関東LOVERS

和の雰囲気漂う温泉の街!箱根湯本のオシャレな洋食グルメスポット

2017年07月23日(日)/箱根


和の雰囲気漂う温泉の街!箱根湯本のオシャレな洋食グルメスポット

神奈川県の温泉と言ったら?箱根で決まり!箱根の温泉街は観光地としても有名で美味しい料理をそろえたお店が数多くあります。そういう場所ではぜひ和食を!いえいえ、あえて洋食を味わってみてはいかがでしょうか?箱根にはオシャレな洋食屋もありますのでご紹介致します。

PR

①洋食 スコット(箱根湯本駅より徒歩5分)

洋食 スコット(箱根湯本駅より徒歩5分)

出典:食べログ

箱根に創業して60年以上の老舗で昭和のレトロ感満載の洋食レストランです。お店の目印は入口にたっている白い大きなシェフのマスコット人形です。店内で全体をきりもりしている店主にそっくりなので驚きますよ。
気になるメニューですが、ビーフステーキ、ビーフカツレツ、タンシチューなどのお肉料理や牡蠣のクリームスープ、生うにのオムレツ、鮭とイクラのオムライスなどの海鮮料理も豊富でメニューを見るだけでワクワクします。料理もボリュームたっぷりなのでお腹を満たすには十分すぎます。
時々、店主が「大丈夫?ボリュームは足りている?」と聞いてきます。足りているので心配する必要はないのですが、気遣いが有り難いですね。箱根の温泉街といったら、和風の料理のイメージが強いですが、ここは長年地元の方や観光客などからも愛されている老舗の洋食屋です。
ぜひ、箱根を訪れた際は、ここ「スコット」におこしくださいませ!美味しくボリュームたっぷりのお料理と、素敵に優しい店主がお待ちしています。おもてなしたっぷりの洋食屋さんですので笑顔になれますよ。

○ポークジンジャーステーキとタンシチューを注文。
どちらもとってもボリューミー!
タン柔らかかったですよ。
ジンジャーステーキはジンジャーよりもニンニクが少し勝っていたけど優しいお味でした。
付け合わせの人参が何故かバニラアイスのような味でこちらも驚き!
最初と最後にビックリをくらいました。
とにかくボリューム満点なので、
たくさん食べる人に嬉しいお店だと思います。

②ウィステリア(箱根湯本駅より徒歩3分)

ウィステリア(箱根湯本駅より徒歩3分)

出典:食べログ

湯本富士屋ホテルの1階にある洋食レストランです。コーヒー1杯からでも利用可能なので観光客などの憩いの場となっています。席がすべて埋まるということもあまりないので静かに休憩することができますよ。

気になるメニューはというと、アメリカンクラブサンド、クロックマダム、スパゲティナポリタン、スパゲティミートソース、シーフードクリームスパゲティなどどれもワクワクするメニューばかりです。

もちろん軽食のコーヒーとサンドウイッチの組み合わせも魅力的ですよ。デザートやケーキなどのサイドメニューが豊富なのも魅力の1つで、箱根の温泉街を散歩して、どこかでランチを食べた後に、ここでコーヒーとケーキなどを楽しむのもおススメのコースです。勿論ランチやディナーを味わうのもOKですよ。

観光ホテルなので敷居が高そうな感じもしますが、そんなことは全くなく、スタッフも歓迎してくれますよ。ぜひ、温泉街箱根の魅力がいっぱい詰まったホテルのレストランで食事を楽しみませんか?気になった方、ぜひ、一度こちらへおこしくださいませ!コーヒー1杯でもかまいませんのでお気軽にどうぞ。

○4種のフロマージュとズワイ蟹のリゾーニグラタン(パン付) 2019円(税込)
;4種のチーズは パルメザン、グリュイエール、モッツアレラ、エダム。 具はズワイ蟹、リゾーニ(米型のパスタ)、オニオン、ベーコン、マッシュルーム。
:味も良ければボリュームも有り、中々の逸品。前回、パンにソフトバターが添え
られていたのを残念がって居たら、今回はキチンとしたバターでした!ホテルの意地と嗜みを感じられてうれしかったです。
○名物ビーフカレーが登場。ソースボートで提供されたカレーは思っていたより赤みがかっている印象です。添えられた薬味はなんと6種類。福神漬け、ラッキョウ、マンゴチャツネは普通ですが、ピクルス、レーズンに葉唐辛子きゅうりまであるのが面白い。フォークで食べれる位なのでルーにとろみは着いていますが、もったりしたところはなくてむしろさらりとした感じ。具材のビーフは煮込まれて柔らかいけれど、肉の食感は残っています。

③智路留(箱根湯本駅より徒歩3分)

智路留(箱根湯本駅より徒歩3分)

出典:食べログ

箱根湯本で創業して40年以上の老舗洋食店です。老夫婦が営んでいてとてもアットホームなお店になっています。
まず、入口からレトロ感があってワクワクします。最近では訪れる人のほとんどがスマホで写真を撮ってから入店されます。
店内もレトロ感が満載で楽しくなりますよ。まるで昭和にタイムスリップした感じです。
気になるメニューはというと、オムライス、カレーライス、チキンライスなどの洋食メニューが豊富なのと、ラーメン、とんかつ定食、焼きそばなどの庶民の味もあるので飽きることがありません。

そして、料理の味もボリュームも満点なのでお腹がいっぱいになれますよ。愛情たっぷりご夫婦の店ので、ほのぼのとした気持ちにもなれます。箱根湯本駅より徒歩3分という好立地なこともあり、訪れる観光客には人気があります。もちろん地元の方からも人気がありますよ。そんな家庭的な雰囲気のある箱根の老舗に行ってみてはいかがでしょうか。

○オムライスの到着。
フォルムが良く、ケチャップの化粧もいいです。
やや固めの卵の中はしっかりとチキンライスです。
レトロの味で好きですね。調理のセンスもグンバツです。
続いて、五目冷やし中華の到着。
ツルツル、モチモチで、汁との相性バッチリです。
けっこうハズレが多い冷やし中華ですが、こちらのは十分合格です。
ラーメン屋さんでも腕を磨いことが役に立っていますね。
もう一度来たいお店です。

④木のぴーHouse(箱根湯本駅より徒歩10分)

木のぴーHouse(箱根湯本駅より徒歩10分)

出典:Holiday

箱根湯本の温泉街を抜けて、静かでひっそりとしている住宅地の中にある老舗の洋食屋です。地元の方からは隠れ家的な存在として人気がありますよ。元有名ホテルの料理長が作るお料理は絶品で、わざわざホテルに行かなくてもここで味わえます。

気になるメニューですが、カレーライス、ハヤシライス、牛タンの煮込み、豚肉の生姜焼きなど本格的な洋食のメニューが並んでいます。

中でもジャンボハンバーグなるメニューは地元の方や観光の方も楽しませています。豆腐のようなふんわりした食感でふっくらしたハンバーグはボリューム十分で、味も最高級に美味しく食べ応えがありますよ。噛んだ瞬間に肉汁があふれ、良い香りが口の中に広がります。

ハンバーグに乗っている目玉焼きと一緒に食べると、玉子のまろやかな甘味とハンバーグが絶妙なハーモニーを生み出します。はっきり言ってやばいです。死ぬまでに一度は食べきハンバーグの1つです。
気になった方、ぜひ一度ここへおこしくださいませ!住宅地の中なので迷わないようにしてくださいね。

○こちらはホテルの料理長が独立されたお店のようで、メニューは本格的な洋食。
全般的にボリュームがある(看板のハンバーグは400g)ので、料理が運ばれてきた時に
テンションがあがってしまいそうですが、味のほうもとても良いですね。
豆腐のようなふんわり食感のハンバーグや、赤ワインのコクやホロりとろける肉が入った
ビーフシチューから、丁寧な仕込みと緻密なレシピがベースであろうことが伝わってきます。
一方で、サラダのフレンチドレッシングがカレー風味だったり、クリームスープは南瓜に
シナモンの香りがほんのり効いていたりと個性も光り、料理としての印象もすごく残ります。


 

いかがでししたでしょうか。
箱根にも魅力的な洋食レストランが多数ありますよ。
ぜひ、一度箱根に温泉だけではなく洋食も味わいに行きましょう。

PR