四国LOVERS

高知県で食べないと損をするご当地グルメを厳選

2017年09月02日(土)/高知

Pocket

高知県は山と海に囲まれた自然豊かな県の為、美味しい食べ物がいくつかあります。今回は高知県に来たら一度は食べていただきたい食べ物をご紹介します。

①かつおのたたき

かつおのたたき ご当地グルメ

出典:CALORI【カロリ】

高知県に来たことが無い人でも一度は聞いたことはあるであろう「かつおのたたき」。高知県では藁焼きをし、外は香ばしく、中は濃厚なかつおの味を楽しむことができます。

かつおのたたきといっしょにニンニクを食べるとまた味にインパクトがつき、とてもおいしいです。「食べるだけでは物足りない」という方必見!!かつおの藁焼きを体験できる店舗は県内に数か所あります。予約が必要な店舗もありますので、事前に店舗の確認をしてください。

⇒高知県で本当に美味しい鰹が楽しめるお店を厳選

②鍋焼きラーメン

鍋焼きラーメン ご当地グルメ

出典:食べログ

高知県のゆるキャラ「しんじょうくん」が頭に被っている鍋焼きラーメン。あっさりとした鳥ガラ醤油ベースの味に、少し硬めの麺で食べごたえがあります。

麺の他には鶏肉、ねぎ、生卵、ちくわといった具が入っています。鍋の中でグツグツと沸騰したまま提供されるので初めての人はびっくりすると思いますが、とてもおいしい名物ラーメンです。

冬に食べると体の中からポカポカとしてくるため、外の寒さに負けない体になります。夏に食べるのは暑そうに思いますが、あっさりとした味で食べやすく、外気の暑さが気にならない味で満足してくれると思います。

元々は高知県の須崎という地域の食べ物ですが、現在は高知県内どこでも食べることができます。

③ミレービスケット

ミレービスケット ご当地グルメ

出典:【楽天市場】 ショップ一覧

十円玉程度の大きさのビスケットです。一般的なミレービスケットは生地はほんのり甘く、まぶしている塩との相性が抜群のお菓子です。

塩味以外にもキャラメル味・コーンポタージュ味・生姜味・ブラックペッパー味・にんにく味・コーヒー味・ゆず味などがあります。様々な味があるので、小さいお子様のおやつから大人のお酒のつまみまで幅広く愛されています。

ちなみに、ミレービスケットは長持ちするので防災グッズの非常食用に缶詰版も販売されています。値段もお手頃価格なのでぜひ食べてみてくださいね。

④芋けんぴ

芋けんぴ ご当地グルメ

出典:芋屋金次郎

ミレービスケットに並んで人気のお菓子となっている芋けんぴ。サツマイモを短冊状に切り、砂糖をからめて作られたお菓子です。

見た目などは若干フライドポテトに似ていますが、触感・味は真逆です。カリカリした触感に砂糖とサツマイモの甘さが口いっぱいに広がり、こちらも老若男女問わず愛され続けているお菓子です。こちらも味のバリエーションが沢山あります。

上記で案内した砂糖味以外にも、四万十川青のり味・黒ゴマ味・むらさき芋けんぴ・ゆず味・塩ニンニク味・塩味・コーヒー味・シナモン味・黒糖味・生姜味・キャラメル味・イチゴ味・かぼちゃ味・チョコレート味等があります。その他にもチョコレートで周りをコーティングしたものなどもあり、いろいろな芋けんぴの顔を見ることができますよ。

⑤うつぼのたたき

うつぼのたたき ご当地グルメ

出典:土佐料理 司

海のギャング「うつぼ」見た目は鋭い歯と不気味な姿をしていますが、実はおいしいです!淡白で豊潤な磯魚ですが、臭みがなく独特な歯ごたえをしています。たたき以外にもから揚げなどにされるうつぼ。

一度食べると、また食べたくなるうつぼを高知県に来たら一度注文してみてはいかかがですか?

⑥1×1=1 アイスクリン

1×1=1 アイスクリン ご当地グルメ

出典:アイス天国

高知県を代表するアイス「1×1=1 アイスクリン」。アイスという名前ですが、アイスクリームではなくかき氷など氷菓子の仲間です。

砂糖・たまご・脱脂粉乳・バナナ香料で作られていて、乳脂肪分は3%以下ととってもヘルシーな氷菓子。20年ほど前までは全国どこでも見かけられていたそうですが、今では高知でしかあまりみられていないそうです。甘さ控えめのあっさりとした味で、こちらも老若男女問わず愛されています。

昔はアイスクリンといえば白色だけでしたが、今では抹茶・イチゴ・ソーダ・チョコレート・ゆず・コーヒー・メロン・みかん・あずきなどが増えました。

しかし、アイスクリンといえば白なので、初めての人には白を必ず食べてほしいと思います。こちらのアイスクリンは祭り会場ではもちろん販売をしていますが、高知県内の道中いたるところに出店を出していますので、見つけたらぜひ食べてみてください。
お店によっては複数味を盛ってくれるところもありますので、自分好みの味をチョイスしてみてはいかがでしょうか。
一度食べると忘れられない味のようで、県外の方が高知に戻ってきたときは必ず食べるものの一つだといっていました。
ネットでも購入することができるので、気になるけど遠くて行けない方はネットでも注文してみてはいかがでしょうか?

⑦ごっくん馬路村

ごっくん馬路村 ご当地グルメ

出典:馬路村農協

柚子とはちみつのみを使って作られた柚子ドリンクです。さっぱりとした味で、何度飲んでも飽きることのない癖になる味です。暑い夏などにぴったりの高知県民に愛されているドリンクです。

通常のごっくんは瓶に入った柚子ドリンクですが、そのほかにもスポーツドリンクとして作られたものや、炭酸が入ったごっくんなど年々いろいろな種類のごっくんが発売されています。このごっくんは高知本場のお祭り「よさこい祭り」に参加した踊り子の水分補給として給水している競演場もあるほどみんなから愛されています。

ゆずの酸っぱさは強くないため、小さなお子様でも飲みやすくなっていますよ。ちなみに保存料を使っていないので、親御さんも安心してお子様にあげることができますよ。

高知グルメはどこで食べるのがベスト?

高知県高知市の中心にある「ひろめ市場」 ご当地グルメ

出典:高知広告センタ

上記でご案内した料理は高知県高知市の中心にある「ひろめ市場」で食べることができます。ひろめ市場には上記7つ以外にも高知県でしか食べることのできないものもたくさんありますので、ぜひ一度立ち寄ってみてください。

そして、高知県の強いイメージでよくあるのが「酒飲み」だと思います。このひろめ市場は昼間っから酒飲みがたくさんいます。しかし、高知県の酒飲みは良い人ばかりで、初対面の人同士でもお友達のように仲良くなることができます。狭い店内にたくさんのお店が密集し、お客さん同士も密集しているからこそ、多くの人と仲良くなれる場所だと思います。ちなみに県外から来たって言うと美味しいものを他に教えてくれたり、運が良ければ食べ物をおごってくれるかも…。自然がたっぷりで、空気もおいしい高知県。そこで育った野菜や果物・お肉はほかの県では味わえないおいしさがあります。ぜひ高知県に来た時には、高知県でしか食べれないグルメを楽しんでくださいね。