関西LOVERS

大阪府民が教える絶対おすすめの美味しいラーメンを厳選13選

2015年06月07日(日)/大阪


 

大阪は、時にラーメン不毛地帯と呼ばれて来ました。人口10万人当たりのラーメン店舗数は全国最低で、正にそれを裏付けるような数字です。しかし店舗が少ないからといって、味まで落ちるわけではありません。少数精鋭という言葉があるように、数は少ないが味で勝負のお店はたくさんあります。その中から今回は、13軒を厳選しました。

とその前に、不毛の地と言われながらも、大阪にもご当地ラーメンがあった?!というお話から。

実は大阪には「高井田ラーメン」というものが存在します。
高井田系ラーメンとも呼ばれ、大阪の東側、東大阪市から大阪市の東成区の間にある高井田地区が発祥の地ということで、こう呼ばれているようです。
高井田系ラーメンの特徴は、鶏ガラベースにおよそ関西発祥とは思えない醤油の色と味の濃いスープと、極太ストレートの麺。そして「おはようラーメン」です。
東大阪市は昔から現在に至るまで、町工場の街です。その工場で汗をかきながら働く労働者には塩分を補え、かつ腹持ちの良い極太麺の高井田ラーメンが最適でした。
そして夜勤明けの労働者の為に、朝の8時から開店して「おはようラーメン」を提供しているのです。
高井田ラーメンを代表する2軒のお店を紹介しましょう。

<中華そば 光洋軒>

ramen

出典:食べログ

1953年に屋台から始められた、元祖高井田ラーメンのお店
定番の「中華そば」は鶏ガラと昆布のシンプルなスープにガツンと醤油が効いて、細うどんのような極太の?は噛み応え充分。
また地元では“お持ち帰り”が定着していて、自宅用にお客さんがスープを空き瓶やペットボトルに入れて持ち帰る光景も見られます。

中華そば 光洋軒(ちゅうかそば こうようけん)
住所:大阪市東成区深江南3-20-14
電話:06-6972-8833
営業時間:[月~金]
午前9:00~午後19:00
[土日祝]
午前8:00~午後18:00 定休日 火曜日
アクセス:地下鉄千日前線新深江駅3号出口から徒歩8分
近鉄大阪線・奈良線布施駅西北出口から徒歩8分

<中華そば 住吉>

ramen2

出典:関西ぶらりラーメン食べ走り

1955年、お菓子を売っていたお店が中華そばを始めら れました。
光洋軒とは数十メートルしか離れていません。こちらもやはり高井田ラーメンの特徴である、鶏ガラ ベースの濃い醤油味の極太麺。
お持ち帰りももあります。

中華そば 住吉(ちゅうかそば すみよし)
住所:大阪市東成区深江南3-20-8
電話:06-6981-5205
営業時間:午前8:30~午後18:00(売り切れ次第終了
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日)
アクセス:近鉄線布施駅から徒歩7分
地下鉄千日前線新深江駅から徒歩7分
市営バス高井田停留所から徒歩0分

大阪のご当地ラーメン、一度食べてみてはいかがでし ょう?続いて厳選の10軒をご紹介します。

PR

<ラーメン人生JET>

ramen

出典:食べログ

大阪は福島にある「鶏白湯」のラーメンが人気のお店
おススメは「鶏煮込みそば」です。
10時間以上煮込んで鶏がらと鶏げんこつの旨味がたっぷりの白濁したスープに、風味豊かな醤油だれを合わせた鶏白湯スープは、トロリと濃厚でまるでポタージ ュ。
なのに油っこさやくどさがなく、鶏本来の旨味が広がるマイルドな味わいです。
3種類の小麦粉を使い、一日寝かせて作る自家製麺は中くらいの太さのストレート麺。もちもちとした食感でスープとの相性も抜群です。
また、鶏の濃厚出汁と麺の美味しさがより際立つ 「鶏煮込みつけ麺 」も人気です。
玉造に2号店となる「ラーメン人生JET600」」があり、そちらも行列のできる人気店です。

ラーメン人生JET(らーめんじんせいじぇっと)
住所:大阪市福島区福島7-12-2
電話:06-6345-7855
営業時間:午前11:00~午後15:00
午後18:00~午後23:30(売切れ次第閉店)  年中無休
アクセス:JR大阪環状線福島駅から徒歩5分

ラーメン人生JET600
住所:大阪市東成区東小橋1-3-2
電話:06-6977-0550
営業時間:午前11:00~午後15:00
午後18:00~午後23:00 定休日 無休
アクセス:JR大阪環状線玉造駅北口から徒歩2分
地下鉄長堀鶴見緑地線玉造駅4号出口から徒歩3分

<金久右衛門 本店>

ramen3


出典:食べログ

元運輸相の官僚という異色の経歴を持つ店主のこだわりは、世界に誇る日本の発酵調味料「醤油」。この素晴らしさを世界へ発信したいと、醤油ラーメン専門店 を始められたようです。
定番は「大阪ブラック」。名前そのままの黒いスープは、濃口醤油がベースで、しっかりとした醤油味ですが、角のないまろやかなコクと旨味。平打ちのストレ ート太麺はもっちりとしていてスープとの絡みも抜群 です。
また、薄口醤油がベースの「金醤油ラーメン」は、醤油の味があっさりとしているで、凝縮された出汁の旨味がより一層引き立ちます。

女性人気ナンバーワンの 一杯。太麺か細麺がお好みで選べます。
こちらのお店は餃子も大変人気です。
大阪府下に6店舗ありますので、そえぞれの所在地や営業時間はHPでご確認ください。

金久右衛門 本店
住所:06-6975-8018
電話:大阪市東成区深江北3-2-8
営業時間:[月~金]午前11:00~午後15:00
[土]午前11:00~午後16:00 定休日 日曜日(祝日は営業)
アクセス:地下鉄深江橋駅から徒歩約7分
JRおおさか東線高井田中央駅から徒歩14分

<らーめんstyle JUNK STORY>

ramen4

出典:Yahoo!ブログ

塩ラーメンが人気のお店。
綺麗に透き通った清湯スープは、あっさりしていて塩加減も丁度良く、こだわりの地鶏や魚介の出汁の旨味を堪能できます。
看板メニューは「塩のキラメキ」。塩ラーメンの上に、柚子風味の鶏のタタキが乗っています。表面が香ばしく炙られたタタキはもちプリ。スープの熱で火が通ってしまう前に、レアな食感を楽しみたい
自家製平打ちストレートの中太麺は、ツルツルとした喉ごしで塩味のスープと良く合います。
鶏のタタキと豚の旨味が詰まった低温調理チャーシューが乗った「塩のトキメキ」もオススメです。
2号店の魚介白湯専門の「麺と心7(セブン)」も人気のお店で、3号店の「辛口ガチ味噌肉ソバ ひるドラ」も先日オープンしました。詳しくはHPをご覧ください。

らーめんstyle JUNK STORY
住所:大阪市中央区高津1-2-11
電話:06-6763-5427
営業時間:[月~金]午前11:00~午後14:30
午後18:00~午後23:00(L.O22:30)
※スープ切れ次第終了
[土日祝]午前11:00~午後23:00(L.O22:30)
※スープ切れ次第終了
定休日 なし
アクセス:地下鉄谷町九丁目駅1番出口から徒歩1分

<らーめん弥七>

ramen5

出典:食べログ
鶏白湯ベースの「醤油ラーメン」が人気のお店。
鶏白湯がまだブームになる前から、東京でお店をされていたご主人は熱狂的な阪神タイガースファンで、もっと阪神を応援したいという思いから大阪に移転されたとか。
鶏の足の骨と皮を煮込み、仕上げに鶏がらをこれでもかと入れて出来上がったスープに、チャーシューダレをベースに2種類の醤油と紹興酒を入れて1週間寝かせたタレを合わせます。
そんな醤油ラーメンのスープはクリーミーでマイルド。そしてスープ作りの仕上げに入れる鰹節が、より一層風味を引き立てます。
生地を3日寝かせるという自家製麺は中太ストレート麺。ツルツルでプツンとした歯ごたえで、スープに良く絡みます。
一緒にチャーシューの端の部分を使った丼ものの「へた丼」も味わって欲しい一品。

鶏白湯ベースの「塩ラーメン」も人気です。

現在は行列緩和のために整理券を配っているそうです。詳しくはHPをご参照ください。

らーめん弥七(らーめんやしち)
住所:大阪市北区豊崎3-4-8
電話:06-6373-0035
営業時間:午前11:00~午後16:008スープが無くなり次第閉店)
定休日 土曜・日曜・祝日・不定休
アクセス:地下鉄御堂筋線中津駅から約3分
阪急梅田駅茶屋町口から約10分

<麺屋丈六>

ramen6

出典:livedoor Blog

難波は千日前にある「麺屋○丈」が、製麺機購入を期に屋号を「麺屋丈六」と改名されてリニューアルオープンしたばかりのお店。 定番は「中華そば(東大阪高井田風)」です。鶏ガラがベースのスープは濃口醤油味で見た目にもやや黒いですが、塩辛さは控えめでまろやかな風味。そ れでいて醤油の香ばしさや深みはしっかりと感じられる仕上がり。 麺は太目ですが程よいコシがあり、思いの外スルスルッと口に入って来ます。 数量限定豚骨ベースの醤油味「和歌山中華そば」や同じく数量限定の秋刀魚の中骨で出汁をとった「秋刀魚醤油」も人気。 雨の日と女性の一人客には煮玉子のサービスがあるのも嬉しいです。

 

麺屋丈六(めんやじょうろく)
住所:大阪市中央区難波千日前6-16
電話:06-6643-6633
営業時間:午前11:30~午後15:00
午後18:00~午後21:00 定休日 水曜日
アクセス:地下鉄なんば駅から徒歩7分
地下鉄日本橋駅(5番出口)から徒歩6分
南海線難波駅から徒歩5分

<麺屋彩々 昭和町本店>

ramen7
出典:Mickey’s Column
こちらの人気は、あっという間に売切れてしまう数量限定の「「清澄(せいちょう)鶏塩らーめん」。
鶏ガラベースの綺麗な濁りのない清湯スープで、あっさりとしていながら鶏の旨味とコクが広がります。
自家製麺は中太のストレート麺で、ツルツルとした喉ごしが鶏塩味のスープと相性ピッタリ。トッピングの春菊が独特のアクセントを与え、表面を炙った鶏モモ肉が香ばしい一杯。
お店のオススメは「味噌らーめん」。鶏白湯のスープに味噌を合わせた複雑で濃厚な味わい。スープに入れられた挽肉がポイントでしょうか。中太の縮れ麺がスープに良く絡みます。
濃厚鶏白湯に自家製の味噌で作るつけ汁が美味しい「味噌つけ麺」もオススメの一杯です。
なんばにもお店があり、鶏と豚骨の「ポクチキらーめん」が人気です。

麺屋彩々 昭和町本店(めんやさいさい しょうわちょうほんてん)
住所:大阪市阿倍野区阪南町1-46-8
電話:06-6628-5999
営業時間:[月~土]
午前11:30~午後14:30(L.O)
午後18:30~午後21:30(L.O)
[日曜]
午前11:00~午後15:00
※売り切れ早仕舞いあり 定休日 不定休(ほぼ休みなし)
アクセス:地下鉄御堂筋線昭和町駅2号出入口から徒歩30秒
地下鉄谷町線文の里駅から徒歩5分

麺屋彩々 なんば店
住所:大阪市浪速区難波中1-12-13 1F~2F
電話:06-6636-5353
営業時間:午前11:30-午後14:30(LO)
午後18:30-午後21:30(LO)
※売り切れ早仕舞いあり 定休日 日曜日
アクセス:地下鉄御堂筋線なんば駅6号出入口から徒歩約2分
地下鉄四つ橋線なんば駅31号出入口から徒歩約2分
南海難波から徒歩5分