関西LOVERS

滋賀県の春はここ!遊びどころ満載の滋賀県の春の見所スポット

2018年06月30日(土)/滋賀


滋賀県は自然に恵まれ、四季を通じて、見どころや遊びどころの多いところです。春の滋賀県は、一斉に花が咲き、新緑の季節を迎えます。このページでは、滋賀県の春を満喫できるスポットや、春にふさわしい行事を、ご紹介しています。ここには、暖かい春の日差しに誘われて、行楽に行く時に参考にできる、役立つ情報が揃っています。

滋賀県に春の到来を告げる「左義長」/滋賀県近江八幡市

滋賀県に春の到来を告げる「左義長」/近江八幡市

出典:滋賀県

「左義長」という祭りをご存知ですか。一般に左義長とは、正月15日前後に行われる火祭りのことです。ここでご紹介する近江八幡の左義長も、もともとは1月14日15日に行われていましたが、太陽暦の採用により、現在は3月15日前後の土曜日、日曜日に開催される、日牟禮八幡宮で執り行われる行事です。本能寺の変の前に、安土で行われていた行事が、近江八幡に住民と共に移ってきたといわれています。祭り初日の13時に、各町内で作られた左義長(正面がダシと呼ばれる作り物)が、日牟禮八幡宮に集合した後、旧町内を巡行する渡御が行われます。翌日は、各町内の左義長が自由に練り歩き、左義長が他の左義長と遭遇したところで、「組合せ」と呼ばれる左義長のけんかが行われます。20時から左義長に火が点けられクライマックスを迎えます。近江八幡の左義長まつりは、滋賀県に春が来る伝統の行事です。

基本情報

春のスポット名:日牟禮八幡宮左義長

所在地:滋賀県近江八幡市宮内町257(周辺)

問合せ先:0748-32-7003 一般社団法人 近江八幡観光物産協会

日程:3月15日前後の土曜日、日曜日

春の妖精が舞う「高島のかたくり群生地」/滋賀県高島市

春の妖精が舞う「高島のかたくり群生地」/滋賀県高島市

出典:滋賀県

メタセコイヤの並木で有名なマキノ高原に、「かたくりの花」が咲く群生地があります。「農業公園マキノピックランド」にある「里山のかたくり園」で、淡い紅紫色のかたくりの花を、約200~300輪見ることができます。メタセコイヤ並木も芽吹いてきているので、併せて楽しむことができます。

基本情報

春のスポット名:マキノピックランド里山のかたくり園

所在地:滋賀県高島市マキノ町寺久保835-1

問合せ先:0740-33-7101 公益社団法人 びわ湖高島観光協会

日程(見頃):4月中旬頃

大津の春を彩る「柳が崎湖畔公園のさくら」/滋賀県大津市

大津の春を彩る「柳が崎湖畔公園のさくら」/滋賀県大津市

出典:滋賀県

大津市柳が崎に、旧琵琶湖ホテル本館であった、「びわ湖大津館」があります。この一帯は、琵琶湖湖畔にある親水公園で、「柳が崎湖畔公園」と呼ばれています。ここには、美しく咲くさくらがあって、花見の人で賑わいます。駐車場からさくら並木のトンネルが、びわ湖大津館がある柳が崎湖畔公園まで続いています。 びわ湖大津館の正面玄関横には、ヘレン・ケラーゆかりの桜も植えられています。琵琶湖を背景とする、美しいさくらを見ることができる、春のおすすめスポットです。

基本情報

春のスポット名:柳が崎湖畔公園

所在地:滋賀県大津市柳が崎

問合せ先:077-528-2772 公益社団法人 びわ湖大津観光協会

日程(見頃):4月上旬

春は水面に桜が映える「琵琶湖疏水の桜」/滋賀県大津市

春は水面に映える桜が美しい「琵琶湖疏水の桜」/滋賀県大津市

出典:滋賀県

琵琶湖の水を京都に送るために、明治時代に作られた水路を「琵琶湖疏水」いいます。大津市三保ヶ崎に取水口があり、開通から約130年経過した現在も、毎年約2億トンの水が京都に送水されています。大津市内の琵琶湖疏水(第1疏水第1トンネル入口付近)には、沿線に桜が植えられていて、疏水に覆いかぶさるように咲き誇っています。開花期にはライトアップもされています。

基本情報

春のスポット名:琵琶湖疏水の桜

所在地:滋賀県大津市三井寺町他

問合せ先:077-528-2772 公益社団法人 びわ湖大津観光協会

日程(見頃):3月下旬頃 ~ 4月上旬頃

春の国宝を彩る「彦根城の桜」/滋賀県彦根市

春の国宝を彩る「彦根城の桜」/滋賀県彦根市

出典:滋賀県

国宝彦根城は美しいお城です。その彦根城が、さらに美しくなるシーズンがあります。4月上旬から中旬がその時期で、彦根城のお堀沿いを中心に、約1200本の桜が見ごろを迎えると、桜の美しさとお城の美しさのコラボが見られます。彦根城が、1年で最も美しく見える季節だといわれていて、毎年4月1日〜4月20日は、「彦根城桜まつり」が開催されます。開花期はライトアップされ、夜桜も楽しむことができます。

基本情報

春のスポット名:国宝彦根城の桜

所在地:滋賀県彦根市金亀町1-1

問合せ先:0749-23-0001 彦根観光協会

日程(見頃):4月上旬~4月中旬

春の湖西エリアの名所「海津大崎の桜」/滋賀県高島市

春の湖西エリアの名所「海津大崎の桜」/滋賀県高島市

出典:滋賀県

「海津大崎の桜」は、琵琶湖沿い約4kmに植えられた、ソメイヨシノ約800本が美しい桜のトンネルを作りだしていて、「日本さくら名所100選」のも認定される桜の名所です。陸上だけでなく湖上から桜を鑑賞する遊覧船が就航しています。海津大崎の桜が、見頃を迎える時期は、マキノピックランド里山の「かたくり」や、「メタセコイヤの並木」が芽吹く時期とも重なっています。同じ高島市内にある春のスポットなので、海津大崎の桜鑑賞の前後に行ってみてはいかがでしょうか。

基本情報

春のスポット名:海津大崎の桜

所在地:滋賀県高島市マキノ町海津

問合せ先:0740-33-7101 公益社団法人 びわ湖高島観光協会

日程(見頃):4月中旬頃

滋賀県を代表する春の祭り「長浜曳山祭」/滋賀県長浜市

滋賀県を代表する春の祭り「長浜曳山祭」/滋賀県長浜市

出典:滋賀県

滋賀県長浜市に、「京都の祇園祭」、「高山市の高山祭」と並ぶ賞される日本三大山車祭が伝承されています。4月15日を中心に開催される「長浜曳山」がその祭りで、ユネスコ無形文化遺産に認定されています。鳳凰山、高砂山、常磐山 などの曳山13基の曳山があります。12基の曳山が子ども歌舞伎を奉納する曳山で、毎年4基が出番山として交代で巡行します。夜は御旅所に、提灯を灯した4台の曳山が勢ぞろいして、子ども歌舞伎が演じられます。長浜曳山祭りは、滋賀県湖北に、桜の開花と共に春の到来を実感させる伝統のイベントです。

基本情報

春のスポット名:長浜曳山祭り

所在地:(長濱八幡宮) 長浜市宮前町13-55

問合せ先:0749-65-6521 長浜観光協会

日程:4月9日~4月16日

春の比良山系「金糞峠のシャクナゲ」/滋賀県大津市

春の比良山系「金糞峠のシャクナゲ」/滋賀県大津市

出典:滋賀県

比良山系の道満岳と釈迦岳の間にある峠が「金糞峠」です。金糞峠から堂満岳へ向かう途中に、赤紫色から白色の花が咲くシャクナゲ群落地があります。シャクナゲは、滋賀県の花で、比良山系では自生のシャクナゲを見ることができます。イワウチワやショウジョウバカマなどの、春の花も多く見ることができます。金糞峠へは、山に登る服装など若干の準備が必要です。

基本情報

春のスポット名:比良山系金糞峠

所在地:滋賀県大津市

問合せ先:077-528-2772 公益社団法人 びわ湖大津観光協会

日程(見頃):4月上旬~4月中旬

1200本のバラの競演「庄堺公園のバラ」/滋賀県彦根市

1200本のバラの競演「庄堺公園のバラ」/滋賀県彦根市

出典:滋賀県

彦根市の庄堺公園には、24種類 約1,200本が植えられたバラ園があり、5月中旬ごろから6月にかけて見頃を迎えます。「パスカリ」、「コンチェルティーノ 」、「クリスチャンディオール」、「ブルームーン」、「カウンティフェア」などの美しいバラを楽しむことができます。庄堺公園には花しょうぶ園もあり、6月10日頃~6月25日頃には、「霧ヶ峰」、「葦の浮船」、「若水」、「初鏡」など28種類約3000本の、花しょうぶも楽しむことができます。車で出かけた場合でも、駐車場が準備されています。

基本情報

スポット名:庄堺公園バラ園

所在地:滋賀県彦根市開出今町

問合せ先:0749-23-0001 彦根観光協会

日程(見頃):5月中旬ごろから6月

春の戦国絵巻「あづち信長まつり」/滋賀県近江八幡市

春の戦国絵巻「あづち信長まつり」/滋賀県近江八幡市

出典:滋賀県

6月2日は、織田信長公の命日です。これに近い毎年6月の第一日曜日に、安土城があった近江八幡市の安土で行われるのが、「あづち信長まつり」です。織田信長、豊臣秀吉、徳川家康をはじめとする、戦国武者や浅井3姉妹など約300名が、安土の町をパレードします。和船を使った水上コースも組み込まれていて、主会場である近江八幡市安土文芸の郷へ向かいます。鉄砲隊の火縄銃射撃披露や長刀演舞、弓演舞が披露など、戦国時代に思いをはせるイベントの他、「あづち信長出陣太鼓」、「吹奏楽演奏」などのイベントも当日開催されています。

基本情報

スポット名:あづち信長まつり

所在地:滋賀県近江八幡市安土町一帯

問合せ先:0748-32-7003 一般社団法人 近江八幡観光物産協会

日程:6月の第一日曜日

春の壮大な水のショー「びわこ花噴水」/滋賀県大津市

春の壮大な水のショー「びわこ花噴水」/滋賀県大津市

出典:滋賀県

世界最大級の長さを誇る噴水が、琵琶湖大津港の沖合に存在します。最大高さ40メートルの大噴水で、水量や角度をコントロールすることにより、様々な形の噴水ショーを見ることができます。ほぼ通年運転されていますが、春から夏がびわ湖花噴水を見学するのに適したシーズンです。平日は12時00分~13時00分と18時00分~19時30分、土曜日・日曜日・祝日は15時00分~16時00分が加わります。夜間はライトアップされ、イベント時には、延長運転もされています。

基本情報

春のスポット名:びわ湖花噴水

所在地:滋賀県大津市大津港沖合

問合せ先:077-528-2772 公益社団法人 びわ湖大津観光協会

日程:ほぼ通年

春の滋賀県は楽しみがいっぱい

滋賀県の、春のおすすめ「見どころ」、「遊びどころ」、「イベント」をご紹介しました。自然が豊富な滋賀県の春は、一年を通じて、行楽しやすい季節を迎えます。花が咲き、新緑が映える春の滋賀県に出かけてみては、いかがでしょうか。滋賀の夏、秋、冬のご紹介ページを別途用意しています。春以外のシーズンは、そちらをご覧ください。