関東LOVERS

埼玉県のB級グルメ!絶品加須うどんのお店を厳選

2017年09月30日(土)/埼玉


埼玉県を代表するB級グルメと言えばほとんどの人が答えるようになったのが加須うどんです。埼玉県加須市が町おこしの一環として全国にプロモーションしたら一気に火が付き、B級グルメでも上位に入るグルメになりました。そんな加須市は近年、大学などの教育施設や工場、住宅地など、開発が進んでいてベッドタウンとしても人気が出てきています。今回はそんな加須市を代表する加須うどんが食べられるグルメスポットをご紹介します。開発が進んでいるとはいえ、田園風景も広がっているゆったりできる場所でもあるので、都会の騒がしさから解放されて加須うどんを食べてみてもいいのではないでしょうか。どこもおススメできるグルメスポットですので、ぜひ伺ってみてくださいね。

①子亀

子亀

出典:食べログ

『昭和天皇も来店したことがある加須市を代表するうどんとそばが中心の和食レストラン』
加須市にある老舗の和食レストランで、うどんとそばを中心にメニューが豊富で子どもから大人まで楽しくお食事ができるグルメスポットです。伝統があり、あの昭和天皇が来賓されたことでも有名です。また、冷汁うどん発祥のお店でもあり、夏になると大変大人気で、遠方からも食事をしにいらっしゃる方もいるほどです。炊き込みご飯とセットで頼んでも1000円いくかどうかなのでリーズナブルに美味しいうどんを味わえる和食レストランです。

  • ○長い長いうどんの長さが「加須うどん」の大きな特徴にひとつにもなっているわけではありますが、「子亀」さんのうどんは特に長さがありますよね。およそ60㎝くらいはあるでしょうか。慣れないうちはおつゆに運ぶのも苦労するほどですが、だんだんとコツは掴めてきます。
    比較的平打ちタイプの「子亀」さんのうどん。コシがあってなめらかで、もちもちしていてとても美味しいです。
  • ○こちらのおうどんの特長として、凄く長い!!!!!うどんを掴んだ箸を、天井に向けて上げても上げても、なかなか切れ端が見えない。そして、柔らかいんだけど、もちもちで、程好い弾力があります。今までに食べたことないジャンルのおうどんでした。クセになりそう!

②松ノ木

松ノ木

出典:食べログ

『しこしこしたうどんの麺は絶品!また、天ぷらと一緒に味わうのがつうの食べ方です』
うどんが看板メニューですが、実はさくさくに上がった天ぷらも絶品で、天ぷらを目当てに遠方からいらっしゃる方もいます。季節に合わせてメニューも変化するのでメニューだけで四季を感じることができるのも魅力の1つです。しかし、うどんも目が離せません。しこしこした食感は一度食べたらまた食べたくなるほどの圧倒な存在感があります。それと合わせて美味の天ぷらを食べることで笑顔になれますよ。子どもでも安心して食べられるメニューもあるので家族連れに人気があります。もちろん、お一人様でも安心してご利用できますので加須市にいらっしゃったときにふらっと立ち寄ってみてくださいね。

  • ○天ぷらはもちろんかき揚げなんて玉ねぎザクザクで超美味かったし加須のうどん初めて食ったけどなかなかイイね。
  • ○かき揚げも揚げたて熱々。サクサクの食感も楽しみながらいただきました!
    さてさておうどん。もっちり食感は言うまでもありません。
    満腹中枢は刺激され、割と早い段階でお腹は膨れる感じ。
    あんまりしっかり噛んじゃいけません(笑)。

③元祖田舎っぺ 加須店

田舎っぺ 加須店

出典:食べログ

『日々争奪戦!限定15食の幻のうどんを求めて今日も開店前から行列ができています』
昭和48年に創業された伝統あるうどん屋です。創業以来どんな日も一生懸命うどんをつくることをモットーにしてきたので、他とは一線を画す感じで太くコシのあるうどん麺を作り、独特の風味のあるスープと合わせたうどんは絶品です。また、1日15食限定の塩汁うどんは大変人気があり、開店と同時に売り切れてしまうほどです。加須市にあるので加須うどんと勘違いされていますが、どちらかというと武蔵野うどんに近い感じがします。ですが、加須市で食べられれば加須うどんなのでそこは問題ありません。何よりも連日、行列ができるほどの人気はどれだけ地域から愛されているかがわかります。

  • ○ランチタイムということもあり、ひっきりなしに客が入ってくる。結構な繁盛店であるのは間違いないであろう。初訪の私は、、、肉ねぎ汁大盛+具増し+あつもりのオーダーです。コシの強いうどんにアッアツの汁がからまり!食べてる最中から汗出しまくりです。この食べ方がベストなんでしょうね~。リピ確定です!!
  • ○小麦の強い香り、讃岐うどんとは正反対のゴワゴワな歯ごたえがさいだいの特徴。関東の無骨なヤロウのうどんは最高です(笑)

④粂蔵

うどん1
出典:食べログ

『ボリューム満点!学生さんには嬉しいリーズナブルで美味しいうどん屋です!』
レギュラーサイズで頼んでも、他店だと大盛りと思えるほどのボリュームでうどんを提供しているうどん屋です。近くに大学などの教育施設があることから学生さんには大変人気があり、平日は学生さんのお客様でいっぱいになることもよくある風景です。気になるうどんですが、コシが効いていてつるつるしていて食べやすく、汁もお手製で、うどんの麺と非常にマッチしていてバランスよく麺にしみ込むので味わいが深いです。何度も言いますがボリュームもかなりあるのでお腹を満たしてくれるのは間違いありません。加須うどんビギナーの方にはおススメできるグルメスポットですので、ぜひ立ち寄ってみましょう。

  • ○現在ではうどん県として名高い埼玉県。加須うどんとは今から約200年前の江戸時代から作られている郷土料理のようです。そして地産地消!米より栽培が盛んな小麦の地粉を使って手捏ね・足踏みと、寝かせを通常の2倍程行い、切った後にごく短い時間棒に掛けて干す。コシの強いツルツルピカピカな光沢のある麺を主にもりうどんにして蕎麦猪口のような器のつけ汁につけて食べるスタイルのようです。加須うどんの定番はやはり天ぷらが添えてある点になりますので天丼か天ぷら盛り合わせが付いたものがいいですねー
  • ○一番の売れ筋というそばもうどんも一度に頂けるセット物を案内のお姉さんから薦められたので頼み、天ぷらも熱々で最初そばとうどんの盛りを見た時に少し足りないかなと食べ始めたら天ぷらが結構量がありお腹一杯になり内容、量とも満足いたしました。

⑤吉野家

うどん2
出典:食べログ

『某牛丼チェーン店ではありません!加須市を代表する手打ち手こねのうどん屋です!』
まさかのもろかぶりではありますが、加須市を代表する手打ちうどん屋でコシの効いたうどん麺は人気があり、つるつるしこしこしていて食べやすく、子どもから大人まで人気のうどんになっています。また、天ぷらも絶品で、季節に合った野菜の天ぷらを味わうことができます。平日、休日問わずお客様でいっぱいで活気があり、しっかりと手打ちされた麺を提供しているのに意外と待たないので回転もよく、ご利用されるお客様はみんな笑顔でうどんを食べていきますよ。

  • ○うどんは艶々、もりにはインゲンが添えられ美観をアップしている。
    食べてみればコシが強く表面はツルッと、喉越しの良いうどんだ。
    汁はスッキリ、うどんの旨味、甘味をしっかりサポートしている。
  • ○全国各地のご当地うどん、ぶっかけが基本だったり素うどんが基本だったり、武蔵野うどんなどは肉汁が基本だったり、食べ方は色々。
    加須うどんはもりうどんが基本らしい。たしかにうどんの味をストレートに楽しめる食べ方だ。

⑥福中

福中

出典:食べログ

『細麺うどんで他店と勝負しているうどん屋!コシは柔らかめな感じで食べやすいです』
加須市内にあるうどん屋のなかでも、一番に細いのではないかと思えるほどの細麺です。柔らかくつるつるなので食べやすく、汁との相性も抜群です。まずは注文して提供される時にうどんを見てください。「これ!うどん?」と思えてしまうくらいのビジュアルです。しかし、味や食感はうどんなので不思議な感覚に襲われますよ。たぬきうどん、きつねうどん、ねぎなんばんうどんなどメニューも豊富にあるので、飽きることなくリピーターになれますよ。

  • ○ねぎなんばんうどん+イカ天をお願いでし10分くらいでうどんが出来上がりうどんは珍しく丼に入ってます。白くて細めで艶々でピカピカして手打ちだぞって言ってます。プリプリの食感でかなり量があります。ねぎなんばんはたっぷりの長ねぎと豚肉さっぱりのこってりって表現で・・・なんばんって程の辛さはありませんうどんをねぎなんばんに浸けてワシワシかっ込んで頂きます途中からイカ天も投入してご馳走さまでした

⑦すみ家

すみ家
出典:食べログ

『昭和モダンの香りがぷんぷんする定食屋!加須市だからやっぱりうどんが看板メニュー』
加須市にある定食屋ですが、内装が昭和モダンのテイストになっていて昭和にタイムスリップしたような感覚に襲われます。気になるメニューですが、カツ定食、生姜焼き定食、焼肉定食、カレー、唐揚げなど庶民的なメニューが多いですが、加須市なので一番人気があるのはうどんです。メニューはかけうどんとノーマルな感じがしますが、本場はやはり違います。しっかりとした加須うどんが提供されるので、ファミレスで加須うどんを食べているような感じです。子どもがどうしてもうどんは嫌だと言った時などにおススメできるグルメスポットです。カレーうどんもあるのが嬉しいポイントの1つでもあります。

  • ○来る前はカフェみたいなお洒落な感じなのかと思っていましたが、いい意味での大衆感があって、客層も若い男性が中心のよう。
  • ○メニューを見ると一番上にカレーが載っているのでカレー屋さんかな?
    でもうどん、そばもとんかつ等の定食もあってやっぱり不明です。
    定食屋は大好きで値段も普通だし、普段使いにまた利用したいです。

⑧末広

末広

出典:食べログ

『太さが統一されていないうどん麺ですが、しっかりバランスが取れています!その秘密は…』
加須市内にある手打ちうどんのお店で、見るからにうどん麺の太さが統一されていないのが特徴です。見た目からだと疑ってしまいますが食べてみるとあら不思議しっかりとコシとハリがあって食べやすいです。なんで見た目とは裏腹にバランスが良いのかと言うと、太い部分はコシがしっかり効いていて、細いところは柔らかさがしっかりと生きているので、見た目にはないバランスの良さが隠されています。まさに手打ち麺の光明と言えるのではないでしょうか。気さくなスタッフが多いのでできるまでの間、待っていても退屈しません。

  • ○取り立てて何がというところがないただの加須の手打ちうどん。うどんは、手打ちで太さはバツグンですがコシは弱め。つゆは、かけだったせいかやや薄めの味付けに感じました。お店の中には、色も褪せてしまった昭和の写真が飾られている。また、この地元の昭和の写真も。昔の花崎駅の写真もあった。お店が昭和のまま時計がストップしている感じです。

⑨松月庵

松月庵

出典:食べログ

『ナント伝統300年以上!加須市のうどんを支えてきたうどん屋!ここのうどんを食べなければ加須うどんを食べたとは言えない』
閑静な場所にあり、見つけづらいかもしれませんが、目印は待っているお客様の行列です。創業300年以上の歴史と伝統を守り続けているうどん屋で、麺はしっかりとコシが効いていてつるつるで正統派な麺です。また、季節を感じさせる天ぷらも絶品で、うどんと一緒に食べると味わいが深いです。歴史があることから往年のファンが多く、加須市に帰省した際は必ず食べると言っている方もいらっしゃるほどです。また、一度食べてしまうとなかなか他のお店に行くのが難しくなるほどのうどんを提供しています。味だけでなく、作り手の思いもいっぱい詰まっているうどんでもあるので他とは別格なうどんでもあります。

  • ○天もりうどんを注文しました。揚げたての天ぷらはちょっと衣が重そうです。麺は若干細めで少し平たい形状です。麺だけ食べましたが、塩気が強い感じでした。普通に美味しかったです。加須うどん全般、麺は良くてもつけ汁が負けているお店が多いのですが、出汁も風味が感じられる程度には出ていて麺とマッチしています。
  • ○もりうどんは評判どおりのコシがあり、艶々していて、もっちり感も十分で本当に美味しいです。そばもそれなりの食感でよかったです。
    ご主人に色々とお話を聞かせていただいたのですが元はお蕎麦屋さんで修行されていたそうです。なのでつゆに対するこだわりをとても強く持っておられました。

⑩中央食堂

中央食堂

出典:食べログ

『地元の食材を活かして作ったうどん麺は食べ応えが十分!サイドメニューも充実しているうどん屋!』
加須市内にあるうどん屋で、ここのうどん麺は地元の小麦粉を使用しているので地元の人たちからは大変人気があり、まさに地産地消を行っているうどん屋と言えます。気になる手打ちのうどんですが、コシはしっかりとして食べ応えがあり、つるつるしていて程よい感じのバランスを保っています。汁は癖になりそうな感じの酸味と甘みが交錯しています。生姜焼き定食も評判が良く、生姜焼き定食とうどんのセットでも1000円に届かないというリーズナブルさにはびっくりです。味がしっかり効いた生姜焼きとシコシコツルツルしたうどんの組み合わせは絶妙なハーモニーを生みだしているので、食べ始めたら箸がなかなか止まりません。あなたもこの組み合わせの虜になること間違いありませんよ。

  • ○頂いたのは、オススメの”なす南ばん汁うどん”。もちろん、大盛り。”なす南ばん汁”とは、なすとネギを油でいため煮た田舎汁のようです。うどんは、やや細めですが、しっかりコシはあり、いかにも手打ちって感じ。なす南ばん汁も想像したとおりの味わい。
  • ○うどんにしては細め。真っ白。つやつや。柔らかめなのに歯応えが有る。却って良い食感かも。

いかがでしたでしょうか。加須うどん!食べてみたくなりましたよね。趣向や工夫を凝らしたものなどもあり、ただのうどんと思って油断すると火傷しますよ。別にあつあつなわけではありませんが、それだけ加須うどんはうどんの中でも深いうどんと言えるでしょう。ぜひ、あなたのお気に入りを見つけて足を運んでみましょう。