関西LOVERS

京都のエンターテイメントGEARの魅力

2017年12月23日(土)/京都


皆さんは京都にあるGEARという場所を知っていますか?今回紹介させていただく関西の観光スポットは京都の石弁慶町にあるGEARという場所を紹介いたします。GEARは古びたビルの三回にある小さな劇場になっており、アクセスは京都の地下鉄で行って頂くか、阪急でいって頂く方が楽です。

地下鉄なら烏丸御池か京都市役所前で降りて頂く必要があります。阪急なら河原町駅から徒歩で行って頂く事が可能です。一番遠い河原町駅からでも徒歩約10分になっています。バスでも行けますが、阪急電車か地下鉄の方がGEARに近いところで降りることができるのでお勧めです。

そこではエンターテイメントを存分に見て楽しんでいただけます。ただパフォーマンスを見れる場所は多くの場所が存在すると思います。別に京都のGEARでなくても良いわけです。しかしこのGEARのパフォーマンスは一味も二味も違います。歴史的建造物だけではない京都の魅力是非ご覧ください。

PR

魅力① 夜でも見る事が出来る。

京都のエンターテイメントGEAR

出典:温泉が「いいねっ!

京都には様々な建物があります。金閣寺、銀閣寺、高円寺など素晴らしい建造物など様々な風物詩でいっぱいです。

しかし夜はどうでしょうか?夜になるとこういった観光地のほとんどは閉鎖してしまいます。夜に空いている場所と言えばナイトイルミネーションを行っている建物ばかりです。こういった場所が閉鎖された京都は夜遊ぶ場所がかなり減ってしまいます。

しかしGEARは夜公演、昼公演どちらともあります。時間関係なく楽しんでいただける場所です。夜になってしまっていくところがないそんな時は是非GEARのパフォーマンスをご覧になってください。

魅力② 言葉なしで楽しめるパフォーマンス

京都のエンターテイメントGEAR

出典:トラベルjp

GEARのパフォーマンスの大きな特徴は言葉がなくても目で見て楽しめるという事です。このGEARのパフォーマンスでは一切使いません。その代わり様々な表現方法を用いてパフォーマンスを行います。言葉なしだからこそ誰でも楽しめ誰にでもわかりやすくストーリーが展開されています。子供やお年寄りに分かりやすく外国人の方にも楽しんでいただけるパフォーマンスとなっております。

実際GEARの客さんの年齢層にはかなりばらつきがあり、それほど年代関係なく楽しんで頂ける場所でもあるということです。

魅力③ 様々なパフォーマーと出会える。

京都のエンターテイメントGEAR

出典:エンタ魂

皆さんは何かパフォーマンスショーをご覧になられたことはありますか?パフォーマンスショーはマジックショーならマジックだけ。パントマイムのショーならパントマイムだけ行います。

しかしこのGEARでは何か特定のパフォーマンスのみ行うのではなく様々なパフォーマンスを一挙にご覧頂くことが可能です。なのでGEARに来ただけでパフォーマンスがあれもこれも楽しめてしまいます。

GEARにはパントマイム、ジャグリング、マジック、ブレイクダンスのパフォーマンスで賞を受賞したパフォーマーたちが出演しています。パフォーマーたちの質も全く妥協していません。

多種のパフォーマンスを一気に見る事が出来る。そんなところはGEARだけです。

魅力④ 最新光と映像、舞台器具との完全融合

京都のエンターテイメントGEAR

出典:いいむろなおき

先ほども申しましたがGEARでは言葉を一切使いません。その代わり光や映像、GEAR舞台で表現を行います。舞台の動きやストーリーパフォーマーたちの動きに合わせて最新の光や映像で臨場感があり見ごたえのあるステージを演出しています。プロジェクションマッピングも使っております。そのため様々な方法でパフォーマンスを表現することができます。
最新の技術を使ったパフォーマンスが行われたのは京都が初めてで京都で生まれた方法です。映像や光舞台演出を駆使し見ごたえも大きくなっています。
他のエンターテイメントの舞台を見に行ってもここまでしているところはありません。他では見る事が出来ないパフォーマンスをご覧頂く事が出来ます。

魅力⑤ 限定100名の小さい舞台だからこその迫力

京都のエンターテイメントGEAR

出典:ギア-Gear

GEARは他のパフォーマンスの舞台と比べると本当に小さな舞台です。一回の公演で100名までしか入りません。一日2回公演なので200名までしか呼び込めないです。
しかし小さいからこそお客さんとパフォーマーの距離がかなり近いです。

皆さんはこのような経験ございませんか?何かパフォーマンスを見に行ったが座った席が後ろすぎて演者があまり見えなかった。パフォーマンスが見づらかった。前の席のお客さんだけフォーカスが当てられていてむなしい気分がした。

高いお金を払ったお客さんが特等席を取ることができてより一層臨場感を味わう事が出来る。対して一般のお客様は臨場感が少なくなってします。大講演で行う舞台はこのデメリットはつきものだと思います。

しかしGEARは100名のみの少数限定にすることによってどこの席にいても大きな臨場感を感じられるようになっています。これはお客さんとパフォーマーたちの距離が近いからこそできることです。

そのため出演者の表情もはっきり読み取ることが可能です。これほどまでにお客さんと演者達の距離が近い舞台はないでしょう。そして一番前の席の方は運がよければパフォーマーの方から記念のプレゼントを受け取ることができます。

魅力⑥ 毎回変わる演出

京都のエンターテイメントGEAR

出典:www.kansai.gr.jp

GEARは毎回少しずつ演出方法を変えています。演じるストーリーも変わっています。オペラなどでもストーリーを新しく変えていますがそのオペラと同じようにお客さんに新しいものを提供できるようにGEARも変わり続けています。
そのため何度行っても飽きないという事も魅力の一つです。パフォーマンスショーでここまでこまめに設定や演出を変えているところは他にありません。

そして出演するパフォーマーも毎回変わっております。そのためそれぞれのパフォーマーの方が演技を行います。以前見た時と違うパフォーマーの方の時にまたGEARにいくとまた別のパフォーマンスをご覧いただけます。

それぞれのパフォーマーの方は出来ることも全く違うのでまた一味違う感動を得る事が出来ます。

このようにGEARは変化をし続けているのでいつみても飽きないというパフォーマンスの変化もまた魅力です。

まとめ

いかがですか。京都には歴史的風物詩以外にもGEARというパフォーマンスの魅力もあります。
京都の歴史的建造物の観光の後にはGEARで思い出にエンターテイメントをご覧になられてはいかがですか?