北海道LOVERS

調布のお薦めスイーツ厳選5店

2015年12月30日(水)/東京


調布市は東京の多摩地区東部に位置する街です。駅周辺は再開発も進み高層のビルも立ち並んでいますが、少し歩くと緑も多く残っています。そんな調布市のおすすめスイーツ店を5つご紹介します。和も洋もありますよ。どれも評判のお店ばかりですよ。

PR

洋菓子なら「スリジェ」

スリジェ

plaza.rakuten.co.jp
調布の地にオープンして40余年。地元のお客様に愛されるフレンチ・レストランの「スリジェ」。名店スリジェのケーキはお料理同様、長年愛されてきました。ガラスのドアを開けるとショーケースに並ぶキレイなケーキ類に思わずゴクリ!まるで宝石みたい!オススメは「モンブラン472円)。タルト生地の上にはたっぷりのマロンクリームと生クリーム。クリームのとろとろと、タルトのサクサクが絶妙なコンビネーションです。ケーキの単価は400~500円ほど。濃厚なクリームのシュークリームは270円。テイクアウトも、店内で食べることもできます。

住所:東京都調布市小島町1-35-8 電話:042-487‐0675
アクセス 京王線調布駅北口から徒歩3分
営業時間 ショップ10:00~19:30 ティールーム12:00~18:00
定休日:水曜日

 

仙川のドーナツ屋さん「ドーナツ工房レポロ」

ドーナツ工房レポロ

出典:www.ide-sign.jp
調布駅よりも新宿に向かって5つ先の仙川にオープンしたドーナツ屋さん。青い外壁、オレンジの日よけに丸くドーナツの形の看板が映えてかわいい外観です。店内には常時13,4種類のドーナツが並んでいます。このお店のドーナツはどれも甘さ控えめで、極力油を吸わせない工夫がされているとか。だからいくらでもいけちゃう!

ドーナッツ

出典:photozou.jp

 

おすすめは、「プレーン 140円」です。パウダーシュガーがかかった基本のドーナツ。ドーナツ本来のおいしさが楽しめます。また、チョコレートをコーティングした「プレーンチョコレート 170円」茶色のチョコにスタッフが気まぐれでホワイトチョコで絵を描いています。そんな遊び心も楽しいですね。テイクアウトも、店内で食べることもできます。カロリーが気になるドーナツも、ここならちょっと安心

住所:東京都調布市仙川町1-12-2 電話:03-6382-9129
アクセス:京王線仙川駅下車徒歩3分
営業時間:11:00~20:00
定休日:日、月曜日

 

日経で堂々3位!「鯛幸房」

鯛幸房

出典:macaro-ni.jp
京王線で各停しか停まらない国領駅だけど、鯛焼きの名店があります。それが「鯛幸房」(たいこうぼう)。こちらは日経新聞の「何でもランキング・お薦めたい焼きベスト10」でなんと3位に選ばれたお店です。おいしい鯛焼きを求めて時には行列もできるんですよ。駅からすぐのところにあり、こじんまりしとしています。こちらの鯛焼きは北海道産の小麦粉、小豆、甜菜を使うなど材料はとことん吟味しています。一匹一匹(こちらでは鯛焼きを一匹と数える)焼き上げた鯛焼きは皮がパリッとしています。オススメは程よい甘さの「つぶあん160円」。定番中の定番です。あずき本来のおいしさが味わえます。またウインナーとトマトソースが入った「BUONO 210円」は新感覚の鯛焼きで人気。ほかにも季節あん」と称して季節変わりの鯛焼きもあるので、そちらもお楽しみいただきたいです。

住所:東京都調布市国領町2-5-15コクティー1F
電話:042-446-2202
アクセス:京王線国領駅下車徒歩1分
定休日:木曜日、第3水曜日

街の和菓子屋さん「亀乃子本舗」

亀乃子本舗 どら焼き

出典:tabelog.com
同じく国領からもう一店ご紹介。鯛幸房とは反対側にある和菓子の亀の子本舗は、昭和23年創業の老舗和菓子店。昔ながらの商品に加え、新商品も開発しています。「生ダ!!どら焼き190円」はそんな新しい和菓子のひとつ。ふんわりとしたどら焼きのなかにはあんこと生クリームが入っています。小豆も生クリームも北海道産。控えめな甘さでホントにおいしい!ぜひ冷やして召し上がってください。地方発送もしているので(冷凍)遠い方でも味わっていただけます。また亀の子本舗のカステラは全国カステラ品評会で最高賞をとった自慢の一品です。こちらもぜひお試しください。送り物にもきっと喜ばれますよ。

住所:東京都調布市国領町4-8-3 電話:042-482-3030
アクセス:京王線国領駅下車徒歩1分 営業時間:9:30~19:00
定休日:火曜日

 

鬼太郎に会える?「鬼太郎茶屋」

鬼太郎茶屋

出典:www.painfo.net
2015年に惜しまれつつも亡くなった漫画家の水木しげるさん。彼は長年調布に住んでおられました。「ゲゲゲのの女房」でもおなじみですね。そんな水木さんゆかりの調布・深大寺にあるのが鬼太郎茶屋です。深大寺の参道にある鬼太郎茶屋は昭和の匂いのするレトロな店内。一階は鬼太郎や妖怪たちのグッズが買えるショップ。二階はカフェになっています。こちらのオススメは「目玉のおやじの栗ぜんざい500円」。ぜんざいの蓋を開けて添えられた目玉おやじを(餅)お椀に投入するとおやじは入浴中に!愉快な仕掛けだけでなく味ももちろんGOOD!ほかにも妖怪たちのラテアートが楽しいゲゲゲラテ(400円)など、遊びごころがいっぱいのメニューがあります。深大寺にお寄りのときにはぜひ立ち寄ってみてください。

 

住所:東京都調布市深大寺元町5-12-8 電話:042-482-4059
アクセス:京王線調布駅北口、つつじヶ丘駅北口より京王バス「深大寺行」終点下車スグ
営業時間:10:00~17:00(L.O.16:30)
定休日:月曜日

他にも調布にはまだまだお知らせしたい名店がいっぱいです!一度、調布に下車してみてください。お気に入りのスイーツに出会えるかもしれませんよ。

PR