関西LOVERS

これぞ和歌山!!和歌山の美味しい絶品グルメを厳選

2017年09月26日(火)/和歌山


海もあって山もある!環境抜群の和歌山県。近年では、高野山や熊野古道が世界遺産に登録されたこともあり、観光に訪れる人が絶えません。海外からの旅行者も多く、注目度が高くなってきました。

今回は、そんな和歌山県の食の文化にスポットを当てていきます。
“これぞ和歌山!!”という郷土料理や地元で人気の食を、和歌山出身の筆者がご紹介させていただきます。

てんかけラーメン

てんかけラーメン 和歌山

出典:食べログ

和歌山ラーメンも有名だけど、やっぱりてんかけ派は多い!!ソフトクリームも絶品!!

和歌山といえば、和歌山ラーメンに注目が集まりがちですが、地元では老若男女に慣れ親しまれたラーメンがあります。その名も、「てんかけラーメン」。元々はお茶屋さんである「玉林園」さんが経営しているグリーンコーナーというお店食べる事ができます。

筆者も小さな頃からここのラーメンが大好きで、よく家族で食べに行ったものです。値段も手ごろで、360円!!大盛りにしても405円というなんともお財布に優しい価格。肝心のラーメンは、あっさりスープで、てんかす・わかめ・紅しょうががトッピングされています。天かすがスープに浸って柔らかい食感になっているのが個人的に好みです。
他にも、グリーンソフトと呼ばれる抹茶ソフトクリームもとっても有名です。
てんかけラーメンやグリーンソフトはスーパーで購入する事もできます。

☆お店情報☆
グリーンコーナー
和歌山市本町2丁目44番地
073-422-0527
他、県内店舗多数あり

和歌山のソウルフード 茶がゆ

2

出典:和歌山県ホームページ

皆さんは、お粥といえば、白がゆが一般的だと思うのですが、和歌山ではお粥といえば「茶がゆ」です。
この茶がゆは、奈良県でも有名ですが、番茶やほうじ茶でお粥を作ったものです。
ベースとなるお茶は、スーパーでも専用のものが売られていて、簡単に作る事が出来ます。
地元では「おかいさん」と呼ばれ慣れ親しまれています。

地元が和歌山である筆者の、土曜のお昼は「おかいさん」が定番でした。
おかいさんに合うおかずとして「スクランブルエッグ・昆布・明太子・しらす」などがオススメです。私は辛い物が好きでして、食べるラー油などをトッピングして食べることもあります。

今でも実家に帰省した際は、スーパーで茶がゆ専用のお茶を買って、自宅で作って食べています。やはり地元の味は懐かしく、ホッとするものです。

柿の葉寿司

3

出典:satsuki.ex.osaka-kyoiku.ac.jp

「酢飯とサバと柿の葉の相性が抜群!!柿の葉寿司」
和歌山では、サバ寿司が有名です。ラーメン屋さんには、テーブルにサバ寿司が常に常備されており、ラーメンと一緒に食べるのが一般的です。
スーパーでも笹に包まれたサバ寿司が良く売られています。
ここでは、「柿の葉寿司」と呼ばれるものをご紹介したいと思います。

この柿の葉寿司は、サバ寿司を柿の葉で包んだもので和歌山や奈良には専門のお店が多数あります。
和歌山は柿の産地としてもとても有名で、サバ寿司徒の相性が抜群です。
酢飯と酢で〆られたサバ、ほんのり香る柿の葉が食欲をそそり、お子さんも食べやすい小さいサイズでパクパクいけちゃいます。

下記のお店は、サバだけでなく、鮭のお寿司もありどちらも絶品です。
お土産の定番であり、手軽に味わえるので是非お勧めしたい一品です。

☆お店情報☆
柿の葉寿司 おおがいと
和歌山県橋本市光陽台1-5-31
0736-37-2225

お弁当にも最適!めはり寿司

めはり寿司

出典:めはり本舗

「お弁当にも最適!!高菜の葉でくるんだお寿司“めはり寿司」

こちらもお寿司になりますが、お弁当にも最適で、各家庭でも簡単に作る事が出来ちゃいます。
和歌山・三重・奈良の三県で郷土料理として親しまれているめはり寿司。
おにぎりを高菜の葉でくるんだものです。高菜は浅漬けされていてあっさりとしてシャキシャキとした食感がとてもいいです。

おにぎりの中に高菜を刻んでいれるのもいいですし、鮭や昆布をいれてみるのもいいですね。お弁当にもぴったりで彩りも鮮やかになりますよ。

友人と学生時代にピクニックに行ったときに、手作りのめはり寿司を持ってきてくれて食べたのを今でも覚えています。とっても美味しくて、感動する一品です。

☆お店情報☆
総本家めはりや
和歌山市太田2-14-9 太田ビル103
050-5570-6441

タコテラス ジャンボ

4

出典:食べログ

「ちょっと一杯!たこ焼きとトンペイ焼き、居酒屋感覚のたこ焼き屋さん」
みんな大好きなたこ焼き!おうちでたこ焼きパーティーする方も多いと思いますが、「ちょっと外で一杯やりながらたこ焼き食べてみたい」って方にも超オススメのお店があります。
その名も“タコテラス ジャンボ“おしゃれな響きですね。

JR和歌山駅から徒歩3分ほどと駅から近く、白地に赤の看板が目を引きます。
昔ながらのお店で、地元住民からも愛されています。

店先では、おっちゃんがたこ焼きを焼いていて、お持ち帰りのお客さんも多いです。
店内は、所狭しとテーブルとイスが並び、一人でふらっと来ても立ち寄れるお店です。
店内には飲み物専用冷蔵庫があり、種類豊富です。

メニューは、たこ焼き、お好み焼き、焼きそばといった関西特有の粉モンメニューが並びます。たこ焼き12個350円!!お値段もお手頃なのがうれしいところ。

5

出典:アメブロ

たこ焼きも種類が豊富で、アメリカンやイタリアンのたこ焼きもあります。たこ焼きはソースか醤油を選べたり、焼きそばも甘口か辛口かを選べます。個人的には、トンペイ焼きやどて煮がオススメ。おでんもありますよ!!
トンペイ焼きは、豚肉がごろごろしっかり入っていて、マヨネーズやケチャップが上からたっぷりとかけられています。
店内はテレビもあり、野球をみたりサッカーの試合を見ながら一杯盛り上がってみるのもいかがでしょう?
駅から近く、気軽に入れるお店で楽しいですよ

☆お店情報☆
たこテラス ジャンボ
和歌山市北ノ新地東ノ丁15
073-425-1140


今回は和歌山の郷土料理を中心にご紹介してきました。和歌山といったら“コレ”というような、食文化が詰まっています。
昔から、近畿のオマケという風に呼ばれる事はが多かった和歌山県。初のスターバックスが出来た時には大いに盛り上がった地元ですが、近年は、観光地としても取り上げられることが増え、改めて良いところだと実感しています。一般的な関西弁とはちょっと違った独特の方言を聞くこともできます。
都会の生活から少し離れてみたくなったら、ぶらっと訪れてみて観光と共に郷土料理を味わってみてはいかがでしょうか?。