東北LOVERS

鹿児島でお勧めの観光名所を厳選

2017年09月05日(火)/鹿児島

Pocket

鹿児島を訪れる際に絶対押さえておきたい観光名所を厳選いたしました。人気の名所から定番スポット、はたまたデートでや家族で楽しめるようなおすすめ観光スポットをご紹介させていただきます。鹿児島旅行の予定がある方は必見です。旅行のお供と成り得ればさらに嬉しいです。

知覧特攻平和会館

知覧特攻平和会館

知覧は太平洋戦争末期に特攻兵が集う場所。言い換えるとここで特攻兵が訓練してここから死にに行く場所です。つまり命を捨ててアメリカ目指して向かうわけです。それはすべて日本のお国のため。今の現代では考えられない世界ですね。
とりあえず遺書がたくさんあるのが印象的。「自分の命を捨てて、お国のために尽くす」筆者も含めて現在生きている人達はほとんどが戦争を体験していない人だと思いますが、100年前では常識。この特攻兵はもう特攻機に乗った時点で死ぬ運命。燃料もわずかしかないため復路もありません「アメリカ兵を倒してお国のために尽くす」という目的のため途中で海で墜落することも多いみたいです。

知覧特攻平和会館

※知覧特攻平和会館の外には銅像と昔使われていた特攻機
この知覧特攻平和会館ではこれまでかというほど戦争の残酷さを実感することでしょう。いかに平和な時代を生きている我々が幸せなのか実感しますね。

指宿の砂蒸し温泉

指宿の砂蒸し温泉

指宿の砂蒸し温泉といえば「砂楽」が有名どころでしょうか。まず受付の方に誘導されるままに、更衣室で浴衣に着替え、施設の管轄のスペースにある砂場に行きます。そこで老若男女様々皆仰向けになり、砂をかぶってる光景を目の当たりにします。新しく来た人は従業員の人に「そこ寝て」と言われ、すぐさま砂をかぶらされ、砂に埋もれることに。

4

※この下にみえる屋根が指宿で有名砂蒸し温泉です。

砂に埋もれて初めてわかることなのですが地面が熱い。むしろ砂が熱い。まさにサウナ状態と言えるでしょう。基準として10分間と言われ、近くにタイマー時計がありますのでそれを見ながら砂風呂を堪能することになります。

西郷隆盛銅像

西郷隆盛銅像

鹿児島といえば、やはり連想してしまうのが西郷ドン。江戸幕府をたおし、明治政府の設立に大きな功績を挙げた幕末や明治時代初期の歴史に欠かせない重要人物として知られていることでしょう。この薩摩こと、現鹿児島の出身者であることから、西郷隆盛銅像があります。

屋久島の観光名所

屋久島はとても自然豊かな場所です。特に縄文杉のルート、白谷雲水峡には是非行ってみましょう。バスの時刻も限られているため、レンタカーを借りていかれるのが良いでしょう。

白谷雲水峡

白谷雲水峡

白谷雲水峡の写真を見て、真っ先にもののけ姫を連想された方は正解です。そうです、もののけ姫の着想を得たのが、ここ白谷雲水峡だからです。面積423.73ヘクタールの自然休養林で、清流が育んだ森は潤いに富み、およそ600種類を数える苔に覆われた深い緑の森。

屋久島でも屋久杉コース、白谷雲水峡コースと人気を二分します。もちろん屋久杉コースと白谷雲水峡を結ぶコースもありますが、計10時間程なので別々で行かれる方が多いのもうなずけるでしょう。

見てください。写真のように、苔が生い茂っている光景はまるで物語の世界に入り込んだようで幻想的ですね。

屋久島

次に縄文杉のルートをご紹介いたします。縄文杉のルートは当初トロッコ道をひたすら歩き、途中から山道になり傾斜道を登ることになります。平坦なトロッコ道は楽ですが、山道に入ると一気に体力を奪われることでしょう。

屋久島

川も良く横断するため、橋を通ることも多々。torokko2

ちなみに湧水地の水は飲めるため、ペットボトルを持ち歩けば飲料水には困らないことかと思います。

yu

翁杉

翁杉

2,000年の樹齢。厳しい自然の中での長きにわたり屋久島の森に鎮座し続け、その迫力ある威風堂々とした容姿と風格を基に翁杉と名付けられたそうです。

ウイルソン株

ウイルソン株

屋久島にある屋久杉の切り株がここウィルソン株。切り口付近の周囲が13.8mもある巨大な切り株です。伐採当時の推定樹齢3,000年で、豊臣秀吉により400年前に伐採されたのだとか。ウイルソン株の中から外をのぞいてみました。空を仰ぐとハート型と謳われておりましたが、筆者はハート型を撮れませんでした。おそらく角度が大事なのでしょう。

ウイルソン株

大王杉

ウイルソン株 大王杉

縄文杉が再発見されるまで、最大の屋久杉とされたことからその名を冠することになった“大王杉”。下部に大きな割れ目があり、中は空洞なのが特徴。高さは24mもあり、樹齢は約3000年にもなります。

縄文杉

4

屋久島といえば縄文杉。世界遺産としても登録されており、屋久島に来たら押さえて欲しい名所。何が縄文杉の凄さなのでしょうか。それは屋久島に自生する最大級の屋久杉であり、樹高 25.3m 胸高周囲 16.4m が及ぶ点。そして、樹齢 2,000年代~7,200年と歴史がある点です。ここまで来るのに片道5時間はするため、その徒労を考えると、「やっと縄文杉に到着した!」という感極まりなくなる方も多いのだとか。このように、当コースでは縄文杉だけでなく翁杉、ウィルソン株、大王杉と幾つもの屋久杉の大木と会うことが一度に会えるのは非常に嬉しいですね。

屋久島の海中温泉

屋久島の海中温泉

世にも珍しい海に沈む海中温泉がここ屋久島で楽しめます。満潮時と干潮時の差を利用して、時間帯限定で温泉が出現するのがこの海中温泉。名を平内海中温泉といい、干潮の前後約2時間のみ入浴可能な、海の中から湧き出ている珍しい温泉です。もちろん混浴なので、岩場で着替えをして、入ることになります。料金は近場に募金箱なるものが置いてあり、気持ち程度で100円納金するシステムです。海のような温泉、そして夕日を見ながら楽しめることもでき、最高のひと時を過ごせること間違い無し。

桜島

桜島

鹿児島県桜島は、熊本県の阿蘇山と並ぶ有名な火山として知られていることかと思います。現在でも噴煙が見られ、噴火を繰り返してきたのが桜島の魅力を引き上げている証拠でしょう。

湯之平展望所

湯之平展望所

まずご紹介するのが、湯之平展望所。標高373mで桜島において一般の人が入ることの出来る最高地点です。ここから北岳や大正溶岩原など見ることができ、見晴らしがよい展望台です。

10

黒神埋没神社

大正噴火の時に黒神埋没神社の鳥居は、埋もれました。その光景が当時の凄さを物語っているとして、黒神埋没神社は桜島における観光名所として人気を博しています。

いかがだったでしょうか。鹿児島の魅力を少しでも感じてもらえれば嬉しいです。そして、是非鹿児島に遊びにきてくださいね。

九州各県の観光名所情報はこちら

鹿児島でお勧めの観光名所を厳選

宮崎県でお勧めの観光名所を厳選

佐賀観光のおすすめ15選 定番&穴場を専門家が徹底ガイド

長崎県でお勧めの観光名所を厳選