東北LOVERS

御朱印集めに最適な佐賀県の神社・お寺厳選10選

2018年04月29日(日)/佐賀


 

御朱印集めに最適な佐賀県の神社・お寺厳選10選

出典:ハンズのワークショップ-東急ハンズ

神社やお寺の中には、参拝のあかしとして御朱印を授けていただけるところがあります。御朱印は御朱印帳に、ご宝印とともにその神社やお寺の名称を手書きで記入し、日付も書いていただけます。そんな御朱印ですが、近年「御朱印ガール」と呼ばれる、御朱印とともに可愛い御朱印帳を集めている女性が増えてきたそうです。日本一可愛い御朱印帳ランキングなども作られているとか。そんな御朱印・御朱印帳集めに最適な佐賀県の神社とお寺をこの度ご紹介します。

佐嘉神社(さが神社)

佐嘉神社

出典:www.sagajinjya.jp

境内にある八社を巡ることができます。

一番社・佐嘉神社

文化・交通・学問にご利益があります。佐賀10代藩主鍋島直正と11代藩主鍋島直大を祀っています。

二番社・松根社

礼儀作法・芸術・学門にご利益があります。10代藩主鍋島直正に仕えた佐賀藩士古川松根を祀っています。

三番社・松原神社

開運・勝利・招福にご利益があります。戦国の武将龍造寺隆信と鍋島直茂を祀っています。

四番社・佐嘉荒神社(こうじんしゃ)

火事除け・家内安全・災難除けにご利益があります。日本土着の荒神信仰の神社です。荒神は火や、かまどの神とされています。

五番社・松原恵比須神社

開運・商売繁盛・招福・くじのご利益があります。とんさん恵比須という恵比須像があり、宝くじの当選祈願をする人が多いことで有名です。

六番社・松原稲荷神社

家内安全・商売安全の御利益があります。2月にぜんざい祭りが行われます。

七番社・松原河童社(かわそうしゃ)

水害・水難除け・災害除け・子供の厄除けの御利益があります。土着神の「兵主部」(ひょうすべ)という松原川に住んでいた河童の像を祀っています。

八番社・松原椰木社(なぎのきしゃ)

縁結び・家内安全・魔除け・病気平癒・商売繁盛・子宝成就の御利益があります。木の神である久久能智神社と国護りの神である大国主神が勧請されたご祭神です。社の側に植えられている御神木の梛木は、枝が切れにくいことから縁結びにご利益があるとされています。この八社を詣でた参拝の証として「八社詣之証」という、神紋スタンプを押すスタンプ帳があります。
神紋スタンプとは別に、御朱印をいただくことができ、八社すべてを「佐嘉八社詣めぐり」として、一つの御朱印帳に載せることもでき、一社ずつの御朱印とすることもできます。
月ごとに違うデザインの御朱印帳がありますので、御朱印帳集めにおすすめです。

佐嘉神社御朱印帳

出典:ameblo.jp

佐嘉神社(さが神社)
【所在地】佐賀市松原2-10-43 佐賀県庁前

與止日女神社(よどひめ神社)

よどひめ神社

出典:佐賀県観光連盟

風光明媚な川上峡にあり、自然に囲まれた與止日女神社は、欽明天皇25年(西暦564年)に創建された歴史ある神社で、子孫繁栄の御利益があるとして、子宝を願う人が多く訪れます。神功皇后の妹君、あるいは神武天皇の祖母である豊玉姫と同一であるもされている與止日女が御祭神。境内には、小さな祠の與止日女天神があり、大宰府と同じ「菅原道真」を祭神としていますので、学門の神さまとしての御利益があります。
また、境内の入り口近くにある大楠は、樹齢1450年以上と言われていて、長寿のパワースポットとして密かな人気スポットに。他にも拝殿の250枚の天井画や、5月に行われる「川上峡春まつり」の300旒の鯉のぼりなど見どころもたくさんあります。

よどひめ神社御朱印

出典:佐賀の雑記と山好きブログ

與止日女神社(よどひめ神社)
【所在地】佐賀市大和町川上1-1

唐津神社(からつ神社)

唐津神社

出典:じゃらんNet

唐津の町の中心部にあり、入り口の真っ白な鳥居が印象的な唐津神社は、奈良時代に創建されたといわれる古い神社。三韓出兵の際に神功皇后が航海の安全祈願を行った、住吉三神(底筒男神・中筒男神・表筒男神)と、神功皇后が三神に捧げた宝鏡を発見したという領主神田宗次を祀っています。厄除け・学業にご利益があり、唐津くんちの曳山が描かれた御朱印帳は、ぜひ頂いて欲しい美しさです。

唐津神社御朱印帳

出典:ハニーちゃんの御朱印帳 – Ameba Ownd

唐津神社(からつ神社)
【所在地】唐津市南城内3-13

宝当神社(ほうとう神社)

宝当神社

出典:トラベルジェイピー

唐津市から2キロほど沖合に浮かぶ高島にある宝当神社は、お参りすると宝くじが当たるとして有名になりました。唐津の宝当桟橋から高島港まで、船で10分の距離。定期便が一日5便出ています。
そんな宝当神社の祭神は、元亀4年(1573年)に一人で海賊30人と戦い高島を守ったとされる、元越前草野家の家臣野崎隠岐守綱吉命。宝当神社が出しているお守りには、金運財布守、金運守、開運長久御札の他、必当守(ひっとまもり)、雅守(セレブまもり)、勝利をつかむ守などユニークなお守りまであります。御朱印帳は、宝当神社の藤棚の満開の図を描いた藤の花模様と幸運を呼ぶ白虎模様の二種類です。

宝当神社御朱印帳

出典:Yahoo!知恵袋 – Yahoo! JAPAN

宝当神社(ほうとう神社)
【所在地】佐賀県唐津市高島鎮座

天台宗別格本山 大興善寺(だいこうぜんじ)

だいこうぜんじ

出典:グーグー情報局

契山(ちぎりやま・標高約400m)の中腹に建てられた大興善寺は、つつじの寺として全国に知られています。養老元年(717年)に行基によって開創されたといわれていて、本尊の十一面観音像は、平安時代の火災の際にも焼けなかったため、火災除けの御利益があるとされています。
平安時代末期に、その本尊を守護するために安置されたという、多聞天(毘沙門天)と広目天は国指定需要文化財で、つつじのシーズンのみ公開されます。契山は、五十猛命と佐子姫が愛を交わした山という伝説から契山と名付けられ、契山観音像が建立されました。2012年に「恋人の聖地プロジェクト」より恋人の聖地に認定されました。御朱印は庫裏で受け付けしています。

だいこうぜんじ御朱印帳

出典:ameblo.jp

天台宗別格本山 大興善寺(だいこうぜんじ)
【所在地】佐賀県三養基郡基山町大字園部3628

千栗八幡宮(ちりく八幡宮)

千栗八幡宮

出典:吉野ケ里の醤油屋おかみのブログ – さがファンブログ

日本三大粥祭りの一つである、「お粥だめし」の神事で有名な千栗八幡宮は、北茂安校区白壁地区の長い石段(146段)を昇ったところにあり、呼び方は、「ちくり」ではなく、「ちりく」。

 

『肥前国の養父郡司であった壬生春成が、千栗山に猟に行った際に弓の先に八幡様の御使いである白鳩が止まった。その夜、「千栗山に八幡神を祀りなさい」と言う1000個の栗を持った白髪の老人の夢をみた。翌日千栗山に行くと、逆さまに植わっていた千個の栗から栗の木が一夜のうちに生い茂っていたことから、栗をさかさまに読んで「ちりく」というようになった』

という伝説に依っています。境内の神馬や狛犬(町指定重要文化財)は、思わず微笑みたくなるような、かわいらしい形。また、境内社に、武雄神社・鳩森稲荷神社・天満宮があります。中でも、武雄神社は手足の痛みにご利益があると言われています。奉納されている木型を持ち帰って痛いところに当てて快癒を祈念し、治癒したお礼には新しく手や足の木型を作って奉納することになっています。
鳩森稲荷神社は、壬生春成の弓の先に止まった白鳩を祀っていて、火災鎮護・交通安全・家内安全・商売繁盛にご利益があると言われており、御朱印帳には、この白鳩と栗があしらわれています。

千栗八幡宮御朱印帳

出典:みやき町観光協会

千栗八幡宮(ちりく八幡宮)
【所在地】佐賀県三養基郡みやき町大字白壁2403

仁恩之瀧大本山 吉祥寺(きっしょうじ)

吉祥寺

出典:佐賀県観光連盟

しゃくなげの寺として知られる吉祥寺は、静かな山の中にあります。文明6年(1474年)創建の古刹。吉祥寺の本尊は、秘印を結印された4本の腕を持つ大日如来の胎内仏、秘仏大日大聖不動明王。舒明天皇の玉体安穏を祈願した秘仏で12年に一度開帳されます。本堂である大慈悲殿の地下には、印度釈迦如来様天竺八塔の土砂で作られた「御浄土巡り」という道場があって、四国八十八ヶ所の砂が足元に敷き詰められおり、壁には金剛界・胎蔵界の梵字が書かれています。中は真っ暗で、現世安静後生浄土の御利益を受けられるよう唱えながら、左手で壁を触りながら道場を一周します。

仁恩之瀧大本山 吉祥寺(きっしょうじ)
【所在地】佐賀県三養基郡基山町園部1167

武雄神社(たけお神社)

武雄神社

出典:coara.or.jp

桜やつつじ、大藤、春もみじ、と季節の花々が咲く御船山楽園から車で5分ほどの位置にある武雄神社は、天平7年(735年)創建とされる古刹。御祭神は武雄大明神(武内宿禰・武雄心命・仲哀天皇・神功皇后・応神天皇)で、主祭神である武内宿禰は、第12代から第16代の天皇に仕えた日本一長寿の神さまとされています。武運長久・開運・厄除けの御利益にあずかることができます。
武雄神社の見所としては、天歴58年(951年)に書かれた四至実検状という、佐賀県最古の文書や、壇之浦の戦いの時に平家追討祈願をした礼状、伏見天皇論旨など、218通の古文書が挙げられます。これらは現存しており、国の重要文化財に指定されています。樹齢3000年の大楠が御神木で、大楠の御朱印をいただけます。
また、仲哀天皇と神功皇后の神威よって2本の榎が根元で結ばれ、樹のなかほどで枝が結着したと言われる夫婦榎があり、さまざまな縁をつなぐ象徴として信仰の対象となっています。御神木が台風などで落とした枝から作られた、木霊が宿る「こだま守」や、源頼朝の花押を写字して織り込んだ「勝守」、おみくじ付きの「大楠クラスタル守」むなど独自の御守りを授与しています。

武雄神社御朱印帳

出典:ameblo.jp

武雄神社(たけお神社)
【所在地】佐賀県武雄市武雄町大字武雄5335

祐徳稲荷神社(ゆうとくいなり神社)

祐徳稲荷

出典:Japan Local Guide

日本三大稲荷の一つである祐徳稲荷神社は、貞享4年(1687年)に朝廷の勅願所であった稲荷大神のご分霊を勧請された稲荷神社。九州屈指のパワースポットで、商売繁盛・交通安全・大漁満足・家運繁栄などの御利益にあずかることができます。
祭神は、倉稲魂大神・大宮売大神・猿田彦大神の三神で、それぞれ、衣食住を司る生活の守護神、技芸上達の神、水先案内と交通安全の神として信仰されています。祐徳稲荷神社の境内は広く、本殿は総漆塗りの極彩色で、周囲の自然と調和した美しさで「鎮西日光」とも呼ばれています。
本殿は、清水の舞台よりも高いといわれる高台にあります。その本殿へ上がるエレベーターが2016年に完成しました。料金を支払うと、パワーストーンが入った開運おみくじがいただけます。御朱印帳は、紺色と桃色の二種類があります。

祐徳稲荷御朱印帳

出典:祐徳稲荷神社

祐徳稲荷神社(ゆうとくいなり神社)
【所在地】佐賀県鹿島市古枝乙1855

陶山神社(すえやま神社)

陶山神社

出典:Twitter

有田焼陶祖神を祀る陶山神社は、境内のあちこちに有田ならではの風情があり、焼物に興味がある方には、ぜひ訪れて欲しい神社。登録文化財である磁器製の鳥居は、白磁に天然呉須による淡いブルーの唐草模様が施してあります。狛犬、大水瓶、欄干、太鼓なども磁器で作られたものが使われています。
有田焼を使った交通安全の御守りや、パワーストーンが入った三角みくじ、運が開く傘みくじ、などのオリジナルの御守りやおみくじが作られています。平成28年(2016年)に有田焼創業400年を記念して御朱印帳ができました。

陶山神社御朱印帳

出典:Omairi

陶山神社(すえやま神社)
【所在地】佐賀県西松浦郡有田町大樽2-5-1

佐賀県の、御朱印と御朱印帳集めに最適な神社とお寺をご紹介しました。近年の御朱印集めのブームによって、寺社がオリジナルの御朱印帳を用意することも増えてきましたので、御朱印だけではなく御朱印帳自体を集める楽しみができたかと思います。御朱印は、記念のスタンプなどとは違い、その御朱印帳を持っている方のために祈りの心をこめて一文字一文字書かれるものですので、参拝するのを忘れずに、いただいた御朱印や御朱印帳は粗末に扱わないようにしましょう。

【関連特集】

御朱印集めに最適な熊本県の神社厳選5選

御朱印集めに最適な宮崎県の神社厳選5選

御朱印集めに最適な大分県の神社・お寺厳選10

御朱印集めに最適な福岡県の神社厳選5選

御朱印集めに最適な長崎県の神社とお寺厳選10選