながら気ままに散歩を楽しむこともできます。都会の騒がしさを忘れさせてくれるほど、のどかな環境がそろっているので、ストレス解消や気分をリラックスするにはもってこいのスポットです。もちろん、写真を撮れる場所もあるのでスマホ片手に写真を取るのもありですよ。

③坊っちゃん列車

坊っちゃん列車

出典:松山城が大好き!

愛媛県を舞台にした夏目漱石の小説「坊っちゃん」から名づけられた電車で、SLの列車で、松山市内を走っています。撮り鉄に非常に人気があり、連日、写真を取りに来る方々がいらっしゃいます。もちろん、乗車してゆっくりと松山市内の情景を楽しむことができるので人気があり、家族連れで乗車される方が多いです。道後温泉から出発するのもあるので、道後温泉で宿泊される方は、この列車を利用して市内にくる方も多いですよ。また、小説「坊っちゃん」のファンでこの列車に乗られる方も多く、幅広い年代に愛されている列車でもあります。最近ではインスタのネタにもなっているので、ヤング世代からも注目を浴びています。市内各地には使い終わった列車が展示されているのでそれと一緒に見るのも楽しみの1つではあります。

④道後温泉

道後温泉

出典:dogo.jp

松山市にある温泉街で、愛媛県のみならず四国を代表する温泉として有名です。伝統があり、泉質も良い事から日本各地に温泉ファンがいて、絶えず予約でいっぱいの宿もあります。観光シーズンになると温泉街を歩いている人のほとんどが県外人の時もあります。昔ながらの町並みがそのまま残されていて、歩くだけでも楽しく、また、夏目漱石の小説「坊っちゃん」の舞台にもなったということで、小説を再現しながら歩く方もいらっしゃいます。ミシュランのガイドでも二つ星をもらうほどの実力であり、世界からも認められた温泉と言っても過言ではありません。宿の周辺には観光施設や飲み屋、飲食店も多くあるので温泉以外にも楽しく過ごせる環境が整っています。愛媛県に行ったらココは絶対に外せないと言っても間違いないスポットでもあり、また、元光GENJIのメンバーの方が居酒屋で働いていることもあり、元ファンの方々が訪れることもあるそうです。ゆったり温泉につかってリフレッシュもできて、美味しい食事なども楽しめる温泉街です。

⑤坊っちゃんスタジアム

坊っちゃんスタジアム

出典:松山観光コンベンション協会

愛媛県を代表する球場で、プロ野球の試合なども開催されます。野球という言葉を生まれるきっかけになったのが愛媛県の詩人で、夏目漱石とも親交のあった正岡子規が「野ボール」と言ったいう俗説があり、それゆえに愛媛県は野球がさかんな県でもあります。こちらの球場は本名は「松山中央公園野球場」で、坊っちゃんスタジアムは愛称であります。球場の入口には正岡子規の石碑があり、正岡子規ファンには人気があり、また、野球ファンにとっても聖地に近い感じの球場ではあります。そのために試合がない日でも見学される方が多く、の・ボールミュージアムと称した野球の資料館があり、いらっしゃる方々を楽しめる要素があります。ただの球場ですが、野球の歴史を堪能できる球場として人気があります。

⑥愛媛県総合科学博物館

愛媛県総合科学博物館

出典:ウィキペディア

新居浜市にある博物館で、自然、生物、環境、産業、天文などあらゆる分野にたけた展示物があるとして人気があり、小中学生の遠足や社会科見学に利用されています。1994年の開園以来これまでに17万人以上の来客があり、愛媛県を代表する博物館になっています。一番の注目は世界最大級のプラネタリウムで、見る人を圧巻させるほどの迫力があります。設計にはあの黒川紀章さんが携わったとしても有名で、外観を見にくる方も多いです。外観を見たら見学せずにはいられなくなる雰囲気を醸し出しています。たまにゆったりと見学するもよし、家族で楽しむこともできるので愛媛県の観光には欠かせないスポットとなっています。

⑦松山市立子規記念博物館

松山市立子規記念博物館

出典:巡るめく四国

愛媛県出身で日本を代表する詩人でもある正岡子規の意志を引き継いでいる施設であり、正岡子規に関する資料だけでなく、松山市と道後温泉の歴史と子規の絡みた、正岡子規が目指した世界などが紹介されるなど詩の分野以外でも楽しめる要素があるのがココの博物館の魅力の1つでもあります。正岡子規は名前しか知らないと言う方でも十分に楽しめる作りになっているのでどなたでも楽しむことができますよ。1981年に開館してからこれまでに450万人の方々からご利用されていて全国各地から正岡子規ファンのみならずに愛されている博物館でもあります。作るきっかけが松山市が工業化路線からハコモノへとシフトしたことからであり、松山市の歴史そのものでもあります。

⑧道後ぎやまんガラス美術館

道後ぎやまんガラス美術館

出典:Journal4

道後温泉街にあるガラスの美術館であり、300点以上のガラス作品が展示されていてどれも個性的で見応えのある作品でいっぱいです。また、庭園もありきれいに整っていて、ゆったりとした時間が流れている感じなので、気分をリフレッシュできるのと、デートなどにもおススメできますよ。夜はライトアップもされるので、光りとガラスの調和が見事で幻想的な世界に迷いこんだ感じになります。カフェも併設されているのでコーヒー一杯を味わうこともできますよ。

⑨タオル美術館ICHIHIRO

タオル美術館ICHIHIRO

出典:Twitter

今治市にあるタオルを専門に扱った美術館であり、日本でも、いや世界でも類をみない珍しい美術館として有名です。もともと、タオルや布の生産地として今治市は有名であったことから、今治市のタオルメーカーが作ったのが始まりでした。豊かな自然とタオルが融合された新しいアート的な感じを打ち出していて、タオルアートなど、子供でも楽しめる要素が盛り込まれています。デザイン豊かないろいろなタオルを見ることができる他に、タオルの製作過程や使用用途などの資料もあり、これまでに知らなかったタオルの知識を身につけることができますよ。

⑩村上水軍博物館

村上水軍博物館

出典:しまひと

今治市にある歴史の博物館で、かつてこの地で活躍し、小説にもなった村上水軍の資料が展示されていて、海賊の資料でもあることから意外と珍しい部類になります。また、水軍が使用したとされる船も再現されていて、村上水軍ファンや海賊マニアにはたまらない作りになっています。さらに展望室からは瀬戸内海を一望できるので、見晴らしが良く最高級のスポットにもなっています。小説でしか知らない、聞いたことない人でも楽しめるように資料がそろっていて、海賊の生活などもうかがい知ることができるのでおススメできますよ。

⑪宇和島市営闘牛場

宇和島市営闘牛場

出典:ピカラタウン

日本でも活発に闘牛をしている愛媛県を代表する闘牛であり、日本を代表する闘牛場でもあります。年に何回か闘牛が行われるのでその日に合わせて旅行を組む方もいるそうです。ドーム型の闘牛場でもあり、全国でも珍しい作りになっているので、闘牛が開催されない日でも外観だけを見にくる方もいらっしゃいます。